Voiceless world ー魂魄白日夢奇譚ー

Voiceless world of the voice to you 声無きものの聲をあなたに。      人の不思議(魄)と白日夢の如き奇譚(魂)の物語

Entries

飛鳥寺~飛鳥仕事しまくり紀1

「石舞台みたいのよ」という叔母の言葉で、しぶしぶながら飛鳥へ向かったのは10月の9日。三連休の中日でした。


なぜ「しぶしぶ」かというと、
『飛鳥は重い』という印象ががっつりとあったため。



まだ、ものの声なんか聞こえない時に一回飛鳥を訪れた事があるのですが、
その古代原始エネルギーというか、男性エネルギーというか、
性エネルギー(子宝=豊穣って書くと悪くないのですが…)。
とにかく、ずっしり重たい印象に疲れ果てたという事がありました。



と言いながら、そのあと1回飛鳥周辺は訪れていました。



その時もやはり叔母と一緒で、飛鳥のちょっと外れにある「飛鳥寺」へ行きました。
ここのご本尊の釈迦如来像(飛鳥大仏)は補修が甚だしいとはいえ飛鳥時代と同じ場所に安置されているとのこと。


何か守られているのかな?と思ってみていると…。
本尊の真下、地下の方に巻物が見える。



時代から言えば仏教の巻物だろうけど、
単に巻物ってだけじゃないな?と更に見ると…。



その下に何かゲートの後のようなものがありました。


シャンバラ


という言葉が浮かんできたのですが、
どうも、古代、ここは何処かへのルートがあったようです。


飛鳥時代にそこを使用していたのかどうかは分かりませんが、
巻物で結界をはり、その上に本尊を置くという二重結界をはったまま、
現在に至ったような雰囲気でした。



ちなみに、飛鳥寺が立つ前はここは
「飛鳥の真神原(まかみのはら)」という地名だったそうだ。





そして今回目標に行った石舞台は、
その飛鳥寺を立てた「蘇我馬子」の墓なのでした。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良県情報へ
にほんブログ村
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Re:飛鳥寺~飛鳥仕事しまくり紀1(11/05) 

飛鳥、大好きです♪
続きがたのしみ~。
  • posted by ちよ 
  • URL 
  • 2011.11/06 00:23分 
  • [Edit]
  • [Res]

ちよさん 

ありがとうございますw。やっと書けました。2時間かかるって、どんだけ手が遅いんですかって感じですよ…orz。
  • posted by 瑚☆月 
  • URL 
  • 2011.11/07 23:44分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re:飛鳥寺~飛鳥仕事しまくり紀1(11/05) 

飛鳥(とその近辺)って、一種独特な雰囲気が在りますよね。
土地の影響なのか、歴史(営み)の蓄積のせいなのか、味わい深いものを感じます。

太子様の縁の地ですから、惹かれてはいるのですが。
といいつつ、ずっと敬遠してた(笑)。
  • posted by エリオン 
  • URL 
  • 2011.11/08 02:29分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

プロフィール

瑚月 kogetu

Author:瑚月 kogetu
本職>某病院異端リハビリスト。
特技>体を含めものの声を聴く
焼き肉や鍋の時に同僚に重宝される特技でもある)。

東洋系治療と自然農法に興味あり。
『美しく生きる』を考えたい人。

ブログの中の私が体験した白日夢の奇譚は、患者様の特定を防ぐために整体師・耳視師という設定の中で「月櫻(つきお)」さんに小説:白日夢奇譚という形で語って頂いております。
飽くまで本職は病院勤務で整体院は営んでおりません。
ご了承下さい。



お手紙は こちら か、一番上のメールフォームからお願い致しますw。

counter

Archives&Category

 

淡々と百人一首

    右サイドメニュー

    検索フォーム

    QRコード

    QR

    ブロとも申請フォーム

    時節