Voiceless world ー魂魄白日夢奇譚ー

Voiceless world of the voice to you 声無きものの聲をあなたに。      人の不思議(魄)と白日夢の如き奇譚(魂)の物語

Entries

不安な君に贈る言葉~ちーさな悟り2

10月9日は旧暦は菊の節句
1年で1番陰が強くなる日

月櫻はしばし晴れ渡る夜の空に美しく輝く半月をしばし見つめ、
うーーん
とつぶやくと机のPCに向かって打ち込み始めた

うん、BGMは「NANIMONO」だな

***


<何者-NANIMONOー>(良ければBGMにして読んでみて下さい)

礼儀正しく綺麗好きで真面目だけど
その奥に深い不安を抱える君に贈る



「不安なんです」
いつもそつなく、
人から「あいつに仕事を任せておけば大丈夫」と云われる君


けっして天才肌ではなく、
任された事を忘れないようにメモを作り、
人の倍、遅くまで残って仕事をしている努力の人だ


けど、その奥底には君が口にする様に「不安です」があるね


その「不安」は何の「不安」なのだろうかと
君は考えた事があるだろうか


患者さんの身体状況をちゃんと評価出来ているかという
仕事ができているかという「不安」なのは分かる
それは責任感とも言いかえられるし
治療者として常に「より良い結果」を探求する姿勢は大事だ。
それは推奨したい。


けどね、
君の範囲で出来ている
君の周囲の同僚と同じくらい出来ている
なのに同僚たちは感じていない不安を君は感じているね



勿体ないと先輩は思うよ


お節介な先輩はさらに踏み込んでおもっちゃったりするんだが
仕事の不安は責任感の不安
言い換えれば「正しいことをしているか」という不安じゃないだろうかと


勿論、担当している患者さんがよくなれば
「ああ、良かった」と安堵するだろう


けど君の不安は消えた訳ではなく、
次の目標に移っていくのだろう


仕事以外の生活でも
君の不安は控えめに
けど根強く君の心の躍動に対して手を添えてくるようだ


君の瞳がびっくりするほど
素直で綺麗だから
私はそれがとても勿体無い様な気がするのだよ


私は君に尋ねてみたい
『君の不安は誰が認めてくれたら解消できる不安なんだろうか』と


先輩である私だろうか
もっと先輩だろうか
同僚からだろうか 


友人からだろうか
彼女からだろうか


誰の言葉が君の不安を満たすんだろうか


以前、仕事の出先で小さな子がクレヨンを片付けているのを見て、
『子供の頃にクレヨンを綺麗に片付けて親に褒められてから潔癖症になっちゃったんですね』
と苦笑していた


君が普段、仕事が終わった後、
家で何しているかと同僚に聞かれて
「・・・うーん、部屋でコロコロ?」(←絨毯のゴミを取るあれだ!)
と言って皆にドン引きされたのは、今も吹き出しそうになり、心が温まる話だが

