Voiceless world ー魂魄白日夢奇譚ー

Voiceless world of the voice to you 声無きものの聲をあなたに。      人の不思議(魄)と白日夢の如き奇譚(魂)の物語

Entries

では見えない方々にNo Moer Sieldingは無謀?ーTUREZURE NARU MAMANI 7ー

昨日は、人様に対して自分が持っている防御や偏見等々によって生じる壁だとか、
実は本人も気がついていない殻は無い方が「私は」平和が来るわ・・・、という話でした。


なにせ「私の」フィーリングで書いているので、
どうしたら壁や殻を無くせるかというのは上手く説明できないのですが、
強いて言うなら、


気持ちを広げて相手を全部受け入れる感じ。
偏見捨てて相手を理解する為に開ける感じ。



でしょうか。


私は、そんな時は何か目の前が少し明るくなって、
開ける感じがします。
自分も明るくなる様な感じがします。
顔はいつの間にか笑顔やほほ笑みになっています。



・・・つまり、そう意識する前そんなに笑ってねぇってことっすな←今気がついたよ!


さて・・・。
人様へはそういうことですが、
では見えない方々に対してはどうか?です。


元々、人発祥の「呪」やら「生霊」やら、神系or魔系の「言うこと聞け聞け」やら「エネルギー欲しい」やら、
に対してシールド張れないんだけど、どうしたらいいか助言ください
、が話の大元です。


それに対しての助言は、
「多次元構造の宇宙においてシールドは反している」
「そういうエネルギーが来たら「私には必要ない」と意思を明確にする」
「あなた方はワンネスなのだから(oneness=oneの名詞形「1つである」という事。スピリチュアル用語になるかな)」



・・・

・・・


多次元構造云々は以前書います⇒(多次元のお隣さんーTUREZURE NARU MAMANI 3ー
なので「ごもっとも」と思いました。


がーーーーーーーーーーーー


他は理解しづらいので、
考えました。


「私は要らない」って宣言系の話は今までも聞いたことがありますし本も読んだことが多々ありますが、そんな簡単にあのしつこいやつらがどうなるなら、
わたしゃあんなに苦労してないよ?です。



が、ここは敢えて「馬鹿」になってみました。
ええ、もうめちゃくちゃ馬鹿なのですから、いまさら馬鹿の1つや2つ増えたって構いません


「出来ないんじゃない?」って疑いをちょっと捨てようと思いました。
出来なかったら言われないよ。
出来るって言われたから出来るんだよ!


今度やって見ようーー



と思っていたら、やって来ました←。
人の念系です。


お断りを入れたら、なるほど出て行く感覚はありますが、
まだ残っています。


うーん。


そこで、「多次元構造におけるシールドが云々」や「ワンネス」から考えて見ました。


川の流れが浮かびました。
ここに石をドンと置くと、葉っぱや枝が引っかかります。


石が無ければひっかからない



水の中で「私」という壁でくくれば、
物も引っかかるし、囲いの中は標的になるし、
囲いの中に魚なんかいれば、盗もうとするものも居るかもしれない。



けど、囲いをやめて「水」であれば、
攻撃しようにも「目標物はない」ので攻撃できない。



次にもう少し広げて「ワンネス」を自分が理解できる例で考えてみた


さっき、川の流れを出したが、
やはり「水」で例が浮かんできた。


水は、山々から湧き出て川になったり、
小さな池になったり、
井戸の中に湧いたりする。


けど、1つの流れの中で「表面に出ている場所」が違うだけだ。


地球全体から「水」を見たら、
海も川も池も全部つながっている「一つのもの」だ。

全部全部つながっている。


その場所場所で名前が「池」になったり「川」になったり、
田んぼの中の水、になるけど「水」なように、
私達も偶々「顔を出している」状態が三次元に具現化している「私」だとしよう。


