Voiceless world ー魂魄白日夢奇譚ー

Voiceless world of the voice to you 声無きものの聲をあなたに。      人の不思議(魄)と白日夢の如き奇譚(魂)の物語

Entries

妖精からの要請ーRINJIN OF VOICELESS WORLD

今朝、起き瞬間から唐突に脳内である曲がリピート再生

槇原敬之氏のSPYのサビである。


『だけど 信じてる しーんじてる 君を しーんじてるー♪』





脳内再生される意味が分からず、誰が再生してるんだよぉ・・・と聞くと、
「精霊」だとおっしゃる。




その答えは、朝、訪問看護ステーションに出向いた時に分かりました。


知らない私服の方が座ってます。


一般の方が座っている事はない場所と時間帯。
もしや?と思っていたら今月半ばからパートで来られるリハビリ職員さんでした。


??お約束した日時は来週のはず???

ありー?
と思いながら聞いてみると、ちょっと家の都合がついたので約束した日時よりも
午前中の方がこちら方も時間があいているかと思って、
聞きに来られたとおっさる。


朝一番は、朝礼間際のカルテ準備や、患者様の変更調整等々で
ごった返している一番忙しい時間


その時間にアポなしで突然現れた訳です。


この日に限って職員の一人が半休を取る都合で、
いつもにもましてバタバタしていました。

がーーー

瑚月さんだけ、偶々今日の朝一番の予約がキャンセルで空いてました。
ついでに言えば、来週就業後に対応する予定になっていたのも瑚月さん。


・・・何か縁が有るのかなぁ?と思いながら、
急遽、来週行うはずの説明の対応をさせて頂きました。


その方はとても緊張しておられるのか・・・
・・・

・・・

もっと落ち着こうやぁー(ヾノ・∀・`)

瑚月さんも落ち着いた方ではないのですが
自分より落ち着いていない人がいると、
片方が一時的にしっかりするのは世の常。


なるべくゆっくり話し、
出発しなくてはいけない時間ギリギリまで対応しました。

では次回又。と挨拶をして車に向かった瑚月さん。

その方、周囲にちょっーーと変わった人って思われるかもなぁと思いました。
多分、前世妖精か何かじゃなかったんじゃないk・・・


!?

妖精!?
=精霊!?



これか!?あの歌ってこれ!?


<そうですー>と声。
まじ?
<仲間ですー>
おおう・・・orz。

・・・


えーと、信じてるってあの人に向かって言った事?
<違いますー>
はい?
<貴女があの子を理解してくれると信じてますー>

そっちかっっっっっっっ!?


確かに、アポ無しで一番忙しい時間に突撃してきたその方に
職場の他の方々もびっくり。
ちょっとKYじゃない?とお昼休みや就業後も話題になった時に、


悪気はないんですよ・・・
今日は空いている日を単に聞きに来ただけのつもりだったんで、
一生懸命だと思います(´・д・`)


とちょっとフォローして、
他の先生にも根回ししましたが・・・


***

ある漫画本に妖精や見えない周囲の存在を「隣人」とか「お隣さん」と呼ぶという話がありました。
この言い方、素敵だなwと思います。


私に呼びかけて来た精霊(妖精)さんは、
その人が転生する前も友人で、もしかしてご近所さんだったのかもしれません。


そして、その人が思い立つ事があって人間に転生した後も、
その人の横で「隣人」として見守っているのです。


あの歌は、そんな妖精からの要請を訴えかける歌だったようです。
それを知ってから脳内リピートが停止しました。


・・・


良かった・・・


***


私達の回りには、そうやって多くの隣人がいたりします。
守護霊とかはもう一種の「家族」ですが、
ある職員には、小学校の頃一生懸命、学校で世話をしていたアヒルも応援についていました。


子供時によく神社仏閣で遊んだとか、
行事行事にいく神社やお寺の神様が守護についてくれている時もあります。


妖怪さんも隣人ですね。

この前友人の赤ちゃんを見に行った時。
そういう時は必ず私の肩に子供好きのちっちゃい妖怪が乗っかってます。

大体子泣きじじいですねぇ。


そして、赤ちゃんも私の肩をじーっと見ます。
泣きません。
見えてるんですよねぇ。


で、子泣きじじいに子守をお願いして、
瑚月さんは友人としばし会話を楽しんだりします。


***



あなたの横にも、
またはあなたのお子さんや家族にも
隣人がいらっしゃるかもしれませんねw



瑚月





追記

ちょっと前に書きました「四十九日法要で見たー生と死の間のちょっとした瑚噺1」
で加賀藩前田公が子供の事で嘆いていた事を書いた昔の記事があります・・・(が、古いから分かんない←)
と書いていましたら、読者の方が探して下さいました!
今、このブログの記事は746本あるんですよ・・・
本当にありがとうございます!!!

