Voiceless world ー魂魄白日夢奇譚ー

Voiceless world of the voice to you 声無きものの聲をあなたに。      人の不思議(魄)と白日夢の如き奇譚(魂)の物語

Entries

鎮魂の祈りの後:その1

震災から早くも2か月半ほど経とうとしていますですね…。


実は3月に行った『鎮魂の祈り』に対して、4月にブログの読者でヒーラーをやっておられるお方からこんなメッセを頂いておりました。



日記等への転載許可はとってあるので、まずは転載させて頂きます。


******************************

震災の後、「鎮魂の祈り…」に参加させて頂いてから、先週被災地の実家へ行って来ました。


家は幸いにも津波から難を逃れました。
私の稚拙な感覚で感じたことですが、いつも助けてもらっている龍さんを二人に同行をお願いして行ったのですが、上がれないで残っている方々が本当に感じられなかったのが驚きでした…今、生き抜いて心の傷を抱えている沢山のエネルギーはとても痛いのですが、上がれない方々に出逢う事がなく、瓦礫の街なのに不謹慎かもしれませんが、空間が清々しささえありました。


グリッドは途切れ途切れな感じがしましたが、かなり沢山の存在さんのお仕事も感じられました。


瓦礫の中なのに恐怖感や不安感が無いのが不思議で驚きでもありました。
私見ですので見当違いがあるかもしれませんが、とてつもないお仕事をされたんだなぁと思えましたので、ご報告しました。



気仙沼の空気は砂塵が舞っているのですが、昔からあった重い空気と重い波動が、「あったはず」だっただけに心許ない程クリアだった事に驚きました…もしかしたら迷っているだろう方々のエネルギーに遭遇するかもと、覚悟して行ったのですが、垣間見える瓦礫の隙間にも感じられなかったのが不思議で…龍さん二人に同行をお願いして行ったのですが、地のエネルギーが強い龍さんはヘロヘロでしたが、天のエネルギーが強い龍さんはそんなに消耗してなかった…今、生き抜いて心の深い傷を抱えている沢山の方々のエネルギーはとても痛い…そちらの処置でかなり消耗したんだと思えました。


私の稚拙な感覚で感じたことでお役に立てれるのでしたら、お送りしたメール、どうぞお使い下さい。


**********************************

4月に頂いたのに、なかなか記載出来る機会がなく。
心の片隅にいつも気になっておりましたが、今日、書く事が出来ました。


多分、誰かの成長の為に時が必要だったのではないかと思いますです(ねっ。笑)


>昔からあった重い空気と重い波動が、「あったはず」だっただけに心許な
>い程クリアだった事に驚きました


実は、感想の時に御書いていませんでしたが、鎮魂の祈りの最後の方に甲冑を着た方々とかも大勢上がっていかれ…。



え?何処までお送りしているの????



と、驚きながらさせて頂きました←。



けど、ここまで言うのものなぁと黙っていたら、
メッセの中にこういう内容があり…。


ついつい、「ぶっとんでますからぁ…orz」とそのままうちに秘めてしまう事も、
やっぱり「伝える」役割があるのかなぁと思いましたです。




あと大切なのは、この鎮魂の祈りですが、主催側ではないですがさつきさんも参加して下さったし、なにより鳳凰族さまのお力を大変お借りいたしました(リセンさんありがとうございますw)。


そして参加して頂いた皆さまの想いが届いた結果だと思います。
それを伝えて下さる有難いメッセでございました。



改めてお送り頂いた方と、
鎮魂の祈りに参加して頂いた方々に心からお礼申し上げたいと思います。




ここでいまさらなのですが…、
実は私は被害にあった全域を網羅出来たとは思えないのです。



私達の他に、色々な仏閣や宗教団体、ヒーラーの方々、その他もろもろの方々が被災者の鎮魂に対して祈っておられます。



多分、私達は私達の分担地域を集中的に行わせて頂いたように感じています。



それは、一つに、
『人として出来る事はやはり「限られている」』と思うからです。


これは今一つな言い方かもしれませんが、
もう少し詳しく言うと、


「一人で全部やってはいけない」とも言いえられますし
「世の中は大勢の人たちが、石垣の様に自分の分担を精一杯やって繋がって行く事で成り立っていく」とも言えると思います。



