Voiceless world ー魂魄白日夢奇譚ー

Voiceless world of the voice to you 声無きものの聲をあなたに。      人の不思議(魄)と白日夢の如き奇譚(魂)の物語

Entries

『10人の宝珠の渡り手へ-伊勢神宮外宮 土宮』神世水奇譚完伝その13

『宝珠』
というのは、龍がその手に持つ珠をイメージして月櫻が勝手に名付けたものである。


龍が持っている珠は本来は「如意宝珠」と言い、
-どんな願い事も叶えまっせー
という物欲万歳のドラゴンボールである



一方、月櫻の言う「宝珠」は、遥か昔、地球に来た古代神達が「帰還用」に持っていた星間地図ナビゲーターという感じのものである。


転移門を開く様な感じのものと、
母星行きの宇宙船の様な役割をするもの、
そして特殊であるが空間に加えて時間をある程度戻れるもの、



の大雑把に分けて3種類が有るようである。


「人には行けない地球から遠く離れた場所に戻れる」そういう所が、「龍の渡り」と重なった事と、
古代神にとっては正に命綱とも言える大事なものという事、
後は月櫻から見た時に光る珠に見える・・・という事が「宝珠」という命名に至った理由であった。
しかし母星から出てくる時に託されたもので、自分1柱では再構築出来ない所は某アニメの珠と違う所であろう。


今日本に残っている古代神のうち、
霊気のある山々など自然神となっていたり、国津神として名前を受けて神社等で祀られている神々で「神世水奇譚」の方に出てくる神々の様な方は、「残ることを選択した方々」でなんだかんだ言って、人間や日本に愛着や思いがある方々である。
しかし一方では「帰りたいのに帰れない」で宝珠を欲している古代神の方々も多くいるのである



宝珠は「目に見えるモノ」でないが、「もの」に封印されている事もある。
問題なのはその「もの」の中に人間という入れ物も該当しているという点である。


***

猿田彦神社を出て、月櫻達は外宮に到着した。
猿田彦神社を出た時間は10時半を過ぎていたが、
その時点で内宮近くの駐車場は全て満車で、内宮前に繋がる道路は進入禁止になっていた。


流石お伊勢さん・・・


外宮も車で一杯であったが、
何気に入って何気に進み、
何気に一番入り口に近い場所に車を停めることが出来た。


導きの神猿田彦は流石である。


外宮は食物・穀物を司る神である「豊受大御神」を祀る宮である
geku_map.jpg
(伊勢観光協会/外宮より)


御正殿にて誓願解約宣言を行うと、やわらかな女性性を思わせる方がうなずかれる姿が見えた。


次に風宮・土宮に向かうと、
前にいた女性二人組が大きな声でこう話しているのが聞こえた。
「風宮でお参りして、土宮にお参りするのが良いらしいよ」


こういう場合、往々にして「お使い」して下さっている場合が多い。
月櫻は最近「土宮」に行ってから「風宮」に行くことが多かったので、
今日という大事な日に、その助言を有り難く受け取ることにした。



宮に向かう途中で、親が月櫻に質問した。
「外宮と内宮の違いってなに?」


外宮と内宮、
実はそれこそが、今回月櫻がイザナギ・イザナミの件で気がついた事の具現化であった。


何故、外宮は内宮と離れた所にあるのか、
内宮周辺は店が多く栄え、人の流れはそこに向かうか
外宮と内宮の雰囲気がかなり違うのは何故か


外宮に祀られている神々をよく見ると・・・


*イザナミが死ぬ間際に苦しんだ尿から生れ、月詠に殺害された「豊受大御神」
*日本書紀ではイザナミの息から生まれたとされる「級長津彦命」
*外宮の土地の守り神である大土御祖神(おおつちみおやのかみ)



外宮は、イザナミ系国津神・古代神の宮なのである


豊受大御神は『衣食住をはじめ、あらゆる産業の守り神』と観光協会で紹介されているが、
「生み出す、創りだす力」と解釈すると、女性性(実現化力)と等しい意味であり、
殺害が封印を思わせるもの何とやらである・・・

