Voiceless world ー魂魄白日夢奇譚ー

Voiceless world of the voice to you 声無きものの聲をあなたに。      人の不思議(魄)と白日夢の如き奇譚(魂)の物語

Entries

と~しのは~じめの・・・もう、遅い?

さてさて、現実では、すでに1月も末。
もう直ぐ節分がやって来るような時期に、「1月1日」の日記を書いてるんですから・・・。
いやはや、筆が遅くてすみません。

実は現在・・・色々、制限がかかって居るもので、なかなか難しい^^;。
少しずつ少しずつ、時が満ちれば書ける事も多くなって行くのではないかな~と思っています。


さて・・・1月1日、雲海で有名な、初日の出スポット「国見ヶ丘」に!!!
行くはずだったんですけどね~。

31日深夜から、用事が出来まして、ほぼ徹夜。
半分寝ながらリーディングといいますか、課題といいますか、スパルタといいますか・・・
最後には、


場所ではない

年の日の満ちるは

場所ではない

心に上る日こそ大切なれ

心をもつ人(ひ・と)こそ大事なれ


なんて貰ってしまい・・・
有難く、5時半ごろ終身・・・いえ、就寝。



朝、食堂にいくと・・・
おお、お節料理です!
『あけまして、おめでとうございます』と頂いていると・・・

お正月特別企画
民謡「刈干切唄」の謡いが始まりました。


この「刈干切唄」。お目出度い曲だそうで、発祥の地は、行くはずだった「国見ヶ丘」だそうです。
・・・行かなくても、心に「日」を頂き、祝い歌を頂き・・・


本当に「開けまして」おめでとうございました。でした(ノ´∀`*)


もちろん、行くことも大事
行くには決心がいるからでしょうね。
行動する、心が、何かを変えるからでしょうね。

けど、
囚われてもいけない
「そこでなくちゃ駄目」
「そうじゃなくちゃ駄目」

もしかして駄目なのは、狭い心になってしまっている自分かもしれないですね。
自分に向かっていっているのかも
「そんなんじゃ駄目」って


そして、面白いお話をその謡の方から聞きました。
私達が泊った旅館

実は、旅館を手配した時には、殆どの旅館が埋まっており・・・
ここしか空いてない~Σ( ̄□ ̄;)状態で予約しました。
古い旅館ですが、お風呂が24時間使えて、ヒノキ風呂で気持ちいい。
しかもほぼ貸切状態。


お部屋も、暖房がしっかり効いて、変温動物の兎☆月にはほんにいいお宿でした。


そのうえ・・・
昨年は、変更になったようですが、
毎年、天皇家や宮内庁ご用達の宿だったそうです。
そういえば、部屋のあった同じフロア(最上階)に「特別室」という貸していない部屋がありました。


天皇家・・・(゚Д゚ )


実は、恐れ多いのですが、兎☆月、なんかご縁があります。


高校の頃、筝曲(お琴)部で、皇太子(今の天皇・皇后様)ご家族の前でお琴を弾いてます。
お帰りを見送る際、美智子様がとてもとても素敵で・・・

何も知らない子でしたが、そのにじみ出るお人柄に「女神さまだ~」と思いました。


3年前・・・
劇的に急に決まったサイパン旅行の一週間前、天皇陛下がサイパンの地を回られました。
その後、サイパンに行き・・・
まだ、浄化も何も出来ない兎☆月でしたが、
○○クリフ等々・・・余りの御霊の多さにめまいと吐き気と頭痛を感じながら・・・

けど、両手を一杯に伸ばして、
彼らに言葉を送っていました。

何故か、心に「この為に来たんだ・・・」と思いつつ


昨年
ロード2で滋賀県を回る数日前
天皇・皇后両陛下が、滋賀県をまわられました。


兎☆月のいく、神社
別に、パワースポットだから、とか、本をみて・・・とかでは決めていません。
赴くまま、惹かれるまま、情報の入るまま・・・
行くのですが・・・

神社って、みんな菊のご紋を持っているのでしょうか?
勉強不足なんですけど、官幣社とか国弊社とかで、紋があるのかな?
菊のご紋を併せ持つ神社が多いですね=


個人的に・・・・
その高校時代に拝見した、現両陛下の姿がとても素敵で
特に、他意はありませんが、好きです。


相談してしばし、ゆっくりしてから出発です。
さて、次へまいりましょう。

つぎは・・・本にも載ってないパワースポット?です(笑)


つづく




関連記事
スポンサーサイト

Comment

天の橋立についてですが 

童謡の「かごめ かごめ」が浮かんできて、その中では、「籠女(かごめ)=巫女」となっていますが、天の橋立が、「本当の籠女」ではないのでしょうか。
だとすると、封じているものは、天皇家と関係があると思うんですが。
それと、「護国神社」(北海道では、各市の全社)は、鳥居に天皇の紋が入っています。(戦争に行った、戦没者を奉っているため)
  • posted by 笑い猫 
  • URL 
  • 2008.01/31 17:35分 
  • [Edit]
  • [Res]

