Voiceless world ー魂魄白日夢奇譚ー

Voiceless world of the voice to you 声無きものの聲をあなたに。      人の不思議(魄)と白日夢の如き奇譚(魂)の物語

Entries

むすめふさほせ-人生の ITIMAI FUDA-

むすめふさほせ

とは、百人一首にある和歌の中で一枚しかない「一枚札」7枚の頭文字を取った言葉 です。
百人一首は札を取り合う競技ですが、その歌の中には同じ始まりの歌が何首もあります。

「あ」で始まる歌は確か16首。
「あ」だけ聞いても選択肢は16/100になります。

「あ」の次の音で判別がつくものもあれば、
「あ」の次に5文字も聞かないと、どの札か最終判断に困る札もあります。


目の前のものが「YES」か「NO」かすぐに分かれば楽なのですが、
大事な場面であればあるほど、次の音が何であるか判断を要します。


人生もそんなような感じですね。
そして私達が選択し続けている人生の札の中で「一枚札」は意外に少ないと思います。


一枚札は「絶対取るべき起死回生の札」です。
最初の音だけを聞いて取るのに理屈も考えている暇もありません。


直感と反射的スピードです。



私達は、普段は色々調べたり、聞いたり、悩んだ、熟考したりして札を選んでいるのですが、
何か来年は、直感的な「一枚札」が目の前に現れるような年に感じます。


それは、何かを求めつづけていた方や、
頑張り続けていた方に訪れるトリックスターの様な存在。


「トリックスター」には「詐欺師」や「詭弁」などの意味もありますが、
いい意味のトリックスターは、権威や秩序を壊したり、境界や常識を破ったり、既成の概念や決まり事を破ってみせる人物で有ることが多いです。

しかもその概念を「ほな、やぶりまっせ~」と言って破るのではなく、
二重の意味を浸かった意味の転換や、裏を返したどんでん返し的な結果として行います。


日本の一休さんのお話もいい意味でのトリックスターの一種ですが、
知らない間に何かに縛られていたり、
縛られていたゆえに、見つけられなかったものに、
ふと出会わせてくれるようなそんな一枚札的な人や物事や選択肢に出会える年のように感じます。


wikiにはルシフェル(ルシファー)もトリックスターに上げられています。



巳年は「守りの年」と言われていますが、
午年は進む年だと誰かから聞きました。



午年の午の字は「正午」の字と同じですが、
これは十二支の真ん中、分岐点であるからだという説があります。


ここ数年頑張ってきた方。
逆に何をしたらいいか悩んできた方。

どんな形にしろ「求めていた方」に、
ターニングポイントとなる年のように感じるのです。


それは花が咲いた形で訪れるかもしれませんし、
小さな、けど大事な種として手に入れるかもしれません。



ただ大事なのは、
直感とスピード。


グズグズ悩んでいては、
一枚札は他の人のものになります。


あたなの星を手に入れるために、
人生の切り札となる一枚札を手に入れるために、
その為に、今日からでも自分の直感を育ててみましょう。


コツは、
「自分の勘を信じる」
「信じて無事だったり(ハッピーだけでなく、無難も大事なことですw)」
「信じて美味しかったり」したら、「勘を褒め」ましょう。

ほんの些細な「決断」を認めて褒めるだけで…す…

がーーー←



実はこれが難しい!!!(笑。
そう簡単に行けば、人生苦労しないwww。

上記は中級者から上級者レベル。
だって勘は「身体知」から生まれてくるからです。


これの良い説明がないかな~と思っていたら、
上の方がこんなHPを見つけさせてくださりましたw。

***
勘働き⇒一部抜粋

(略)昔から日本では、勘働きのよい人であることが大切だといわれてきました。特に、見よう見まねで達人の背中をみながらわざを盗めといわれた芸道や修行の世界では、勘働きいかんで、上達の度合いも違ってくるといいます。



勘や気さえ働かせれば簡単なことも、それができないとすぐに判るはずのことが判らず、考え込むといよいよ難しくなり、迷いの堂々めぐり。身体は固まり動きがとれない状態になってしまいます。


…おいしいお茶を出したいという思いをもつことは、おいしいお茶を味わう師匠の満足した顔を思い描いたり、自分だったらこんなお茶がおいしいなという心地よかった、美味しかったという感覚の記憶をたどるプロセス。それはわくわく楽しみながら知識ではなく身体で考え工夫する時間です。