***


風宮に参る。



級長津彦命(しなつひこのミコト)と級長戸辺命(しなとべのミコト)が祀られているが、
古事記では「級長津彦命」
日本書紀では「級長戸辺命」と表記されている二つ名を持つ同一神とされている


が、今回初めて、男女神で現れた・・・。


賀茂真淵の説では「本来男女一対神であったが、同一神化された」と言われているが、
それを知る前から月櫻は男女二柱居る認識でいた。


しかし、いつも男性一柱にお会いして話をしていたのだ。


これも「女性性=封印された「実現化の力」」という一面に月櫻が辿り着いたからであろうか。
宣言を行う。


次の瞬間、
またしても太く大きな鎖が千切れ飛ぶイメージが見えた。


幾つもの千切れさる鎖は、
誓約という鎖と共に、
自分が自らの「自分を幸せにする力(女性性)」を縛っていた鎖ではないかと、
その時月櫻は思ったのだった。



そして、土宮に赴いた。



ここがある種、今回のテーマの本番である。


月櫻は自分が得た答えを土宮に告げた。
宝珠の伝達ルートは2つある。

一つは、魂に刻み込まれる路。
かつて祭祀(巫女・巫)であったものの魂に刻み込まれ、転生しても失われること無く、奪われること無く時を流れ継がれている路


そしてもう一つは
血族に遺伝子として刻み込まれる路
子孫を残せる状態の血族の遺伝子の中にクラウドの様に存在し、次の血族に伝承される。


私は、これを伝えましょう


魂に刻み込まれた者は本人が返しに来ないと返還出来ないが、血族クラウドは血族の誰でもが代表になり返すことが出来ると。


願わくばこの土宮に返しに来て欲しいと伝えましょう。』




月櫻は続けた


『私がこれを伝えることで10人が助かるとかつて言われました。
その10人とは10の血族と解釈します。

彼らを助けて下さい』



『相解った。われが代表となり、尽くそう』


今までとは違う女性風の大きな神が現れた。
土宮に祀られている「外宮の土地の守り神である大土御祖神(おおつちみおやのかみ)」の名と役目を担ってくれた方であろうと月櫻は思った。


どことなく肝っ玉が太そうで
大らかな神に見えた


この方ならお任せ出来るだろう・・・


そこで月櫻はもう一つ相談を持ちかけた。
それは「土宮以外で返還する方法、もしくは代理人に託して詣でて貰う方法はないか?」という事である


なんだかんだ言っても日本は広い。
自分の県から出ない人も世の中には居るし、
家庭や個人の事情で行けない方も居られる。


なので相談してみたのであるが、答えは否であった。


宝珠自体は取り扱いに気をつけないと行けないようなもので、窓口を別に設けるとか、代理参拝で出来る方法はリスクがあることなどで辞めたほうが良いと言われたのだ。


浮かぬ顔の月櫻にその神は言葉を続けた

『汝が伝えることにより、返す必要がある血族は、いつか必ず血族の誰かが此処に来る。故に必要ないのだ』


『来るんですね?』
『来る。いつか来るであろう』


月櫻はホッとし、
柏手をうち、深く頭を下げた。


10人
伊勢神宮に詣でる人数に比べたらごく僅かな数であるが、
この弱小ブログの読者の比率から考えると
普通に考えれば優しいことではない。



しかし、伝わる人に伝わっていくと信じることから始めることにしたのである。



このブログを見て、心動かされた方が居たら心の隅にこの話を覚えて置いて頂けたらと願います。


心動かされ、伊勢に行きたいと思っていたら
現実無理だと思っていても行けるようになったりするかもしれません。

逆に違うわと思っても、このブログの他にも伊勢やそれらを啓示させるようなことに多く出会う方も居られるかもしれません。
そう言う方でもし伊勢に行く風が吹いたら乗ってみてください。