笑い猫さん 

カゴメで色々思いました。
篭目=籠(かご)・・・真名井神社の移転?先が元伊勢の「籠(この)神社」。
カゴではなく「この」と呼ぶのが不思議でした。

・・・行って感じたのは、籠神社が真名井神社の露払い・・・といいますか、幕になっているという感じでした。

又・・・かごめ、で思い出したこと。
カゴメ紋=ダビデの六芒星
そして・・・日本・・・というか、近畿地方の著名な聖地、淡路の「伊弉諾神社」、元伊勢、伊吹山、伊勢内宮、熊野本宮を結ぶと現われる五芒星です。

これ以上は、神社の名にもかかわりますので、メールで送らせていただきます。
  • posted by 兎☆月 
  • URL 
  • 2008.01/31 23:23分 
  • [Edit]
  • [Res]

しつこいって自分でも思ってますんで怒らないで下さい~(・_・;)ウゥ…; 

幣立神宮も菊の御紋ありましたよ^^
あと、ヒーラーさんのところにあった幣立神宮の情報です
出来れば兎☆月さん自身でこのヒーラーさんのサイトを見て
受け取るか、受け取らないか決定して欲しかったのですけれど…^^;
私が情報をアレコレ送るよりも
百聞は一見に如かずって言いますし…
でも、護ってくれる方が
兎☆月さんに見る必要は無いっておっしゃられたのなら…
と私もそれなら私の役目も(兎☆月さんに幣立神宮を思い出させること?(笑)
終ったのだろうと思っていたのですが……
………;
気になる;なんで…??
一応、あれから日にちが経てば気にならなくなるだろうと思っていましたが…
気になる…!(笑)
これはヒーラーさんのサイトにあった
幣立神宮の情報だけでも
兎☆月さんに言っとけってことか~!?;
…なので兎☆月さんを護ってくれている方怒らないで下さいね~?^^;
  • posted by 携帯@お月見 
  • URL 
  • 2008.02/01 00:30分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re:と~しのは~じめの・・・もう、遅い? 

サイパン!
なんとかクリフって崖のことかな。わたしも4年前に行ったとき、単純な道筋なのに何故か迷いこんでしまい、そこでお参りしてきました。不思議でした。
わたしも天皇家、好きどす。いつか生で拝見したい~。
  • posted by きにゃこん 
  • URL 
  • 2008.02/01 00:34分 
  • [Edit]
  • [Res]

以下ヒーラーさんのサイトから抜粋しました(いいのかな?;) 

幣立神宮とは高天原神話発祥の地です。
太古の昔から世界人類の祖神を祀ったとされています。
そして、これを実証する数々の証の一つとして
「五色神面」と呼ばれる、
世界人種の祖神を形どった木製の彫像面が奉納されています。
この五色神面の五色とは、世界の五大人種の肌の色を表したもので、
その起源とされているのが、黄人(アジア系)です。
そして、その後彼らの子孫が世界各地に広がり、
その風土や気候などに影響を受け、
赤人(ネイティブ・アメリカン)、
青人(アジア南部)、
白人(白人系)、
黒人(黒人系)へと派生したといわれています。

また、古代エジプト、ユダヤ人(一説ではモーゼ)によって運ばれた
「水の玉」も奉納されています。
幣立神宮は世界の霊的中枢、神々が降臨した高天原であるともいわれているのです。
ちなみにこの「ヘイタテ」とは、
ホピ族の言葉で、
「扉を開ける」という意味があるそうです。
  • posted by 携帯@お月見 
  • URL 
  • 2008.02/01 00:39分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re:と~しのは~じめの・・・もう、遅い? 

あと、ヒーラーさんの簡単な紹介文をコピペしようと思いましたが
流石にそれはやめときます…
一応、メール送りますが届くのかなー?
なんかさっきの情報だけで十分って届かないような…
なぜって?
それは、さっきのカキコミが携帯から送れる文章量
ギリギリでピッタリ収まったからですよ~(笑)
  • posted by 携帯@お月見 
  • URL 
  • 2008.02/01 00:56分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

プロフィール

瑚月 kogetu

Author:瑚月 kogetu
本職>某病院異端リハビリスト。
特技>体を含めものの声を聴く
焼き肉や鍋の時に同僚に重宝される特技でもある)。

東洋系治療と自然農法に興味あり。
『美しく生きる』を考えたい人。

ブログの中の私が体験した白日夢の奇譚は、患者様の特定を防ぐために整体師・耳視師という設定の中で「月櫻(つきお)」さんに小説:白日夢奇譚という形で語って頂いております。
飽くまで本職は病院勤務で整体院は営んでおりません。
ご了承下さい。



お手紙は こちら か、一番上のメールフォームからお願い致しますw。

counter

Archives&Category

 

淡々と百人一首

    右サイドメニュー

    検索フォーム

    QRコード

    QR

    ブロとも申請フォーム

    時節