Voiceless world ー魂魄白日夢奇譚ー

Voiceless world of the voice to you 声無きものの聲をあなたに。      人の不思議(魄)と白日夢の如き奇譚(魂)の物語

Entries

紅葉の錦 神のまにまに-守護霊奇譚 余談その2

その2>

乱麻を送った帰り、
久々に最近お気に入りの花屋に寄った。


小さいがウッド系の洒落た佇まいの雰囲気も好きなこともあるが、
そこの花は他の店と少し違い…、言う慣れば「気品」を感じるのである。


月櫻に花道の嗜みはない。
しかし、なんちゃってであるが、
昔からちょっとした物を飾るのは好きであった。



立柳は今回購入したものであるが、
正月に活けていた綺麗なピンクの葉牡丹が根を出して伸びてきたのでそのまま花が咲くまで居てもらうことにした。
ピンクの葉は枯れ落ちてもまだほのかに可愛らしい色を保っている。

これまた、同じ正花の生き残り組とそのまま居てもらうことにする。



なんてことない、
立柳を足しただけだ…。←



玄関用と神棚用は新しい枝物と花で生ける。

***

今回の「プライベートなら」では生駒の麒麟殿にもお世話になった。

宝山寺は今でこそ水源が枯れているが、
昔は心身を削ぐ滝行で有名な処であった。

次が温泉。

その2つ「水」を結ぶ旅のルートは「竜田川」沿いであり、
守護霊降臨に伴う大事な演出であった「雪」もまた、水の化身である。


流石に、雪はどうコーディネートしても月櫻の手では降らせられない。
ここに麒麟殿と神々の助けがあった訳だ。



竜田川は古来、歌では有名な川である。
百人一首にも出てくる。

***

<千早(ちはや)ぶる 神代(かみよ)もきかず 龍田川(たつたがは)
   からくれなゐに 水くくるとは>


 さまざまな不思議なことが起こっていたという神代の昔でさえ
 も、こんなことは聞いたことがない。龍田川が(一面に紅葉が浮
 いて)真っ赤な紅色に、水をしぼり染めにしているとは。

百人一首講座より

***

しかし、月櫻の脳裏には百人一首繋がりでこちらが浮かんで来ていた。

***

このたびは 幣も取りあへず 手向(たむけ)山
   紅葉(もみぢ)の錦 神のまにまに

今度の旅は急のことで、道祖神に捧げる幣(ぬさ)も用意する
 ことができませんでした。手向けの山の紅葉を捧げるので、神よ
 御心のままにお受け取りください。

百人一首講座より
****



なんでかな?

と思った手が、はたと止まったのは、
生けた花を神棚に飾った時であった。



その中には、店先でいの一番に手にとった「綿の木」が活けられていた。
月櫻の脳裏に先ほどの歌の意味が浮かぶ。


<今度の旅は急のことで、道祖神に捧げる幣(ぬさ)も用意する
 ことができませんでした。>


…古来の税=租庸調には「綿」も含まれていたよな?



花子さんが掘り当てた温泉に入り、
(宮川大輔)花子さんがお薦めの店に入り…。


花アピールを無意識に受けていたのか…。
お礼の心も又、大事な対価である。



<手向けの山の紅葉を捧げるので、神よ
 御心のままにお受け取りください。>


という下の句の意味を思い出しながら、
月櫻は生けた花を捧げた。


神よありがとうございました。
御心のままにお受けください。



下手くそだけどね(笑




お し ま い
関連記事
スポンサーサイト

Comment

 

ありがとう、って、口にする方も気持ちよくなることばだなぁと思います。
「ごめんなさい」も大事だけど、「ありがとう」の方が好きです。
感謝の気持ちやそれを表す行為って素敵ですね。

そういえば①、いけばなでお花選ぶとき、ふっと「どうしようもなくこのお花が気になる…!」ってことがあるんですが、見えない誰かさんのアピールだったりすることもあるのかなぁ?
そういうときって生けながら「ありがとう」とか「この向きが好き?」とか、気づいたら心の中でブツブツ言ってたりして、気づいたら会心の出来!になってたりします。
知らない間に会話成立してたら面白いなぁ。

そういえば②、さっきお風呂で
かくとだに えやは伊吹のさしも草~
の句が急に浮かんで脳内でエンドレスループしてました。
なんでこんな情熱的な恋の句?
春が近いからでしょうか(野性か!)ww



  • posted by りりか 
  • URL 
  • 2014.02/22 01:12分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: りりかさん 

御返事遅くなりました(汗。
アピール>
おおありですよwww。
大事な心だと思います。

情熱的な恋の句>
いいですね~~www。

心が喜びに震えると、
力が湧いてきたり、
新しいことに気づけたり…。


ありがとうも、
云われる方も嬉しくて心震しますが、
言っている方もそうなっているんですよね。

だから仏教では「~させて頂いている」と感謝でうけとるんでしょうね。
  • posted by 瑚月 kogetu 
  • URL 
  • 2014.03/02 02:43分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

プロフィール

瑚月 kogetu

Author:瑚月 kogetu
本職>某病院異端リハビリスト。
特技>体を含めものの声を聴く
焼き肉や鍋の時に同僚に重宝される特技でもある)。

東洋系治療と自然農法に興味あり。
『美しく生きる』を考えたい人。

ブログの中の私が体験した白日夢の奇譚は、患者様の特定を防ぐために整体師・耳視師という設定の中で「月櫻(つきお)」さんに小説:白日夢奇譚という形で語って頂いております。
飽くまで本職は病院勤務で整体院は営んでおりません。
ご了承下さい。



お手紙は こちら か、一番上のメールフォームからお願い致しますw。

counter

Archives&Category

 

淡々と百人一首

    右サイドメニュー

    検索フォーム

    QRコード

    QR

    ブロとも申請フォーム

    時節