Voiceless world ー魂魄白日夢奇譚ー

Voiceless world of the voice to you 声無きものの聲をあなたに。      人の不思議(魄)と白日夢の如き奇譚(魂)の物語

Entries

仏の対価【薬師寺】古代の神6~小説:~小説:奈良白日夢奇譚

願いをかなえる事への対価。


それは仏教で説いている仏の教えの数々の実践であったりする。
が、別に仏教徒でなくてもOKだ。


戸籍(宗教の違い)の違い、無国籍(無宗教)も関係ない。



◆人の心が温かくなる事。
いや、人のみならず、生きるもの、生きていないもの(あくまでも生物学的)、
見えるもの、見えないものに関わらず、情けの心をもち、実践する事。



◆感謝する事。
モノを大事にすること。
人を大事にすること。
己を大事にすること。



◆後一つ…。
これは申請を出した人により異なる。


上の2つは代表的な事だが、だからといってどうしても万人に適応した事ではない。
ちょっと違う人の為にこの三つ目の項目があるようだ。

例えば、「しなくちゃいけない」と逆に心を縛り過ぎる者。
それはそれで実は怖い事である。


水にぷっかりと水に浮くには力を入れたり、
「○○しなくちゃいけない」と手足を動かすと逆に浮かぶ事が出来ない。



力を抜きる途中で顔にかかる水への恐怖に勝って、
水と一体になるまかせ心になれてこそ、
ぽっかりと浮かべて青い空を思う存分見る事が出来きるだろう。



怒ってはいけない、
嘘をついてはいけない、
○○は身体に悪いから食べてはいけない、
いい事だからこうすべき。
いい事なのにこう出来ない私は悪い者だ。


エトセトラ
エトセトラ…。


そんな固い心は良き事を行い事を目指しながら、
人や己自身をさばいてしまうかもしれない。





もし心配なら、一回海にでも行って浮かんでみたらどうだろう。
身体は心を表す。

どうしても力が抜けぬ処、
己の心の何処かに通じるかもしれない。


もしかしたらガチガチになっている処に気が付けるかもしれぬよ…。



ちと脱線したが、
そういう訳で三番目はフリー枠というか、
その人にあった課題が来るようだ。




それらが「願いをかなえる為の仏への対価」である。




大きな事を頼めば、
それなりの対価が溜まるまで実践するしかない。



もし即座にかなったとしたら、
今までの人生かもしくは過去生で納めた量が見合っていたのだろう。



ある種、非常に合理的でシステマチックな面がある。




また、各市町村により市政が違うように、
仏像によっても出来る事に差があったりする。



作ろうと思いったった(発願した)者の心も影響する。
作りだした仏師の心も影響する。
安置された寺の僧侶たちの心も影響する。
そして参る信者や民によっても影響する。



ちなみに、大講堂の阿弥陀殿は各課に転勤転勤で、
薬師の冠を頂いたり、弥勒の冠を頂いたりしているので結構技が多彩である。




身体の浄化を願う。
スイッチが入ったように、ざ~っと抜けていく。



******************************



仏像という「形」から「形なき存在」を見出し、
その存在に意味を作り上げる。




もちろん、仏界からの承認もあるが、
木片が仏に姿を変え、そして真に「仏界の端末」として機能出来る存在になれるにはそれなりの「心」が必要なのだ。



しかし…、
それでも心と思いから「端末」を作り上げる「人」と言う物は本当に凄いな…。




麗珊に「市役所」の意味を語りながら、月櫻はそう思った時。



その時、こんな言葉が聞こえてきた。

******************************

実(げ)に強きは人心(ひとごころ)、
そは人の中に神あるゆえ。
人それに気付かず。
故に、形つくり「祈り方」を教える。
心のつくし方、教える。
心をむける方向を示唆する。

形である、仏に拝む姿のその奥は、
己の神に語るなり。

「行いすべき」その奥は、
己が神をば起こす事なり。

*******************************



なるほど…。


どうやって自分の中の神を見つけ出していいか判らない我々に、
手順や見本を見せてくれているのか。



瞑想が苦手な者は、
形あるものに祈るもいい。

それは目標と方向の手助けをしているから。



人導きし神の思いの一片。
耳視師月櫻、確かに伝えし候。

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村←心優しき方々に感謝です。お手数かけて申し訳ありませんが良かったら押して頂けると続きを書く意欲になりまする。

関連記事
スポンサーサイト

Comment

Re:仏の対価【薬師寺】古代の神6~小説:~小説:奈良白日夢奇譚(08/05) 

こうしなくちゃいけない、ああしなくちゃいけない・・・って、前は自分を縛り付けてましたねぇ。。。
他人にも、多少なりとも、そういう風に思ってたかもしれないな。
最近やっと、まったり生きようって感じになりましたw
まったりがいいのかどうか、分からないけど(笑)

神社はあちこち回りましたが、自発的に行くお寺は、決まった二ヶ所だけなんです・・・
地元の大好きなお寺は、山ヒルがすごくて、夏場は避けてますonz
秋になったら行ってきますw
  • posted by 雪野 
  • URL 
  • 2011.08/06 00:07分 
  • [Edit]
  • [Res]

雪野さん 

今は良いですねw。
私も昔そうでした。で、何かあると自分が悪いんだと。
けどこれも度が過ぎると、風邪をひく事も「罰せられている」「悪い人の証」の様な恐怖心にさいなまれて、おちおち熱も出せませんでした。今ではそうじゃないよね~って思えますw。いや、楽ですよねw。
山蛭が居ると言う事は結構山なんですね。秋の楽しみがあっていいですねw
  • posted by 瑚☆月 
  • URL 
  • 2011.08/07 01:08分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

プロフィール

瑚月 kogetu

Author:瑚月 kogetu
本職>某病院異端リハビリスト。
特技>体を含めものの声を聴く
焼き肉や鍋の時に同僚に重宝される特技でもある)。

東洋系治療と自然農法に興味あり。
『美しく生きる』を考えたい人。

ブログの中の私が体験した白日夢の奇譚は、患者様の特定を防ぐために整体師・耳視師という設定の中で「月櫻(つきお)」さんに小説:白日夢奇譚という形で語って頂いております。
飽くまで本職は病院勤務で整体院は営んでおりません。
ご了承下さい。



お手紙は こちら か、一番上のメールフォームからお願い致しますw。

counter

Archives&Category

 

淡々と百人一首

    右サイドメニュー

    検索フォーム

    QRコード

    QR

    ブロとも申請フォーム

    時節