川からも池からも海からも水は蒸発する。
大気の中にも水は居る。
これが見えない世界だ。


「見えない各界」は雲に例えられるかもしれない。
低い所の雲
成層圏の雲
真っ黒な雨雲
真っ白な雲


けど、それらは黒い雨雲だから「悪い」わけではない。
雷雲だからって「悪」じゃない。


全部「水」


その中で例えるならコップの中の水が「私」。
水は囲めば何時か腐る。


小さく囲めば囲むほど、
腐りやすい。


ペットボトル並に密閉すれば腐りにくいが
それでも賞味期限はある。


けど井戸の水は腐らない
池の水も
川の水も
海も
雲も
腐らない。


流れているから、腐らない。
同じように腐敗菌がくっつくけど、
流していく
流れることで、浄化していく。


この場合は
流すことが自然で、
囲むことが不自然


なるほど、
確かに「シールドを張ることが守ること(腐らない事)」ではない。


そういえば、
さつきのひかりさんに昔、太極拳の構えを1つ教わった時に、
「攻撃を流すんです」と教えて頂きました。
で・・・
「流すの苦手ですね・・・?」と言うような事も教えて頂きました・・・(遠い目)



流すんだ


そうだ、
流すんだよね!


のーせんきゅーw
で、さよ~ならーでいいんだ。

・・・


・・・



これ、何か上手く行きました。
すんません。
上手く行っちゃったんです。


全然説明になってないけど、
なんか上手く行ったんです。


人の念系とかはこれで何とかなりました。
ふふ・・・「必殺 流れ葉流」←


しかし、そうなると次が来るのがお約束です。


しつこい古代魔系の方々が集団出来ました。
ええ、周囲にまで影響が出るレベルでした。


直接被害には合わなかったのですが、
同僚が移動中に出会い頭の事故に目の前で遭遇したとか、
危ない車に出会ったとか、
駐車トラブルとか重なりました。
私自身も変な車や、「危ない!」とヒヤっと来る事が・・・。


昔、「用があるなら、被害与えて知らせるんじゃなくって、指の先でも少しちりちりさせて知らせなさい」と言ったことがあって、たまにそれを「チャイム」代わりにコンタクトを要請してくる方々も居るのですが、その時は突如激痛。


多分、無視していると思われたのでしょう。


痛ってぇぇぇぇ!!!
うわ、痛ってぇぇぇぇぇ!!!なレベル。
チャイムちゃう。これ爆撃レベル。


ここらへんになると流石にむかっ腹たちました。
しかも「お断り」しても聞かない。


うーむ・・・
と考えて、思いついたこと。
それは「ワンネスだから」といセリフでした。


まてよ。
ノーボーダーで古代魔の次元からアクセス受けてて、
そればっかりしか目にしてないけど・・・


よく考えたら、全部の多次元にリンクしているっていうことは、
彼らよりも強いレベルとかともリンクしてるんやん。
(魔系=アンダーグラウンドなら、神・天使・マスター系=アッパーですね)


意識を上に合わせよう。
そっちのエリアに居たらいいんだ。


・・・


・・・・


消えた


へぇー
消えたよw


ほへーw←


ちょっと感覚的には違うんですが、
例えるならテレビのチャンネル変えるみたいなもんね。


全部の局の伝播にアクセスしているけど、
チャンネル合わせた局しか見えない。


A局で嫌な番組や情報が流れていたら、
無理してそれを見なくってもチャンネルを変えればいいんです。


今まで、同僚とかに多次元アクセスもそう説明して来やん…。


なんか、同じものなのに、
観る角度や解釈を変えると「こうなるのですw」というのを体験した気分でした。


***

けどこれは、「今までの私」なら同じことをしてもこんなに簡単には出来なかったと思います。
だって、さんざん「お断り宣言」をしてても来ましたもん。
その度に出来るだけ上位のエネルギーにアクセスして処理してもらったり、
力技で浄化したり、
彼らの思考レベルと同じ次元に強制送還したり

・・・

・・・

色々あったなぁ・・・orz。



そんなこんなですが、
今までよりもスムーズにその「お断り」や「流す」事が可能になってきたのは、
一番強固だった「自分自身を自分から隠す殻」に気がついて、
そこをオープンにしようと意識し・・・そこから「何かが変わった」という実証を得たからでは無いかと思っています。


自分の中の殻を無くさずして、
シールドをなくした事にはならないかなと思ったのです。



見えない方々へのNo Sielding。
一先ず、私にとっては「無謀ではありませんでした。」


***


追伸>

ちなみにですが・・・
なんだかんだ、ちょっと前にブログで悪態つきましたが、
現在、全部の見えない系の依頼を断っている訳ではありません。


ただ、私に出来る事はするけど、
私じゃなくても出来る事は役割分担するべきだと思っています。


後進は育てるべきだし、
一人一人の意識が「社会」に影響を与えやすくなってきているこれからの時代は、
誰か一人飛び抜けた世紀末救世主じゃなくって、
個々人が考え、選択して皆で作っていく事が大事だと思います。


