Voiceless world ー魂魄白日夢奇譚ー

Voiceless world of the voice to you 声無きものの聲をあなたに。      人の不思議(魄)と白日夢の如き奇譚(魂)の物語

Entries

九重の扉、心のままに【天河大弁財天社2】~小説:奈良白日夢

耳視師の名を師匠から賜ったとはいえ、
「絶対正しい」という言葉はないと思う。



その為に、仲間どうしで確認をしあったり、
己だけで成しているなどという心を戒めるなど、
「暴走」しないようなセーフティーは何重かにかけている。




しかし、究極、全ては「自分のフィルターで見聞きした事」に過ぎない。




雲の形が変わったとか
印あっても、
自分のフィルターで見ている事には変わりない…。



だからこそ、
気をつけなければならない事が多々あるのだ。



九重の重ね重ねた垣根の様な扉を作りだしたもの…、
確かに何万人と訪れたヒーラーや宗教家の中には、
間違った者もいたのかもしれない。


弁財天を商売繁盛の神として信奉している方々もいる。
パワースポットとして幸運を求めに来たものも多々居ただろう。


いや…、


宗教家よりも、パワースポットを求める人たちよりも、
遥かに古来より奉納し続けてきた音楽家達の心だったのかもしれない。



富を求める気持ち、
人より幸せになりたいという気持ち、
成功し、名声を得たいという気持ちが、
他の者をはねのける扉になったかもしれない。



そこまで考えて、月櫻は首を振った。
本当の正解はだれにも判らないのだ。
そう、私が行っている事も含めて。



ふと、最近みたTVドラマのワンシーンを思い出した。
「JIN~仁」というそのドラマの中で、自分の行為が未来に影響を与えるかもしれないと悩んでいた主人公が佐久間象山に叱咤された台詞。



「もしお前のやったことが神の意に沿わぬことであったら、神は容赦なくお前のやったことを取り消す。神はそれほど甘くない。ならば、救え! その心のままに救え!」



不覚にも、その台詞を聞いた途端、
滝の様に涙が頬を流れ落ちた。




心の奥底の何処かに眠っていた疑問を、
見抜かれたようであった。


そう、神はそんなに甘くないのだ。
そして、人は神の真意を測り知るには余りにも幼いのだ。



やるしかないのだ。
責任を取る覚悟で。




しかし、最善の注意と敬意を払ってだがな…。



そう、月櫻は自分の心に一区切りつけた。




しかし、




ちいさい弁財天に対しては、

大勢の参拝者に対して、特に音楽家やアーティストに対しては
『純粋に、純粋に貴方を祈る心で接すればいいのにな…』
と月櫻は思った。




神に奉納する時に、
ただただ、聞いて下るに値するかだけを心に思い。


「世のしがらみ」から離れ、

「売れる曲」
「うける音楽」
「評価される恐怖」から離れ

「会社や周囲の思惑や商業戦略」から離れ、


ただ神だけ向き合って己の音楽を奉納する。


修祓(しゅばつ)で神と人との垣根を払えば、
そこはもう神の庭。



この世を抜けて、
かの世と楽しむ。



そこにはたまには天啓も受けて帰ってくるかもしれないけど、
それはあくまでオマケ。


音って
それだけ純粋で、
神聖なんだなと…。



月櫻は思った。




「あ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~!!!」
突然の奈桜の声に、月櫻はいきなり現実に引き戻された。




「なんだ!何があったんだ!!!???」
「これ!これ見て!!!」




◆◆◆例 大 祭◆◆◆
■宵宮祭7月16日(土)
■例大祭7月17日(日)

例大祭(れいたいさい)とは、天河神社年中行事の中で最大のお祭りで、普段は見る事が出来ない、天河神社本殿に祀られている弁財天像が御開帳される貴重なイベントです。http://tenkawajinja.blog120.fc2.com/blog-entry-18.html
◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

まったく何にも考えずに選んだ日にちが、ずばりこれか???


しかも
御開帳?。


扉が開かれる日だと?


先程のドラマのセリフが再び脳裏に読みがえった。
「もしお前のやったことが神の意に沿わぬことであったら、神は容赦なくお前のやったことを取り消す。神はそれほど甘くない。ならば、救え! その心のままに救え!」



…夢でも扉、現実でも御開帳か。


けど私の場合は「救え」ではなく、
「行え」だがな。


『ならば行え!その心のままに行え!』




月櫻は深呼吸を一回すると、
のんびりとした参拝を予想している旧友に電話をかけたのであった。


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 奈良県情報へ
にほんブログ村←明日は日記をアップ出来ないと思います。すみません。けど今日は37人の心優しき方によりランキング保持が相成りましたw。ぽちを押して下さっている方がいて下さると楽しいですね←ゲンキン
関連記事
スポンサーサイト

