Voiceless world ー魂魄白日夢奇譚ー

Voiceless world of the voice to you 声無きものの聲をあなたに。      人の不思議(魄)と白日夢の如き奇譚(魂)の物語

Entries

今宵の二人は一味違うかも~奈良白日夢奇譚

居間のテーブルにはテーブルセンターの代わりに浴衣の半帯。
備前の小さな花瓶に梔子(くちなし)の花を生けて飾る。

一週間も前に買ってきて、忙しさの余り仮の器に入れられたままだった梔子が、
我が居を得たり、とばかりに部屋の雰囲気を変えた。


入る風に揺れる白いカーテン。
薄紫の半帯。
土の化身の様な備前の一輪挿し。


梔子は二枝。



一枝には双子のように左右に蕾が付いている。
もう1つはもうすぐ開く大きな白い蕾。


左右に別れながらも仲の良さを醸し出す様子に、
最初は「双子」のようだと思ったが、
窓の外から子供に向かって歌う母親の声で気がついた。


今日は七夕だ。


そう気がついて梔子をふたたび見る。
双子ではない、
カップルか。


最近、むせ返るような曇り空とゲリラ豪雨に見舞われた空は今日は一転して爽やかで青い。
七夕で晴れの日とはどれくらいぶりなのだろう?
そう思うほど久々の様な気がする。


気になって調べてみた。
向こう10年間のデータを見ると、大阪・東京では10年に1~2回しか晴れていないらしい。
http://weather.goo.ne.jp/information/07/07.html>お天気豆知識より


6月から星々が大きく動いた「星の節目」が、
もうすぐ終わろうとしている。
筋トレ週報7/1-7/7 参照⇒http://st.sakura.ne.jp/~iyukari/week/20130701total.html)




新月は明日だが、もう月は新月の用意に入っている。
今宵晴れ渡る空は、
星のパレード。

月は細目。
幸せに向かう二人が可愛くて可愛くて、
目を細めてしまう様な暖かい月。



去年の七夕は人目を偲んで逢瀬を楽しむ二人に絡んで文を綴ったが(二つの星の話

今年は、大々的に熱々をアピールするらしい。



もしかして結婚式か?



月櫻のまだ語っていない夢奇譚の中では、実は昨年、地球は辺境の地・監視惑星から「独り立ち」をした。



仏界・天使界など空からの神はもちろん守ってくれているが、
それに対し、地球由来の神々はいわば「地方議会」。


いや、もう少しわかりやすくすると、
「日本」の様な「その国の国会」。

それがバラバラではやっていけない。
その為に古代神・現代神・神界など、「地球固有」の神々が手を取り合った。


空から来た神々の所属は広い宇宙の星星のあつまり。
世界で例えると国連の様なもの。

その星星の集い(国連)の中に貴重な一議席を獲得した…。


そういう印象なのであった。



開かれていく星。
開かれていく晴れた夜空。

そう思うからだろうか、
永年の恋人たちの逢瀬が、今宵は何かひと味違う雰囲気がするのである。


2つが1つになった枝と、
花が盛んばかりの1つの枝。


まるで夫婦と子供のようだ。


古来、地球では陰陽(男女)が生まれてからは、
これが合わさらないと新しいものは生まれない事になっている。



2つの極が重なり
1つの力が生まれるのか。












ここまでを、徒然なるままに書いていたが、
ふと気になり目の前の梔子の花言葉を調べた。




「私は幸せ者」「とても幸せです」




やはり、今宵の二人は一味違うような気がするのだ(笑。



が、



さらに花言葉にはこんな意味もあった。




「喜びを運ぶ」




どうも、こっちにあやかれるような気がする。
今年は良い方に巡りあうよう…と思う月櫻独身(年齢不詳)であった。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Re: 今宵の二人は一味違うかも~奈良白日夢奇譚 

言われてみれば、珍しく快晴の七夕ですよね!
うわぁ…素敵です^^

今宵は新月間際で、太陽(男性性)と月(女性性)も、明日の夕方には重なります。
その後はまた別離を始めてるので、今宵が最接近の夜。
結婚式間近のドキドキが伝わってくるようです!

アツアツっぷりにアテラレテやりましょうかね(笑)
  • posted by 月の娘 
  • URL 
  • 2013.07/07 20:12分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: Re: 今宵の二人は一味違うかも~奈良白日夢奇譚 

月の娘さん

おお、ありがとうございますw
> 言われてみれば、珍しく快晴の七夕ですよね!

嬉しくなって7時半位に外に出たらまだ夜になってませんでした…orz。
明け方は5時前に日が昇るので見れず…

当てられなかっ…た…?←うわぁぁぁ~ん
  • posted by 瑚月 kogetu 
  • URL 
  • 2013.07/10 23:08分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

プロフィール

瑚月 kogetu

Author:瑚月 kogetu
本職>某病院異端リハビリスト。
特技>体を含めものの声を聴く
焼き肉や鍋の時に同僚に重宝される特技でもある)。

東洋系治療と自然農法に興味あり。
『美しく生きる』を考えたい人。

ブログの中の私が体験した白日夢の奇譚は、患者様の特定を防ぐために整体師・耳視師という設定の中で「月櫻(つきお)」さんに小説:白日夢奇譚という形で語って頂いております。
飽くまで本職は病院勤務で整体院は営んでおりません。
ご了承下さい。



お手紙は こちら か、一番上のメールフォームからお願い致しますw。

counter

Archives&Category

 

淡々と百人一首

    右サイドメニュー

    検索フォーム

    QRコード

    QR

    ブロとも申請フォーム

    時節