Voiceless world ー魂魄白日夢奇譚ー

Voiceless world of the voice to you 声無きものの聲をあなたに。      人の不思議(魄)と白日夢の如き奇譚(魂)の物語

Entries

兎月の神殿時代~巫女登場

一連のセッションの報告は、実はなが~~~~~~い前置きであったりしました。

セッションで、ナオヒノオハナさんさつきのひかりさん・カヤさんつながり)にもう一つ教えてもらったこと、それは
「さつきのひかりさんと、過去生で何度も同僚をしているということ。」


しかし、幾つか思い出している自分の過去生で、
兎月がさつきのひかりさんを覚えているのは只一つです。


それが、神殿時代(さつきのひかりさんブログ参照)です。


ずっと、「言うな」とメッセがあったので極々一部の方しかしらないのですが、
透音*ToUoTさんの件から「解禁」になったようなので、書いてみることにしました。

さつきのひかりさんといえば、知る方は知る「銀巫女」様。
闇の神殿で登場する4巫女様のお一人です。


今年に入ってから、神殿崩壊時期のある記憶を伝えくれました。



その中に、現世で縁のある方が何人かおられました。
名前を出せるのは透音*ToUoT(カヤ)さん、トリトンさん



トリトンさんは、神殿の楽師でした。
(トリトンさんは、私に出会う前からさつきのひかりさんの瞑想曲を数曲担当させていただいてました。)


私は、神殿が眠りにつく暫く前にトリトンさんに連れられて人間世界から来ました。
茶色クルクル髪の女の子。(キャンディキャンディみたいなの・・・知ってる人、同年代?)


人間界では力が強すぎて、そこの巫覡では教育できないとの事で、
楽師に神殿に連れてきてもらったのです。


神殿の中で、楽師と暮らしていました。
巫覡様方ともお話をしていたようですが、そこらへんちょとぼかします。



しかし・・・
神殿に「時」が来てしまいました。


其のとき、神殿の関係者は全て、色々な役割を果たし・・・
そして次の役割を持って去っていったのです。


在る者は肉体を離れ
在る者は転生の場に・・・


そして、女の子は楽師に預けられ、人間界に帰りました。


けど、家には帰らず、楽師と共に旅をします。

大地、木々、動物
全てが仲間であり、楽しい日々

其の中で次第に成長する中で。。。。
葛藤が生まれます。


彼女は巫覡でした。
役割を持った巫覡でした。


楽師は父であり・・・いつしか愛しき人となりました。

楽師は深く愛してくれました。
深く、深く、深すぎて大事にしてくれて。。。。
「巫女である」為に、最後の一線を越えることがありませんでした


巫覡は誘惑に負けます。
楽師の愛情を試すために、数人かのよからぬものの声を聞いてしまいます。

自分がそのもの達にさらわれる芝居を打ったのです。


しかし、巫覡は騙されていて力を悪用しようとする者たちに
本当に捕らえられてしまいます。
結果、楽師は文字通り「命をかけて」守りました。


命をかけて

そして、亡くなりました。



「信じられない不安」「愛していると真実がいえない恐怖」

そして、
長い長い転生の中で、何度も何度も、トリトンさんと出会い、
そして、自分の能力の為に彼が先に死んでしまうのです。


最愛のものを失った心の激痛を一人で生きる

これも課題だったようです。
今年に入り、この課題を二人で解消する事が出来てきたようです。


白龍の一件があってから・・・・
この巫覡が私の中に「名乗って」現れました。

そして、7月に入ってから頻繁にアクセスを取ってきます。

栗色ロングの天然ウェーブ
「茶巫女(ちゃみこ)」です

スポンサーサイト

Comment

初めまして^^ 

兎月さま、初めまして。麗蓬(れいほう)と申しますm(_ _)m 以前より、兎月さまのブログを拝見させていただいておりました。お気に入り登録をさせていただきましたのに、今の今までご挨拶に伺うことなく、ひっそりと物陰より見守らせていたき、誠に申し訳ございませんでした(^^;)

何ともうしますか…本当にこちらのブログに参らせていただきますと、ただただ圧倒され、素敵でチャーミングな清らかな方々がおられるのだなあとわくわくしてしまいます♪

様々な事ありましょうけれども、己が道を歩まれるお姿を少しばかりですが拝見したく思っております。

色による巫女さま方(とお呼びしてもよいのか…)のお話し、おても深きお話しですね。

えっとでは…まずはご挨拶まで! 麗蓬(れいほう)
  • posted by 麗蓬(れいほう) 
  • URL 
  • 2008.07/21 15:48分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re:兎月の神殿時代~巫女登場(07/21) 

「茶巫女(ちゃみこ)」カワイイッす。(〃∇〃)

