Voiceless world ー魂魄白日夢奇譚ー

Voiceless world of the voice to you 声無きものの聲をあなたに。      人の不思議(魄)と白日夢の如き奇譚(魂)の物語

Entries

『談論風発』<泰-風奇譚- プロローグ>

言葉なきもの、世に存在せぬとされるものを “耳で視、目で聴く耳視師”月櫻(つきお)。
耳視師月櫻が語りし事、そは全ては白日夢(はくじつむ)の中の事とご理解いただたく候。

白日夢奇譚ここに再び参上。

***************************************

梅雨に入ったが天気が続く奈良。
しかし今日は朝から、とても爽やかな風が吹いていた。

「今日は凄くいい風ですねー」
助手の奈桜(なお)は午前の最後の客を見送った後、
店の入り口で大きく深呼吸をしながらそういった。


「風か…」

その声に惹かれて同じく外に出た月櫻(つきお)は眩しい日差しに手をかざしながらも
頬を撫ぜる清々しい中に、ほっとさせる優しさを感じる風を楽しんだ。


「…何か今日の様な気がする…」
「え?何がですか?」

ぼっつっと呟いた月櫻の言葉に奈桜が反応したが、
月櫻は笑みを返すだけで、また店の中へと戻っていった。


***

今日、家に帰ったら「あの」ワインを開けよう。

月櫻はそう思った。

***

昨年の12月、月櫻は初めてツアーでないフリーの旅にして初めての一人旅行に出発した。
そして、タイをめぐる数奇な旅の最後の最後の締めくくりに、自分の元にやって来た一本のワインがあった。



いつ開けようか、
誰と開けようかと思っていたが…

・・・

・・・


今でしょ今 という気がしたのだ。


***

この前の満月は100年に1度の「ハニー・ムーン」であった。

**ハニー・ムーンとは-http://entermeus.com/102745/より転載-**

6月13日(金)は「ハニームーン」と呼ばれる月が世界各地で観測された。ハニームーンというのは「月が赤く染まるほど低位置で昇ってくる」月で、13日の金曜日という不吉な日に重なるというのも約100年に1度しか起こらないそうだ。

******

しかもこの日は13日13時13分に満月に入った。
なんと13が3つ重なった日だったのである。


不思議さに13という数字を調べてみた月櫻はこんな記事を見つけた。


>「13」とは…。1年に月の周期が13回あるように、神聖な女性性や女神、そして直観的な面を意味している


月の周期も13なのか…と思ったが、
月櫻がタイに出発した日も「13日」だったのだ。



タイ 

多くの人を魅了する国。

魅了された人々にも、
その人々を引きつける彼の国にも、
月櫻なりに納得する理由がそこにはあったのである。

それはタイという国だけのものなのか、
天使の町と云われるバンコクだけなのか、
それとも、月櫻が今惹かれているチェンマイにもあるのか、
はたまたミャンマーなど隣接する国々にもある「力」なのかは分からない。


ただ、それ故に、月櫻はかの国に行ったのであり、
そして又、
機会があればかの国に行きたいと望んでいる。


思えばここ数日タイづいていた。
タイで散々飲んだスイカスムージーの香りが何故か此処数日、鼻に香ってきて不思議であったり、
叔母から届いた手紙がバンコクのホテルの便箋だったり(叔母、便箋持って帰ってきたな←)。
格安のフリープランが出てきたり…。

ワインを見つめながら考えにふけっていた月櫻に向かって、
開けてあった窓から一陣の風が吹き込んだ。





そう、この旅のキーワードの1つは「風」にまつわる旅であった。
今月13日のハニー・ムーンでタイに出発してから丁度半年が過ぎた事になり、
なおかつ12月16日はタイを出発した日でもあった。
今日で丁度半年になるのだ。


今まで流れる「時」を「水」に例えていたが、
この様に自在に重なりあう様は「風」に例えてもいいのかもしれない。


ワインを開けるのも、
あの奇譚の扉を開けるのも、
まるでタイでの日々の様な、こんな風が吹く今日がいいような気がする。



さて、これから少し間、
我が語りし奇譚にお付き合い頂けますなら、不祥耳視師月櫻、誠に幸いでございまする。


***
【談論風発-だん ろんふうはつ】
はなしや議論を活発に行うこと。 「 -して時の過ぎるのを忘れる」

-Wiktionary日本語版より-
***
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

プロフィール

瑚月 kogetu

Author:瑚月 kogetu
本職>某病院異端リハビリスト。
特技>体を含めものの声を聴く
焼き肉や鍋の時に同僚に重宝される特技でもある)。

東洋系治療と自然農法に興味あり。
『美しく生きる』を考えたい人。

ブログの中の私が体験した白日夢の奇譚は、患者様の特定を防ぐために整体師・耳視師という設定の中で「月櫻(つきお)」さんに小説:白日夢奇譚という形で語って頂いております。
飽くまで本職は病院勤務で整体院は営んでおりません。
ご了承下さい。



お手紙は こちら か、一番上のメールフォームからお願い致しますw。

counter

Archives&Category

 

淡々と百人一首

    右サイドメニュー

    検索フォーム

    QRコード

    QR

    ブロとも申請フォーム

    時節