Voiceless world ー魂魄白日夢奇譚ー

Voiceless world of the voice to you 声無きものの聲をあなたに。      人の不思議(魄)と白日夢の如き奇譚(魂)の物語

Entries

高千穂初め~締めくくり

当初、年末に高千穂に行こう!と思ったのは・・・
ん?何でだったのでしょう。

ブログ友さんに勧められた梅原猛先生の「天皇家のふるさと日向をゆく」を見るまで
高千穂の「た」の字も心になかった兎☆月でした。


高千穂・霧島


惹かれる。
けど、それぞれ、例えるなら「色」が違うような感じがします。
宮崎にはニニギノミコトが降臨したという「高千穂」が2ヶ所あります。一つは、今回訪れた西臼杵の高千穂、もう一つは霧島にある高千穂峰です。
どちらが本当の天孫降臨の高千穂なのか、昔から数多くの論争が行われてきました

梅原先生の本は、その事もお話されていました。
ん?(゚Д゚ )「合図」がある神社がありました。
それをチェックして・・・


「いつか・・・いつか・・・」行きたいと思ってました。



本を買ったのが、確か10月・・・
そして、10月の末のある日、仕事関係で、九州の地図を使うことがありました。
その時、


顧客さんが「私、九州の出なの」と

(゚Д゚ )「そうなんですか?!。実は、私、九州で行きたい所があるんです」

顧客さん「どこ?」

兎「ここです」ふと、指差したのは
西臼杵の方の高千穂でした。


なんで?って、目に入ったのが高千穂だったんです。



顧客さん「まあ!!!私、実家がここの近くなの!!!」
Σ( ̄□ ̄;)「本当ですか!!!」



その時に、イメージが沸きました。
大晦日に夜神楽を見る
そして、日の出・元旦を高千穂で迎えると


口に出てました。「年末に行きたいんです」
顧客さん「寒いよ~~」


・・・・・・・寒かったです。



日の出は見れませんでしたが、先の日記に書いたメッセージを貰いました。
大晦日、寝ないで何をしていたかといいますと・・・・


トリトンさんのリーディングをしてました(爆)
トリトンさん、頚の調子が以前から悪いそうなのですが、ここから過去生が出てきます。


頚部から、ある症状が出ていて。
兎☆月、それが気になって気になって、つうか、心配で心配で・・・


ヒーリングを始めたら、リーディングになってしまったのです。
これが、続く続く~(゚Д゚ )


頚部から脊柱の第4チャクラ付近→第3チャクラ付近→もう少し下
途中でやめたいと思うのですが、やっている途中でもその症状が出るので、辞められない!
(トリトンさんは寝ていました)


いや、泣きそうになりました。
本当に


しかも、ストーリーになってるんですね。
兎☆月自身が作ったには、私自身が「Σ( ̄□ ̄;)なんていう展開???」と、驚くものでした。
それは、「さつきのひかり」さんが、年末の忙しい時に行ってくださった、
兎☆月・トリトンの「壷の蓋を開ける」アカシック・セッションに繋がってもいました。


初夢ではなく(正確には、初夢は次の日の夜ですけどね)
過去生を見て、年が明けました~~~(爆)


1月1日は、夜神楽結界での特別席でご飯を頂き・・・
1月2日、高千穂を旅立つ出発の日に「高千穂神社」に初詣に行きました。



高千穂神社には、夫婦杉というご神木があります。
以下、宮崎あっちこっち参照

>>>>>
 此の二本の杉は夫婦杉と申しまして根元が一つになって如何なる事があっても別れられない形を現して居ります。
 この廻りを手をつないで3回廻ると夫婦友人睦まじく家内安全で子孫は繁昌の三つの願いが叶ふと伝わって居ります。
 夫婦、友人、婚約者の方が手をつないで廻っている姿が絶えません。
>>>>>>>>


