Voiceless world ー魂魄白日夢奇譚ー

Voiceless world of the voice to you 声無きものの聲をあなたに。      人の不思議(魄)と白日夢の如き奇譚(魂)の物語

Entries

メッセージをもらう

今、『幻魔大戦』を見ました。

驚きました。

こんなに深く
こんなに大切な言葉が一杯あるとは思いませんでした。


怒り・恐れの心で立ち向かってはいけない。
愛の心で向かう



兎☆月が、ロード終了後から・・・
色々なアタックを受け、

時に、
どうして分ってもらえないのだろう。
どうして人を苦しめるのだろう。
どうしてそれを望むんだろう。
どうして私になんだろう。



大きな大きな悲しみや怒りをぶつけそうにもなりました。
その度に・・・これを思って・・・


実践の上で学ばせてもらいました。


そのお陰で・・・
今の師匠と呼べる方に向かう事が出来ました


多くの友を得。
そして励まされ、助けられました。


愛に生きようとする方や、その為に力を使う役目にある方に
攻撃とも思える、アタックを行ってくる。
そんな勢力があることが兎☆月の妄想でない事を。



兎☆月がイメージしやすい様に、メッセージが幾つか届けられました。


西の龍
東の龍
緑の女王代理
緑の女王
緑の王


兎☆月が、前回、躊躇して書かなかった言葉が、じぇいどさん
のブログから告げられました。


『プレアデス』


私たちが、それぞれの島宇宙に大本が存在している。
魂の源が其処にある。
私たちは、其処から分け御霊をされて生きています。


『分け御霊=分霊』については以前立てていたブログに書きましたが
例えると・・・・

魂は大きな大きな雲のようなもの。
ある日、雲は思いました。
世界はどうなっているのだろう?


大きな大きな雲は
自分を小さな小さな雲に分けて・・・
世界中に飛んでいきました。


大きな大きな雲はいなくなりましたが、
小さな小さな雲達は、全く別のものではなく、
やっぱり大きな大きな雲の意識を持っています。


大きさは関係なく
一緒


そして・・・時に、
小さな雲同士で出会って、合わさり情報交換をし・・・

時に・・・

他の大きな大きな雲から分かれた小さな雲と一緒になって
知らない事を教えあったり


そして
そして

何時か、
色んなものから教えてもらった沢山の喜びや愛をお土産に

また大きな大きな雲になる



それが分霊だと思っています。


兎☆月はジャンヌダルクだった前世の記憶があります。
けど、最初は強く否定していました。
ジャンヌ自体が、何故か生まれながらにして『嫌い』だったからです。


英雄
聖女


いえいえ・・・
彼女はとってもとっても大きなトラウマを持っていました。
罪も作りました。



彼女のトラウマ
『犠牲性(ぎせいへき)』
自分を根本から愛せない。許せない。幸せになってはいけない。
人の為に尽くして尽くして。。。道具の様に死ぬ事を望む。


彼女の罪
その1『怒り』
彼女の仕事はランスの戴冠式で終わるはずでした。
けど、彼女は、家族を、故郷を奪われた怒りに・・・
私欲に・・・戦いを起しました。
結果は、惨敗


その2『傲慢』
じぇいどさんも兎☆月も、同じ映画で前世を強く感じ取りました。
(じぇいどさんとは、一時私的にメールを頂いていたりしました)
その映画の中で、ミカエルに指摘されます
同時に、ミカエルを避けるようになりました


その3『信じる心・真実を言う事に対する強い恐怖心』
真実を言って、火あぶりになったということ。
全ては自分が原因でそうなったのですが・・・
強い、恐怖心があります。


これが、兎☆月が少しずつ認め、受け止め、抱きしめた彼女のカルマです。


大きすぎる魂、人に影響を与えられる強い魂ほど・・・
その罪は、一人の人の転生では、とてもとても浄化できない。



だから・・・
少しづつ、少しづつ・・・
分担(分け御霊)して、担当部分を癒していく。


それが、世の中にジャンヌの前世を持つ方が大勢いる理由であり。
逆に、そのことが『分霊』のシステムの証拠になると思っています。
兎☆月が行った以外の担当を誰かがしてくれています。
そして、自分の担当のカルマを浄化してからこそ・・・
彼女が持つ、『真性』を生かせる時がくるようです。


