Voiceless world ー魂魄白日夢奇譚ー

Voiceless world of the voice to you 声無きものの聲をあなたに。      人の不思議(魄)と白日夢の如き奇譚(魂)の物語

Entries

建部神社part2→田村神社

巷ではインフルエンザとノロウィルスが流行っておりますが皆様体調は以下かでしょうか?


体調を崩すと・・・とっても辛いのですが、反面
「健康って本当に有難いなぁ・・・」と心から感じます。


今年の汚れ今年のうちに・・・
お掃除はもちろんですが、時にはほっとする時間を持って・・・
今年の「疲れ」も「今年のうちに」綺麗にして新年を迎えたいものです。


さて・・・ご神木のお写真を撮った後、建部大社に参拝

今回、お呼びがかかったと思われる
御祭神 ヤマトタケルノミコトにご挨拶を致しました。


個人個人色々な方法があると思いますが、
兎☆月は昔っから「三顧の契」?を行ってます

なんてことない、三回お呼びして、三回お返事を貰えたらお話する
ってだけです(笑)


そのうち、「神霊界では3回嘘はつけないという法則がある」と何処かで見まして
まんざら、無意味でもなかったなぁと思ってます
(けど、本当に強い霊は、此方も真意を込めて尋ねないと「曖昧さ」を盾に嘘をついてきますので、そこはご注意めされい・・・です^^;)


んで・・・

ヤマトタケルノミコト・・・返事
ヤマトタケルノミコト・・・返事
ヤマトタケルノミコト・・・返事

で、こちらの名を申し上げ、3回返事をいただければ
~お話相手としてラインが引かれたとしてます~

我、玉依なり・・返事 ×3回
ご了承頂きました

んで、ご用件を・・・と思ったとたんΣ( ̄□ ̄;)
来たのは凄い、重い、暗い想い・・・


悲しい
憤り

の想い
癒しを求める「緑」の感じ


境内はしっかりした御神気?寝ている訳ではない?
なぜ???

守護神天さん(アマテラスオオミカミと同族の波動を持つ兎☆月の守護神さん)にもご協力頂いて
出来るだけの・・・浄化?って言葉は・・・なんか変で・・・
お礼?


貴方のこれまでの尊い業績を心から感謝しお讃え申し上げます・・・
と・・・
ひたすらお礼を申し上げました


暫くして、静まった御神気に、
「今から田村神社に参りますが、一緒にこられますか?」とお尋ね致しました。


田村神社は征夷大将軍・坂上田村麻呂公を主祭神として、
嵯峨天皇および倭姫命(やまとひめのみこと)をお祭りしております。


倭姫はヤマトタケルノミコトの叔母にあたり草薙の剣を渡した方とされていますが
一説には「妻」という説もあります

(草薙の剣を渡したのも違う姫という説もあります。日本神話も古事記・日本書紀等の編集の中で書き換えられている所も多々あるようです^^;)


その、倭姫が祭られている神社が建部神社の次のロード先に指定されていました


さて・・・建部大社のお返事はといいますと
「行きたい、しかし役目があるから全部はいけない」との事


ああ。。。
こんなに悲しみや憤りを胸に持たれても・・・まだ
「人」や「土地」を守ろうとして下さるんだ・・・と


胸が熱くなりました


「では、すこ~しだけ、欠片ならいかがですか?」
その時返事と共に、「入って」こられました


さて・・・田村神社へ・・
もう夕方になってました。

落ち着いて・・・
とても静かな中に何処となく優しさの感じる神社でした。


力強い建部さんとは、逆?かな


参拝・・・
田村麻呂様ではなく、倭姫をお呼びしました

3回の呼びかけにお答え3回
3回の名乗りに了承3回

「建部神社より、お連れ致しました」
すると


古代衣装の女性のイメージがすっ・・・と現れ・・・
光る御霊を大事そうに両手に受けて

胸にそっと抱き・・・

ゆっくり会釈して・・・す~~~~と上がって消えて行きました


その・・・
とても優しくて
愛しくて
大事な大事なもの



という雰囲気が、今思い出しても暖かく、じ~んと来ます。


夫婦説も本当じゃないかな(゚Д゚ )と思いました。
夫婦って・・・

何世紀経とうとも、大事に大事に相手を思える心
愛っていいな・・・・





追伸1>
ここでもご神木の写真をとりましたが、用量の都合で、トリトンさんのブログ「裏ロード日記」に後日アップさせて頂きます。お楽しみに~

追伸2>
後日・・・建部さんの憤りの理由がわかりました
実は、ここ数年?氏子さんと神職さんの仲が上手く行ってないそうで・・・
なんと、今年の春はとうとうお神輿が出なかったそうです。
夏は何とか出たみたいですが・・・

