Voiceless world ー魂魄白日夢奇譚ー

Voiceless world of the voice to you 声無きものの聲をあなたに。      人の不思議(魄)と白日夢の如き奇譚(魂)の物語

Entries

食材に聞いてみましたから選択の話

ついったー<瑚月(@konotuki_eru)>で呟いた事の拡大版
****

豆もやし。

ひき肉ないけどあるもので、と言うことで、残っていたアボカドと炒めて麻婆茄子の素で麻婆モヤシに。
カフェ風に浅底の器にご飯を持って上にかけてちょっと麻婆丼。

豆もやしを麻婆にするのはこの前もしたんだけど(ブレない美味しさ)、
ひき肉代わりのアボカドが旨い。これヒット

ちなみに
豆もやしへ、アボカドからのアプローチでした。>恒例:食材に聞いてみた

***

豆もやし好きなんですが、
賞味期限が昨日で切れてましてw

夕食時は頭のなかが豆もやし一色になっておりました。

冷蔵庫から豆もやしの袋をがつっと掴んで
閉めようとした時、いずこからかアプローチが・・・。





見ると・・・


あ、半分の残ったアボカドがつぶらな瞳で見ている+.(◕ฺ ω◕ฺ )゚+.←あくまでも瑚月目線



最近、アボカドを肉の代わりに使っているのですが
じゃ、これも使おうか・・・


と思った時点で素材は決定したのですが、
メニューはまだ未定。


さてどうするかなぁ…


瑚月 ・・・蒸してサラダ・・・
食材 (m´・ω・`)m ゴメン…

瑚月 え?嫌? うーん、塩レモン炒め
食材 ( ´Д`)

瑚月 えー?…どうしよう・・・


と思っていたら、また、いずこからかアプローチの声が。
棚の一番下の乾物とか入れている引き出しを開けましたら、
そこに居たのは・・・


麻婆茄子の素゚が…+.(◕ฺ ω◕ฺ )゚+.←しかもクッ○ドゥの何故かよしもとパッケージ版)


という訳で誕生したメニューでございましたw。
こういうのをUpすると「いいな~、便利だな~」って言われるんですが・・・



はい、便利です←言っちゃったよ
助かっちゃってます←マジ



けど、実はこれ、こういう書き方をしたら上記のようになるのですが
奥様方や調理に関わっている方なら無意識にキャッチしていることだと思います。



冷蔵庫を見て、
あ、これ有るわ・・・これとこれで・・・
って考えてたら、あ!あれもあったし、こうしよう!


こんな感じw



私は「調理時」に「どうしよう?」と問いかけることで多次元空間における
「食材・調味料空間」にアクセスしているのですが・・・


と書くと「すげぇ、なにそれ?」とか「わけわかめー」に成るのですが、
要は「注意を向けたら」とか「気を向けたら」という事です。はい。



こういう感とか、ひらめきですが、
これ、磨けば磨くほどUpします。


調理だけではなく、なんででもです。
例えば、私の本職は病院のリハビリセラピストですが


真面目に患者様に良くなって頂こうと考え、
そして良くすることが出来る人ほど・・・


患者様と同じ所が痛くなったり、
悪くなったりしがちです。


これは一種のチャネリングというか、
スキャンやコピーニングをしてるのです。
(私も無意識に患者様の脳をスキャンニングしていて、
残像を残したままだったので気がついて処理できるまで結構たいへんでした。)


そして事象や経験を積むと、事例集が頭の中にできているので
そこまでスキャンニングしなくても治療方法を考えつくことが出来るようになってきます。



何かを一生懸命探求しようとすると、
その方面の直感が働きやすくなっていきます。


人間って凄いですねぇ・・・


<人生の目的は「選択すること」を練習してその経験を積むこと>
という言葉をある本の中で見たことがありますが、


選択を決定する土台には「利益」だったり「好き嫌い」「世の中との兼ね合い」だったり「直感」だったり色々なものによると思います。

けど、何にせよ、
「決めた」という行動の中に「自分の行動に責任を持てるようになる(失敗した時に他人のせいにしない)」
そして「自分の考えや直感を信頼出来るようになる(自分自身を信頼できる)」為の練習の積み重ね・・・
とも言えるんじゃないかなと思いました。


そして、人生に置いて、これら土台に成ることの中で
応用がきき、急場でも役に立つのが「直感」だと思います。


>けど私、そんなの全然ないの
とか
>どうやったら伸びるの


と思われる方もいらっしゃると思います。
私もそうでした!