けど・・・分霊の機能はそれだけではありません。
自我という物を超越した意識で、分霊同士は繋がっているようです。

だから・・・
『流行』って物が起きる。
同じようなドラマの筋がTVや映画で流れる。


以前書いた、101匹目の猿の様に、
あるグループの分霊を持つものが一定数、ある思考に惹かれると
空間を越えて、同じグループに爆発的に広がる。


だから・・・愛に心を向ければ、世界中愛に満ちた人で一杯になるはず。
愛を持って、その反対に向きあう。けどそれは「善悪」の二極限化した概念ではなく
『陰陽』と捕らえたいです


互いに、互いが輝く為に必要なもの。
陰と陽があると、電流なら『流れが生じます』

陰(女性)と陽(男性)があると、生命が生まれます。



それは、自分の中であり、外である、『違うもの』を理解し仲良くし認め愛し合う事から始まる、とてもとても不思議で・・・そして『いと可笑し』き妙なるもの。


じぇいどさんのブログで『ミカエル』と『ルシフェル』の事があげてあります。


その通りだと思います。
元は一つだったのです。
相反すると『概念』で思い込んでいるものは。


ああ・・・話が飛びました。


『プレアデス』には、古代の神と言われた気の出身星です。
愛を主流に地球を見守っている=紫
私たちの殆どが、彼らの分け御霊を持っています。
=もっとも光に近い自分


西洋的には天使だったりする。
日本の神様でも、世界中のあらゆる神様でも・・・


溢れんばかりの『愛』をもっている『本質』=波動は変わりません。
ただ、肉の眼を持っている私たちが、好きなフィルターを通して『見ている』だけ


『感じれば』
全く一緒だと分ります。


暖かく
嬉しく
喜びに一杯になり
安心感で解き放たれる
存在している事自体が『わくわくドキドキ』してたまらない



それに対して『プレアデナイ』という星もあるそうで・・・
(もしかしたら=オリオンの中の馬頭星雲に相当するかもです)
彼らも地球に来たのですが、上記とは逆に悲しみ・憎しみ・苦しみ・怨み・嫉妬・・の想念が強くなってしまった=緑


今、アセンション(次元変動)の時が近づいて、
人の変革が恐ろしいスピードで始まってます。


緑は・・・
そういうアセンションの変化によって消えてしまうと思っている、その概念に変化して動けなくなってしまった意識体=気


そこには恐怖。怒り・・・自分と同じ状態に留めておきたいと・・・
同じ心境にさせようと、あの手この手を使ってきます

けど・・・その大元は・・・


1)生きている間に脳があるという利点を使って、
魂の倉庫に『反省』『向上』『愛』の経験を詰め込めず、
逆のものを詰め込んで(一定量入る様に出来ているそうです。そして・・・倉庫が一杯になったら・・・それを使って、次の段階の勉強の為に『旅立つ』。)
肉体を失って、向上できずに『死んだ時の暗い想念のまま』で時間が止まってしまった人の念
であったり・・・



2)人に理由もなく、惨い扱いを受けて死に至らしめらえれた
動物
植物
破壊された自然
物(日常使う物や家や・・・全ても物)


彼らは正等な理由があれば、キチンと受け入れて。。。
私たちの為に尽くしてくれます。それぞれが得意分野があり、そこでは人がその段階まで達せ無い能力もあります。それを使ってくれます。
本当に本当に素晴らしい友


正等に、『生きるため』に『食べる』のであれば・・・
無駄死でなければ・・・

兎☆月のコロッケの様に、
ひたすら頑張って『食べ物の使命』を果たそうとしてくれます。
使命を全うした『気』は、その功績を与えられます=紫化


けど・・・そうで無ければ・・・
深い悲しみ孤独から・・・憎しみ・・・怒りに変わってしまう=緑化
であったり


3)人が変化の為に自分自身を見つめる事によって、消える事や見つかる事を恐れる
『自分自身の中』



だから。。。緑は
変化する人の所には現れます。
自分がこの状態に置き去りにされることを嫌がって。


その時に・・・
どう対応するか??