ロードpart2~星を結ぶ旅~
2008.02.25
魂のラブラブカップル前田利家公&お松の方~金沢:尾山神社(7)
http://plaza.rakuten.co.jp/ugetunitobou/diary/?ctgy=13


・・・この記事書いてから
7年経った訳です・・・


こわっw


文体も大分変わった・・・と本人は思うんですが、
今思うと、いえ、今もですが稚拙ですわなぁ…。


けどこの頃と考え方とか受け止めかとかが
かなり変わってきたと思います。


私自身の成長日記のようなもので、
こっ恥ずかしいを通り越して今直ぐ自爆してやるレベルの恥ずかしい内容もやまもしですが…。
昔、読者の方々に過去の日記を消さないでと言われたので
握りこぶしグーで放置してます(おい

ホント、探して頂いてありがとうございました!!
関連記事
スポンサーサイト

Comment

NoTitle 

こんばんは!お忙しいのに更新ありがとうございます。

今回のパートさんも瑚月さんもガンバレー。応援してます。
読んでいて数年前に見える方から『貴女は妖精だったね』といわれたこと思い出しました(^-^;

自覚なかったけど、落ち着きないのかもと焦っています。私も頑張れ~。

  • posted by なつ 
  • URL 
  • 2015.04/08 23:54分 
  • [Edit]
  • [Res]

NoTitle 

妖精好きなもので、思わず反応^^
そんなこともあるんですね~~~!!
瑚月さんのお話は、大好きな昔話やおとぎ話みたいで、ほのぼの読ませていただいております。
(でもすごいとこまでつれてかれて、涙ぼろぼろのことも。深い。。。)
ほんとにあるんだよって思えると、世界や人の見方が変わりますよね。
わたしも出会ってたりするのかな・・・。
優しくなれますように~(自分にもだ)

わたし、「ばーちゃんだー!!」って、樹が喜ぶ話が大好きです。子供たちと、「わかるんだねぇ」
「人間が、わからないんだねぇ」 って、しみじみ。  これからも 楽しみに💛
  • posted by うめたろう 
  • URL 
  • 2015.04/09 10:00分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: なつさん 

落ち着きない=妖精さんって訳では絶対ないですよ~(汗。

個人情報だからリーディングした訳でもないし、たまたま
雰囲気というか、
身軽さというか、
そういう感じで、妖精さんかな?って思ったら返事があったというw


妖精さんにも色々な方が居られますw
長い間妖精してた魂もあれば、
人間しててちらっと妖精して、その雰囲気もってまた人間にってタイプも居られますし
ほんと色々。

なつさんがどんな感じか分かりませんが、
けど妖精さんって過去生を意識する機会があったって事は、
それが必要だったんでしょうねw

なんにせ、妖精さんは楽しむのが大好きな方々。
今生を楽しみましょうw

  • posted by 瑚月 kogetu 
  • URL 
  • 2015.04/09 21:16分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: うめたろうさん 

コメありがとうございますw

そう言っていただけると、
本当に嬉しいです!

日々の一コマですが、これからも書いて行けたらと思いますw
ありがとうございます!
  • posted by 瑚月 kogetu 
  • URL 
  • 2015.04/09 21:27分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

プロフィール

瑚月 kogetu

Author:瑚月 kogetu
本職>某病院異端リハビリスト。
特技>体を含めものの声を聴く
焼き肉や鍋の時に同僚に重宝される特技でもある)。

東洋系治療と自然農法に興味あり。
『美しく生きる』を考えたい人。

ブログの中の私が体験した白日夢の奇譚は、患者様の特定を防ぐために整体師・耳視師という設定の中で「月櫻(つきお)」さんに小説:白日夢奇譚という形で語って頂いております。
飽くまで本職は病院勤務で整体院は営んでおりません。
ご了承下さい。



お手紙は こちら か、一番上のメールフォームからお願い致しますw。

counter

Archives&Category

 

淡々と百人一首

    右サイドメニュー

    検索フォーム

    QRコード

    QR

    ブロとも申請フォーム

    時節