今回のロードは、神名で返事があった神社と、
本名での兎☆月とトリトンで参りなさいと言われた神社がありました。


高千穂に来る自体・・・
兎☆月にとっても、本名の一個人としても、行くべき所だとガイドしてくれた霊さんに言われました。


高千穂神社の初詣は・・・
「二人で、参りなさい」でした


お参りの後、杉を回りました。
夫婦杉

夫婦杉の根っこは、とってもウネウネしていて、起伏があって・・・
人生の波を思いださせました。


どんな、山も谷も
二人で手を繋いで、渡っていきましょう。


3回の1回は過去
3回の1回は現在
3回の1回は未来


どんなことも、手を繋いで、歩いていきましょう
そんな感じが致しました。




お参りして・・・
高千穂を後にしました。


もう一社、お参りする予定だった、稲荷神社は帰り道の途中にありました。
初めて高千穂に来た日に見た鳥居のイメージ・・・
多分、そこかな?という事になったのです。


しかし・・・いつもは、神社に敏感に反応する兎☆月が・・・
見事に通りすぎてしまいました。


あれ?と思ったのは、大分過ぎていました。
何故か「逆戻りしてはいけない」と感じ・・・「多分、今回はいいって事だよ~」
っと、そのまま先に進みました。


後日談


ブログで高千穂ロードを書いている時に、覗いたHPにびっくる!!
「あ、こっ、これ~~~!!!!」


浮かんだイメージぴったりの鳥居が其処に写しだされていました。
それは・・・

天孫降臨の山
二上山奥宮神社へ向かう参道の写真でした。
途中に、二上山稲荷神社があります。そのためか・・・
山道にそって、不規則に並んだ朱塗りの門がならんでいます。


この不規則さ・・・
これ、これ。。。


HPを読むと・・・非常に険しい登山だとの事


こりゃ、いけなかったわ・・・
てか・・・


「今度は、夏においで!」と言われている様な気がしました


着いた日に、次回のご招待メッセを頂いたのかぁ???
けど。。。本当に心ひかれ、清清しい御山でございます。


高千穂
大好きです。


これにて、高千穂編終了と相成りまする~。














関連記事
スポンサーサイト

Comment

Re:高千穂初め~締めくくり(02/06) 

夫婦杉綺麗な二本の柱ですね。バランスがいい。
3回まわられたから、ずっと末長く仲良しですね。

しかし、神社☆エールもエンドレス。
お呼びが掛かってモテモテですね。
  • posted by かさね 
  • URL 
  • 2008.02/07 10:17分 
  • [Edit]
  • [Res]

>「夏においで!」この為にしつこく気になったのねぇぇぇ!!? 

幣立神宮のことを自分でも
(いい加減しつこいし…
書き込むの面倒臭い。orz
でも…でもっ気になるんだよぉぉぉ!!!
---って事はカキコミしなきゃいけないのか…!!?
書きゃいいんだろぅ!?
書きゃ!!(`曲´)/キィー
*注意!兎☆月さんじゃなくってカキコミしろって急かす誰かに対してです (笑))
って思いつつカキコミしたのは (^^;ヘ
そう、
>「夏においで!」
この為か!
幣立神宮の五色神祭は、インターネットによると
>毎年8月23日におこなわれ、
5年毎に大祭、その間4年は小祭が行われる。
―そうですよ。
>近くには、臨時の駐車場が数多く設置されていました。
役場からは、臨時バスが運行されていました。
> 幣 立 神 宮
国道218号線の阿蘇郡蘇陽町大野の国道を通ると
高千穂に向かって左側に幣立神宮の看板が見える。
鳥居を50mほど登った所に本宮がある。
―だそうです。
  • posted by 携帯@お月見 
  • URL 
  • 2008.02/07 19:03分 
  • [Edit]
  • [Res]

追加~ 

インターネットからお祭りの様子です
> 大祭そのものは五色のお面にちなんで、
世界各地のヒーラーたちが招待されていたり、
皇室の方が参加されていたりと、
結構派手なパフォー マンスが繰り広げられていましたが、
それよりも参加者がすごかったです。
首から水晶や勾玉をぶら下げているのなんて、まったく当たり前。
丸いでっかい銅版をブランブランぶら下げているおばさんや、
手印をずっと組んだままのおばあちゃん。
そして特設舞台では、「宇宙神がなんたらかんたら」
と歌いながら舞いを披露するどこかの教祖らしき人。
その舞台の下では、信者たち(たぶん)が同じ振付で踊っているのです。
ちょっと日常では見ることのできない世界でした。 ハイ。
ここまで書くとなんだかなぁ~って感じですが、 実際は本当にいいところです。
――だそうで私は気軽に行くとドン引きしそうだな…(スミマセン;)
って思いました^^;
  • posted by お月見 
  • URL 
  • 2008.02/07 19:20分 
  • [Edit]
  • [Res]