後は、あくまでも人からお聞きしたことなので判らないのですが、
神社の所有する多くの土地を巡っても、なにやらあるようで・・・


御神気としてみれば、人を含め土地に住まうもの全てのものに心を配るお神輿・・・
う~ん、違うな・・・お神輿が出ないっていうより。。。
皆の心が合わないという方が・・・きっと何よりも悲しく・・・そして
和合するための祭りの真意を理解してもらえない
御神気を私欲に利用するなかれ

憤りを感じたのではないでしょうか
それでも・・・


「お役があるから・・・」と・・・貴方様方は・・・本当に・・・
もう、ただひたすらお礼申し上げるしか出来ませんでした。


関連記事
スポンサーサイト

Comment

ありがとうございます 

なんだか、とてもとても大きな寂しさを感じます。
ヤマトタケルノミコトは、お父さんに無理難題を言われてたくさん苦労された方ですが
でもお父さんのことがずっと大好きだったんだろうな・・・と説話を読むたびに感じます。
とてもとても強くて優しい男の人(神様ですけど)ですよね。
小さいころから大好きな神様でした。

どうぞ、あなた様の「大好き」が暖かく報われますように・・・。
あなた様に「大好き」が暖かく降りそそぎますように・・・。

この場をお借りして、心よりお祈り申し上げます。


なんだか書かずにいられず、つい書いてしまいました。。。
兎☆月さん、すみません(^^;
  • posted by さつきのひかり 
  • URL 
  • 2007.12/20 18:55分 
  • [Edit]
  • [Res]

さつきのひかりさん 

>とてもとても強くて優しい男の人(神様ですけど)ですよね。

私も大きさを感じました

>どうぞ、あなた様の「大好き」が暖かく報われますように・・・。
>あなた様に「大好き」が暖かく降りそそぎますように・・・。

さつきのひかりさんに、そう思って頂いて・・・きっと、届いていると思います。
コメントに書いて頂いて嬉しかったです。
「書く」って、
書こうって思い浮かんで・・

思おう→思うで
書こう→書く
目で見る→確認する
で形6回、心の働きを起すそうです。
それゆえに、ただ思うより・・・強いそうです。

書いていただいて・・・本当に嬉しく思います。有り難うございました。
心からお礼申し上げます
  • posted by 兎☆月 
  • URL 
  • 2007.12/20 19:04分 
  • [Edit]
  • [Res]

アレですよね・・・ 

自分が大切に思っている存在同士が、いがみ合っているさまを見るのは・・とてもお辛い事と思います。

どうか、仲良く。

土地については・・・人が勝手に所有権を作ってしまっているだけで、基本的には人間のものではない事を
忘れちゃっているのかもしれませんね。

この地球はいったい誰の「所有か」なんて
狭いものの見方はそろそろやめるときかもしれませんね。
  • posted by あかつき 
  • URL 
  • 2007.12/20 20:17分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re:建部神社part2→田村神社 

ヤマトタケルノミコトも倭姫命も、しっかりと場の守護をしているのに、氏子の方達のほうが理由をつけて、祭りを止める方にいっているみたいですね。読んでて、そう感じました。
  • posted by 笑い猫 
  • URL 
  • 2007.12/20 21:27分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re:建部神社part2→田村神社 

建部…なんだか母校のOBがいらっしゃいそうな予感がw
ぶっちゃけアレな話が仲間内から回って来ることがたまにありますけど、建部さんそんなことになってたのか。
いやもう、業界の末端のその下にいた者としては情けない話です。人間同士のいざこざでちゃんとお祭りが出来ないなんて、一番あっちゃいけない事ですよ。気の短い神様なら祟ってもおかしくないぞw
「お祭りは神様のために行われてるが、それが回り回って地域や人間達のためになってる」って事に気付いて欲しいものです。いい方向に向かって欲しい。
しかし倭建さんはお優しいなあ。
記の「悲劇の英雄」も紀の「父帝に『神に遣わされた子』と呼ばれ、薨去時は父号泣」もどっちも好きなんですが、好感度さらに上がりました。わがままな人間に付き合ってくれてありがとう皇子様。
あと、倭姫命といったら、伊勢の母校のそばにお鎮まりだから他人のような気がしない(笑)
姫様、膝下で安らいでた者が迷惑掛けてごめんね(´・ω・`)
  • posted by 真田 光 
  • URL 
  • 2007.12/22 02:30分 
  • [Edit]
  • [Res]

