Voiceless world ー魂魄白日夢奇譚ー

Voiceless world of the voice to you 声無きものの聲をあなたに。      人の不思議(魄)と白日夢の如き奇譚(魂)の物語

Entries

課題の地:天真名井

その日のロードの最終地点は『天真名井(あめのまない)』

川好き、水好き、温泉好き
湧き水大好き。
綺麗な水大好き。

そんな兎☆月が・・・・ちょっと敬遠したいのが・・・
実は「真名井」と名のつく場所なのです。


・・・・って、2回なんですけどね。
事があったの。(今回を入れると3回目ですね・・・)


1回目の真名井は、とある有名な大きな神社
水を汲む方々がポリタンクを持って行列をついてます。


ワクワクして、お参りをすると・・・
あり?(゚Д゚ )


ありりり????(゚Д゚ )(゚Д゚ )



寝ておられました^^;。
直ぐ横の御神山のお社はどれも、しっかりされておりすごく立派でした。
パワースポットです!。(゚Д゚ )

と、言う事はお宮を守る宮司さんに問題はない・・・。
山の「イザナギ・イザナミ」の御神気にも応援いただき、起きていただきました。


不思議に思って、井戸の横のベンチに座って眺めていると、ある事に気がつきました。
行列は途切れることなく続きます。
大勢の方が来ています。


けど、『お参りしない』のです。水だけ大量に頂いて・・・ご挨拶もしないで帰っていかれます。


ああ・・・これで・・・寝てしまわれたのですね。・゚・(ノД`)・゚・。
『お役』と、言うものをやり始めた当初でした。
何か伝えなくてはいけないと思いました。


そこで始めたのが、実はこの『神社☆エール』なのです。

2つ目は・・・・天橋立
北緯35度35分11秒東経135度11分55秒の場にある『真名井神社』元伊勢である「籠(この)神社」の元の鎮座地である奥宮です。


静かな・・・というより、
忘れられたかのような場所にありました。

ここは・・・凄かったです。
何重にも結界が張ってありました。


さあ、一歩進んで、その締め縄の前に進まなくちゃならない
けど、勇気が必要になる気の強さ、重さが其処にありました。


気を引き締めて、命がけ(精神賭け)で行かないといけない感じ。
それが、真名井神社でした。


鎮座する緯度経度の韻の踏み
その結界は、何かを隠しているのか?。
又は出ないようにしているのか?。



来なさいといわれたと言う事は、
現れてもいいという事なのでしょうか。


お役目が終わった時、身も心もクタクタでした。
個人的にも、大きな事がありました。あ、いいほうにですけどね。


そんな訳で、
『真名井』は何かしらテーマがある感じで、天の安河原同様に
『行かなくちゃいけないけど』『足が進まない』『安易に行く場所ではない』と感じました。



井戸に到着。
ご神木にご挨拶。優しいです。私の身体を気遣ってくれました。


お社・・・というより、鎮座している石。


お話



来ました~~~。来た来た。
重く、暗く、悲しい想い。



水を大切にして
命だから

小さな白珠さんも、お供え物の前に・・・
天真名井with小さな白珠さん

お詫びして、お伝えすると言って・・・けど、何か一つ足りない気がしていました。
何か、すっきり仕切れて居ない。



後日、ある事でわかりました。
難しいのですが・・・・


真名井は『母』に繋がっているようなのです。
行った人に関係ある母です(旦那さんのお母さんとか、自分のお母さんとか)


水鏡

という言葉がありますが、
『投影』?するようです。


先ほど、天の橋立の真名井神社、参拝後に起こった個人的な事は
兎☆月の母に関する事でした。


そして、今回の真名井は
協力してくれていたトリトンさんのお母さんでした。


私も、トリトンさんも『親』に対して、大きな大きな課題があります。
親と兄弟は逃げられません。
人生で、もっとも長く付き合う関係です。

それゆえに、課題を投げかけあう約束で生まれてきているし、生んでいます。


世の中のお母さんって・・・・


夫の彼女であり
夫の妻であり
時には夫の母であり
子の母であり
子の友であり



子の彼女になるときすらあります


(精神的な話で・・・子離れ、親離れの課題だと思います。「彼女」は男の子の場合。
女の子の場合は自分自身や、時にはライバルに?)


