Voiceless world ー魂魄白日夢奇譚ー

Voiceless world of the voice to you 声無きものの聲をあなたに。      人の不思議(魄)と白日夢の如き奇譚(魂)の物語

Entries

23日滋賀県 白髭神社の前に・・・10月20日

滋賀県 白髭神社

近江の国、最古の神社
最初に訪れたのは、10月20日でした。


実は関東利☆ロードが終わってから、2社目の神社☆エール要請でした


その前日は大雨
開けたその翌日は、大気のゴミが全て洗い流されたかのように澄み渡る空
凛とした空気
輝く琵琶湖


長らく琵琶湖周辺に住んでおられる4440さんも
「凄いな~」とおっしゃるほどの「美しさ」


この白髭神社

琵琶湖の中に鳥居があります。
そう、厳島神社のように

しかし、厳島神社と違う所は、その参道が、国道で寸断されているということ。


以前から、湖面に立つ、この神社が非常に気になりながら・・・
アクセスの悪さに、中々いけず、又、しいて無理してまで行きたいという気にもならず
この神社の存在を知った時から2ヶ月以上がたちました。


そんなある日


このブログ第1話の鞭嵜神社に兎☆月を誘って下さったEさん改め4440さんに
ひょうんな事から

「白髭さん行きたいな~」
「お、デートしようか?」

注)4440さんには、とても働き者の素敵な奥様がいらっしゃいま~す。
以前兎☆月もお逢いして、しこたま家庭の味をお土産に頂きました(笑)


気さくな4440さん
「え?いいんですか?」で


行くことになっちゃいました。


さて・・・
行くとなると、不思議なもので。
いろんな方から白髭神社の情報が入ってきました


昔の湖賊が住んでいた地域で、その湖賊が裏切って長浜の浅井家が滅びた・・・とか
琵琶湖は北湖と南湖に別れています。白髭さんがあるのは北湖
その北湖はすり鉢状になっていて、急に深くなるのですが

白髭さんの所だけは、何故か遠浅になっている
又、すり鉢状になっているので、北湖だけは湖なのに「波」が起きる。とか




神社のHPには載っていない地元情報が次々と入ってきました。



特に・・・長浜浅井家
後で、思いがけない事で、兎☆月の脳裏に浮かび上がるのです。のえ~^^;


しかも
行く約束をしていた数日前に、4440さんに事件が起きました。
約束していた日が、毎年行っている他県の神社のドブロク祭りの日とブッキング。

「ごめん、日を変えて」と断りのメールが入っていたかと思うと・・・
その数時間後に
「足の親指の骨を折ったから行けることになりました」というメールが入ってきました。


は?


足の親指の骨?????
Σ( ̄□ ̄;)安静にしなあかんやん!!!!!


って・・・・

足に添え木(木じゃないんですけどね)と包帯を巻いて4440さん登場
結局、車に乗せてもらって世程通り日に、白髭神社に参拝する事になりました(゚Д゚ )

付け加えるなら・・・
4440さんの負傷は、大きな枕木(線路の下に敷いている木)を足の真上に落とした為
医師曰く、「きれいに」親指の一箇所だけ折れていました。

「よく、親指だけですんだな~」って感じだったそうです



そこまでして、その日にいかなあかんかったのでしょうか????
その節は、大変申し訳ありませんでした。
それにしても上は、なんでもやるな~(゚Д゚ )と、心底思った兎☆月でした


この日の続きは以前他の日記に書いたのですが・・
行く前に、

何しに行くんだろう??と思った時

ああ・・・


「琵琶湖の水で寸断された道を繋がなければ」という思いがわいていました


当日は、空の2リットルのペットボトル2本と500ml一本を持っていきました。


けど・・・

何処まで結ぶんだろう?
ま、行けば判るか~~

行って、感じたのは、「本殿・拝殿」には主がいない
そこは、「露払い」の様なもので、人の念や色々な物を食い止めている所


重要なのは・・・


その裏の山にある
「岩戸社 境内の一番上手にある石室(古墳)の前に社を建て、天の岩戸として奉祀。」
した場所でした


次元の扉という感じがしました。


そこに語り掛け・・・
さて?何を語ろう????と思って浮かんで来たのが



「光に必要なものを通し、帰るべきものを返すように」
でした。


ああ、この用事は『天岩戸』=次元の扉の調整が用事だったんだと思いました。
そして、隣のピラミッド状の岩(磐座?)に門番になって頂くこと


さて、どうしよう?


全てこう(笑)
事前に判って行動することがないです。
さて、行って、祈って・・・

「んで、なんで呼ばれたんでしょ???」ってお尋ねする事から始まる


究極の「出たとこ勝負」の兎☆月です。
ま、だからワクワクで楽しいんですけど
今回のロードもまさにそうだったです。

謎解きしてるみたいで面白~~~


あ、話がそれた



んで、いつもの如く、思いついたままに行動しました。
琵琶湖の水を使いました。

最初は、水が汲めませんでした。
ふと
「ああ、ちゃんとお役目を言わなくちゃ駄目だ」と気がつき・・・

「みちひきのみず。みずみちてみちをひらかん」と湖から水を汲むと・・・
どんどんペットボトルに水が入り込んできました。


その水で、国道で分断された鳥居と、奥山の岩戸を結びました。
結んで。。。かえる時に


突然、突風が吹き

森の木々が大きくざわめき
ば~~~~~っと木の葉が宙に舞い上がったかと思うと、
次の瞬間、岩戸に向かって突風と共に突進していきました。
30秒くらいでしたでしょうか。
立っているのが辛いくらいの風でした。


同伴していた4440が凄くびっくりしてました
「スーパーカミオカンデみたいだ・・・」と


そんな事をしたのが10月20日でした~~~


今回は別の用事でした。
さて、続きは又でございます(* ^ー゚) b


ではでは
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

プロフィール

瑚月 kogetu

Author:瑚月 kogetu
本職>某病院異端リハビリスト。
特技>体を含めものの声を聴く
焼き肉や鍋の時に同僚に重宝される特技でもある)。

東洋系治療と自然農法に興味あり。
『美しく生きる』を考えたい人。

ブログの中の私が体験した白日夢の奇譚は、患者様の特定を防ぐために整体師・耳視師という設定の中で「月櫻(つきお)」さんに小説:白日夢奇譚という形で語って頂いております。
飽くまで本職は病院勤務で整体院は営んでおりません。
ご了承下さい。



お手紙は こちら か、一番上のメールフォームからお願い致しますw。

counter

Archives&Category

 

淡々と百人一首

    右サイドメニュー

    検索フォーム

    QRコード

    QR

    ブロとも申請フォーム

    時節