Voiceless world ー魂魄白日夢奇譚ー

Voiceless world of the voice to you 声無きものの聲をあなたに。      人の不思議(魄)と白日夢の如き奇譚(魂)の物語

Entries

言葉の次に音楽があった

言霊の話があったついでに。


古い過去生のお話。
今、さつきのひかりさんが書いておられる【陽の雫】の神事話にもリンクしているんでちょっと書いてみる。
SFだと思って見てくれる方希望(←小心者 orz)



それは地球ではなく。
星の名前も分からないが、今のところ、私がツインソウルと出会った一番古い記憶。




それは

人々はかつて非常に高度な文明も体験したが、
環境と共有し人としての心の健康と満ち足りた生活は何かと考え、
そしてある「選択」をした星



中央に高度な技術を残しながらも、
地方で点々と小さい村(コロニー)を作成する。



コロニーの基準は自給自足。
環境に返せる分だけを得る。



気候は温暖。




惑星中央のセンターで管理されているが
温暖な気候帯でほとんどの人が生活出来ているのは、
ここでもかつての「文明の傷跡」の為に人口が極端に減少したため。






そこでは、子供が生まれると
村の楽師の処に連れていく。





楽師はその子を抱き上げる。



それは生命の塊。
身体と根源の魂がもっとも近い状態。




そのエネルギーを感じ取り、
楽師は音節を紡ぎだす。



その魂のもっとも基本となる波長であり波動。
言葉よりも先にある根源。




楽師は生まれたての命の小さな耳に、その命の波動をそっと囁く。
祝福を込めて。





その子の真名はその音節の中の音から名付けられる。



両親は真名を決めてから、
同じく小さな耳にそっと囁く。




父は左の耳から
母は右の耳から




両親から初めて贈られるもの
両親が初めて子の為に力を合わせて行う贈りもの


それが真名



両親から真名が贈られ、次に呼び名が決まると
赤子は神の世界から人の世界に正式に下ったとされ
祝宴が始まる。



贈られた音節は長いもの、短い物さまざまだが
その子の人生をいつも祝福し、力を与える。


誕生の祝宴
成人の祝宴
結婚の祝宴


それぞれの祝宴には基調となる曲があり、
その人物の音節をはめ込むために、所定の音節が空白になっている。



誕生の祝宴の時は
父と母と子の音節が組み込まれる



成人の祝宴の時は
祝福する神と子の音節が組み込まれ



結婚の祝宴の時は
愛しきものと自分の音節が組み込まれる




そして





人生の旅立ちの時は
繰り返し奏でられるその人の音節は
繰り返されるたびに一音抜けて奏でられていく。
それは、神から賜った命を少しずつ神に帰していくため。



最後の一音が消えた時
人は神に戻る。




楽師は今で言うと神官のような役割であった。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Re:言葉の次に音楽があった(09/07) 

宇宙(神)と繋がるツールとして 音楽がある。
と聞いたことがあります。
まさに そのとおりのお話ですね。
いえ、私達自身が 宇宙と一体であるということかな…
そのことを 思い出すため あるいは 
宇宙に繋がっている 音楽から 魂に栄養を供給するため
人は 音楽を奏でたり、聞いたりするんでしょうか
  • posted by マリアの涙 
  • URL 
  • 2010.09/08 11:41分 
  • [Edit]
  • [Res]

瑚☆月サンへ 

SF視点希望って…ウフッ。
遠~い遠~い昔は今では考えられない高度な技術でしたモンね。
音の話もキレイだなぁ。
あっ…私も水分の話、聞きたいです♪。
  • posted by ももぴぃ 
  • URL 
  • 2010.09/08 19:28分 
  • [Edit]
  • [Res]

お返事 

マリアの涙さん>
手拍子・足拍子・声・心臓の鼓動・・・人自身、リズムというか楽器じゃないかな~って思った時期がありましたです。

ももぴぃさん>
水分の話、もうちょっと待っててね。
今日はねむねむで、洗濯もの干したらちょっと横になるですぅ。
  • posted by 瑚☆月 
  • URL 
  • 2010.09/08 21:03分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re:言葉の次に音楽があった(09/07) 

さつきのひかりさんのところから来ました。
読んでるうちに涙が…。
音楽って不思議だな、音楽の力ってすごいなと思っています。
私たちを結びつけるもの。神に、生命につながるもの。
  • posted by あおいそら 
  • URL 
  • 2010.09/09 12:24分 
  • [Edit]
  • [Res]

あおいそらさん 

お初コメントありがとうございました!
そう言って頂けると、うれしいですw。
私も近頃音楽(っていっても、そう高尚なジャンルではないですが)と一緒にいますです。以前はあまり聞かなかったのですが、食べ物や水と同じ多分今の私に必要な栄養なのかな~と思っていますw全て命につながっていくんでしょうね。
  • posted by 瑚☆月 
  • URL 
  • 2010.09/09 23:07分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

プロフィール

瑚月 kogetu

Author:瑚月 kogetu
本職>某病院異端リハビリスト。
特技>体を含めものの声を聴く
焼き肉や鍋の時に同僚に重宝される特技でもある)。

東洋系治療と自然農法に興味あり。
『美しく生きる』を考えたい人。

ブログの中の私が体験した白日夢の奇譚は、患者様の特定を防ぐために整体師・耳視師という設定の中で「月櫻(つきお)」さんに小説:白日夢奇譚という形で語って頂いております。
飽くまで本職は病院勤務で整体院は営んでおりません。
ご了承下さい。



お手紙は こちら か、一番上のメールフォームからお願い致しますw。

counter

Archives&Category

 

淡々と百人一首

    右サイドメニュー

    検索フォーム

    QRコード

    QR

    ブロとも申請フォーム

    時節