Voiceless world ー魂魄白日夢奇譚ー

Voiceless world of the voice to you 声無きものの聲をあなたに。      人の不思議(魄)と白日夢の如き奇譚(魂)の物語

Entries

復活祭とバトンタッチ

桜の夜の奇譚。

昔むかし、地球が存在しなかったであろう昔。
2つで一つの魂が居ました。

ある時、大事な大事な物のために課題をつきつけられます。

一つの魂は時も無く、誰もおらず、何処にも行かず、次元と次元の間を支え続けること。
もう一つの魂は、悠久の時を渡り歩き、無数の存在に逢い、どどまることを知らずに旅を続け「あるもの」を回収すること。


選択の時、一方の魂は前者の選択を心から恐れました。
その時、もう片方の魂は微笑みながらこう言ったのです。

「行っておいで。私はここで君を待っているから」


一方の魂はそれを聞いて、自分を恥じると共に「この人の心の高みには自分はとてもかなわない」と深く深く思いました。自分が恐れた事を大事な人に押し付けたのですから。

湧き上がる「自責の念」、
そしてかなわないと心から思った「自己犠牲」への追求。
この2つは魂の奥深くに、けっして忘れることが無い様に刻み込まれたました。



そして、旅に出たのです。
一刻も早く、少しでも足りない事がないように、課されたものを成し遂げる為に「走り続ける永い永い旅」へと。



回収するものは「これからある成長の為に砕け散る魂の欠片」でした。


砕け散ることで、色々な次元の様々な存在の一部になる。
それを知ることによりその魂は大きな学びをし、さらなる使命を果たす存在になるのかもしれない。
しかし、回収者に告げられたのは「回収するもの」の説明と「回収方法」の説明のみであり、
依頼者の真の目的をとても測り知ることはできませんでした。


その回収方法の中には「砕けた課題者の魂が何処にあっても探せるように、回収者として自分の一部も砕け散ること」というものがありました。

*****************

数億年か数十億年か、
そんな流れる水のように数えることのできない時の流れの末に、
やっと回収者は課題者と自分の分を含めた約1.5人分の魂を集めきります。


そして、「回収者」としての記憶に封印をかけツインソウルとして追いかけ続けた「課題者」とそれぞれ別々の道を歩むことが出来たのは、つい2年前の夏の日のことでした。


翌年の1月には、探索の為に不完全になっていた回収者の魂を補完してくれていた補完者により、
魂の再錬成が行われたました。



しかしそれで全てが終わったわけではなかったのです。


流れる時の濁流の中ででも魂の根本に刻み込まれた「自責の念」は消えることはありませんでした。
そして、自分に対しありとあらゆる「罰的」トラップをかけたのです。

幸せになることがないように。
自分を責め続けるように。
けして充足しないように。

その為、ツインソウルとして追いかける課題者と回収者が幸せになる事は数ある転生の中で一度もありませんでした。

「離別」
「一人」
「自責」
「自虐」

女性として生まれると稼働する無数の巧妙に仕組まれたトラップを、今度は一つ一つ探し出し、
解除する方法を模索するという、回収者への旅に出てから初めてとも言える「自分のための旅」に出たのでした。



魂の回収方法と、トラップのありかや、種別、解除方法の大きなヒントを得る方法に「セッション」と「リーディング」がありました。
といっても、彼女がそれに気がついたのは本当につい最近のことなのですが…・


彼女がこの数年で行った数十人分のリーディングやセッションでは、
どれだけバージョンがあるのだろうか?と彼女自身が驚くほど、ほとんどが「同じものが無い」答えを紡ぎ出していきました。


彼女のセッションやリーディングで相手に与える情報量に対し「対価にみあっていないのではないか?」と心ある心友が言葉をかけてくれましたが、
どうも彼女は「料金」という現実で見える対価の他に、不足分は先に上げた課題や自分につながるヒントを与えてもらっていたようです。


世に多くの方々がリーディングやセッションをする方々の理由はそれこそ多々あるだろうと思います。
そして、彼女の理由はこれだったのでした。



今年の3月。
彼女はある人の個人セッションの為のリーディングを行います。
セッション前に質問に対する「情報」を全て得た時…。


彼女の心は言い様のない躍動感にあふれました。
理由は分からなかったが一つは「これでもう終わる」という思い。
そして、もう一つは「代わりが見つかった」という思いでした。