なんて役割が多いのでしょう。
けど、埋没しそうになる其の中に、大事な大事な

一個人の女性があります。


水=命を生みだす=母
海も、命の母っていわれますね。


この『真名井』の課題は、まだ途中です。
きっと・・・他の真名井が、また、ピースをくれるのでしょう。

帰りがけ・・・
もう一度井戸を覗くと・・・・
水の中の岩にお顔がありました。


後日、トリトンさんのブログ「虹をつかもう」の神社☆エール番外編に記載予定です。









関連記事
スポンサーサイト

Comment

ちょうど 

水についてのメッセージを雪から受け取ったところです。
長いメッセージだったのですが、内容をかいつまむと(かなり略します)

雪が降り積もるように
あなたのこころに不安が積もっていても
春の日差しのような愛で
溶かすことが出来るのです

あなたのこころには
雪解け水の清々しさで満たされるのです。

といった感じのものでした。

水による「開放と浄化」のイメージを一緒に受け取りました。
水は変化するもの、循環するものです。
あらゆるエネルギーは変化し循環するものです。
人のこころの浄化だけではなくて、
自然界全体の浄化のことを含んでいるメッセージでした。

  • posted by あかつき 
  • URL 
  • 2008.01/26 19:08分 
  • [Edit]
  • [Res]

あかつきさん 

水については、1月中旬にミズハノメと関わる事がありました。「万物の成長・生育を司る」。
水も木も大地も・・・動き出す時が来ているのでしょうね・・・
  • posted by 兎☆月 
  • URL 
  • 2008.01/27 20:19分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re:課題の地:天真名井 

「伏せられた籠」、「要」(かなめ)と出てきましたが、重要な物が封印してあるんじゃないんでしょうか。
  • posted by 笑い猫 
  • URL 
  • 2008.01/29 20:57分 
  • [Edit]
  • [Res]

笑い猫さん 

天の橋立ほ方?高千穂の方?両方?
・・・とにかく、安易にいっちゃいけないって本当に思いました。
ご神木は優しかったですよ~。
トリトンさんのブログの一枚目の井戸の水の中に顔が見えますです。
  • posted by 兎☆月 
  • URL 
  • 2008.01/29 23:08分 
  • [Edit]
  • [Res]

おおう・・顔があった~ 

あの井戸の中の顔は彫られたものなのでしょうか?
それとも自然に出来たものなのでしょうか?
  • posted by パラグラム 
  • URL 
  • 2008.01/29 23:16分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re:課題の地:天真名井 

天の橋立の方ですね。
からかい半分で行くと、取り憑かれますね。
  • posted by 笑い猫 
  • URL 
  • 2008.01/29 23:56分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re:課題の地:天真名井 

「井戸の中の、お顔の方」ですが、井戸の神様か、精霊の方でしようね。
「すいません、お顔を拝顔させてください」と言ったら、出てきてくれました。(携帯からだと見えないので、頼みました)
いやな感じは、ありませんでした。
  • posted by 笑い猫 
  • URL 
  • 2008.01/30 00:31分 
  • [Edit]
  • [Res]

お返事 

パラグラムさん>
実は、最初におまいりした時は、見えてなかったんです。ご神木にお話してたら、ボコボコっと水がなり・・・。ふと、覗いたら「顔がある~~Σ( ̄□ ̄;)」・・・リアルにみえちゃいました。

笑い猫さん
>井戸の神様か、精霊の方でしようね。
そう思います。けど、こっちのブログではないようなので、トリトンさんの方に載って頂きました。
多分、あの祠自体、興味本位にいっちゃいけない所なので、此処に載る事によってそれが起きてはいけないと思われたんだと思います。
お母さんというか、おっかさんというか・・・そんなお顔をしてますです。

天の橋立:真名井神社・・・
やはりそうですか(;´∩`)。
実は、「緑」の面もあり・・・その2日前に、再調整してきた白髭神社の天岩戸に早速登場して頂き、次元へ帰って頂きました。
しかし、非常に重いので、不十分に感じています。今の私の力では、あれで精一杯でした。
けど、呼ばれて行ったには何か理由があるのだと思います。ご意見、本当に参考になりました。有り難うございました。(三つ指)
  • posted by 兎☆月 
  • URL 
  • 2008.01/30 22:52分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

プロフィール

瑚月 kogetu

Author:瑚月 kogetu
本職>某病院異端リハビリスト。
特技>体を含めものの声を聴く
焼き肉や鍋の時に同僚に重宝される特技でもある)。

東洋系治療と自然農法に興味あり。
『美しく生きる』を考えたい人。

ブログの中の私が体験した白日夢の奇譚は、患者様の特定を防ぐために整体師・耳視師という設定の中で「月櫻(つきお)」さんに小説:白日夢奇譚という形で語って頂いております。
飽くまで本職は病院勤務で整体院は営んでおりません。
ご了承下さい。



お手紙は こちら か、一番上のメールフォームからお願い致しますw。

counter

Archives&Category

 

淡々と百人一首

    右サイドメニュー

    検索フォーム

    QRコード

    QR

    ブロとも申請フォーム

    時節