Voiceless world ー魂魄白日夢奇譚ー

Voiceless world of the voice to you 声無きものの聲をあなたに。      人の不思議(魄)と白日夢の如き奇譚(魂)の物語

Entries

神棚と雲~追伸

昨日の夜中に書き始めて、「今日」になってからアップしたので
これで本日2本目の投稿と相成りましたが、1本目の記事の追伸です。


よく神棚は家の居間で高い所に祭ってあります。
これは「神様に失礼がないように」とかもありますが、
御札などの気が下向きに降りて上にあがる循環気流を持っているという機構もあります。


大昔、山がご神体になっていました。
山から風が下り、
草木を揺らし、
命を運びました。


また、多くの神様は実際に「祖先」であるからですが
日本の神様は人が好きな方が多いです。



私心ですが、その機序や考え方が御札と神棚に残っているような気がします。


だから、住んでいるものに満遍なく神気が行き渡るように高い位置で、
なおかつ、孫や曾孫、玄孫に囲まれるジイジ、ばぁばがニコニコしているように、
神棚は家族が集まる居間にあるのは、いいのではないかと思います。


で、私の場合、
賃貸ですので、神棚を上にかけられません。


また、仕事に出かけているので、
日中家に居ません。



神様と一番長くいれるのは寝室…という事になります。
加えて私は布団派です(たたんで片付ければ部屋が二倍使えます!←おい)。


正座した時に目線より若干高い位置でお話できて、
寝た時に気を頂ける。


そんな関係であの高さの神棚になりました。
今、居間でPCを打っているのですが、
ふと横を向くと隣の部屋の神棚がよく見えます。


見守って下さっている感ありあ…、


あ…
ちゃう(違う)。


神棚から降りた気がこっちにまで流れてきてるんだ。
なるほどー。


特に、天孫系の神様は「稲穂神」ですので
新米を祀るってのはすごく嬉しいそうです。


もしお家に天照大御神の御札がある方、
新米の時期、新しい袋を開ける時スプーン一杯分でもいいので、
感謝の心でお供えしてみて下さい。


きっと喜ばれると思います。




あと、神棚の上の天井に「雲」という紙を貼る風習をご存知な方も多いと思います。
うち、上の階に住んで居られる方が居らっしゃるのですが、
特に支障も無かったので何もしてなかったのです。



所が、
先週久々に強い頭痛が続きました。



生霊さんが関わる別件があったのも大きな要因ですが、
そっちが収束傾向にあっても頭痛が中々引かない。



うーん、と思ってサーチしたら「住」と言われました。
住?、特に変わったことしてないしなぁ、
と思っていたら、外壁が見えてきました。


ああああああああああああああああああああ



先週月曜日から、
メンテナンスで屋根と外壁の修繕をしていました!。
土足(当たり前ですが)で屋根に上がっているんだ!!。


続いて「雲」の字が浮かんできました。



あれですね?
雲書くんですね?。


うわぁぁぁー。
気がついたのが仕事の合間だったので、
とにかく病院から気で「雲」を書いて、
遠隔で部屋の天井に「うりゃ!」と貼り付けました。









痛いの楽になった…orz。



反省仕切りの瑚月さんでした。


***

えー、
神棚や神棚もどきがある方。
天井に「雲」の字が貼れない事情の方も多々居られると思いますが、
お祈りしてから、手で雲の字を書いて、天井にぺたっというイメージでも、

『かなり何とかなる』


…という、
身も持って行いました痛い実験と相成りました。


愚行でございましたが、
他山の石、となりましたら幸いです。


ではでは




追伸>
先週は、上記理由と院内の発表が2件連続しておりましたので、
にっちもさっちもいかない状態でございましたが、
金曜日の夜から開放されて自由~~♪

どんだけストレスだったのかしら?と思う程、今、ハレルヤ~♪

頂いているメッセにお返事も書けていない状況でしたが、
昨日と一昨日でかなりガッツリお返したので、今日中にはお返し出来るかと。
今しばらくお待ちいただけましたら幸いです。