実はトラップが解除される度に明らかになっていく「回収者を終えた後の次の目標」。
彼女はそれを意識する度に予感のように思っていた事がありました。


職場で仕事を終えたあと、家の職場に移るという、仕事から仕事への生活。
セッションやリーディングをこのままの自分で続けて行くことは、彼女の「次の目的」にとって難しくなっていくのではないかということでした。


神社巡り⇒地脈エネルギーの調整⇒古代神に続いた流れは役を次代に譲り、
「語り部」となりました。
そして、3月の個人セッションのリーディングを終えた瞬間、
セッションの次代も譲っていっていい…。
と確信したのです。



エネルギーを一箇所にまとめ、
大きく変わる為に一度、オフにする。


水の流れを変えるためには、一度既存の流れを止める必要があります。
それと同じように、長い長い間に癖になってしまった「魂の古いパターン」からの離脱を図るためには、
自分自身に集中する必要があったのです。


目の前に今あるものが「鍵」であるかもしれない。
右に行くか左に行くかが「古いパターン」なのか「新しい切り替えへの一歩」になるのか、
細心の注意を払う必要があるのでしょう。



彼女が見た「最後の個人セッション依頼者」の質問は「自分はセッションを行えるか」でした。

セッションをすることを色々な人から勧められるという依頼者さんに彼女はこう尋ねました。
「何故か理由は聞きましたか?」
「私がしたいのでしょう?すれば?。と言われるのです。」
「では、何故貴女がセッションを無意識にしたがっているかの理由は聞きましたか?」
「いえ」

そこから、ゆっくりと紐解いて行きました。
話していく事が依頼者さんの心の中で受け留められる度に、
少しづつエネルギーが変わっていきます。
お顔も変わっていきます。


そして、セッションを終了した後、
今度は彼女は依頼者さんに自分の話をします。


依頼者さんは遠方から来られており、泊まり込みで滞在する予定でした。
その間に「セッションのスタイル」や「私が得たものを少しでも伝えなさい」という事も、
「対価」に入っていました。



依頼者さんは、彼女の最後の心の迷いに終止符を打つヒントをくれました。


だって、どんな優秀なリーディングが出来る人でも、
「自分の課題をするために生まれてきている」という基本姿勢は殆ど一緒です。

自分だけ「インチキ」をするわけにはいきません。
自分だけ「カンニング」しても、それは自分の力にもならないのです。


だから、自分のことや自分に関わる大事な人の事はよっぽどで無いとわからないのです。
少なくとも彼女はそうでした。



大きな後押しを得て、彼女は決心しました。
少なくとも次の目標への足がかりを得るまで「ブログ」「ミクシ」という彼女の一面での媒体を自粛することを。
彼女の二つ名で行動している物を一旦自粛することを決心しました。

それは次の扉を開く「対価」に等しいようにすら感じました。
「一度死んで生き返らなくちゃね」と彼女は、依頼者から助言者へと変化していく友に言われました。



そして4月7日。
彼女は、自分が生まれた時に関わりの深い場所で花見を行いました。
その場所は奇しくも彼女が二つ名の活動を始めた時に住んだ街のすぐ近くでもありました。
花見は体温が無くなって指が動かなくなるほど寒く…。
そんな中で夜の桜はこの世とあの夜の境すら曖昧にしてしまいそうな感じでした。

近くには「過去」「現在」「未来」を現す、全国的に有名な巨大な生命のシンボルが建っていました。


大阪で一泊したのですが、
彼女はその晩に大きな気づきを得ました。

その気づきの後で、彼女が好んで観ている星の道標(筋トレの年報)にあった言葉が浮かんできました。

***********

過去数年間、身を切るような思いで、
自分の一部を自分から切り離すような経験をしてきた人も
少なくないだろうと思います。
そんな辛いプロセスが、2011年、終わりを告げます。
魚座は本来、
「切り離す」星座ではなく
「融合させる」星座です。
それが、なぜか「切り離す」ことに注力させられていたのは
本当に苦しい事だったろうと思います。
でも、そうした作業も、もう終わります。
ここからは、
切断ではなく、融合や救済ということが
魚座のメインテーマとなっていくはずです。
この「融合や救済」については、
2011年から2012年という時間にまたがって、
ゆっくりとスタートしていきます。

