Voiceless world ー魂魄白日夢奇譚ー

Voiceless world of the voice to you 声無きものの聲をあなたに。      人の不思議(魄)と白日夢の如き奇譚(魂)の物語

Entries

No More Shielding-ーTUREZURE NARU MAMANI 4ー

『その行為は多次元の宇宙がどのように機能するかという事と矛盾する』
それは私の<結界無効化を何とかしたい=シールドを張りたい>という質問に対しての答えでした。


瑚月さん、強い方にシールドを張って頂いても、本人の意志とは別に「無意識」がに勝手に解除して厄介事を引き込んでくる事が多々ありました。


とある有名な天使系ヒーラーさんのHPで石を購入しようとして石さんと話をしたら、HPの防衛システムに引っかかってすごい攻撃を受けたり。(友人方に助けていただきました:涙)。

セッションの時に依頼者から頼まれてとある陰陽系の方を遠隔リーディングして「変な方じゃないですよ」と依頼者さんに報告したのはいいけど、その後に向こう様(陰陽系)から攻撃(呪)されたり…

***

普通、それなりに力のある方はHPにプロテクトをかけて居られます。

もちろん、○ートンとかアンチウイルス系とかじゃなくって、
購入しないで石のエネルギーを拝借しようとする輩の防止か、
自分に呪詛とか送ってこないようにシールド等をしてます。


あと、力がある方だと、自分のオーラフィールドに侵入して個人情報を読み取ったり、エネルギー的な影響を避ける為に防衛シールドを張っておられる方も居られます。


今思うと、そのプロテクトを破った不法侵入者だったんですよね(遠い目)
本人はシールドが有ることにも気がついて無かったのですが、
本当に大変失礼なことをしたと反省しております。


あと、自分の勉強のために(あの「知りたがりや」のマイナス影響)
勝手に解除して引き込んで来ることもありました。


故に、自分の結界無効化(不法侵入傾向)を知る前から、
攻撃されやす体質は何となく学習し、他人様のHPを観るときは十分気をつけて、
「…なんかイヤンな予感がする」HPはもう絶対見ないとか、
ヒーラー系の方のHPを拝見するときも深読みはしないなど
君子危うきに近寄らずを決め込んでいました。



ネットはコワイですよー。
前に非常に有名な方が奈良で講演されるのにTwitterで「楽しみにお待ちしています」とか地元色満載でリツイートしてましたら・・・・・・・・・


受けました←チーン。


思いっきり講演会の出掛けに足捻挫です(けど負けずに行ったけど)。
翌日は松葉杖歩行でした。


その時知人に「…有名人にリツイートだすのは危険だよ」と教えてもらって目からウロコでした。
何事も人気満載の方へのコメやリツイートやタグ付けは危ない・・・と身を持って学んだ訳です。
(って、昨日もうっかりやりそうになって慌てて消しましたが←学んでないやん。
いや、好きな作家さんの作品が褒めれられてて嬉しかったんでうっかり書いちゃったんですよね…。)


なので、そっち系からの被害はほぼ無くなったのですが・・・。
やっぱり、生霊だとか魔さんだとか、エネルギー吸収体とか、
厄介なものにくっつかれますし、呪詛とか呪とか来るし・・・(遠い目)。



瑚月さん的には、生活の中とか旅行先でのことをブログ書いてるだけで、
極々たまーにリーディングとかしているだけの人です。
本職ヒーラーでもない身長155cm余しかない小さき生き物なので、本人的には人畜無害系だと思っているんで、どうしてやねん?と思うのですが(遠い目)


まぁ…それはそれで学ぶ事もございましたです。


そして、徐々に対応方法とかも変わってきたりました。
例えば生霊さんとか最初は昇天させちゃったりしたら行けないよね?と
穏便に済ませていましたが、最近は鬼の鉄槌食らわしています。
「言いたいことがあるなら、メールでも電話でも使って言え!」です。はい。


