Voiceless world ー魂魄白日夢奇譚ー

Voiceless world of the voice to you 声無きものの聲をあなたに。      人の不思議(魄)と白日夢の如き奇譚(魂)の物語

Entries

探求のリスクーTUREZURE NARU MAMANI 2ー

「自分自身について、世界について、未知のものについて、
常に探求し続ける。全方向に炎をのばす太陽の様なオーラフィールド」
と、セッションの冒頭でオーラフィールドの視覚イメージを言われた瑚月さん。


ようは、知りたがりやさん←
です。はい。


そういや、重度の活字中毒です。
何かしら活字を見ていたい。


「子供の時からも、
そして自分から求めないで言われた事だけをしなさいと言われた時ですら
探求し続けてきました」

それを聞いて脳裏に思い描くワンシーン。

修道院時代、
活字に飢えて、宅急便に入っていた新聞をこっそり読んでいたのは私です。
ゴメンナサイ(教会長にはしっかりバレました:涙)


「その知識で人を助けたり、それによって育まれた考え方や意見を聞きにくる人もいるでしょう」
とも言われましたが、逆に思いがけないリスクも告げられました。


探求し続ける事。
もっと、もっと、
と、思い続けること。
それは、違う見方をすると・・・




<現状に満足していない>という状況でもある。
ということでした。



そして、探求し続ける事で、好ましくないものを引き寄せる事もあると。



目からウロコでした。
もう、ボロっとでした。


けど・・・考えてみると、
確かに「それ」はあったのです。


患者様を良くしたい。
セッションを受けて下さる方にくっついているものを何とかしたい。



・・・


・・・


無意識にそう思っているから、
セッションごとに「新しい厄介な憑依物」とか居たよ。

魔さんだったり、
呪詛だったり、
生霊だったり、
攻撃だったり、
宇宙系も致し、
宇宙連合外の宇宙生物も居たよ・・・


・・・

・・・

受けた受けた・・・
で、確かにのたうち回ったけど、
最悪の場合も心優しき友人方のお陰で対応出来るようになったよ。


って、ありゃぁ、自分で引き込んでたのか・・・orz。
いや、何となく「マルチ対応しようとしているのかな?」っとは思ったけど・・・。


それらを思い出し、
「現状に満足していない」という言葉は、
私にとって「安息がない」とも取れました。


そして
「伝えたい大事なこと」として言われたのは、


何事においても、休息を取るということは決して悪いことではない。
高い山に登る時に、一気に登ることは無理。
途中で休憩し、自分が登った場所(成果)を楽しむことは良いことなのです。



という事でした。

それに伴い、
医療系等の他にも、
ここ数年「探求」しまわっている事も考えました。


地域再生です。


元好きだった人のお陰で、
日本の現状という外界に目を向けれるようになりました。
それは、今まで見えない世界と自分の周囲しか目が向けられなかった私にとっては非常に大切な視点でしたし、
その御蔭で今までなら知ることも無かった方々と知り合いになれたり、友人になれました。


けど、4箇所ほど地域の会合に参加させて頂いて、
最終的に痛いほど思ったのは、
どんなにその地方に対してこうしたら?というプランを思いついても、
私は「実行する人々」の中に入っていないよそ者だと言うことでした。


このセッションを受ける前に、
ある地域おこしの会に参加した時に、
「知識ばっかり溜まって、頭でっかちになる・・・
けど、私は実際は何もしていない」ということに痛いほど気がつきました。


一応、他の土地でもここでも、意見交換の時とかに、発言させて貰ったりして、
それはそれで喜んで頂いたり、参考にしますと言って頂いたりしました。

知識は溜まっていきますし、
ある種アイデアも浮かびますが、
活かせる場所も方法もないのです。
飛び込む勇気もないのです。


単なる傍観者です。
頑張っておられる方々に失礼だ・・・と思いました。


そこに、この言葉でした。

休息を取る。
自分の成果を味わう時間を取る。



そこで私は、「整理」をすることにしました。



医療技術に対しては
これ以上を求めることはちょっと休憩して、
今持っている技を熟成しよう。


今でも、できる事はあるし、そして現場でも実際に結果も出せている。



地域おこし系に対しては、
気のいい方々と御縁を沢山頂いた九州某地だけは、
自然も環境も人々も好きなので其処には遊びに行くけど、
その他は休止しよう。

と、決めました。


追い求めること=良い状況になろうとすることは、
時に「現状の幸せを否定する」



誠に御尤もでした。


「人は常に変われる力を持つ」
は、私の信条です。


変われるからこそ、
この世に生まれた意義があり、
幸せになれる力が人には絶対あると今も強く思っています。


けど、ちょっと一段落したとき、
変えた結果、得た現状を味わい楽しむ事をしなければ、
「満足」が出来ないのです。
今まで頑張ってきた自分を褒めてあげれないのです。


自分を褒めて上げられないと、
回りに感謝もできにくいよな・・・。



上手い喩え話ではないですが、
「テストで頑張って100点取った!」と喜んで報告する子供に、
「あらそう、次も取れるようにもっと頑張らないとね」
という様なものかも。次へ次へと急き立てるような感じがします。
(実は昔、これと同じことを母親に言われて、意気消沈した事がある瑚月さん←。)


