Voiceless world ー魂魄白日夢奇譚ー

Voiceless world of the voice to you 声無きものの聲をあなたに。      人の不思議(魄)と白日夢の如き奇譚(魂)の物語

Entries

守護霊-守護霊奇譚その弐

<総合エネルギーの低下>

まず、何が低下を招いているのかを調べる。

・魂
・魂の外界

・魄
・魄の外界

・それ以外

まず単純にこの5つに中で要因が幾つあるかチェック。


1つ


と出た。
では何処かいな?と聴くと「魂」という。


うーん。
精神エネルギーは高かったから、この場合は「感情面」とか「精神力」とは違う意味での「魂要因」である。
普通はトラウマであったり、過去生からの課題など個人的な要因がこのフィールドに当たる。


サーチを薦めようとした月櫻の耳にある言葉が届いた。
「は?。それ魂フィールドに入るのか?」
思わず呟いた月櫻の耳に届いた「原因」。
それは


<守護霊交代>
であった。



****

最近、月櫻自身も守護霊ネタが多く発生しており、
天使とか神様とかの守護も守護なのだが、
普通の人間の守護霊(←おかしい言い方か:笑)が、
思った以上に人に影響を与える事がわかってきた。


例えば、結婚。

本人同士の守護者同士の相性も影響するし、
姑に源氏系がいて、嫁が平家系…となると、劣悪な嫁姑問題に発展する場合も無きにしもあらず…。


ただ、姑にも嫁にもそれを諌めるような強い守護霊が付いているか、
夫や姑にそういう方が居る場合は、一死即発の危機はあれど仲を取り持つ事が出来る。
などである。


また、極端な霊であるが 、
守護霊の性格や主義が守っている守護者に影響をあたえる場合もある。


月櫻の知人から聞いたある話がある。
それは月櫻と知り合いになる以前に他の能力者に視てもらい処置してもらった例なので、
月櫻自体は直接関与していないのだが、中々良縁が来ないその友人には祖母が守護霊として付いていたそうだ。

かなり強力な力を持つその祖母は、
守る、ということにかけては非常にありがたい存在であったが、
何故か「結婚」を嫌がっていたという。
全力で孫の良縁を阻止していたらしい。


守護の座を引いてもらうにはかなり大変だったらしい…。


また、これもかなり強烈な場合であるが、
例えば、すごいイライラ系の守護霊だと、
守護される方も若干いらちになる傾向がある、などである。



今までは「守護」は全部含めて個人の魂のサポーターという面で捉えていたので、
「外界」フィールドに分類していたが、
確かに「守護霊独特」の個人に与える影響等々を考えると「本人自身」のフィールドに入るのだろうか…。


ちなみに、
神霊や天使などのサポート(守護)は外界オプションになるらしい。


うーん。


よく分からんが、月櫻の守護者の分類がそうなのだから以後そうなんだろう←。
と、月櫻はあっさりと割り切った。


***


一般的に守護霊は1個人に対し、1~5人付くのが通例だ。
月櫻も意識し始めたのが最近なのだが、確かに5人以上付いているという状態は見たことがない。


いや、そういうと誤解があるかな。
某友人がある決意をした時、付いている守護霊が拍手したずっと後方で一族多数が拍手喝采をしていた事がある。


そうなると、1~5人は窓口というか代表の定員数なのかもしれない。
また、多いから良い。とか少なから悪い。ということもなようだ。



守護霊と本人との繋がりも実は様々である。
一般的な繋がりは「血族繋がり」である。
比率としては非常に高い。


例えば亡くなった祖父が守護霊で付く…などがそれに入る。
しかし、祖父にとって可愛い孫がその人だけはない場合、
孫の間を「持ち回り」で渡ることもある。

Aちゃんは今受験で大変だから今年はAちゃんを中心で、
時々B君やC子ちゃんを周る…などである。


そうなると「専従」という訳でもないようだ。




血族繋がりの他では「過去生繋がり」がある。
例えば、過去生で大事な親友だったものがサポートについてくれている場合などがそれである。



それ以外は「無縁だけど縁で繋がった繋がり」というのもある。


血族繋がりは、言うななれば「魄(身体)」の流れからである。
過去生繋がりは、それに対して「魂」の繋がりからである。


つまり、何かしら「縁」がある。


それに対し、魂魄に縁がないが、
生まれた土地や、たまたま旅行した土地、就職した土地などの縁がつながったり、
友人や知人の縁で付く場合。
神仏からの縁で付く場合などがある。