と言いながら、
昼からはナラマチにお出かけ予定。


先週行った亀岡に感心しておりましたら、
昨日から奈良から強烈アピール受け中。


奈良、やっぱり好きですわ。
えーい、このツンデレ様w。

blog_import_4f104944e9ff7.jpeg




関連記事
スポンサーサイト

Comment

Re: 神棚と雲~追伸 

こんにちは♪
あー!そうだった…!毎日お水を替えて手を合わせているのにお掃除してない!きっとホコリだらけだろう…反省!
高いところはホコリ見えないので忘れちゃうんですよね。(いや、こういう言い訳するワタシはホコリが見えてもサボるだろう…)

うちでは食器棚の上に雲と書いた紙を乗せ、その上に御札を立てかけてあったけど、天井に「雲」なんですね。

今年は新米もお供えしようと思います。

まずはっ!今からお掃除します~💨
  • posted by tinkle K 
  • URL 
  • 2013.10/07 11:12分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: 神棚と雲~追伸 

こんばんは。
我が家には神棚はないのですが、掌に乗るサイズの木彫りの大黒様のが居られまして、何かにつけ「見られてる(見守ってくださっている)」感があります。
母からの貰い物で、彼女曰く、「死んだお爺ちゃんに似てるから、たぶん守ってくれるで!」と思って私の為に衝動買いしたとのことなのですがw
そう言われると本当に見てくれているような気持ちになるから不思議ですね。

大黒様とか弁天様のように外国から日本へいらした神様方にも、“雲”の様に、して差し上げた方が良い特定の設えなどがあるのかなぁと気になり調べてみたくなりました。

たとえ祖父とは関係なくても、何もしてくれてなくても、私のところに来てくださったご縁に、一緒に居てくださることに感謝したいです。

感謝を表すためにももっとお掃除しなきゃいけないなぁ・・・たまにホコリを払うために素手で撫でてるだけです・・・反省しました。
いつかは私も神棚的なスペースを作りたいです ^-^
  • posted by ねむ だりあ(HNがしっくりこない;;) 
  • URL 
  • 2013.10/07 22:27分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: tinkle Kさん 

お掃除どうだったかしらw。
高い場所にあるとお掃除大変ですよねー。

けど例えば季節の節目とか、なんか家族イベントがある時とか、
ちょっとお掃除してお供え物をすると神気一転(心機一転)するかもですね。

雲の字の上に置く…というのは初めて拝見致しました。
雲の字に切り抜いた木を壁にはり、その上に御札をお供えする地方があるそうですが、
それに類似する形かもしれませんですね。

(私は自分のものの効果しかわからないのすみませんです(汗。)
  • posted by 瑚月 kogetu 
  • URL 
  • 2013.10/08 20:15分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: ねむ だりあさん 

自分の事しかわからないので申し訳ないのですが、
うちの神棚には仏界の方も仙界の方も居られまして…。

皆様ご満足そうなので、いいのか・・・も?。

いい大黒様ですねw。
素手で撫でる>の文章が気になりました。
多分、そうされるのがとっても嬉しいではないかなと思います。
(あ、お掃除はお掃除で別に布で拭いてあげてくださいませw)

円空仏、というのがあります。
その木仏は囲炉裏のそばで家の人の手に撫でられ、
語られ、いぶされ…。
けどとてもとてもいいお仕事をされていました。

そんなふうに身近で触れて語る事が嬉しい像もあります。
ねむ だりあさんの大黒様もそんな感じがいたします。

まずは神棚よりも、触れて楽しいことも辛いことも、悲しいことも嬉しい事も、
話しかけて見てくださいませw。




  • posted by 瑚月 kogetu 
  • URL 
  • 2013.10/08 20:22分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

プロフィール

瑚月 kogetu

Author:瑚月 kogetu
本職>某病院異端リハビリスト。
特技>体を含めものの声を聴く
焼き肉や鍋の時に同僚に重宝される特技でもある)。

東洋系治療と自然農法に興味あり。
『美しく生きる』を考えたい人。

ブログの中の私が体験した白日夢の奇譚は、患者様の特定を防ぐために整体師・耳視師という設定の中で「月櫻(つきお)」さんに小説:白日夢奇譚という形で語って頂いております。
飽くまで本職は病院勤務で整体院は営んでおりません。
ご了承下さい。



お手紙は こちら か、一番上のメールフォームからお願い致しますw。

counter

Archives&Category

 

淡々と百人一首

    右サイドメニュー

    検索フォーム

    QRコード

    QR

    ブロとも申請フォーム

    時節