自分で『選択』し『決定』しなければなりません。


『進化』の反対語をご存知ですか?
国語的には『退化』


それ以外では??



進化も退化も「変化」します。方向のベクトルがあります。
概念によって、そこに良い悪いの意味が添加されているようですが、
人も尻尾や体毛が『退化』したからこそ・・・『進化』したんですよね。


答えは『停止』『留まること』『変化しないこと』

緑さんは・・・留まりたい。
出来るだけ多くのものと。
其の為に・・・コントロールしようとするツワモノも出てきています。


けど・・・忘れないで。
全ては『陰陽』
戦いでは決してない。


それを証拠に・・・兎☆月は・・・お陰様でいろいろな意味で成長できました。
多くの友を得、ワクワクドキドキで~~暇なんてない!!!




『幻魔大戦』の最後・・・
兎☆月は「紫の珠」と思っていたら「緑」だった。
途中の戦闘も・・・悪役が「紫オーラ」で善玉が「緑オーラ」


??
と想いながら・・・ふと頭に浮かびました。
「ああ、こうして逆転した形でなければ・・・世に残る事ができなかったんだ」


緑意識が邪魔をしない様にする為の計画だ・・・
この映画は、そこまでして残さなければならなかった「メッセージ」なんだ


スターウォーズもそう。
3部目の題名に違和感を覚えませんでしたか?
「ジェダイの復讐」・・・・^^;
そんな内容じゃないっすよね。
(あちらで公開されたときは・・・確か「ジェダイの帰還」と言う題名だったと思います)


あれも・・・メッセージ・・・
見守るものからのメッセージ


そう思った瞬間
大号泣していました。

本当に本当に声を上げて・・・
何で泣くの??と思うくらい、ぼろぼろ涙が出てきました。


「受け入れます。成すべきことを」と言った時
涙で閉じていた眼の前が急に昼間の様に明るくなりました。



とてもとても、明るくて、澄み切っていて、崇高な意識



「受け取ります」といったら、何かが入ってきて・・・
本当に小さくささやいて・・・抜けていきました。


そして・・・このブログを書きました。


二極化が始まり・・・・それは顕著に激しく向き合い・・・
けど・・最後に一つになる。



今日も兎☆月の所には緑が来る
それをどう説得して。。。。


あの
暖かく・明るく・楽しい『愛』に生存するもの
=紫になると自ら返事をしてもらえるようにするか



苦しくないといえば嘘になりますが・・・出来れば凄い喜びになります。
怒りや悲しみや理不尽さという自分自身に負けなかった事を、本当に感謝します
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Re:メッセージをもらう(10/27) 

まぁーいろいろ、ちまちま、シンクロしてきまんなー(笑)
このちまちまが、少しずつ繋がってくるのがたまりまへん、やめられまへん(笑)


「プレアデナイ」は初耳でした。


ワタシなどは「言葉」でしか考えられなくて、その真意になんとか食い付いていこうと、想い廻らしているのですが、なかなか理解できてないばやいが多いです。
しかし、兎☆月さんがおっしゃるように、ちょっと違うアプローチの言葉で伝えてもらうと、「あー、なるほどー」と納得すること多々あり。

毎度ありがとうごじゃりまする。
  • posted by 666トリトン 
  • URL 
  • 2007.10/28 07:22分 
  • [Edit]
  • [Res]

幻魔大戦 

の、言葉に、なつかしい~~!