その場合は何かしら生活や、
その人の生き方、 個性に共感したり、守護霊自身がそこから学ぶことが必要な場合が多い。


仏教界では、亡くなった後、一定の修行を経て仏界の許可を得て守護霊として赴任してくる場合が多い。
しかし守護霊はぶっちゃけ「人」である。

修行を前提に来ているので「神様」ではない。
時には守護霊の判断が個人の趣向と反することもある。


逆に、感情は豊かな場合が多い。
「ありがとう」と言われたら心底嬉しい。
また頑張ってあげようと思う。



友人の守護者は祖母であるが、
よく友人を守ってくれている。


月櫻からその祖母の存在を確信した友人は「いま、絶対守ってもらった!」と思える時、
「ばーちゃん、ありがとーーー!」と声に出して礼をいうようになったという。



そう語る友人の後ろで、そのばーちゃんは嬉し泣きをしていた。




またその喜びが、守護力を強くしたりする。
レベルアップだ。



人も守護霊も、
一緒に成長しているのだね…。



そして、守護霊は一生同じ者が付くのではなく、
個人の転機や、守護霊自身の変化などで交代する場合がある。


***

さて、まさかの「守護霊交代」。
これをフォローするコースが今回の「プライベートなら」のお題のようだ。


比較的短い滞在時間。
寒波到来。
癒やしオーダー。
そして円滑な守護霊の交代フォロー。


これを網羅したコース。
さてさて、どういたしましょうか。


月櫻は再び目を閉じた。


つづく>
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Re: 守護霊-守護霊奇譚その弐 

こんにちは。

守護霊さんて、ずいぶん人間臭いんですね。

修行の途中で、まだまだ未熟な守護霊だったりすると
もしかして「憑いてるものが影響している」とか言われて
間違って祓われてしまうような場合もなきにしもあらず
なんでしょうか?

いつも感謝をしていて、寝る前にご挨拶はしているけれども
形式的にではなく、もっと気持ちを込めようと
この記事を読んで改めて思いました。
  • posted by さいまま 
  • URL 
  • 2014.02/11 00:53分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re:さいままさん 

> 守護霊さんて、ずいぶん人間臭いんですね。

人間ですからね~w。

あくまで実証してことではないので予想なのですが…。
「間違って祓われる」事はないようですね。

それはまた機会があれば守護霊奇譚で「予測」を書ければと思いますw。

気持ち>
いいですねw。
  • posted by 瑚月 kogetu 
  • URL 
  • 2014.02/11 12:34分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

プロフィール

瑚月 kogetu

Author:瑚月 kogetu
本職>某病院異端リハビリスト。
特技>体を含めものの声を聴く
焼き肉や鍋の時に同僚に重宝される特技でもある)。

東洋系治療と自然農法に興味あり。
『美しく生きる』を考えたい人。

ブログの中の私が体験した白日夢の奇譚は、患者様の特定を防ぐために整体師・耳視師という設定の中で「月櫻(つきお)」さんに小説:白日夢奇譚という形で語って頂いております。
飽くまで本職は病院勤務で整体院は営んでおりません。
ご了承下さい。



お手紙は こちら か、一番上のメールフォームからお願い致しますw。

counter

Archives&Category

 

淡々と百人一首

    右サイドメニュー

    検索フォーム

    QRコード

    QR

    ブロとも申請フォーム

    時節