「あら凄い!お母さんとっても嬉しいわ!どんな風に頑張ったの?」
例えば、そう反応が帰ってきたら、
その子はその教科を好きだったのかもしれませんし、
友達のヒントがあったかもしれませんし、
そんな話を広げる内に、もっと好きになったり、友達に感謝の思いをもっと感じるかもしれませんし・・・
とにかく「広がる」だろうなと・・・。


休憩って、
そういう「深み」や「熟成」でもあり、
次への「英気」だったり、
自分確認でもあるのかなと思いました。



そういうわけで、
成る程・・・と深く思った瑚月さん。


考えてみたら、
7年前と比べたら変わりました。


技術も成果も違いますし、
何だかんだ、地道に15~6年リハビリ業をして蓄積した学術的な知識が、
信頼を得るのに役立つ場面もあります。


真面目にやっててよかったなぁ
あの時、一生懸命勉強しててよかったなぁと思いました。


「十代のような恋愛」にも終止符です。
よく頑張ったよ・・・。
んで、決心したよ・・・。


ここで、自分の成果を振り返って、
自分を褒めてあげようと思っています。


考えたら、大変有難いことに、
国家資格のお陰で、この年になっても仕事出来ますし、
お給料も頂けてます。

配置転換で、
2年前には考えられなかった恵まれた部署に居ます。


賃貸ですが、家もあります。
平時は素食ですが、外食も楽しめますし、
たまには旅行も行けます。


少数精鋭ですが、友人は確実に増えました。
ご飯に呼んでくれるご一家もありますし、


ブログを応援して下さる方々も居らっしゃいます
(ありがたやーー)


これらに対して努力せずに得られたものは、
確かにございません。



・・・
頑張ったなぁ・・・


***

仕事で一区切りついた方や
転職を考えておられる方や、
子育ての色々な区切りを迎えている方、
etc


人は変わりゆく生き物です。
けど、もし、私のように「自分は走り続けている?」と思ったら、
休憩してみてください。


走るのも勇気ですが、
休息の場や時を決めるのも実はすっごく勇気が居ることだと思います。


休めなくても、
ふりかえって、自分を褒めてあげて下さい。


あなたの努力なしで、
今の生活の中に光る「幸せのタネ」は無かったのですから。





続く

関連記事
スポンサーサイト

Comment

 

瑚月さん、こんにちは。
いつも楽しみに拝見しています。今回の記事も書いていただいてありがとうございます。私にも目には鱗の部分がありました。

以前から、探求し続けるは現状に満足しない、不満て事でもあるな、とは思っていたんですが次の『探求し続ける事によって好ましくないものを~』は考えたこともありませんでした。この部分読むと胃が痛くてムカムカしてますWW
頭痛ではなくて胃に来るって事はかなり珍しいことで多分図星で今、私に必要なことなのだと思います。
最近来ている色々なサインとあわせ、しっかり消化吸収実践して夏に来るらしい新しい始まりに備えたいと思います。

このblogでかなり大きなものを頂いた気がします。心より感謝します。感想ではなく自分の事ばかりになってしまい本当にごめんなさい。

お忙しいとは思いますが、ご自愛下さい。無理のない範囲での更新を楽しみにしております。



  • posted by なつ 
  • URL 
  • 2015.04/20 09:02分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: なつさん 

コメントありがとうございます。

ゴメンナサイの必要なんて全然ないですよ!
逆に、ご自身の事を書くってとても大切です(そして時に勇気も要りますし)

なつさんの新たな始まりに何かのヒントになれたら本当に幸いです!
夏に向けて是非いい気付きが出来ますように!。
  • posted by 瑚月 kogetu 
  • URL 
  • 2015.04/22 22:09分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

プロフィール

瑚月 kogetu

Author:瑚月 kogetu
本職>某病院異端リハビリスト。
特技>体を含めものの声を聴く
焼き肉や鍋の時に同僚に重宝される特技でもある)。

東洋系治療と自然農法に興味あり。
『美しく生きる』を考えたい人。

ブログの中の私が体験した白日夢の奇譚は、患者様の特定を防ぐために整体師・耳視師という設定の中で「月櫻(つきお)」さんに小説:白日夢奇譚という形で語って頂いております。
飽くまで本職は病院勤務で整体院は営んでおりません。
ご了承下さい。



お手紙は こちら か、一番上のメールフォームからお願い致しますw。

counter

Archives&Category

 

淡々と百人一首

    右サイドメニュー

    検索フォーム

    QRコード

    QR

    ブロとも申請フォーム

    時節