*****************

「今まで魂が混ざっているものを見つけ、そこから切り離して」来ました。
「切り離すこと」、それは回収者として自分自身すら切り離し、砕いた事から始まっていました。


けど、今度は砕かれた魂、又は分離されていた魂を「結ぶ」仕事をするようになるのだと思ったのです。
「和合」が今年の課題で有ることはわかっていたのですが、それは「他」と「他」の間で行われることだとおもっていました。
けどそれに加え…、
個の中で割れてしまったものをつないで行く仕事もしていくのだと思ったのです。


そして、回収者の初めが「己を切り刻む」事であったのと逆に、
次の生へのサイクルの初めは「己をしっかりくっつける」事だと思ったのです。


その夜は一睡もせず…。
自分の中の自分をつなぎ続けました。



そして宿泊先で朝風呂に入る時に気がついたのです。
大阪は代表的な「西の国」。西の海に面しており、西方浄土思想にも縁の深い場所です。
「西の国=西方浄土=根の国=死者の国」であり、
泊まった所は「川」と「坂」を意味する名前の場所でした。


まさに三途の「川」と、
黄泉平「坂」の2つの「あの世とこの世の境の場」の名につながる場所です。


…一度、死んで再生(戻ってきた)したのかぁ…と彼女は思いました。

そして予定通り、4月8日に友人達と行ったのは「ツタンカーメン展」。
その展示会で彼女はある暗号を解いて、魂だけピラミッドの秘密の部屋に行ってしまいました。
「再生の儀式」です。
その後、予定外に行った隣の「海遊館」は「海(産み)からの誕生」を意識させられました。


死んで戻って、
再生場所で手続きをして、
産まれてくる。


…出来過ぎでしょう?と思う様な思いもしない日程を過ごした彼女は、
帰ってきてから、もう一つ、「おいおい」と思う事を知るのでした。




西暦2012年4月8日は「復活祭」でした。
さらに調べたwikiにはこういう言葉がありました。

『うさぎは(特に岩うさぎ)その目が、月を思い起こさせ、月は欠けて見えなくなっても、また新月から三日月、そして満月となることからやはり復活を表す』


彼女の現在の二つ名である「瑚月」はツインソウルだと信じて魂を集めていた「課題者」と別れを決めてからつけた名でした。
そして、今生で課題者に出会ったきっかけの名は「桜雪」で「桜」で始まり、
それこそ命がけで最後の課題に立ち向かった時の名が「兎月」でありました。



兎月から瑚月へ、名前は2年前に変わっていましたが、
ようやく本当に「瑚月」に為るための課題を終えられた気がしました。



個人セッションをする度に、
お一人お一人の「事実は小説よりも奇なり」を地で行く不思議さとそのシナリオに感嘆していましたが、
今回は自分のこの「シナリオ」を書いたプロデューサーは誰よ?と、思いっきり突っ込みたい程の出来でした。




確かに、今日で休止前の日記は最後になると思うと事前には書いていましたが…。
こんなまさかその日は「復活祭」だとは思いませんでしたよ…。



長文で書きなおしたりしていたので、実際は9日になっておりますが、
4月8日に書き始めたこの日記。
しばしブログを休止とさせて頂く理由として、皆様にお伝えする瑚月奇譚でございます。



夜桜が見せた幻影か、
人の世の不思議か、
これにてJINJYA・YELL~白日夢奇譚:語り部の章、第一章の終幕とさせて頂きます。



ツイッターではポツポツつぶやきは続けようと思っています。
(今日のつぶやきでは妖怪さんの事をつぶやいておりますw)


ツイッターのつぶやきのまとめをブログの日記にアップできる設定にまでするかどうかはまだ未定ですし、
ぽっつんぽっつんだと思うのでなんなのですが、良ければフォローして下さいませ。



後、もうひとつ「バトンタッチ」です。

「復活祭」にからむ瑚月が「もう一回死んで生き返る」と見事に予見した「依頼者さん」ことミクシ名「NAMI☆さん」。

個人セッションの準備にはいられています。
関東周辺の方は宜しければ、チェックしてみて下さい。
なお、ブログ「universal love」では、瑚月セッション前後のお話も掲載させています。
良かったら御覧くださいませw。


あと、静岡にお引越しされた「さつきのひかりさん」もいよいよセッションをしそうな風向きになって来ていますw。こちらは、お引越しでまだまだお忙しいので、詳細はまったくもって未定ですが、さつきのひかりさんのご許可を取って掲載させていただいております。