Comment

瑚☆月サンへ 

の…のんびり参拝できたのだろぉか(゚д゚;)。
なんとなく天河神社を調べてみた。
音のイベントがあるんですね。
フルートやってた←ヘタっぴ。
神楽…神様の息抜きで楽しまれてると嬉しいです。
  • posted by ももぴぃ 
  • URL 
  • 2011.07/18 00:26分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re:九重の扉、心のままに【天河大弁財天社2】~小説:奈良白日夢 

自分のエゴから行動したらカルマが後々帰ってくるから、カルマ無しに生きるにはどうしたらいいんだろう?とある人に聞いたら
古来よりシャーマンは、「宇宙にとって最善なベスト」ということで、すべてのものに許可を得てアクセスしているそうです。
例えば、ワンドを自分で作る場合も、木の枝を折ってくるようなことはせず、
出来れば、落雷が起きた後に、落雷によって折れて落ちた枝をさがしに行きます。
そして、折れてしまっている木片であっても、もちろん意識がありますので、「わたしのワンドとなって一緒に宇宙のために働くために、来てもらえませんか?」と許可を得るそうです。
行動がエゴかどうか不安なら全部宇宙神に一つ一つ聞きながらやるといいのかな。ペンデュラムとかで
人間ってお金に対するエゴや恐れから死んでもお金に執着してる場合(中国とか死んでもお金が必要と考えられてて、お葬式でよくお金も一緒に燃やす習慣がありますよね?)、幽玄界でもお金のやり取りをしてる囚われ領域をさ迷う羽目になるんで、つくづく自分のエゴからの創造性の力は使いたくたくないなと思いました。死後の世界なんてそれこそ想念の世界だし。天国も地獄も自分次第。5次元以上の世界も想念が現実化した世界ですもんね
うちも宮島が対岸にあるんでパワスポを訪れてワークしてくださるヒーラーの方達に一人一人がミクロの神様なのだから、創造力を使う方向性には責任が伴うって事を重々注意してほしいなと感じました
  • posted by マッキー 
  • URL 
  • 2011.07/18 09:18分 
  • [Edit]
  • [Res]

ありがとう、瑚月さん♪ 

ついさっき、少し悩んでいたことを行いました^^

>「もしお前のやったことが神の意に沿わぬことであったら、神は容赦なくお前のやったことを取り消す。
>神はそれほど甘くない。ならば、救え! その心のままに救え!」

昨日も読ませて頂いていましたが、
いま、またここを読んで、勇気付けられました!!
心のままに行いました~♪
ありがとうございました^^ ぽちっとな☆
 
  • posted by ルンルン 
  • URL 
  • 2011.07/19 09:33分 
  • [Edit]
  • [Res]

お返事 

◆ももぴぃさん
すごい人でしたよ。色々な意味で…でした←
長い一日でしたわ。

◆マッキ―さん
難しい問題ですね。
一つ一つ尋ねるのも又、色々な見方があるというか…。
宇宙神を自分の外で求めるか、自分自身の中でも求めるかという事もありますし、人によっては全部尋ねて行う事で独り立ち出来ない依存に陥る場合もあります(これは私自身の体験でもあります)。
エゴかエゴで無いか…視る角度や、受け取る人によっても変わります。これもその人その人ですね。
マッキ―さんがその言葉を聞いて心に染みたのですあれば、その時(または今の)マッキ―さんに必要な言葉だったのだと思います。また小説でなんぞ書きますが世の中は例えば「光が良くて闇が悪い」という様な勧善懲悪ではすまない複雑さがあると感じている今日この頃です。

◆ルンルンさん
悩むほど考えてけど「行う方がいい」と思った事でしたら、
やる事によって学びがあると思います。
万が一…でも、失敗しながら学ぶ方が身につく事もありますし、悩んで「自分で決断」する尊さで行った事がいい結果になれば、それはいいフィードバックとして心の糧になるでしょう。成功も喜びも失敗も後悔も「後でどう受け取るか」「どう行動するか」が大切な学びのチャンスだと思います。
とにかく、停滞が一番悪い感じがします。
一歩踏み出された事に拍手を。
で、ぽちっとありがとうございますですw
  • posted by 瑚☆月 
  • URL 
  • 2011.07/19 23:02分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

プロフィール

瑚月 kogetu

Author:瑚月 kogetu
本職>某病院異端リハビリスト。
特技>体を含めものの声を聴く
焼き肉や鍋の時に同僚に重宝される特技でもある)。

東洋系治療と自然農法に興味あり。
『美しく生きる』を考えたい人。

ブログの中の私が体験した白日夢の奇譚は、患者様の特定を防ぐために整体師・耳視師という設定の中で「月櫻(つきお)」さんに小説:白日夢奇譚という形で語って頂いております。
飽くまで本職は病院勤務で整体院は営んでおりません。
ご了承下さい。



お手紙は こちら か、一番上のメールフォームからお願い致しますw。

counter

Archives&Category

 

淡々と百人一首

    右サイドメニュー

    検索フォーム

    QRコード

    QR

    ブロとも申請フォーム

    時節