Voiceless world ー魂魄白日夢奇譚ー

Voiceless world of the voice to you 声無きものの聲をあなたに。      人の不思議(魄)と白日夢の如き奇譚(魂)の物語

Entries

負の感情も悪くない-TUREZURE NARU MAMANI 9

『貴女にとって「成熟した愛」とは?』
という問に対して幾つか上げた答えの中で、

<互いに自立して依存しない関係>
<互いに自分らしく居れる関係>

という物がありました。

未熟な愛から、成熟した愛=互いに実りある関係
に目を向けたらと提案されたように、
そっちに向けて頑張ろうと思った瑚月さん。


ここでふと、


<わたし「らしさ」ってなんだべ?>


と気が付きました。

<私がどういう人か?>は答えられます。
住所、氏名、年齢、職業、趣味、
好きな食べ物、
簡単にざっとこれだけ上げても「なんとなく私の説明」になります。


けど、その時私は思ったのは、
「らしさ」はそういう感じじゃなくって…


「自分の持ち味」といいますか、
「自分が自分自身で幸せや充実感を感じれる状態」
じゃないかなと思ったのです。
ついでに言えば、
それは「関わる人も幸せに出来る状態」でもあるかもしれません。


じゃ、何だべ?←


けど、反対に言えば
自分らしさを尊重するという事は
パートナーになる人の<その人らしさ>の尊重でもあるんだな。



・・・・

・・・・


まずは横に置いといて・・・・・・←おい


とにかく、
成熟した大人に成ることと、
自分の殻をなくす経験を積んでいこう


と、先ずは「出来る目先のこと」から始めた訳です。


「互いに依存しない」と言うことは、
「互いに自立しているという事」でもあり、

例えば
◆相手の事を必要以上にやっちゃったり(←つくしタイプ)
(逆にやらせちゃったり)

◆相手の時間を必要以上にコントロールしようとしたり(←一緒にいようよタイプ)
(逆に自分の時間も必要以上にコントロールされない)

◆「貴方は私のもの」よじゃなく(←束縛タイプ)
(逆に俺以外の男としゃべるなとか、友達やめろじゃなく)

◆任せるわ、ではない(←思考委託タイプ)
(逆にお前出来ないから俺がやる、ではなく←信頼しきれないタイプ)

◆必要以上に気を使うでなく

・・・

・・・書いてて遠い過去にこの中の幾つか、実際に失敗したなぁと、改めて遠い目になった・・・


じゃなくってぇぇぇ!!!


セッションでも言われてたけど、
<自分を愛する>
多分それは
=自分が充足している
=自分を信じられる
=自分を理解出来る 
ことでもあると思うのだけど、


それが出来れば、
相手に対して、不安や恐れや過剰な甘えにはならないはずだ!


依存しない=自立しているってことだ。


うん、私はまずこれで行こう、これ。
となったわけです。


さて…
そうこうして、
殻に気がついたり、
少しは成熟した大人らしい身の回りの管理も出来てきましたら・・・


ある感情が湧き出てきました。



前回、
『光が強いと陰も強くなる。
愛に対して心が向いて行くと、
逆の想いが噴き出してきたりする。』
と書きましたが、
多分、自分を好きになってきている分、
それに相対するような感情が良く感じれるようになってきたのだと思いました。


私の場合は「寂しさ」でした。


人によっては、
怒りだったり、
悲しさだったり、
恐れだったり、
するかもしれませんが、
私の場合は「寂しさ」でした。



「あるある」でよく思われている事ですが、
こういった「負の感情」は「悪いこと」で、
湧いては行けないことだ。
と取られているようですが、
私は逆におもいっきりその感情を味わいます。


誰かの暴言で腹がたった時。
そのむかっ腹をとことん味わいます。


最初は感情のままなんですが、
そのうち、余りにも味わいますと、
「・・・」もういいやと思ってきたりします。


お腹いっぱいになると、
それ以上入らないのと一緒でしょうか。


それでも「えーい」と
味わいますと、
「うへぇぇ・ゲップっっ・・当分、食いたくねぇ」
となったり、

「…まぁ、頑張ろうか」と
別の感情が湧いてきたりします。


これも
「甘いモノは別腹」と同じ機構かもしれません。



さらに、何となく客観視出来てきたりする場合もあります。


腹立つよね~。

で、なんで?
>だって、あの人がこう言ったから
そう言われたら、なんで腹がたつのかな?
>・・・
自分が誤解されていると思って腹がたつのかな?
>・・・
自分は本当にそんな事はないかな?
相手はどう思ってそう言ったんだろう?
>・・・
相手の目線で考えてみよっか?