逆に行きたいと思っても、風が吹かなけれな自分以外方が当番だと思って下さい。


肩の力を抜いて、
他の人に任せるという事を自分に許して上げて下さい。


行くのはアナタでは無くても、
何となくこんな奇譚を伝えたいと思える人に出会うかもしれません。


もし、伊勢の土宮に行かれる事があるか、行く人に出会った時にこの宝珠の話を思い出されましたら、
土宮で「返すものがあればお返しします」という様な由を伝えて頂けましたら幸いです。


その方々も珠を返してもらった神々も
両方共がより良い時を得ることが出来る事を心から願っております。


つづく

***
追伸・お詫び>

この記事は大切な事を書き足りない処と
間違った手段を用い、書くべきでは無かった事がある事に気が付かせて頂き、
一度公開してから、閉鎖してから書き直して再公開ています。




ブログの規模の小ささに、伝わるべき人に伝わないのではないかという思いと、
少しでも多くの方に見て頂きたいという我欲で、10人の方が抱えておられるであろう問題を表立って書いてしまいました。


しかし、有り難い示唆を頂き、それでは「伝えられるべき人」の数よりも、その言葉で「傷つけてしまう方」や「自分はどうであろうかと不安になる方」の方が、遥かに多い事であろうという事に気が付かせて頂きました。


自分の視野の狭さに今更ながら軽率だったと悔やんでおります。
今まで通り伝わって欲しい人には伝わるのスタンスで良かったのです…


大きな失敗だったと思います。


友人に示唆頂き、早めに閉じましたが、休日で既に数十人の方が閲覧して居られました。
不快な思いや、不安や、悲しい思いをされた方々が居られましたら
本当に心からお詫び申し上げます。


以後、よりいっそう心して行きたいと思います。

瑚月
関連記事
スポンサーサイト

Comment

NoTitle 

はじめまして。密かに読んでおりました。なぜか気になって最近は毎日更新チェックしたりしておりました。今回関係ないかなー行く必要感じないし。とでも、なんとなく、「宝珠をお返し致します。」とはっきりきっぱり言ってみたら繋がって。『お前はそれがどういうものか知っておるのか?』「はい、存じております。(にっこり)」『あい、わかった。』個人的に持っていたというよりは家系にあったようです。なぜか縁の斡旋までしてもらい。その宝珠の古代神は返った〜感覚がしました。^^
  • posted by 月の精霊 
  • URL 
  • 2016.04/10 16:56分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

わたしのコメントが軽率でした〜妄想だろとか思いながら、書いてしまい。しかも妄想かもということを書かずにコメントしてしまいました。すいません。悪かったです。
  • posted by 月の精霊 
  • URL 
  • 2016.04/11 02:56分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

宝珠を返す旅、楽しそうです♪
土宮、覚えておきます。
  • posted by まー坊 
  • URL 
  • 2016.04/11 03:09分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re:月の精霊さん 

いえいえ、月の精霊が書いて下さったお陰で、大事なやり取りが抜けていたことに気が付きましたのにお詫びのコメントまで頂いてしまい、感謝と共に大変申し訳ございませんです。

けど、月の精霊さん自身、渡してすっきりしたり、軽くなったのであれば、
必要なことをなされたのでは無いかと思います。
  • posted by 瑚月 kogetu 
  • URL 
  • 2016.04/11 21:20分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re:まー坊さん 

有難うございます!
宜しくお願いします。
  • posted by 瑚月 kogetu 
  • URL 
  • 2016.04/11 21:21分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

読んでしまいました、が、私は大丈夫です。何十分の1の意見でしかありませんが、私の分についてはどうぞお気にせず!
古代神様方とか、宝珠というのがどうにも引っ掛かり、一応行ってみようかしら、なんていう気になりました。
『いや、お前、何にも持って無いし!』
って言われちゃうかもですが、いつか行ける日も来るさ、と覚えておこうと思います。
  • posted by ゆか 
  • URL 
  • 2016.04/11 23:38分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

あのう、ナビゲーターという80年代のアメリカ映画をご存知ですか?