>親に認められる事

が、もし君の正解の軸になっているとしたら、
君は親に「大丈夫だよ」と言われたら不安は消えるのだろうか



私は「否」と言いたい


「正しいことをしているか」
「間違っているのではないか」


そういう君の不安には
「正しいと肯定して欲しい」という想いがあるのだろう


けど、他人の与えた肯定は
他人によってすぐに覆るものなのだよ


Aは大丈夫だと言った
けどBは間違っていると言った


世の中には
そんな矛盾のような事が山のようにある


彼らの正しいは何処から来ていると思うかい?
それは
『自分が正しいと思ったこと』なんだよ


さっき「患者さんがよくなれば安堵する」と書いたが、
それは君が「間違ってなかったと君自身を肯定した」からだ




君の不安を満たせる唯一の人は
君自身しか無いのだよ


それには
自分を信じる事
自分を信頼すること


言い換えれば
自分のやったことに自分で責任を持つ度胸


そう、
自分の選択に対して
自分で決めたと責任を持つこと


その想いで
日々の選択をしていくこと


この世は選択で出来ている
自分で判断しないと行けない選択を実は流されていたり
他人に委ねたり
委ねようとしている人たちが実に多い事は事実だ


何を食べようかを選択できても
自分の人生を左右するであろう選挙は他人任せにしているとか


どうでもいいや、と思って他人に合わせるという選択を自分でしておきながら
後で「そうじゃなかったのに」という人も多々いらっしゃるが




君の不安はとても純真で
魂の奥底から出てきているような
そして
また君の魂の課題のような気がするのだよ



優しい君は
人の心を傷つけないようにと時に異様に気を配るね
親の気持ちを汲み
友人の気持ちを汲み
きっと彼女の気持ちもちゃんと汲み取っているんだろう



だから時々
君の中心が君じゃない誰かを軸にしてしまうのではないだろうか


軸にしてしまった人の「真に正しい」事なんぞ
その人にしか分からないのだよ


だからそんな秋の空のように移り変わるものを軸にして
「正しいかどうか」を不安に思うより


自分自身を軸にして判断してみて欲しい
もう一度言おう、


君の不安を埋められるのは
君自身の君への選択に対する信頼と自分自身に送る「大丈夫だ」なのだよ




君が感じたかった感情
大丈夫という「自分自身で決めた事が成功した時の安心感や喜び」
それを感じていく練習をしたり、
今現実、どんな些細なことでもそれを時有るごとに感じてみて欲しい


これが出来たら
君はもっと強くなれるよ


****

「って伝えろって言うんだよなぁ」

と、ここ迄打ち込んでPCから目を上げた月櫻は
窓際の月をバックに佇む麗神に声をかける


彼女は後輩くんの守護神
ニッコリと笑う彼女は凄い美神(びじん)だが
押しが強そうだ・・・(そして押し切られた私だ)


けどなー
確かに此処最近、気になっていた事とは言え
ここ迄言えるような機会も無いのだが
と月櫻はため息をついた


まぁ


確かに文章という具現化をしたら
伝わるかもしれないな


長い長い「短冊」かもしれないけど
「いつか君の心にこれ届くように」と此処に私の短冊も掛けておこう


***
君には届くのはいつか分からない「短冊」だけど
少しでも早く届くように、
自分でも謎である「不安」を抱えている人のちょっと考える切っ掛けになるとも祈って、
此処に載せるよ


君から読者の方々へのお福分けだな


今年の10月9日は旧暦は菊の節句9月9日
1年で1番陰が強くなる日
そして10月10日はトツキトオカ


新しい命がこの世に芽生えるにという期間
真っ暗な中から
光あふれる世の中はさぞや眩しいだろうな


もし時折不安に苛まれる人が要るのなら
貴方の心の不安の奥底にあるものを、
この話をガイドに考えて見てほしい
誰に肯定されたらその不安が消えるのかを


心の中の子供を光の中に出してあげて見て欲しい
関連記事
スポンサーサイト

Comment

お福分けありがとうございます 

お福分け、頂戴いたしました。
まさに、どんぴしゃ。私、この課題に取り組み始めたところなのです。
とても納得がいきまして、腹に落ちましたー٩( ᐛ )و ✩**・
なんだかスッキリです。ありがとうございます!やる気でてきましたー!
  • posted by ちよ 
  • URL 
  • 2016.10/10 16:20分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

ちょっと気分が鬱々としていたので。
読んだらなんだか少し軽くなりました。
何か抜けたかな笑
ありがとうございます。
  • posted by nami☆ 
  • URL 
  • 2016.10/10 21:42分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

お福分け、ありがとうございます。

いいタイミングで自分を振り返るきっかけになりました。 
新たなスタートを切ります。
  • posted by nana 
  • URL 
  • 2016.10/10 21:49分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: ちよさん 

うわー!
お役に立てるタイミングで良かったです!!
ちよさんも誕生の時期なのかもですね!
  • posted by 瑚月 kogetu 
  • URL 
  • 2016.10/10 23:13分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: nami☆さん 