あかつきさん 

>どうか、仲良く。

うんうん。・゚・(ノД`)・゚・

>土地については・・・基本的には人間のものではない事を>忘れちゃっているのかもしれませんね。

本当ですね。
動物、植物、・・・空、大地、海、川・・・それらみんなと住まわせて貰っている(それでも地球は、住まわせてやっているとは思わないですが・・・優しいね・・・)って・・・いつの頃からか忘れてしまっているんですね。
だからこそ・・・、彼らが優しく私達と共に生きていてくれる事を伝えあって行けたらいいですね

  • posted by 兎☆月 
  • URL 
  • 2007.12/23 01:07分 
  • [Edit]
  • [Res]

笑い猫さん 

人の思いや想念って、本当に強いですよね。
何がいいのかそうじゃないのか・・・だけでなく、
誰にとって大切なのかとか・・・(結局自分に返るんでしょうが)。
どうか来春は、祭りの真意の一つである「協調・感謝」の祭りが出来るように・・・祈るものです
  • posted by 兎☆月 
  • URL 
  • 2007.12/23 01:11分 
  • [Edit]
  • [Res]

真田 光さん 

>建部…なんだか母校のOBがいらっしゃいそうな予感がw

Σ( ̄□ ̄;)
兎☆月、宮司のお一人に会いました。眼差しが・・・鋭い?きつめのお方^^;

>いやもう、業界の末端のその下にいた者としては情けない話です。人間同士のいざこざでちゃんとお祭りが出来ないなんて、一番あっちゃいけない事ですよ。気の短い神様なら祟ってもおかしくないぞw

もと神職の真田さんから、お聞きすると・・・
いっそう考えますです。

>「お祭りは神様のために行われてるが、それが回り回って地域や人間達のためになってる」って事に気付いて欲しいものです。いい方向に向かって欲しい。

ううっ、「そうそう=me too」です。

>しかし倭建さんはお優しいなあ。
>記の「悲劇の英雄」も紀の「父帝に『神に遣わされた子』と呼ばれ、薨去時は父号泣」もどっちも好きなんですが、好感度さらに上がりました。わがままな人間に付き合ってくれてありがとう皇子様。>

(゚Д゚ )さすが博識。


>あと、倭姫命といったら、伊勢の母校のそばにお鎮まりだから他人のような気がしない(笑)
>姫様、膝下で安らいでた者が迷惑掛けてごめんね(´・ω・`)

真田さんの、優しい言葉はきっと届くと思います。
本当にお優しい方でしたから。
  • posted by 兎☆月 
  • URL 
  • 2007.12/23 01:18分 
  • [Edit]
  • [Res]

追伸 

そういえば、建部さんの写真
ロード当日より、いい感じに変わってます。
(トリトンさんの日記参照)
これも皆さまのお陰でしょうか?
本当にありがとうございます

この、優しき想いが・・・世を満たしますことを心から祈っています

有り難うございました
  • posted by 兎☆月 
  • URL 
  • 2007.12/23 01:19分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

プロフィール

瑚月 kogetu

Author:瑚月 kogetu
本職>某病院異端リハビリスト。
特技>体を含めものの声を聴く
焼き肉や鍋の時に同僚に重宝される特技でもある)。

東洋系治療と自然農法に興味あり。
『美しく生きる』を考えたい人。

ブログの中の私が体験した白日夢の奇譚は、患者様の特定を防ぐために整体師・耳視師という設定の中で「月櫻(つきお)」さんに小説:白日夢奇譚という形で語って頂いております。
飽くまで本職は病院勤務で整体院は営んでおりません。
ご了承下さい。



お手紙は こちら か、一番上のメールフォームからお願い致しますw。

counter

Archives&Category

 

淡々と百人一首

    右サイドメニュー

    検索フォーム

    QRコード

    QR

    ブロとも申請フォーム

    時節