私の拙い説明より検索された方が早いかもですが、一応説明しますと…

ある少年が行方不明になるけれど、8年後に当時の姿のまま帰ってきます。少年にはその間の記憶が全くありません。その頃NASAがUFOを捕獲して、少年の事件との関係に気づきます。

壮大にネタバレなんですけど、UFOはそれ自体が実は生命体で、少年の頭の中に、理由は忘れましたが、自分の星に帰る星間図とか航路のデータを残していて、それが無いと帰れないということで、利害の一致もあり、少年はUFOに乗り込みます。

で、タイトルのナビゲーターというのは、UFO生命体が少年をそう呼ぶことに由来してまして。

今回の記事ビックリです。まんまじゃないですか…⁈

夫の大好きな映画で、息子にみせたいとbvbを買ったんですが…。我が家は海外暮らしでお伊勢参りは無理なので、気になるけれど日本の皆様に託します。

異国での望郷の辛さ、私にもわかります。レベルは違いますが(汗)。1日でも早く古代神さまたちが故郷に帰れますように。

長文失礼しました。
  • posted by さいまま 
  • URL 
  • 2016.04/12 05:54分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: ゆかさん 

コメント有難うございます。・゚・(ノД`)・゚・。。
本当にもう、気をつけたいと思いますです…。

伊勢、惹かれたら言ってみてくださいw
もし珠持ちで無くても、かの方々を思って挨拶して下さる方がいらっしゃれば、
きっとかの方々も心嬉しいと思います。


  • posted by 瑚月 kogetu 
  • URL 
  • 2016.04/12 21:55分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: さいままさん 

映画全然知りませんでした!!

ぐぐってみたら、youtubeに予告編がありましたです。https://@@@.youtube.com/watch?v=r06SSUYWe2o
(@@@=www に変換)
今度機会があったらDVD探してみますです。
次のブログの追伸にでも紹介したいと思います。

映画や漫画や小説を使ってメッセージを送るってのは上では良くありますが、
これはびっくりしましたぁ…。
有り難うございましたー
  • posted by 瑚月 kogetu 
  • URL 
  • 2016.04/12 22:01分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

お疲れ様です。
かなり以前、古代神のお話の回で土宮のお話がありましたね♪
あの記事を読んでから伊勢にお参りしたいと思い、少しづつご縁を頂いてお参りすることができました。宝珠持ちだったのか否か解りませんが、あれ以来土宮に伺うときには、早く還る事が出来るよう祈っておりました。
宝珠持ちの方、古代神様方、伝えるお役目の方、皆様によき計らいがありますように。
  • posted by なつ(^∇^) 
  • URL 
  • 2016.04/13 19:40分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re:なつ(^∇^)さん 

土宮参り&お祈りありがとうございますm(_ _)m
全てが全てにとって良き計らいに繋がるようにと祈っています。

  • posted by 瑚月 kogetu 
  • URL 
  • 2016.04/17 11:44分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

プロフィール

瑚月 kogetu

Author:瑚月 kogetu
本職>某病院異端リハビリスト。
特技>体を含めものの声を聴く
焼き肉や鍋の時に同僚に重宝される特技でもある)。

東洋系治療と自然農法に興味あり。
『美しく生きる』を考えたい人。

ブログの中の私が体験した白日夢の奇譚は、患者様の特定を防ぐために整体師・耳視師という設定の中で「月櫻(つきお)」さんに小説:白日夢奇譚という形で語って頂いております。
飽くまで本職は病院勤務で整体院は営んでおりません。
ご了承下さい。



お手紙は こちら か、一番上のメールフォームからお願い致しますw。

counter

Archives&Category

 

淡々と百人一首

    右サイドメニュー

    検索フォーム

    QRコード

    QR

    ブロとも申請フォーム

    時節