その為には色々な人が関与するもの大切だと思うのです。


だけど、我田引水的にこっちの事情や健康を無視してコントロールしようとしたり、
周囲に危害を食わて脅してコントロールしようとするものはお断りです。


「支配」するものと「支配されるもの」のパワーバランス劇も
「苦しめるもの」と「苦しめられるもの」のパワーバランス劇も
もう終了していく時代になってきていると思っています。


ちゃんとそれを分かって依頼してくる分には今も土地の流れとか浄化とか何気に上仕事してますし。
(そういう場合は体にも影響ないですし、接待サービスついてくるしwウインウインの関係)


だから、お断りするときは、
「私をコントロールしようとする方々はお断りします」等言っています。

***

関連記事
スポンサーサイト

Comment

 

今の私の悩みドンピシャな内容で、いつにも増して興味深く拝読しています。

…が、読んでみてヒントになりそうな、でもまだ心の底から理解できないモヤモヤ感もある状態です。

前回の記事と合わせると、
先ずは体調を整える・体力作りをする
→気持ち的にもタフになる
→受け入れるもしくは受け流し易くなる

という感じでしょうか?

私の場合は見えない相手ではなく、人間相手なのですが…
  • posted by なつ 
  • URL 
  • 2015.05/05 23:10分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: なつさん 

コメントありがとうございました!
とてもいい質問だと思います。

お返事をここに書きかけていたんですが、
もう少しこれからの記事を読んで頂いてそれから書かせて頂こうかと思いました。


記事にしているのは「私」という一例でしか無いのですが、
この記事を読むご縁と、それで「動き出そう」とされているのは
なつさんにとって「時期が来た」か「初動準備に入る時期」なのかもしれないと思います。

このシリーズはもう少し続きます。
最後まで見て頂いて、その上でご質問に答えさせて頂こうかと思います。
少しでもヒントになれば幸いです。
  • posted by 瑚月 kogetu 
  • URL 
  • 2015.05/06 12:35分 
  • [Edit]
  • [Res]

実は 私も… 

 先の、なつさんの コメントを拝見して ビックリ!  
私も (人間相手なんですが) あまりに状況が似てるので 食い入るように読ませていただきました。 
 
 断っても断っても 来るんです。
 しかも 徐々に パワーアップ して。 
 なんで? どうして?
 
 私は 「引き寄せる 私自身が悪いのかな~」と 自己嫌悪と 起きあがれない身体で苦しんでました。 
 
激痛は 整体を毎日 施術してもらい何とかなりましたが。 
「まず、 この弱っちい身体を何とかせねば。」と 思いいたりました。 

なので、 「チャンネルを変える」が ピンとません。(イメージできません)

私も この先をお待ちしている ひとりにさせてくださいませ。(勝手に読者♪)

お忙しいでしょうが 
どうぞ よろしく お願いいたします。
  • posted by 三月うさぎ 
  • URL 
  • 2015.05/07 00:07分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: 三月うさぎさん 

実は、連続UPした8,9,10。特に10は少し仕掛けをしておりまして、
なつさんや三月うさぎさんのヒントになればと思うものは得たんですが、
なにせブログの日記が未来日記みたいに明日(金曜日)までUPされているので
多分、次は土曜日になるかと思います。

ヒントになると思いますので
もう少しお待ち頂けたらと思います。すみませんー。
  • posted by 瑚月 kogetu 
  • URL 
  • 2015.05/07 22:37分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

プロフィール

瑚月 kogetu

Author:瑚月 kogetu
本職>某病院異端リハビリスト。
特技>体を含めものの声を聴く
焼き肉や鍋の時に同僚に重宝される特技でもある)。

東洋系治療と自然農法に興味あり。
『美しく生きる』を考えたい人。

ブログの中の私が体験した白日夢の奇譚は、患者様の特定を防ぐために整体師・耳視師という設定の中で「月櫻(つきお)」さんに小説:白日夢奇譚という形で語って頂いております。
飽くまで本職は病院勤務で整体院は営んでおりません。
ご了承下さい。



お手紙は こちら か、一番上のメールフォームからお願い致しますw。

counter

Archives&Category

 

淡々と百人一首

    右サイドメニュー

    検索フォーム

    QRコード

    QR

    ブロとも申請フォーム

    時節