Voiceless world ー魂魄白日夢奇譚ー

Voiceless world of the voice to you 声無きものの聲をあなたに。      人の不思議(魄)と白日夢の如き奇譚(魂)の物語

Entries

ちーさな悟り

友人のお子さんが金曜に学校で足を怪我をされました。
その時は先生が家まで送ってくれたのですが運転できる旦那様が出張中←。

友人が帰宅してからの受診となったのですが、
その日はあいにく近隣の病院は整形外の救急対応が出来ず、全滅。

車で30分程かかる隣の市の夜間の救急病院に仕方ないからタクシーで行くとLINEで知ったのは、
もう一時間以上後の事でした。


足の怪我だと移動も大変
タクシー代だって馬鹿になりません。
(行きはタクシー代5~6千円かかったそうな・・・)


最初は遠慮していた友人ですが
幸い、翌日は私も休日だったので帰りは車を出させてもらいました。


救急担当医も親切な先生で応急処置の後、
足の固定と松葉杖を処方されてレントゲンのCDと紹介状持参で、
翌日うちの病院の整形外科にかかる事になりました。
(救急診療後、指を使って足のアライメントの調整も実施)


という訳で翌日も送迎を買って出て
受診中は職場でサービス残業?やってました(笑




いつも凄く御世話になってる友人なんで
お手伝い出来るのは嬉しくって遠慮しないでー✨って思っていましたので、
最初は遠慮しながらも、感謝の言葉と共に私の申し出を受けてくれた友人に対して逆にとても嬉しかったのでした。



基本、自分に余裕がある限り(これ重要。無理はしない)
身体系のお手伝いしてたいという潜在欲求の有るわてくし←
(「身体が良くなる」事のお手伝いは嬉しいんだーw
仕事も趣味と実益兼ねてるレベル)
って本心で思っているので、全然に苦にならず嬉しいばかりなのです。


その気持を感じさせてもらって
友人に感謝だったのですが・・・


ここで、ふと、有ることを思い出して我が身を振り返りました。



先日、私、諸事情にて久々に腹痛、吐き気で、もうどうにもこうにも動けない状態になって仕事を休みました。
まずトイレ行くのが必死。
行くのがしんどくって行くのも渋々の必死のパッチ。
かと言って横になっててもしんどくって
廃人化してて病院受診なんて、逆に絶対出来ないレベル


そんな時に、
職場の同僚がLINEで必要なものとかあったら買っていくよとか
何かあったら頼って
と連絡をくれました。



先程申し上げた様に「お手伝いしてたいという潜在欲求の有るわてくし」
が、
一方で自分が他人様に何かお願いするとか、
頼るとか甘えるという事がもう、


どおおおおおおおおおおおおにも
こおおおおおおおおおおおおにも
苦手なのです




例えば、お子さんやご家族が居るのに、
迷惑になっちゃうやとか


他にも車で送ってもらう時も遠回りになると申し訳ないなとか


色々色々頭の中で考えてしまい
『・・・・自分の力で出来る限りは自分でしよう』に落ち着くのです


そう言う時、もう信じられないくらい「チキン」になります。
小心者、ええ、普段は心臓に毛が生えてるといか、
無神経で粗雑なのですが、こういうときだけ超マイクロハートと化します


***

昔、修道院に居た時、
持病で腹痛嘔吐で苦しい時も、
ちゃんと三つ指ついて、上の方に毅然とした態度でお休みのお願いをしないと駄目でした
(自室に戻った途端、倒れ伏しますが)
寝てても、食事用意は担当なので、
吐きながら先輩方の食事を作って、
休む時間が少しでも欲しい自分は、再び三つ指ついて「食事は結構ですので休ませて頂いてもいいでしょうか」と
許可を頂いて・・・
(自室で転がる)


って、言う状態でしたので「人様に頼る」という事が
なんか罪悪感が凄く有るんだなぁと今回、思いました。

(まぁ、子供さんのいらっしゃるお母さんなんかは
これに似た状態かこれ以上の苦行をされているので、私が甘ちゃんなんですが)


けどね
うん、
けどですね


友人の送迎をさせて頂いて、今回
「してあげる方の気持ち」をしみじみ感じさせて頂いたんです。



自分が立場逆だったらこんなに素直に言えないなーって、
どM体質で遠慮ばっかりしちゃうから、友人凄いな~、
友人のお陰で嬉しい気持ちを味あわせて頂いたんですよ。


親切を申し出てくれる人の気持ちってこんなんなんだよな。
仏教とかで『親切(功徳・布施)をさせてもらえる事に感謝』って言葉がありますが、
私もさせて貰ったなら
申し出てくれた人にもこんな嬉しい気持ちを感じる機会を得て頂けるのかもしれない


自分は遠慮ばっかり考えて
迷惑になるかもしれない事ばかり考えて
自分がそう言う事をするのが苦にならずドンと来いなのを棚にあげて
人の親切を無にしていたのかもしれなかったのです・・・


人の親切に甘えられないって
自分に親切にできないのと一緒なんですよね・・・
そして、
多分、遠慮してしまう奥底に「図々しくして嫌われたくない」とか
というのも凄く有るんだろうなぁ


又は、もっと奥底にはその人の好意に対して、自分が値すると自分を評価出来てない
=卑下している
ってのもあるよなぁ・・・
と。


勿論、自分で出来る事は自分でするけど、
もっと素直になろう・・・
と思ったのでした


そんな、ちーさな悟りでした


追伸>
翌日の送迎の後、
友人に人生初もんじゃ焼きを奢って頂きましたw


本当はその日は半日断食(朝と昼食を抜く)の予定だったのですが、
友人の気持ちをありがたく頂いて昼ごはん頂きました


無理をしない
自己犠牲にならない
そんな、持ちつ持たれつで
感謝の表現をし合えること。
差し出せること受け取れる事。


それが、よりいい人間関係を育てて行くんでしょうね


もんじゃ、美味しかった~w
関連記事
スポンサーサイト

Comment

甘え下手 

そうなんですよ~
人様にお世話になるのは遠慮し、素直に甘えられないです~

誰かの為には、お節介なほどです~(笑)
それをするにも、無理しないで、させて貰っているという気持ちでないと相手に負担させるので、そのあたりの加減に心配りしたいです。

瑚月さまのご友人、同僚の方あったかいですね!
  • posted by ふみ 
  • URL 
  • 2017.02/20 16:53分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: ふみ 

ふみさん
分かります分かりますw

そしてツイッターの方でも後日書いたのですが
それをするのは
「与える事が好きな方」同士でするのがマストだと思いました(笑
  • posted by 瑚月 kogetu 
  • URL 
  • 2017.02/21 23:02分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

プロフィール

瑚月 kogetu

Author:瑚月 kogetu
本職>某病院異端リハビリスト。
特技>体を含めものの声を聴く
焼き肉や鍋の時に同僚に重宝される特技でもある)。

東洋系治療と自然農法に興味あり。
『美しく生きる』を考えたい人。

ブログの中の私が体験した白日夢の奇譚は、患者様の特定を防ぐために整体師・耳視師という設定の中で「月櫻(つきお)」さんに小説:白日夢奇譚という形で語って頂いております。
飽くまで本職は病院勤務で整体院は営んでおりません。
ご了承下さい。



お手紙は こちら か、一番上のメールフォームからお願い致しますw。

counter

Archives&Category

 

淡々と百人一首

    右サイドメニュー

    検索フォーム

    QRコード

    QR

    ブロとも申請フォーム

    時節