茶色は「褐色」という言葉で表現されることもあるので、「褐色の巫女」ってのもアリかもですね。w
  • posted by パラグラム 
  • URL 
  • 2008.07/21 18:17分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re:兎月の神殿時代~巫女登場 

やっぱりトリトンさん、楽師だったんですか。w(☆o◎)w
そりゃあ、茶巫女さんも女性ですし、そういう誘惑は、避けて通れないですが…。
やはり…、残酷な宿命ですね。(∋_∈)
しかし、神殿なら、神殿騎士が、何人かいると思うんですが。
  • posted by 笑い猫 
  • URL 
  • 2008.07/21 19:48分 
  • [Edit]
  • [Res]

お返事 

麗蓬さん>

お初コメントありがとうございました。以前、お気に入りを頂いた時に覗かせていただいて、私もご無沙汰いたしておりましたです。
>素敵でチャーミング・・・・
え?、あ、コメントくださる方々の事ですよね??。
(ドキドキ)。
さっきブログを拝見しに参りましたが、麗蓬さんも素敵な日々を送っておられるみたいですね。
私も、自分を含めた人々の「選択と自己決定」の世界からさらにすすみ、外ではなく、内在=真の自分への目覚めの時代に来ていると思いますです。
御挨拶、有り難うございますです。これからも宜しくお願い致しますです。

パラグラムさん>
いや、このお方、腕組してるわ、足蹴りするわ・・・。この前、朝、トリトンさんにメールしなくちゃいけない事があったとき「おらおら、はやくメールしろ」とお腹をグリグリ足げにされました(涙)。
・・・・・・・褐色の巫女じゃなく、もう、異色の巫女さんです・・・・・・あ、頭蹴られた・・・。


笑い猫さん>
そうなんです。
残酷な運命だったんですが、それも「役割」であり「課題」であったみたいです。神殿に関わる方が何かしら課題を背負って行ったのではないだろうかと思います。
う~~ん、騎士のイメージはないです。ってか、神殿時代って本とにまだ希薄なんですよ。
そこある程度すっとばして、茶巫女登場。っ感じです。現世には、必要ないのかな?????




  • posted by 兎☆月 
  • URL 
  • 2008.07/21 21:45分 
  • [Edit]
  • [Res]

おおお 

おおやはり旅をしていたんだ~。
お二人のお話あんまり深くまで読んでなくてすみません!(泣)
色々繋がりそうでうれしいです。
トラバしちゃいますね!!
  • posted by 透音*ToUoT 
  • URL 
  • 2008.07/21 23:03分 
  • [Edit]
  • [Res]

透音*ToUoTさん 

>おおやはり旅をしていたんだ~。
うにゅ?「やはり」?。透音*ToUoTさん、まだ何かしってるなり~~~?????
私達の過去生話は、ほとんどブログに乗せてないですから^^;。

>トラバしちゃいますね!!
わああ、もったいないっす。
そういえば、透音*ToUoTさん、59999番踏みましたよ。なんかめでたいな♪
透音*ToUoTさんの続きもプリーズですヽ(´ー`)ノ
  • posted by 兎☆月 
  • URL 
  • 2008.07/21 23:07分 
  • [Edit]
  • [Res]

うわ~ 

あっちでもこっちでも名前出していただいて照れますがな(笑)

茶巫女さんも可愛い~という記憶が・・・(お前全部それか)
くるくるの髪で目がぱっちり。そんな印象でした♪
続きも楽しみにしております♪
  • posted by さつきのひかり 
  • URL 
  • 2008.07/22 13:58分 
  • [Edit]
  • [Res]

さつきのひかりさん 

>くるくるの髪で目がぱっちり。そんな印象でした♪

おお?そうなんですね?
なんせ、イメージが鮮明でないので、顔までわかんない(爆)。
  • posted by 兎☆月 
  • URL 
  • 2008.07/26 23:00分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

プロフィール

瑚月 kogetu

Author:瑚月 kogetu
本職>某病院異端リハビリスト。
特技>体を含めものの声を聴く
焼き肉や鍋の時に同僚に重宝される特技でもある)。

東洋系治療と自然農法に興味あり。
『美しく生きる』を考えたい人。

ブログの中の私が体験した白日夢の奇譚は、患者様の特定を防ぐために整体師・耳視師という設定の中で「月櫻(つきお)」さんに小説:白日夢奇譚という形で語って頂いております。
飽くまで本職は病院勤務で整体院は営んでおりません。
ご了承下さい。



お手紙は こちら か、一番上のメールフォームからお願い致しますw。

counter

Archives&Category

 

淡々と百人一首

    右サイドメニュー

    検索フォーム

    QRコード

    QR

    ブロとも申請フォーム

    時節