お返事 

かさねさん>

>夫婦杉綺麗な二本の柱ですね。バランスがいい。
そうなんです。写真で拝見しても、本当にすら~っとして、美男美女様方でございました。
しかし、根っこのウネウネは凄かったです。

携帯@お月見さん>
幣立神宮。何度も詳しいメールを頂き有り難うございます。大変申し訳ないのですが、兎☆月の頂いた指示?では、今年は行くべきではないとの事です。
兎☆月が行く神社は大きい小さい、有名・無名は関係なく・・・ご縁でいかせて頂くのですが、「今は行くべきではない」神社も存在しております。

「いつか」行く事になるのですが、それには兎☆月の一層の成長が必要と思いますです。
頂いた内容は、大変参考になりました。本当に本当に有り難うございました。
  • posted by 兎☆月 
  • URL 
  • 2008.02/07 23:30分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re:高千穂初め~締めくくり 

壺の蓋と聞いて、パンドラの箱を思い出しました。
杉見たいけど、春は行けないな、花粉症だし…(´Д`)
  • posted by パラグラム@携帯 
  • URL 
  • 2008.02/08 07:54分 
  • [Edit]
  • [Res]

あぎゃ~ (>_<;)/(;>_<) 

あわわ…!!
兎☆月さんが戸惑っていらっしゃるのが、なんか伝わるです(焦)orz
ゴメンなさいです;
…でも兎☆月さんにメールじゃなくて
コメント欄にカキコミしたのはなんでだろう?
と自分で不思議に思ったのですが
ポジティブに考えたら
このブログを読んでいらっしゃる方の中で
幣立神宮に行くことになる方がいらっしゃるとか…??
それで書き込まなきゃって感じたのかな~??
…そう考えないと目茶苦茶凹みやすい小心者のお月見は(-_-;)
迷惑かけたからカキコミやーめた!!
。゚(Τ□Τ)゚。orz
ってなって何も言わなくなる気が…(苦笑)
でもその方がもっとダメな気がします
…なので、兎☆月さん
お月見がコメントで空回りしてたり、暴走してたら
(…あ~、お月見勘違いして暴走してる~;)
って生暖かい目で見守ってくださると嬉しいです
そして、出来れば注意していただければ一層有り難いです
それでは失礼しました。
  • posted by 携帯@お月見 
  • URL 
  • 2008.02/09 01:01分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re:高千穂初め~締めくくり 

夫婦杉ですが、トリトンさんのブログで見た時、「安定、結束」と出たんですが、その通りですね。
  • posted by 笑い猫 
  • URL 
  • 2008.02/09 18:35分 
  • [Edit]
  • [Res]

お返事2 

パラグラム@携帯さん>

パンドラの箱・・最後に希望が残っていたって感じですね。
さつきのひかりさんと、私達が経験した多くの事が、今、どんどん繋がっていってます。
・・・・凄い・・・^^;

お月見さん>
コメントは有難く頂戴いたしております。
お気になさらないで下さいです。
色々な事が、色々なものに繋がっていますから・・・

笑い猫さん>
本当に、実物を見ても感じたのですが、写真でみると、「安定」「バランス」「調和」を感じていたのですが、「結束」も、おお~そうそう(゚Д゚ )!
です!。有り難うございました!
  • posted by 兎☆月 
  • URL 
  • 2008.02/10 09:45分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

プロフィール

瑚月 kogetu

Author:瑚月 kogetu
本職>某病院異端リハビリスト。
特技>体を含めものの声を聴く
焼き肉や鍋の時に同僚に重宝される特技でもある)。

東洋系治療と自然農法に興味あり。
『美しく生きる』を考えたい人。

ブログの中の私が体験した白日夢の奇譚は、患者様の特定を防ぐために整体師・耳視師という設定の中で「月櫻(つきお)」さんに小説:白日夢奇譚という形で語って頂いております。
飽くまで本職は病院勤務で整体院は営んでおりません。
ご了承下さい。



お手紙は こちら か、一番上のメールフォームからお願い致しますw。

counter

Archives&Category

 

淡々と百人一首

    右サイドメニュー

    検索フォーム

    QRコード

    QR

    ブロとも申請フォーム

    時節