Voiceless world ー魂魄白日夢奇譚ー

Voiceless world of the voice to you 声無きものの聲をあなたに。      人の不思議(魄)と白日夢の如き奇譚(魂)の物語

Entries

寂しさに吹かれたら…

願っていること
頑張っていること

その人なりの「生活の中」で、
ふと、疲れて寂しくなる時がある方も居らっしゃると思います。


私もごくごく普通の人なので、
やっていたことが無駄だったのではなかとか、
自分って本当に馬鹿だなとか、
疲れと寂しさが胸に沸き起こることがあります。


そんな時、
私の場合はとことん落ち込むまで悩みきるというか、
落ちきるという方法を取ったりします。


とことん落ちて深い深い水底で膝を抱えて落ち込みきると、
何かの拍子にふっと割りきれて、今度は水面に向かって眼を向け、
深い海底を蹴りだす力が湧いてくるタイプ。


多分考え過ぎなタイプなんでしょうね(苦笑。


いい歳になり、
こんな風に自分の心の特徴や波の越え方を知るようになってきました。



私はこんなタイプですが、
とことん聞いてもらった方がいい人や、
逆に無口になり、ずっと熟考する方など色々な方も居られまし、
おもいっきり運動したり、
騒いだりしたほうがいい方など、色々な方が居られると思います。



これは、「性格」という、見えない面と、
骨格から来るものとかがあります。


けど、そんな事は自分では中々分からない方も多いと思います。
なので其れ以外にこんなポイントも少しはある…、というのご紹介しましょう。



今日の私の落ち込みは、
自分ではもうこれ以上どうも出来ない事についてでした。
考えられる事はやったゆえに…。
何かしらの変化を「待つ」か、
そもそも「間違い」だったか、自分が大きく揺らいできたのです。



半日出勤し、
買い物をし、


夕方まで久々に寝ました←。


思考回路の切り替えの時や、
身体の切り替えの時(季節や仕事や生活の切り替え時)、
無性に眠くなる時があります。



寝れる場合は素直に寝ます。
特に考えすぎてしまって寂しくなったり疲れたりしている時。


脳みそをオフにする時間が必要なのではないかと思います。
本やTV、趣味…も無心になるので、
それで気が晴れる場合は私にとっては軽症。


自分で気が付かないうちに疲れきっている場合は、
思考を一点に絞るより、
思考を休ませる事も必要になります。


ただ、ダラダラ寝は禁物。
あと、昼寝して夜寝れないーってこともありますが、
夜は「外部刺激」が少ないので、
自分の時間にゆっくり浸れたりします。


本当は早寝早起きが身体には一番いいのですが、
心には時に「優等生を脱する」気楽さが必要な時もあるんじゃない?と思っています。


昼寝して寝れない時、
昼に寝たんだもんねー当たり前かーと割りきりますw。


普段読めない本を読んだり、
ご迷惑にならないのであれば、
ゆーーーくりお風呂に入ったり。
(私はこの時期膝浴を良くします。脳や肝臓、腎臓、眼などの非常に細かい血管の柔軟性回復によいです。
ただし、多量の汗をかくので水分補給は必須です!!!。)


PCやスマホ、携帯はお薦めしないのですが、
どうしてもしたいことや見たいものがあれば、それはそれでOKでしょう。


という訳で「考えない時間を作る」という為の「寝る」ということも、
立ち直りの1つのきっかけになる場合もあります。



そして、次にあげるのが本当に意外ですが、
実はかなりいい方法でした。



お掃除
お洗濯
調理


など身の回りの家事です。
けど、ただの家事ではございません。


自己嫌悪に陥ったり、
自分の無力さに寂しくなったり、
必要感がなくなるきっかけが、
そこにある場合があるのです。


部屋の積み重なった本の山や、
クローゼット。
食卓の上のもの。
邪魔だなと少し思いつつも、そのままのもの。

ホコリあるなー、
拭いた方がいいか、
けど忙しいから掃除機だけにしよう。

分別ゴミ、後でね。とか。



溜まった洗濯物。
下着は必要にかられて洗濯するけど、
シーツやちょっと一手間かかる洗濯物で「…汚れてきたかな?」と思いつつも、
「また今度」になっているもの。



身体に悪いなかなとちらっと思いつつ、
取っている食事。

忙しいから簡単に、と、
時間重視で作っている食事。




これらが何に悪いかと言うと、
1)そのままの状態にしていることに対して自分に対し無意識に何か後ろめたいものがある場合がある。

2)「後で」が重なると脳みそはこれを無視して認識しないようになっていきます。「あるのにない」事を脳みそが作り続ける場合があります。これは「物事に気が付かない、気が利かない」状態を自分の意志で作り出していく原因になることもあるようです。



3)「その家事にたいして」気が向かない⇒気付かない⇒「気」がいかない⇒気のデッドスペース。
気が行かない所は「好きになりにくく」なっていく傾向があります。
これが過度に進むと、安住の地である自宅が何となく違和感があったり、安らげなくなります(⇒外出好きになって、疲れが取れないという場合も)また、家族にもその状況を強いる可能性もあります。

4)食事や掃除などそうですが「自分のため」よりも「時間のため」や其れ以外の理由で動いている場合、そう思ってなくても自分」は無為意識化で「大切にされていないな…」と感じる時があるようです



今日の私は1)3)番←。


私、大変恥ずかしい事に、食事を作るのはどうでもないのですが「後片付け」がすごく苦手。
レンジやシンクのお掃除が滞っておりました…orz。
後は、先週は拭き掃除なしに掃除機のみのお掃除。