それでも来るときは来ますし、
理不尽な仕事を押し付けてこられる見えない方々も居られますし、
やらなかったら逆ギレされたりもするし・・・
(したいのはこっちです)


それがやっぱり辛いんです。
確かに昔に比べたら大分減りました。
耐性もつきました。
けど10が1になったとしても、
嫌なものは嫌です。
ホトホト嫌気もさしてきてました。




そんなこんなで、尋ねた訳です。
その答えが冒頭のものでした。


『シールド=壁』
を作ることは「私」と「他のもの」という境界線を作ります。


境界線を作ることで「私と他者」が出来ますが、
「ワンネス」という観点から、世界は境界線を越えていく時代に入っているからというものでした。
(もっと深い意味もありますが、それは又の機会に)


シールドをはるから「敵対者」が出来てしまう。

***

この事に対しては、
読んでいる方々は異論も多々あると思います。


正しいか正しくないか一理あるかは、
読んでいる方々にお任せいたしますが、
私は関して言えば「多次元」という世界観に目が行きました。
確かに「多次元の宇宙(世界)」をノーボーダーでアクセスしているわ…と思いました。


魔物や悪魔、魔神系のアンダーラウンドも。
精霊や仙界、妖怪、人間(お亡くなりになった方系・生霊、その人の肉体のパーツにも)、草や木々、果てはコロッケ(懐かしい話題だわ)や車とか日用品などの中間層も。
神界、天界、仏界と言ったアッパー、マスターレベルも。
宇宙や、宇宙連合外からの意識体と言った「多次元構造の世界」の何処にでもアクセスしようと思えば話せる。



確かに、ノーボーダーです。



まぁ、話はそのノーボーダーだから・・・って所から始まったのですが、
そこで、何故か唐突にひらいめいたものが合ったのでした。



確かに多次元世界にはノーボーダーです。
その御蔭でセッションでも
「・・・普通だったらこっちの情報を読んじゃうだろうけど・・・こっちなんだなぁ。この殻の向こう側・・・」
コンコン(←ノック)
「こんにちわーーーー。開けてもらえますか」
(初期の頃は時には開けてもらえるまで何日もまったりしてましたが:笑)
と、行ってた訳です。



あの殻のようなもの、
あのシェルターのようなもの、


ノーボーダー多次元様式と言いながら・・・







私自身の中に実は殻を持っているのではないか???






真実の自分を出さないように、
奥底の奥底で、強固な強固な殻を作り出しているのではないか?


浮かんだその考えに驚愕しました。
けど、分かったのです。
分かってしまったのでした。
それが紛れもない事実だと。



直感的に解ったのです。


No More Shieldingの言葉は、
「外」に対しての「私」を作る必要はない、と最初は理解しましたが、
なんてこと無い・・・


「私」に対して「私」が作っているのだという事と
その殻の存在を初めて知ったのでした。


これどまさしく、
『灯台元暗し』



続く



おまけ>
今日はとても良い天気の中、平城京跡の道を車で走っている時降ってきた歌。
今年は新緑が早いですね。
そして、不安定な気候が続いていますが、患者様方のお家では何処も例年にない「満開」の花々です。
大地も木々も花々も人も見えるものも見えないものも。
皆元気な世界が続きますように。

槇原敬之 GREEN DAYS
関連記事
スポンサーサイト

Comment

そうなんですね… 

瑚月さんの身長もわかってしまいました。。(違

自分はヒーラーさんではないので…
困ってる人の、少しでも困りごとが軽く感じられる様な何かができたらとは思いますが、それだけなので…。
かつ、石や食べ物とお話できる人ではないので(違
攻撃とか…あるんですね。
攻撃じゃないですね。防御システムの発動、というか。。

壁にボールをぶつけると、その勢いが跳ね返ってくるのと同じなんでしょうか??