あ、読みすすめていくうちに、
ちゃんと真面目に読みましたよ。

“言霊”という言葉を知ったのは、幻魔大戦の作者の平井和正さんから。
言霊使いの、兎☆月さんのところで幻魔大戦のお話しを聞くのは
これは偶然じゃありませんよね。

前回の日記から、自分の中の紫対緑の対立をたくさんみつけてます。
愛を選択し、決定できるよう、向き合います。

いつもわかりやすいメッセージをありがとうございます。
  • posted by wakka00 
  • URL 
  • 2007.10/28 11:52分 
  • [Edit]
  • [Res]

とりとんさんへ 

ちまちま・・・「ちま」は兎☆月の学生時代のあだ名なり~(しつこいシンクロ)

>ちょっと違うアプローチの言葉で伝えてもらうと、「あー、なるほどー」と納得すること多々あり。>>

大勢の人がおられるから・・・
自分が一番心に受け止めやすい言葉に出会えたらいいし、それをもう少し、違う方向から・・・なるべく多くみること。けど「答え」は一緒。

バスケットボールで、一箇所から100回シュートの練習をするより、色んな場所から50回シュートした方が実践の時、ずっとずっと役にたつような・・・
そんな感じですねぇ^^;
  • posted by 兎☆月 
  • URL 
  • 2007.10/28 13:37分 
  • [Edit]
  • [Res]

666トリトンさん 

「プレアデナイ」→「プレアデスでない」?
・・・また親父ギャグのレベルかも知れない・・・
馬頭星雲=罵倒・・・?。もういいか・・・
  • posted by 兎☆月 
  • URL 
  • 2007.10/28 13:39分 
  • [Edit]
  • [Res]

wakka00さん 

>あ、読みすすめていくうちに、
>ちゃんと真面目に読みましたよ。

そうですか・・・良かった^^;

>“言霊”という言葉を知ったのは、幻魔大戦の作者の平井和正さんから。

そうなんだ~~~~~。昔よく彼の作品を読んだんですが・・・覚えがないっす。
てか・・・原作は途中までで終わったような・・
そういえば、真・幻魔大戦もありましたね~

>言霊使いの、兎☆月さんのところで幻魔大戦のお話しを聞くのは>これは偶然じゃありませんよね。

昨日は、ブログ書く前に「見なさい!」って言われてしまいました。

>前回の日記から、自分の中の紫対緑の対立をたくさんみつけてます。
>愛を選択し、決定できるよう、向き合います。

そう言って頂けると、本当に嬉しいです!!!

>いつもわかりやすいメッセージをありがとうございます。

本と?自分の中で、余りに早く物事が進むので、かなり省略している所が多々ありまして・・・
友人には「よくわからん」と言われてます。

けど読んでくれているAちゃん有り難うです
  • posted by 兎☆月 
  • URL 
  • 2007.10/28 13:44分 
  • [Edit]
  • [Res]

おひさしぶりです 

ブログにコメントありがとうございました♪
ご感想の記事にはレスができないもので、こちらにお邪魔させていただきました(^^;
いつもとぼけてますが、たまーにいいことを言う夫でございます(笑)

紫の補色が緑でしたっけ?
でも緑って、ハートと癒しの色でもありますよね。
本質は同じだよ、ってことかなあ。
不思議ですね~
  • posted by さつきのひかり 
  • URL 
  • 2007.10/28 14:19分 
  • [Edit]
  • [Res]

緑は 

紫色の補色です。
植物の色ですね♪
寄せ植えでは色同士の喧嘩を収める、緩衝材のような色です。
同じ役割として
白(花束のカスミソウのような)
黒(ステンドグラスのような)
があります。
陰と陽に関係のある色なのかな・・・。
  • posted by あかつき 
  • URL 
  • 2007.10/28 15:52分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re:メッセージをもらう 

今日、「三光」の蛇達が翼を得て旅立ち、きじトラが見送ってくれました。
その後、濃い緑の蛇が来ましたが、おとなしい性質でした。
あかつきさんの、「緑についてのコメント」の通りの子です。
あかつきさん、教えてくださり、どうもありがとうございました。
  • posted by 笑い猫 
  • URL 
  • 2007.10/28 16:55分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re:メッセージをもらう(10/27) 