自分が正しいって思いから腹が立つなら
向こうが言った考えに本当に一利ないんだろうか?

腹がたつけど、このご意見を
自分のプラスに変えるには、見方をどう変えたらいいだろう?

プラスにした方がお得じゃね?
お得なのいいよな~。
やってみようじゃん・・・

よっしゃっ!
やってやろうじゃねぇかっっっ!!!
課題めぇぇ、
負けねえぜ!

***

「噴気」が「奮起」へ


瑚月さん、今は大体このタイプになってきてます。

***

これ、数年前から自分なりに良いよなと思ってやってたんですが、
セッションを受けたチャネリングの意識体が何冊か本を出して居られるんですね
(バシャールみたいなチャネリング対談集系)


セッションを受けてから、
それ読みましたら、「感情をおもいっきり味わい尽くす」事が書いてありました(笑。
>味わい尽くして、其処から得るものを得ずに逃げていたら、
>それを得るまで、その感情を引き起こす事象を招く
という様な事も一因として書いてありました。


私の「お腹いっぱいw説」も
あながち間違っては無かった訳ですのぉ・・・

***

さて・・・例題は以上にして
「寂しさ」の方です。


最初は「独り者」の寂しさかと思いました。


けど味わう内に、
違うことに気が付きました。

まず最初に気がついたのは私の場合
「無意識下の自分の意に反した事をした時や言った時に寂しさが湧いてくる」という事。


新人歓迎会で後輩を車で送った時でした。
降ろしてから凄く寂しくなりました。
なんでかなと思ったら、
言うべき事を言わなかったからだと分かりました。


後輩君は昔書いた「魂の養子くん」でした。
春に退職して別の場所に務める予定を取りやめました。

「私」としては、仕事も信頼できる様になったし
気さくに話が出来ますし、
退職しないというその子の選択肢を選んだ理由の1つが
「家庭の経済的事情」感じたでも「嬉しかった」のです。


けど、
私の無意識下はそうではありませんでした。


『もし経済的事情で選択を諦めたなら、
家族のためという、貴方の選んだ選択肢は間違っていないと思う。
けど、私は貴方自身も大切にして欲しい。

今は出来なくても、
何時か、家のためではなく自分の為に仕事を選ぶべきだ。
家というものは、貴方一人が背負うべきではなく、
お兄さんや皆で協力しあうべきもので、
急場がしのげたら、自分の事を大切に考えて欲しい』


そう、彼に言って上げたかったのだ・・・
と気がついたのでした。


気がついたら「寂しさ」は消えていました。


そうやって何回か繰り返し・・
選択から来る寂しさを理解出来るようになってきたら。



今度は、
選択以外から来る寂しさが来ました。


奥が深いよぉぉぉぉーーーーー
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

プロフィール

瑚月 kogetu

Author:瑚月 kogetu
本職>某病院異端リハビリスト。
特技>体を含めものの声を聴く
焼き肉や鍋の時に同僚に重宝される特技でもある)。

東洋系治療と自然農法に興味あり。
『美しく生きる』を考えたい人。

ブログの中の私が体験した白日夢の奇譚は、患者様の特定を防ぐために整体師・耳視師という設定の中で「月櫻(つきお)」さんに小説:白日夢奇譚という形で語って頂いております。
飽くまで本職は病院勤務で整体院は営んでおりません。
ご了承下さい。



お手紙は こちら か、一番上のメールフォームからお願い致しますw。

counter

Archives&Category

 

淡々と百人一首

    右サイドメニュー

    検索フォーム

    QRコード

    QR

    ブロとも申請フォーム

    時節