(一部抜粋ですが、興味ある方は全文読んでいたいたほうが意味が分かりやすいと思います)
***

私達の「勘」は、普段の行動の「成功」や「快体験」で作られて行きます。
先ほど、「熟考したり、調べたりして選択肢を決める」と書きましたが、
その結果が思わしくなければ、「快体験」として心身にデータ化される事はなく、
「この場合は過去のデータからこうだ!!!」=「勘」が育ちにくいことになります。


上記をもっと簡単に言うと、

「梅干しを食べた事がある人は、梅干しを思い出した瞬間に口の中にツバがでるが、
梅干しを食べた事がない人は、な~んにも起きない」

…でいいかな←おい。


まぁ、それでも「魂の底」にある「勘」や、
守護さんが差し出してくれる「勘」もあるのですが、
やはり、それで成功したという体験が無ければ悩んでしまうのが人ですし、
まして何にもしないでじっとしていては物事も来にくいですし、勘も御用がございません。

だから…。

勘が冴えない…という方は、

1)色々な人の素敵なだと思う事を見習う・真似する(これも「人の良い処」を見つけられなければ出来ませんが(笑。出来ないわという方はまずこれが課題の1つかしら。)

2)自分が喜ぶことは何かを知る。そして出来れば行ってみる。(ただ、「非生産的」「反人道的」ではない事に限ります←注)


という感じのことを「行ってみる」のはどうでしょうか。

その他にも思い切って「行ってみたいと思っていた所に行く」「会ってみたいと思っていた人に会う」「習ってみたいと思っていた事をしてみる」など、状況を変えてトリックスターを呼び寄せるのも手かも。




人は魂魄(たましいと体)で出来ておりますが、
魂魄にはそれぞれそれを取り巻く「外界」というものがあり、
それも健康や考えに関与してきます。


魂の外界は守護であったり、
イヤンな事では霊障であったりしますが、

魄の外界は、私達の居住食・人間関係等々の全ての環境です。



馬は進みます。
走ります。



走ることで何が起こるかというと、
周囲の環境(魄の外界)が変わります。



山から谷へ、
川から海へ、


どう変わるかはその時々ですが、
動くことで「外界を変えること」が出来ます。


そして外界を変えることが、
身体を変えたり、
心の動きを変えるきっかけになることも多いです。



午年は動く年。


そんな年だから、
行動したもの勝ち、なのかもしれません。



年末まで、私的に大きな行動を幾つかした為にブログが更新できず申し訳ございませんでしたが、
お帰りの温かいお言葉に本当に心から感謝しております。


今日は本年最後の休日でしたが、
諸用でならまちに出かけ、猿田彦さんにご挨拶したり
年末の〆の様な感じで過ごさせて頂きました。


明日から年末年始「ほぼ出勤」でございます(爆。
(1/2は休みですが、あとは7日まで休みなし~)


今年、再開しつつも中々更新出来なかったこのブログを見てくださった方々、
ありがとうございました!感謝です!。

コメントを下さった方々、嬉しかったですー。
(お返事遅くてすみませんが、頂けて嬉しいですwww)。


この記事で本年最後となりますが、
皆様、どうか良いお年を。


来年、貴方の人生の大事な一枚札を手に入れられる年でありますように。
心から心からお祈り申し上げます。


私も大事な大事な人生の一枚札を手に入れます。


瑚月
関連記事
スポンサーサイト

Comment

ありがとうございました 

年末年始、ご苦労様です。
瑚月さんの様な、他の人がお休みされてる時に
働いている方がいらっしゃるからこその、
この社会だったり、安全が守られてるのだなと思います…。

今年もたくさんお世話になりました。
…お会いした事はありませんが、ブログを通して、なるほどなるほどと、一方的にお世話になりました。(笑)
素敵記事、大好きです。
ありがとうございました。
お仕事なのに、よいお年越しをと願うのは違うのかもですが(汗)
どうぞよいお年を。
満願成就でありますように!
  • posted by リュウ 
  • URL 
  • 2013.12/28 21:04分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: リュウさん 

いつもコメント有難うございます。
物書きとしてコメント頂けるのは嬉しいものです(笑。

来年もどうかよろしくお願いいたしますw。
  • posted by 瑚月 kogetu 
  • URL 
  • 2013.12/28 21:46分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: むすめふさほせ-人生の ITIMAI FUDA- 

瑚月さん、お忙しい中更新ありがとうございます♪
コメントへのお返事もありがとうございます。
来年の楽しみにしておりますので、瑚月さんのペースで無理のないように☆

今回のブログを読んで思ったのは、
仕事も恋愛も、もやもやーっとしたまんまの1年だったということ。
仕事は何が良いのかしたいのか判らず選べず。
恋愛は気になる人はいるけど、
これ!というものがなくて進むことも引くことも出来ず。