お久しぶりです~
お役に立てたならとても嬉しいですε-(´∀`*)
  • posted by 瑚月 kogetu 
  • URL 
  • 2016.10/10 23:16分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re:nanaさん 

コメント有難うございます!

nanaさんが心の中で密かに気がついていた「スタートをきる時なんだ」
という選択を自らされた事に心からエールをお送りします!
  • posted by 瑚月 kogetu 
  • URL 
  • 2016.10/10 23:20分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

瑚月様。

しっかり受け取りました☆
すぐに不安が湧いてくる私。
誰に認められれば安心なのか、
常に意識します。
ありがとうございます。(T_T)
  • posted by にゃーち 
  • URL 
  • 2016.10/11 18:05分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: にゃーちさん 

どもです!コメント有難うございます!

にゃーちさんの不安はまた違う根源から来ているような気がします。
これから幾つかちーさなシリーズを書こうと思っていますが、
その中にツボるものが有ることを祈っております
  • posted by 瑚月 kogetu 
  • URL 
  • 2016.10/11 21:44分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

瑚月様
お返事&エールまで頂き、ありがとうございます。
月末に向け取り組んでいる事があるのですが、もういいやと諦めそうになっていました。でも、これでモチベーション上げてやりきれそうです。感謝!!
  • posted by nana 
  • URL 
  • 2016.10/12 23:14分 
  • [Edit]
  • [Res]

お福分けありがとうございます 

はじめまして。
いつも素敵なお話をありがとうございます。

私にとっても『自分を信じること』は重要課題。今回のお話は特に腑に落ちる内容でした。
読み終わった後、モヤモヤした気分がスッキリしました。
回が違いますが、鏡合わせのお話もザックリ胸に刺さりました…。

私には「ちーさな悟り」じゃなくて、「おーきな悟り」です(笑)

本当にありがとうございます。


  • posted by うめ 
  • URL 
  • 2016.10/13 17:24分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re:nanaさん 

頑張ってください~~w
自分が選んだ道から産まれるものはきっと今か将来か過去の自分に必要なものだと思いますので良き道となりますようにw
  • posted by 瑚月 kogetu 
  • URL 
  • 2016.10/13 22:36分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: うめさん 

おおwww
お初コメント有難うございます!!!

> 今回のお話は特に腑に落ちる内容でした。
最高のお言葉です(涙
腑に落ちるという感情は得られたら文字通り得た方の心の栄養になります。
そして腑に落ちれたのも「探していた」からだと思います。
ご自身の努力と求めるものが引き寄せて来たものです。
ご自身を褒めて上げて下さい
望むものへのヒントや道を引き寄せる力があるという事ですから


> 私には「ちーさな悟り」じゃなくて、「おーきな悟り」です(笑)
有難うございます!
実は私にとってもその時は「おおおお」って腑に落ちれたので自分にとっては大きな悟りなのですが、
いかんせん、文章にしてしまうと何処にでもある啓発本の中身みたいになってしまって、
「おおおお」が届かないんじゃないかな~ということで控えめに「ちーさく」しております←

だからおーきく腑に落ちれて下さったうめさんに感謝なのです
私こそ有難うございましたw
  • posted by 瑚月 kogetu 
  • URL 
  • 2016.10/13 22:44分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

プロフィール

瑚月 kogetu

Author:瑚月 kogetu
本職>某病院異端リハビリスト。
特技>体を含めものの声を聴く
焼き肉や鍋の時に同僚に重宝される特技でもある)。

東洋系治療と自然農法に興味あり。
『美しく生きる』を考えたい人。

ブログの中の私が体験した白日夢の奇譚は、患者様の特定を防ぐために整体師・耳視師という設定の中で「月櫻(つきお)」さんに小説:白日夢奇譚という形で語って頂いております。
飽くまで本職は病院勤務で整体院は営んでおりません。
ご了承下さい。



お手紙は こちら か、一番上のメールフォームからお願い致しますw。

counter

Archives&Category

 

淡々と百人一首

    右サイドメニュー

    検索フォーム

    QRコード

    QR

    ブロとも申請フォーム

    時節