これまた、要チェックですw。


また、男性読者の方々…。
実は、私はあえて個人的に避けたわけではないのですが振り返ると「男性」のセッションやリーディングを一度もしたことがないと判明。

いや・・・、去年の秋位からは、はっきりと「男性はやめなさい」と禁止令が上から出ていたんですが…。(私はシンクロ派なので、リーディングするとその方の波長とシンクロします。女性エネルギーとして調整をしていく時期だったので、男性エネルギーとのシンクロを制限されたのです)。

なので、数人の方にお断りをさせていただいておりました。
本当に申し訳ございませんでした。

男性の方々にお勧めは、京都のhideroさんですね(あ、女性の方も、もちろんOkです。ブログや無料相談でピンとこられましたらどうぞですw)。

男性のヒーラーさんですし、社会経験もあり、がっつり見える派の方で浄化能力も非常に高い方です。
全国区で出張もされています。
ブログで無料相談メールの受付もされているのでよろしかったら楽天ブログ「スピリチュアリスト(霊能者)の目で見た世界 」もご覧になってみて下さいませ。



もう一つお詫びです。
オイルリーディングで今までオイルをお分けさせて頂いた方々。
申し訳ございませんが、仕切り直しという意味でもYLの会員も4月で一度退会するつもりです。
なので以後の購入のお手伝いが出来ません。


現在、エネルギーの調整時期に入っていますのでリーディングは一切できないのですが、
過去に瑚月からオイルを購入された方限定で、ご希望のオイルの注文のみお受けさせて頂きます。

ただし、配送準備にもあまり時間を取られたくないので、
本当に物をお送りするだけでメッセなし・メールなども最低限のお返事という「超ぶあいそ」ぷりである事を
ご了承頂ける方でお願い致します。


申し込み期限は水曜日夜19時までとさせて頂きます。
以後のお申込みは一切お受けできません。



お申込みはメールフォームか、わからない方はこの日記のコメント欄か、ミクシメッセージ、またはオイルを購入された際のメールにお送り下さい。
その際は水曜日21時までに瑚月から何も連絡がなかった場合は「届いていない」と判断し、
メールフォームかコメント欄で早急にお申し込みをしなおしてくださいませ。
その場合のみ、最終受付を水曜日24時までとさせて頂きます。





******************


最後に、ご感想・コメント、本当にありがとうございます。
とてもとても嬉しいです。
申し訳ございませんが前回の日記に書かせて頂いたようにコメントへのレスは出来ませんが、
どうかお許し下さいませ。
また、これ以降のコメントもお返事はひかえさせて頂きます。
(あ、書いていただくのは大歓迎ですw。ただお返事しないという鬼畜っぷりですが←マテ)


こんな拙いブログに温かい言葉を一杯頂いて本当に感謝しております。
正倉院展のことや、妖怪さんのこと、月櫻の話、
書きますーとまえふりしながら、すっぽかしたままで本当に申し訳ございません。



第一章は終了しますが、
書くことが大好きですし、自称「語り部」を頂いている身としては「伝えていく」事はやっていきたいと思っておりますので、第二章として戻ってこようと思っています。



次の目標のへの足がかりを早く手に入れられるように。
その為にがんばります。





いざとなるとお名残惜しく、
話はつきませんが、これで今日の日記を終わらせて頂きます。

最後にコジャレた言葉でも残せたらいいのですが、
それも出来ずに月並みな言葉でごめんなさい。




では、皆様、またお逢い致しましょう。



 平成24年4月8日 瑚月
関連記事
スポンサーサイト

Comment

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  • posted by  
  •  
  • 2012.04/09 06:44分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

いっぱい書きたいことありますが、時間かけると意外と書けないので…

お疲れさまでした。離別の苦しみを幾回も越えるのは、とてもしんどかったと思います。

どうぞ、ゴールデンウィークは、石垣島でゆっくり癒されて下さいね。


最近、いつか会いたいなあと思っていた人と会えました。だから、願ってれば瑚月さんとも会えるはず(^O^)お会いできますように(念)
  • posted by 如月さら 
  • URL 
  • 2012.04/09 07:28分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: 復活祭とバトンタッチ 

お疲れ様でした。
  • posted by かれん 
  • URL 
  • 2012.04/09 09:00分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: 復活祭とバトンタッチ 

ねこきち 改め ☆ねこまる☆ です。

憶えておられるでしょうか?

もう忘れてしまわれたかな?