来年は、元旦が新月だそうで、まさにスタート!の新年みたいですね。
動かないと、何も変わらないのは分かっていても、
この1年はもぞもぞと動く程度だったので、
来年は、勘を働かせて何かもっとハッキリしたものが見えると良いなと思います♪
(選べない動けないというのも、ある種のカンなのかなーとも思いますが。)

前の恋に関しては、瑚月さんのオイルセッションのお陰で、
あっという間に吹っ切れたのですが、(その節はありがとうございました)
その恋の3年半があまりにも辛かったので、
多分、休憩(充電)時間が必要だったのかなと思ったりもしています。
でも、それはいまだから思えることで、休むって難しいんですよね。
周りは一生懸命働いているのに…って気持ちは焦るし。
来年から頑張れると良いな♪

瑚月さんも、良いお年をお迎えください(^▽^)/
大事な大事な一枚札も手に入りますように☆
(はい!入りましたー!)
  • posted by ルンルン♪ 
  • URL 
  • 2013.12/29 01:35分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

帰国してからも怒濤の勤務…お疲れ様です。

私も年末年始ほぼ働いております♪

今回の更新…今の状況で果たしてトリックスターは現れても掴むことが出来るのか…?と思ったのですが…
最近はifの世界がなくなってきたような気がするので…まずはこの年末、仕事漬けであきらめていた大掃除をせめて小掃除にして、ifではなくnowにして掴む心構えを作ろうかと思います。

たくさんの見えない世界の彩りをありがとうございました♪

新しい年も光輝く1年でありますように♪
  • posted by 撫~風~羽~♪ 
  • URL 
  • 2013.12/29 04:33分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: むすめふさほせ-人生の ITIMAI FUDA- 

遅くなってしまいましたが、瑚月さん、お帰りなさいませm(__)m
ご紹介された「勘働き」の記事、自分には添付写真がインパクト大(苦笑)でした。いろいろと読んでみたくなるブログですね~ご紹介、ありがとうございます。
来年、旅のお話を読ませていただけること、楽しみにお待ちしております。
それでは、どうぞよいお年をお迎えくださいませ。
  • posted by きぷりす 
  • URL 
  • 2013.12/29 20:17分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: ルンルンさん 

コメントありがとうございます。
オイルセッションのその後の事も拝見し、安心いたしました。
よく頑張られましたね!。

今は自分の「位置ぎめ」の期間かもしれませんですね。
自分の心の位置を基準にして類友と申しますか、お相手のご縁が出来ると思います。

いい位置決めが出来ますようにw。
来年もよろしくお願い致します。
  • posted by 瑚月 kogetu 
  • URL 
  • 2013.12/31 20:56分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: 撫~風~羽~さん 

お疲れ様です。
日本もだんだん「年末年始」が変わってきていますですね。
昔は皆休むから休むという時代だったですね。
あの三が日までのしーんとした静かな雰囲気もお正月な感じで好きだったのですが、
来年は心機一転でしょうか。
お互いがんばりましょうね~。
今年もありがとうございました!
  • posted by 瑚月 kogetu 
  • URL 
  • 2013.12/31 20:59分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: きぷりすさん 

添付写真>爆!
確かにインパクトが大きかったですねwww。

来年はぼっつりと開始になると思いますが、どうかよろしくお願いいたします。
本年もありがとうございました!
  • posted by 瑚月 kogetu 
  • URL 
  • 2013.12/31 21:00分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

プロフィール

瑚月 kogetu

Author:瑚月 kogetu
本職>某病院異端リハビリスト。
特技>体を含めものの声を聴く
焼き肉や鍋の時に同僚に重宝される特技でもある)。

東洋系治療と自然農法に興味あり。
『美しく生きる』を考えたい人。

ブログの中の私が体験した白日夢の奇譚は、患者様の特定を防ぐために整体師・耳視師という設定の中で「月櫻(つきお)」さんに小説:白日夢奇譚という形で語って頂いております。
飽くまで本職は病院勤務で整体院は営んでおりません。
ご了承下さい。



お手紙は こちら か、一番上のメールフォームからお願い致しますw。

counter

Archives&Category

 

淡々と百人一首

    右サイドメニュー

    検索フォーム

    QRコード

    QR

    ブロとも申請フォーム

    時節