直感を伸ばそうとか
開発しようとかいう本は探せば、私の言葉よりもずっと分かり易くて
深いものが巷にあふれていると思いますので、書けません←

けど私はこれから書くことはほんの一例ですが、
私自身ここから出発したのかな?と思うので誰かお一人でも役に立てばと思って書きます。


小学生の時の話です。
文庫本を1冊買っていいと言われました。

旅行の暇つぶしだったので
なるべく分厚そうなもので読みたい気持ちがしたものを選んだら3冊になりました。

どれも魅力があるのです。
3つの魅力を兼ね備えた1つはありません。

30分程考えました。

で、直感というか無意識に自分がどれが読みたいのかを知る方法を
自分的に思いつきました。


それは、厳正なる
「どれにしようかな」でした。


三冊を並べて、「どーれーにしよーおかな、神様の言うとおり」と、音節ごとに三冊を触っていき、
最後に指さしたものを決めるという感じです。


はい、直感の欠片もない選択方法です←


けど勝負はこれからでして・・・
そういう「無責任で自分がコントロール出来ない状態で選らばれたもの(言い方変えたら、押し付けたれたもの)」に対して、自分が「あーw良かった!」と思えるか思えないかを知ろうとしたわけです。


一回目の「どれにしようかな」で選ばれた本は
何処か心の奥底で納得行きませんでした。


「これ、3冊の中で本心からどうしても読みたい本じゃないんだ」と思いました。
なので選択肢から抜きました。


同様にして最終的に1冊を満足して選びました。


人は押し付けられると、
心から喜べ無いときに不満が大なり小なり浮かびます。


その自分の心の底に浮かんだ思いを汲み取っていく。
それが、選択の時にちょっと役立つことでもありますし、
「心の底に浮かんだ思い」=直感を最終的に選び、
それを選べた事(自分の想いのかなったものを選べた事)に満足することで
直感を育てていく第一歩に成る場合もあるんではないかと思います。


そして、加えるなら、この「直感さん」は、褒めて育てるタイプの子です。
叱って育てるタイプではないので要注意です。


たまに直感にしたがって間違っても「てへぺろ」でOk
逆に、良いことだったら感謝して自分を褒めましょうw



そんな感じで選んだ食材がもし美味しければ、
その「nice!やったーw」という感情は、経験として積み重なり成功率を上げていきます。


・・・明日の晩御飯は何にしようかなぁ・・・。


という訳で食材に話を戻した所で
お後がよろしいようでw
関連記事
スポンサーサイト

Comment

NoTitle 

瑚月さま こんばんは
食材君たちがいつも挙手してくれて組み合わせ提案してくれていいわねーと思っておりました(笑)
あり合わせの材料で作る時に私もしてるやんと!そうかそうだったのか!
褒めると伸びる直感なのか!
少しずつでも我が直感に磨きかけ、真の選択心がけたいと・・・

♡恋の顛末のお話。
お風呂上がりのような高揚したサッパリ感!
成就されなくても、恋のときめきは人生のスパイスだと思います。
恋って素敵だなぁ
聞かせてくれてありがとうございました。
  • posted by ふみ 
  • URL 
  • 2015.04/07 01:18分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: ふみさん 

そうですよー!
是非磨きをかけて下さいwww

恋の話>

あの与太話をそう言って頂けるとは…
心優しいお言葉に感謝致しますです。

今は、違う方面で変化している所です。
ありがとうございます!
  • posted by 瑚月 kogetu 
  • URL 
  • 2015.04/08 22:28分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

プロフィール

瑚月 kogetu

Author:瑚月 kogetu
本職>某病院異端リハビリスト。
特技>体を含めものの声を聴く
焼き肉や鍋の時に同僚に重宝される特技でもある)。

東洋系治療と自然農法に興味あり。
『美しく生きる』を考えたい人。

ブログの中の私が体験した白日夢の奇譚は、患者様の特定を防ぐために整体師・耳視師という設定の中で「月櫻(つきお)」さんに小説:白日夢奇譚という形で語って頂いております。
飽くまで本職は病院勤務で整体院は営んでおりません。
ご了承下さい。



お手紙は こちら か、一番上のメールフォームからお願い致しますw。

counter

Archives&Category

 

淡々と百人一首

    右サイドメニュー

    検索フォーム

    QRコード

    QR

    ブロとも申請フォーム

    時節