Voiceless world ー魂魄白日夢奇譚ー

Voiceless world of the voice to you 声無きものの聲をあなたに。      人の不思議(魄)と白日夢の如き奇譚(魂)の物語

Entries

12/21のツイートまとめ

HakujitumKitan

今日は冬至こんな節目の時に合うと私達は「変わり続ける事」を学んだり、受け入れたり、目指したり、愛したりする為にこの世界に産まれてきたのかなぁと振り返ったりします。時が存在しない次元もあるのにこの常に変化し続ける「時の流れる世界」を選んだ事がその証じゃないかなと思うのです
12-21 21:58

デッドライン症候群は締め切りが無いと動けなかったり、締め切りまで動かない事を言う様で、余り良い印象では無いのですが、絶え間なく流れいずる時の中に居るからこそ「刻」という節目が必要な時があると思う。
12-21 22:01

~まで、という区切りを心に刻む事で、其処までの間強くなれる時がある。ワガママと恐れず、卑下せず、自分の想いに正直に、心のままに、喜びを噛み締め、自分の愛しい思いをトコトン感じる「許し」を~まで、という時の刻みが与えてくれる時があるこれも時の流れる世界の優しい魔法の一つ
12-21 22:07

願わくば「~まで」十分に幸せを感じ、自分に悔いが残らぬように、自分に芯が通っていますように。そしてその「刻」が来た時に、それを乗り越えて更に良き方に変われる力になりますように。「~まで」の間は、正直な自分を感じてそんな自分をより大事に、愛しく愛せますように。止まるなかれ
12-21 22:16

関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

プロフィール

瑚月 kogetu

Author:瑚月 kogetu
本職>某病院異端リハビリスト。
特技>体を含めものの声を聴く
焼き肉や鍋の時に同僚に重宝される特技でもある)。

東洋系治療と自然農法に興味あり。
『美しく生きる』を考えたい人。

ブログの中の私が体験した白日夢の奇譚は、患者様の特定を防ぐために整体師・耳視師という設定の中で「月櫻(つきお)」さんに小説:白日夢奇譚という形で語って頂いております。
飽くまで本職は病院勤務で整体院は営んでおりません。
ご了承下さい。



お手紙は こちら か、一番上のメールフォームからお願い致しますw。

counter

Archives&Category

 

淡々と百人一首

    右サイドメニュー

    検索フォーム

    QRコード

    QR

    ブロとも申請フォーム

    時節