と思うくらい、コメントでは御無沙汰しておりましたが。

わたしも、次々と課題を乗り越えて・・・

昨年、HNを変えました。

で、只今、シフト前の調整中でございます。

というわけで、改めて、ありがとうございました<(_ _)>
  • posted by ☆ねこまる☆ 
  • URL 
  • 2012.04/09 09:13分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: 復活祭とバトンタッチ 

瑚月さん、第一章ありがとうございました。
胸がいっぱいで、目がうるうるぽたぽたで、ちょっぴりさみしくて・・・想っていることが言葉にできないです・・・。

おかげさまで、次男坊も元気に小学校生活へスタート出来ました!

胸を張って第二章でお逢い出来るよう、気持ち起こします・・・自分自身の本質を大切にして進んでみます。

瑚月さん、たくさんの愛をありがとうございます。

  • posted by マリーナ 
  • URL 
  • 2012.04/09 10:37分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: 復活祭とバトンタッチ 

更新ありがとうございます^^
また、心に響くたくさんの言葉を有難うございました。

私事ですが、今日は知人にレイキファースト伝授を行います。
その方の、そして私の準備が整うまでお互いにいろいろな経験や思いがありましたので、今日を迎えるのはとても感慨深いですw
このタイミングで瑚月さんのヒーリングを受けられたこと、多くの方々の有り難いご協力のもとに、ハイヤーさんと共に胸腺を開き、振り返りを行えた事、本当に良かったと心から思いました。
思い起こせば、このタイミングでそうなるようになっていたかのようです(笑)
勉強もさせていただいたし、私の中のモヤモヤしていた場所はすーっと霧が晴れていくように、困難な事があるとしても先は明るいです。♪
ゆっくりでも、歩幅の小さな一歩だとしてもw
いよいよ私もスタートだなと^^

また戻ってこられる日を心待ちにしております♪
  • posted by きっき 
  • URL 
  • 2012.04/09 10:38分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: 復活祭とバトンタッチ 

お疲れ様でした。
そして、ありがとうございました。
寂しいですけど、どこかで瑚月さまが元気に過ごしていると思うとはげみになります。
こうやって最後ですとかいてブログを終わらせることができるというのはステキな事だと思います。

私も4日のヒーリング後から、自分を愛して自分の為に生きようって思えるようになりました。
これってとても自分勝手だと思っていましたが、人の為に生きてるんだよー!って押しつける方がよほど自分勝手なんですよね。
このブログに出会い、瑚月様に出会ってからたくさんのことを学びました。
ありがとうございました。
またいつかお会いできる日を楽しみにしています♪
  • posted by orange*potiron 
  • URL 
  • 2012.04/09 10:44分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: 復活祭とバトンタッチ 

丁寧に 丁寧に 
 自分を 見つめ 人生を歩まれている瑚月さんに 出逢えたことを 嬉しく思います。
 
 たくさんの メッセージを 頂きました。

私も しっかりと 自分を 生きていきたいです

 次に お目にかかれる時を 楽しみにしています。  ありがとうございました。
  • posted by 三月うさぎ 
  • URL 
  • 2012.04/09 14:19分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: 復活祭とバトンタッチ 

いままで色々なお話を読ませていただきました。楽しかったり、思わず涙したり、心にぐさりとくる言葉もたくさんたくさんありました。

もう少し真剣に自分と向き合おうと思ったのも、瑚月さんの言葉があったからです。ありがとうございます。
今はまだ見たくない部分に目を反らしがちですが、少しずつでも前進できるように頑張ります。

しばらくブログが読めなくなってしまうのはさびしいですが、いつかまたお会いできる日を楽しみに待ってます。

お疲れ様でした。そしてありがとうございました。
  • posted by やち 
  • URL 
  • 2012.04/09 23:16分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: 復活祭とバトンタッチ 

こんばんは。
お彼岸と、清明の日のヒーリングでお世話になりましたガラと申します。
この記事で瑚月さんの魂の軌跡のお話を読んで、なんだかとても感動してしまったので今更ながら清明の日のヒーリングの感想も含めてコメントさせて頂きます。