キリスト様やブッダ様の様な絶大なマスターが光臨して
人々を導く…。


そういう段階は実は過ぎ去ろうとしているような気がします。
今度は、私達みんなで行っていく段階にあるように思うのです。




教えてもらう事は、もうこの2千年余を考えても十分教えてもらった様な
気がします。
求めようと思えば、色々な書物もあります。



例えば、学校を卒業して、
社会人として働くように。



『学ぶ姿勢』と『自分で生きていく姿勢』は違ってきます。



自分を変えたい、
よりよい自分になりたい…と学び、
一昔前と比較にならない程、見えない世界にアクセスできる人も大勢いらしゃる世の中になってきました。





そして、
次の段階は




人間社会という、某書で言う処の「ゴキブリと蓮の花が一緒にいる珍しい世界」で学んだ事をどう使っていくか、ではないかと思います。
(自分の中の次に手ごわいのは、
色々な考え方や行動をしている「生きている人」との社会での交わりなのですから。)




手伝ってくれ、フォローしてくれる「先輩」や「先生」は必要ですが、
日々の日常生活という最も難関である試験用紙に答えを書けるのは「自分」しかいません。
行動するのは「自分」です。



絶大な指導者が「さぁ、こうこうしなさい」と言って、
それに従えばいい「お子様」な時代は次に転換しようとしているのではないかと思うのです。


鉛筆すててしまったら、「先輩」も「先生」も、
それこそ「絶大な指導者」助ける事は出来ません。


口を閉じられてしまったら、
だれもご飯を口に入れてあげる事が出来ない様に。


そんな「大人の時代」に入ってきているように思うのです。




けど、大切なのは「書くのは自分」だけど、
助けてくれる存在や人、ものは、かつて無い程、私たちの周りにあるという事です。




最後の決定は自分ですが、
邪魔になる物から守ってくれたり、
ヒントをくれたり、
そっと近くでよりそってくれたり

そんな見えない存在や、リアルで大事な人が一杯おられると思います。




瑚月、時々やっかいな存在に目をつけられたり送りつけられる事があります
(基本、無害な小さき生き物なのでやめてねんw)



昨晩、ある手こずるものに対して、対応できない自分にすごく焦っていましたが…。
ふと思い切って助けを呼んでみました。



いつの間にか「来たモノは自分で処理できなくちゃ」と課題の様に考えていたのですね。
いえ、お願いしてたんですがそれすら遮断される状態だったので、
自分でなんとかしなくちゃと、パラドックスに入り込んでしまってました。



その時に、私の中の何かが変わったのでしょうか、
障壁を越えて呼びかけにこたえてくれました。



そして言われた事。





『一人で成すも学び。
しかしな。
今生の学びで一番大切なのは協力し合うという事なのだよ』





そして頬笑みと共に、祓うのを手伝って下さいました。
上手く文章に出来ないのですが…



とても温かな言葉で、
ああ、そうなんだよな。


だからこの世界(3次元)は面白いんだよな…。
上に上がれば上がる程、一人になる。
(って、もっと高次な世界だから「一人」って言い方はおかしいけど)


けど、こんなに多くの存在に助けてもらえる有難さ、
友達の尊さ、
家族のありがたさ、
愛しい人の大切さ、


こんな「人間的な」「一体感」と「協力感」の喜びはないよね。


ああ、この胸にあふれる安堵感というか楽しさというか…。
これは、なんて素敵な課題なんだとうと。




だから、大切さだと思うのは先に書いたように
「石垣のように皆が出来る事を一生懸命やって助け合う事」


自分だけで生きるのではなく。
自分だけでするのではなく。
世界に一つだけの花の様に、
皆が各々の人生の中のヒーローであり、ヒロインであり、
そして他の人の人生の中の、アミーゴであり、ナイトであり、ヒーラーでになれる事(RPGかw)