もちろんこれらが久々の落ち込みの原因全てではなく、
本当は割合から言ったら数%なんだと思います。
けど、意外にこんな「外部刺激」が、心の隠れ「スイッチ」になったりします。



なので、
今日はお夕寝をした後、
お掃除。


元神棚の中を拭いて瑚月サン仕事用の資料を入れに変更したり…。
気になっていた拭き掃除をしたり…。


お掃除していると、
あー、やっぱり私、これが嫌だったんだなー、
掃除できない自分を無意識にダメじゃん、って思っていたんだなー、
と思いました。



まだお掃除は途中なのですが、
今回は本当に珍しく明日もあさっても外出の用事がない日なので、
明日もちょっとやってみます。
(なんだかんだ、神社仕事とかでは無く、人に関わる活動があるのです:笑)


けど、二足草鞋を履いているとは言え、
独り身で時間がずっと自由になるはずの私。


一方、家族のために頑張っておられる方も多いと思います。
共働きで家事に育児に…となったら「やりたくても出来ない」現状もあると思います。
書かれた事は分かるけど、無理なのよ…もよく分かります。


その場合、一案ですが「小さな国」を作るのもお薦めです。


トイレや洗面所、などの片付けに比較的短時間で済む場所を「満足w」と思う「国」にしたり、
食卓だけは物を置かないで「綺麗な国」にするとか(居間全体とか台所全体より先にこれはお薦め致します)。

化粧をするスペースを「好き好き国」にするとか。


そしてその国を褒めます。
他は片付かないけど、ほら、ここは綺麗w。
綺麗に出来ている!(自信)
好きだわ。


で、その「国」には気が充満します。
自分の知らないものはありません。

知らないものや、国の住民じゃないけど置いておかないといけないものは、
外交センター(箱など)を作り、まずはそこで待機して頂く。


気持ちがいい、自分の必要なものがある小さな国は、
片付けや維持も比較的楽です。


そしていつか、
そんな自分の家の一つ一つの小さな国が増えて、
共和国になると…



『世界平和(大好きな我が家)』がやってくるのではないかと思うのです。



小さな国つくり。
宜しかったらお試し下さいませw。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Re: 寂しさに吹かれたら… 

私の小さな国は天然石を集めたスペースです。
(昨日はホワイトラブラドライトのカボションが仲間入り♪キレイすぎる…)

自分を楽にするすべを知ってるひとって強いなー、自分を守れてるなーといつも思います。

私はめちゃめちゃ卑屈になったときは「ふて寝」です。笑
卑屈でいるのも飽きちゃうのか、長続きしないものですね。
いい人であり続けるのも長続きしないように。
  • posted by tinkle K 
  • URL 
  • 2013.10/13 00:08分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: 寂しさに吹かれたら… 

いつも楽しく読んでいます。
一度布団に入ったのですが、眠れず。
ああーこの記事を読むために起きてきたのかもと思いました。
昨日もおとといもひたすら眠っていたのです。
そして今日はひどい自己嫌悪。
やはりお掃除なのですね。1)2)3)4)まさにと思いました。
もう疲れて何も出来ない時期があってその時からそのままに。今は少し復活してきたのですが、つい見て見ぬふり。いっきに片付けたいと思っているから手が出ないんですね。
「小さな国」作ってみます。
  • posted by ぱみ 
  • URL 
  • 2013.10/13 00:26分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: tinkle Kさん 

小さな国素敵ですねw。

色々な環境や人に囲まれている世の中だから、
自分の軸を戻す方法は幾つかあるといいんだろうなーと思います(笑。
  • posted by 瑚月 kogetu 
  • URL 
  • 2013.10/14 09:06分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re:ぱみさん 

> いつも楽しく読んでいます。
コメントありがとうございます。

> もう疲れて何も出来ない時期があってその時からそのままに。今は少し復活してきたのですが、つい見て見ぬふり。いっきに片付けたいと思っているから手が出ないんですね。
> 「小さな国」作ってみます。

私も休止前の限界点時には、お掃除がしんどくって…。
おトイレ1つもなんだかんだすごく時間が掛って、休み休みだと1日でお掃除が終わらない位でした。

(今は整理したこともあり2時間位~1時間半で終わるのですから、凄い違いです)。

身体もそのことを知っているから「手」を出さなかった…というのもあると思います。一種の防衛反応みたいなものですかね(命優先)。

けど少し片付けに関心が出てきたということは、
次の段階に身体か心が進もうとしている印なのかもしれませんですね。

本当に小さな国でいいのですが、それでも最初は古い気が溜まっているので重たくって一大建国だと思います。
どうか上手く行きますように。

  • posted by 瑚月 kogetu 
  • URL 
  • 2013.10/14 09:15分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

プロフィール

瑚月 kogetu

Author:瑚月 kogetu
本職>某病院異端リハビリスト。
特技>体を含めものの声を聴く
焼き肉や鍋の時に同僚に重宝される特技でもある)。

東洋系治療と自然農法に興味あり。
『美しく生きる』を考えたい人。

ブログの中の私が体験した白日夢の奇譚は、患者様の特定を防ぐために整体師・耳視師という設定の中で「月櫻(つきお)」さんに小説:白日夢奇譚という形で語って頂いております。
飽くまで本職は病院勤務で整体院は営んでおりません。
ご了承下さい。



お手紙は こちら か、一番上のメールフォームからお願い致しますw。

counter

Archives&Category

 

淡々と百人一首

    右サイドメニュー

    検索フォーム

    QRコード

    QR

    ブロとも申請フォーム

    時節