今回の記事の中での「幸せになっちゃいけない」のトラップは、多くの人の中にもあるものですよね…。
私もちょうどお彼岸のヒーリングから清明の日のヒーリングの間で自分の中のこのトラップに気付いた所でした。
きっと瑚月さんはこれを自分の事として捉えながらも、同時に多くの人の解決にも繋がる取り組み方をされたんだろうなぁ、すごいなぁ。と思いました。
私はと言えば、清明の日のヒーリング受け取り時には猫がお腹の上に来てしまって体感としてはよく判らなかったのですが、2つのヒーリングの印象として、受け取って心地よくなるだけでなく、その翌日〜数日で物事が動く、自分がちょっと変わる。感じでした。
色々な事が重なっての変化のタイミングだったのかな、とも思いますが、お彼岸の時のヒーリングで「信頼」→「本質的に生きるとは?」のテーマが見え、次のヒーリングの数日後には「心構え」について一段階上がったというか、今まで気付けていなかった不要なものが1つ外れた感じでした。
これで時期的にも停滞していたものも動き始めるかな?と思っていたのですが、まだ何か気付くべき事があるらしく…。
今日の夕方、やっと具体性を持って「そうか!私は本当はこういう事を実現させて行きたいんだ!」と意思や意図が定まってきた感じでした。
それは「信頼」と「本質的に」としっかり関係ありそうな思いつきで。
実現させたい!
多分、こうして瑚月さんに報告する事で決意を固めてるんだと思います。
その為にこんなに長々と書いてしまってすみません。
とても内容の濃い、充実したヒーリングをどうもありがとうございました!!
お疲れ様でした。
そしてお帰りをお待ちしております。

それでは。

  • posted by ガラ 
  • URL 
  • 2012.04/09 23:48分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: 復活祭とバトンタッチ 

今まで本当にありがとうございました。
おかげ様で、大きな気づきを得たり、ハイヤーさんとの絆が深まったように思います。

すべては、瑚月さんの望むままに…。
助けが必要なときは、もちろん普段のつぶやきも、いつでもツイッターでつぶやいてくださいね。
(って石垣島の件も、お役に立ててないかもしれませんが・汗)

いってらっしゃいませ♪
  • posted by ももんが 
  • URL 
  • 2012.04/10 07:28分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: 復活祭とバトンタッチ 

長年ひっそりブログを拝見させていただいていました。
たくさんの感動と笑いをいただきました。
第二章を気長に、楽しみにまっています。
どうぞ無理などなさらぬように、ご自愛ください。
ありがとうございました。
  • posted by kuro583 
  • URL 
  • 2012.04/12 19:20分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

私も、こじゃれた事は書けないが…

瑚月さんの表現、好きです


  • posted by あけみ 
  • URL 
  • 2012.04/12 23:48分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: 復活祭とバトンタッチ 

成長のために、砕け散る体験をされる方もいらっしゃるんですね~。
それを回収する方も、回収するカリキュラムもあるってのは凄いよ。
そうなると、粉々に砕け散った破片さえも再生する方法があるって事ですよね。
破片の回収も再生もまず不可能だと思ってたから、ドキリとしました。

ハートが開けば、ハイヤーと繋がる!?
となると、ハートが閉じてれば、繋がりにくいって事かな。
軽い失望感があるよ(笑)。

それとも、ハートが開くと加速するから、結果的にハイヤーと一体化が促進されるのでしょうか?
  • posted by エリオン 
  • URL 
  • 2012.04/14 03:33分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: 復活祭とバトンタッチ 

一区切りが終了とのこと、お疲れ様でした。
多分2007年の終わりごろから拝見させていただいていましたが、その間数回しかコメントしていませんでした。<m(__)m> 瑚月さんの説明で確認できることが多々有り、有り難く思っています。

瑚月さんの魂の旅路と共に、多くの人たちも数年前とは違う自分を見つける旅へと出発し、地球上(だけではなさそうですが)の全てのものが大きな変遷を体験しているのが、誰にでも感じられるほどになってきました。終わりであると共に始まりのこの時代を力強く歩みたいと思っています。

第二章も楽しみにしています。お身体どうぞご自愛くださいね。

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

プロフィール

瑚月 kogetu

Author:瑚月 kogetu
本職>某病院異端リハビリスト。
特技>体を含めものの声を聴く
焼き肉や鍋の時に同僚に重宝される特技でもある)。

東洋系治療と自然農法に興味あり。
『美しく生きる』を考えたい人。

ブログの中の私が体験した白日夢の奇譚は、患者様の特定を防ぐために整体師・耳視師という設定の中で「月櫻(つきお)」さんに小説:白日夢奇譚という形で語って頂いております。
飽くまで本職は病院勤務で整体院は営んでおりません。
ご了承下さい。



お手紙は こちら か、一番上のメールフォームからお願い致しますw。

counter

Archives&Category

 

淡々と百人一首

    右サイドメニュー

    検索フォーム

    QRコード

    QR

    ブロとも申請フォーム

    時節