幻魔大戦は私も見ました、子供の頃、角川アニメ映画
を見て主題歌、チルドレン・オブ・ザ・ライト
光の子供たちで感動し、DVDで発売され購入しました。

宇宙の高次元の意識体フロイと、全てを虚無にする
幻魔。

原作、小説も揃えていますが、なるほど! と思う
事が多いです。

原作者が宗教活動していた時期もありますし。

私はこれから先も、神道家として、助かる命は全て
助けられるように薬師如来から、沢山の医療知識
を学び、さらに己を高める為に鍛錬します。
  • posted by 伊弉諾・龍 
  • URL 
  • 2007.10/28 23:22分 
  • [Edit]
  • [Res]

ああ、そうか 

三原色の原理だ。
紫にも、緑にも共通の色が含まれてる。

…青色。

こちらこそ、ありがとうございました。
笑い猫さんのコメントの「三」を見て、この事に気が付きました。

そして…私の皮膚近くのオーラは秋空のような青。
→親指と一皿で三角を作って、三角の中を目を懲らして見ます。何となく見えるはず。

似合わない服の色は紫と緑。

紫を陽、緑を陰とするなら青は中立。
どちらにもなれる。
海など水や空の色。
そして、安らぎの色
優しいイメージと冷たいイメージが共存しています。

ああ、わかった。
私は「門」なんだ。中立だから、この二つの色は似合わないんだ。
キンの書すごい。
  • posted by あかつき 
  • URL 
  • 2007.10/28 23:25分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re:メッセージをもらう(10/27) 

高校の授業中にジャンヌダルクに興味がわき集中すると。。映像や彼女の感情が流れてきました。
日常生活から天使の告知を受け、囚われた後の心情まで、でした。
性格、天から受けた命、戴冠後の戦いの理由、敗北の理由、この記事とほとんど同じです。

孤独、犠牲性。人への感情の持って行き方。誰かに似ている・・・私だ、私にそっくりだと、当事 愕然としたのを思い出しました。
なぜ、彼女にリンクしたのか。…ただの興味から、でしょうね f^_^;
  • posted by kissy 
  • URL 
  • 2008.10/09 09:40分 
  • [Edit]
  • [Res]

kissyさん 

色々理由が考えられますね。
kissyさんがリーディングシンクロタイプかもしれないとか、ジャンヌの分霊をお持ちだとか。
自分の経験からいいますと・・・お仕事でリンクして感情が流れ込んでくるにしても、過去生の荷物を整理するにしても・・・「同じもの」「課題」があるからのように感じています。
犠牲癖は、私にとって中々やっかいな課題です。
一番厄介だったのは、それに気がつかないで「いい」と思って生きていた事ですね・・・^^;。
kissyさんが課題に気がついておられるのは、それだけの成長といいますか・・・。段階に来ておられたんですね(早く気がつけとの、愛の手も考えられますが)。
何事も「気がつかない」と「変えれない」ですね。
より素敵なkissyさんに成長されるように、応援申し上げますです
  • posted by 兎☆月 
  • URL 
  • 2008.10/10 22:20分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

プロフィール

瑚月 kogetu

Author:瑚月 kogetu
本職>某病院異端リハビリスト。
特技>体を含めものの声を聴く
焼き肉や鍋の時に同僚に重宝される特技でもある)。

東洋系治療と自然農法に興味あり。
『美しく生きる』を考えたい人。

ブログの中の私が体験した白日夢の奇譚は、患者様の特定を防ぐために整体師・耳視師という設定の中で「月櫻(つきお)」さんに小説:白日夢奇譚という形で語って頂いております。
飽くまで本職は病院勤務で整体院は営んでおりません。
ご了承下さい。



お手紙は こちら か、一番上のメールフォームからお願い致しますw。

counter

Archives&Category

 

淡々と百人一首

    右サイドメニュー

    検索フォーム

    QRコード

    QR

    ブロとも申請フォーム

    時節