Voiceless world ー魂魄白日夢奇譚ー

Voiceless world of the voice to you 声無きものの聲をあなたに。      人の不思議(魄)と白日夢の如き奇譚(魂)の物語

Entries

正倉院夢物語その1

【その1:一番大きなの銅鏡】

お久しぶりですw。やっとひと段落してPCでぼちぼち記事にできるかなぁという感じになってまいりました。
さて、遷都1300年の年で、奈良もにぎわっておりましたが、
その中で目玉のイベントである正倉院展が先日11日、無事閉幕いたしました。


なんと開催日の23日の一日の入場者数が、ルーブル美術館のその日の入場者数を超えたというから、歴史ロマンあふれる魅惑的な展示会の一つなんだなぁ~~と心からびっくりいたしました。


奈良県に住むまでは正倉院展にはまったく御縁がなかった私ですが、
今年は1300年記念で目玉展示物も多いという事で、奈良見物に来てくれたさつきのひかりさんとマイミクの方といそいそと出かけてきました。


出かけて・・・


面白かった~~~!





何かがって、夢物語が一杯でね←



実は一緒に行ったさつきさんともう一人のマイミクさんは奈良時代に一緒に生きていた過去生(しかも知り合い)を持っているという、もうすでにここから夢物語w。


おひとりは貴族で元遣唐使だったのですが、もう正倉院展では貴族モード全開で面白い!。
ちなみに瑚月はその時代、雅楽師というか龍笛吹きで宮中に仕えておりましたとさ。
さつきのひかりさんは、神舞の名手でらっしゃいました。


私が一番位が低くて、くそまじめでよくからかわれていましたが、
それはそれは楽しく3人で時を過ごした思い出で、今も口がほころんでしまいます
(ほんと、くそまじめだったよねぇ私・・orz とかw)。


そんな夢物語の幾つかをご紹介w。
真面目な方は読まないで下さいね

**************

正倉院展の一番目のコーナーは聖武天皇と光明皇后の遺愛の品が展示されていました。
その中で目を引いたのが大きな銅鏡。

【鳥獣花背八角鏡】

正倉院の中で一番大きな鏡と説明が書いてありましたが・・・

貴族『これ一番大きいのじゃないよね』とのっけから飛ばします(笑。


瑚『あ~、3番目の大きさって言ってるね(By銅鏡)』
貴族『これってさ、お祭りの時に使ってたよね』
瑚『うん、特定の宗教って感じじゃなくて。。。見た覚えあるわ』

で、そのまま横に展示しているその鏡が収められていたという八角形の杉の組み箱。
【八角すぎのばこ】に話題騒然。


貴族『これ日本で作ったやつだよね。輸送用っていうか。本当はもっと違う奇麗な箱に入ってたよ!。これ違うよ!』

瑚『そうだね~。外の杉箱は日本製で、中の八角形の中枠(絹かな。金色の布を張ったもの)はあちら製って言っているわ(By箱)』

さ『あのね、もっと丸っこいというか・・・蓋が丸くそっている感じでもっときらきらしてて奇麗だったし』




貴族『・・・すし桶』←爆

切りっぷり最高


多分、壊れたかして作ったんだろうねぇという話で可決。
奇麗な箱だったのにねぇ・・・もったいない。





後日談ですが、さつきのひかりさんの過去生の方いわく
一番大きな銅鏡(展示しているものではないもの)の前で何度か舞いをまわれたそうですが、音も神様の力も増強されてとても気持ちがよかったそうですw





予告>
次は『お薬コーナー&不老不死の薬』編
その次は『五弦の琵琶の物語』編
第4話は『酔胡王とカルラ面:ナイトミュージアムを地で』編


よかったらどぞw

関連記事
スポンサーサイト

Comment

Re:正倉院夢物語その1 

ぷぷぷっ会話が可愛いっ。
私も鏡サンと話したい←そこかいっ。
縁深き魂サンとは幾度も…ですね。
善き縁魂←善魂??…勝手に名付けるな(笑)。
腸内細菌みたいになってしまった。
逆の縁魂もまたありぃ←逆魂??…無理矢理。
ほんっと深い縁魂は、また一緒みたいな(笑)。
色がカラフルだった…派手だったとTVでやってたりですね。
  • posted by ももびぃ 
  • URL 
  • 2010.11/19 10:34分 
  • [Edit]
  • [Res]

1300年の夢 

読んでるだけでドキドキします。
続きがとても楽しみです。
  • posted by らいらい 
  • URL 
  • 2010.11/20 10:08分 
  • [Edit]
  • [Res]

お返事 

ももぴぃさん>
ぜんだま・・・確かに、お通じにはよさそう←まて。

らいらいさん>
拙い文章ですが、どぞw。
写真があればもっといいのにねぇ~
  • posted by 瑚☆月 
  • URL 
  • 2010.11/21 20:30分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

プロフィール

瑚月 kogetu

Author:瑚月 kogetu
本職>某病院異端リハビリスト。
特技>体を含めものの声を聴く
焼き肉や鍋の時に同僚に重宝される特技でもある)。

東洋系治療と自然農法に興味あり。
『美しく生きる』を考えたい人。

ブログの中の私が体験した白日夢の奇譚は、患者様の特定を防ぐために整体師・耳視師という設定の中で「月櫻(つきお)」さんに小説:白日夢奇譚という形で語って頂いております。
飽くまで本職は病院勤務で整体院は営んでおりません。
ご了承下さい。



お手紙は こちら か、一番上のメールフォームからお願い致しますw。

counter

Archives&Category

 

淡々と百人一首

    右サイドメニュー

    検索フォーム

    QRコード

    QR

    ブロとも申請フォーム

    時節