きっと攻撃にあっていても、分からないのだろう(自分)と思いました。


でも自分が好きなものを、誰かが好きと言っていたら、嬉しくなりますよね。(^^;;
  • posted by 月洋 
  • URL 
  • 2015.04/27 06:37分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

おはようございます♪今年は花も緑も早いですね♪
それにしても瑚月さん…大変(>_<)

以前の前世の宣誓や自分にかけたトラップやら解明して解除したのも記憶に新しいのに、次は自作の硬い硬い殻。

瑚月さんだから大丈夫、判れば対処も出来ると理解しておりますが、軽い疲労感と共に『このタイミングでこの記事と出会うって、もしかして私も殻つき?』とジタバタしてる自分がいます(笑)

瑚月さんはどうされるのか、私も自問自答して待ちたいと思います。

何の役にもたてないけどblog読みつつ応援してますo(^o^)o






  • posted by なつ 
  • URL 
  • 2015.04/27 07:41分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: 月洋さん 

防御システムの発動も「もう来ないでねー」位ならいいんですが、
某お二人にお手数をおかけしないと行けないくらいで、酷い目に合いましたしが、
単純に、HPを覗いたら吸収系の何かが取り付くタイプのものもあります。

そう思うと、ネットって「観るだけ」でもそれを選ぶことに自己責任が有るんですよね…。

けど私が一番辛いのは、
自分が苦労して自分で何とか出来るならまだしも、
大事な友人方にお手数や時間をかけて助けていただかないと行けないことを
招き寄せてしまうのが心の底から辛かったのです。


なので、君子危うきに近寄らず なのです(笑。
私自身も友達も大事にするために、それ以外にも「引き寄せる」自分の中の要因を何処までも突き詰めて探しましたが。

続きで書きますが、今はおかげ様で一段落しています。



  • posted by 瑚月 kogetu 
  • URL 
  • 2015.04/27 22:07分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: なつさん 

お恥ずかしいのですが・・・

そう!ブログにはいちいち書けてませんが、
こんな感じで次から次へと、
一段落したと思ったら次に日には次の課題って、鬼?なにこのジェットコースター?
って感じで、比喩でも何でも無く本当にずっとずっと走り続けていた数年でした(苦笑。

けどおかげ様で今、
「自分が得た成果を楽しむために一休みしてもいい」と云われる段階まで来ました。

私の行動が参考になるか分かりませんが←変人
なったら嬉しいですw。
  • posted by 瑚月 kogetu 
  • URL 
  • 2015.04/27 22:11分 
  • [Edit]
  • [Res]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2015.04/29 08:10分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: 

シールドを無くすというのは何処でも言われていることですが、
難しいと思います。
ただ、それと感情を何でも表に出すっていうのは、
私はちょっと違うと感じています。

自分の感情は内側で思いっきり味わったらいいと思います。
腹がたつなら思いっきり腹を立てて、
「怒り」を感じるだけ十分に感じてみたら…

貴女なら、
きっと「その後」浮かんでくるものがあると思います。

どんな答えであっても、
今の自分が出せる、そんな答えが浮かんでこれると思うのです。
  • posted by 瑚月 kogetu 
  • URL 
  • 2015.05/03 10:21分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

プロフィール

瑚月 kogetu

Author:瑚月 kogetu
本職>某病院異端リハビリスト。
特技>体を含めものの声を聴く
焼き肉や鍋の時に同僚に重宝される特技でもある)。

東洋系治療と自然農法に興味あり。
『美しく生きる』を考えたい人。

ブログの中の私が体験した白日夢の奇譚は、患者様の特定を防ぐために整体師・耳視師という設定の中で「月櫻(つきお)」さんに小説:白日夢奇譚という形で語って頂いております。
飽くまで本職は病院勤務で整体院は営んでおりません。
ご了承下さい。



お手紙は こちら か、一番上のメールフォームからお願い致しますw。

counter

Archives&Category

 

淡々と百人一首

    右サイドメニュー

    検索フォーム

    QRコード

    QR

    ブロとも申請フォーム

    時節