それが先に述べたように『人として出来る事はやはり「限られている」』
と私が思う真相なのです。


限られてないと、他と一緒に協力してやる楽しみがなくなっちゃいますからw




さて…、そう言わけで私たちが「鎮魂の祈り」で担当した場所があったのですが…
実はその「場所」だけではなく「次元」もあったのででした。



甲冑を着ている方々も上がり…、
時代の中の「人々」が上がりゆくのを手伝った後…


ひと段落しても「まだ」なにかある感じがします。
サーチをしても遂行度は「五割」と出ます。


で、残っているモノに「神系?」「見えないもの系」がヒット。
とにかく道を切り開き、私は鳳凰族の長兄殿に助けてもらいながら奥深くに…。



そこに見えたモノは…




続く
関連記事
スポンサーサイト

Comment

瑚☆月サンへ 

無害な小さく生き物って…瑚月サンの事か(゚∞゚)。
可愛い表現でハグハグ♪。
古く根強く残るモノもいる中、今回、沢山の方々や、様々な…、祈り続けてくださった事は遠くながらもウルウルもんです。
追伸:病院龍も琵琶湖話もニブイ脳ですが記憶ありまっす♪。
  • posted by ももぴぃ 
  • URL 
  • 2011.05/26 23:00分 
  • [Edit]
  • [Res]

じーん(T_T) 

>今生の学びで一番大切なのは協力し合うという事なのだよ

あーやっぱりそうか・・・やっぱりそうか・・・と何度もつぶやいてしまいました。
この協力がド下手くそな私に、「やってみれば?」と何度もメッセがきている気がしていて、今朝もそんな話題になったところで。
で、今日一日の終わりに、瑚月さんのこの記事を読みましたー。あうー。

瑚月さんの感じ方とか文章とか。
とても好きで、いつも心に響きます。ありがとうございます。
差し出した手は、それだけではなくて握り返しても もらえる手だと、こんな意識でいいのかな。
まだ下手くそだけど、楽しみながらやってみようと思います。
  • posted by ちよ 
  • URL 
  • 2011.05/27 00:24分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re:鎮魂の祈りの後:その1(05/25) 

鎮魂の祈りに参加させていただきましたが、そんなことが起こっていたのですねw(゜○゜)w
ステキな文章で、しみじみ噛みしめてしまいました。
学びの世界が変わってきているのを何となく感じていましたが、そういうことなんですよね…。

余談ですが、さつきのひかりさんのブログからこちらを知って、少しずつ通読している最中ですが、瑚月さんが浄化した場所に、その後、知らずに出かけていることが多い気がしてビックリです(笑)
  • posted by ももんが 
  • URL 
  • 2011.05/27 02:10分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re:鎮魂の祈りの後:その1 

湖☆月さん♪何だか同じテーマにたどり着いている方がたくさんいる気がします…
今日のTVの映画は宇宙人もの…手塚治虫のブッタの予告のCM、何かが動いてるなぁ…
ブログの記事にも激しく同感です♪
それぞれの繋がりにそれぞれの場所、それぞれの役割…そしてひとつ。
  • posted by 撫~風~羽~♪ 
  • URL 
  • 2011.05/27 22:01分 
  • [Edit]
  • [Res]

お返事 

◆ももぴぃさん
いや~、身長155.5ですから実際に小さめな生き物でございますw。皆さまの祈りがこう云う形で戻ってくるのも又、「信じて欲しい」という証なのかもしれませんですね。
追伸>記憶力いいですね~~、羨ましいw

◆ちよさん
>差し出した手は、それだけではなくて握り返しても もら>える手だと、
とてもいいのではないでしょうかw。
『3次元、課題も多いが助けあり』ですね。
メッセを下さる方がいると言う事、またそれに気が付けると言う事はとても幸せですね。で、後はやるだけという…(けどこれが一番大変なんですよね~)

◆ももんがさん
参加ありがとうございました!。文章は稚拙ですが(汗。
参加して下さった方々に見て頂けたら嬉しいなと思いますです。学びの世界はほんと少しづつ変わって行ってますですね。
私が行った場所:ブログに書いたのは少ないのですが、御縁でしょうかw。

◆撫~風~羽~♪さん
魂の課題を求めている方も多い一方で、学んで次に行く方も多くなってきているようにホントに思います。
世の中も大きく変わってきてます。これからですねw。

  • posted by 瑚☆月 
  • URL 
  • 2011.05/28 00:17分 
  • [Edit]
  • [Res]

瑚☆月サンへ 

細かい話は……エヘッ……だけと。
シンデレラももぴぃネムネムまっしぐら←半寝(^◇^*)。
わぁちっちゃい。
約156ですね。
ももぴぃ…もぉ少し小さい(・ω・*)。
小さく無害な生き物ですモンね♪。
  • posted by ももぴぃ 
  • URL 
  • 2011.05/28 01:44分 
  • [Edit]
  • [Res]

夢の中の話ですが 

こんにちは。
読みながら思い出したことがあったので、書かせていただきます。
四月頃、夢の中の私にとって上の上の上司(ちょうど親会社の社長みたいな方)にあたる方から聞いた話ですが。
「対立するための対立の時代は終わった。これからは協力し合える場面では協力し合おうと思っている」
かなり意訳して要約しているので、本当はもっともっと長かったです。
成長していくのを見守ってくださるような感じで見守っていてくださって、失敗すると叱ってくださいます。
やさしくて強くて、そして少しだけ怖い上司なんですけど…いただくお言葉の一つ一つが宝物です。

鎮魂の祈りの前にも、彼らの引き受けをお願いしたら快く引き受けてくださったような感じでした…って言っても、夢の中の話なんですけど(笑)。
  • posted by 夏姫楓 
  • URL 
  • 2011.05/28 17:13分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re:鎮魂の祈りの後:その1(05/25) 

湖月さん大きなお仕事ご苦労様でした。
私の父方、母方は、会津、伊達藩のながれです。古い時代の御霊も癒して下さったこと、湖月さんやみなさんへ感謝しています。ありがとうございました。
関東は梅雨冷です…湖月さん、みなさんも、どうぞ、ご自愛下さいませませ。
  • posted by マリーナ 
  • URL 
  • 2011.06/02 13:22分 
  • [Edit]
  • [Res]

大変大変遅くなったお返事 orz 

今書いても、コメくれた方わかんなかったりして:笑 orz(遅すぎ)。

◆ももぴぃさん
同じ位の背ですねw。いや、最近の方々は背が高いからMサイズでも丈が合わなくって困る事があります(なんの話だw)

◆夏姫楓さん
お返事遅くなりましたです。
昨年から次元や界を越えての同盟や交流、共同作業などの動きが活発になってますですね。
鎮魂の祈りもありがとうございました。
夏姫楓さんの上の方々の様に、色々な人の方々がお手伝いをしてくださったお陰だと感謝しております。ほんとにありがとうございました。

◆マリーナさん
もったいないお言葉ありがとうございます!!。けどほんとに皆さまの祈りと協力して下さった方々のお陰があればこそです。ありがとうございました。
  • posted by 瑚☆月 
  • URL 
  • 2011.06/27 00:53分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

プロフィール

瑚月 kogetu

Author:瑚月 kogetu
本職>某病院異端リハビリスト。
特技>体を含めものの声を聴く
焼き肉や鍋の時に同僚に重宝される特技でもある)。

東洋系治療と自然農法に興味あり。
『美しく生きる』を考えたい人。

ブログの中の私が体験した白日夢の奇譚は、患者様の特定を防ぐために整体師・耳視師という設定の中で「月櫻(つきお)」さんに小説:白日夢奇譚という形で語って頂いております。
飽くまで本職は病院勤務で整体院は営んでおりません。
ご了承下さい。



お手紙は こちら か、一番上のメールフォームからお願い致しますw。

counter

Archives&Category

 

淡々と百人一首

    右サイドメニュー

    検索フォーム

    QRコード

    QR

    ブロとも申請フォーム

    時節