Voiceless world ー魂魄白日夢奇譚ー

Voiceless world of the voice to you 声無きものの聲をあなたに。      人の不思議(魄)と白日夢の如き奇譚(魂)の物語

Entries

優れ物紹介:昔の方はすごい

この前東大寺に行ってきました。


実は、奈良の大仏様を見るのは初めてな私w。


中学の修学旅行の時に行く予定になっていたのですが、その前のスケジュールが「エキスポランド=万博遊園地で1時間遊ぶ」という超無理な組み方で。。。
予定時間になっても生徒が現れず・・・
(いえ、私と友人達、その他数人のグループはちゃんと集合してたんですけどね)


結局、大仏様見学を中止して3時間遊んだってわけ。
(大仏様はジェットコースターに負けたのでした)
そのおかげで、それからお逢いするのにウン十年?の月日が必要になりました(笑。



といっても、実はその日の本当のお目当ても奈良の大仏様ではなく、
(いえ、お逢いするのを楽しみにしてはいたのですが)、
三月堂(法華堂)の日光菩薩様と月光菩薩様をはじめとする方々でした。



以下の理由で天平仏群が見納めになる前に拝見したかったんですね。
http://mblog.excite.co.jp/user/c7s2npox/entry/detail/?id=10031945



で、行ったら・・・・





がっつり仕事でつた・・・・orz。
(ま、これは置いといてw)




御褒美にたまわった優れ物の逸品をご紹介
(たまわったって、お金はしっかり払いましたが)




【東大寺の薬湯 「天真」】(以下新聞記事より)

病人の救済に尽くした光明皇后の1250年忌にちなみ、奈良市雑司町の東大寺(上野道善別当)が、入浴剤「東大寺薬湯 天真」の販売を始めた。大和トウキやジュウヤクなど、8種類の生薬が配合されている。

 光明皇后は大仏造立を発願した聖武天皇の妻で、施薬院を設けて庶民を救済した。正倉院にも奉納の薬草帳が伝わる。

 入浴剤は30グラムの2袋入りで、袋ごと湯に入れて使用する。血行を良くする効能があり、冷え性や神経痛、肩凝りなどに効くという。

>>>>>>>>

この薬湯、
奈良のお水とりで厳しい修行に入る前に僧侶が入る「試みの湯」とお湯と同じブレンドなんだそうです。


いつものはお土産屋には見向きもしない瑚月。
なぜか大仏様の堂内のお土産屋にするする。




するする。




するする。




何気にお土産屋さんの端にするする。



ふと見ると、その「薬湯の元」である『天真』がありました。
びびっと『買いなさい~!』の指示。



へいへい、と購入してその晩、さっそくお風呂に投入。






薬効





チャクラクライニング(爆




自動的に1~7のチャクラがほぼ全開になり、
わさわさ出ていきます。


第7チャクラを考えると、髪の毛もこれで洗うとベスト。


すごいや~っと思って居たのですが、
実力発揮をこれからでした。



開いた物は閉じましょう。


って感じで、一定時間後・・・自動的に全チャクラとじぎみになります。




極寒の厳しい修行にはいる前に、チャクラを全部掃除して・・・
そしてやや閉める事によって、内観しやすい状態を作り出す。


まさにそんな感じ。



その絶妙な薬草ブレンドには昔の方の知恵を改めて垣間見さてせ頂き脱帽でした。





私見えない~とか
感じない~とか思われる方。
また、逆に感じられる方でも



ポイントは、お風呂からあがったらちょっと瞑想をする気持ちで入る事。
「内観」する準備・・・という心構えでしょうか。



「瞑想」とか「内観」ってちょっと言っちゃいましたけど、そう小難しい事ではなく。
その日一日を振り返ってみるとか、
ああ、幸せだな~って思って気持ちよく寝るとかでもOK

手足をのびのび伸ばして、身体を感じるでもOK
掌を胸に当てて、温かい自分の手を感じるのでもOK


心でも
身体でも

どちらも「自分」であり、どちらも「大切」だと思いますので、
自分なりに自分に気持ちを向けてみて頂けたらと思います。





今年は、遷都1300年記念行事目白押しの奈良
東大寺にお越しの際、よろしければご購入をお勧め♪
なんせ、「堂内の売店」でしか販売していないレアものでございまする。



え?修行前に入るお湯だから、瑚月も修行にはいるのかって?






ふふふふふふふ



逃げるぜい
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Re:優れ物紹介:昔の方はすごい(03/24) 

瑚月さんにとっても「試みの湯」だったのでしょうか?
東大寺に行くことがあれば忘れずにお土産にしたいですが
自分にとっては肩こり解消になるだけかも(笑)
  • posted by ぽよ~ん 
  • URL 
  • 2010.03/25 20:31分 
  • [Edit]
  • [Res]

笑いました 

 湖月様

 そんな薬効が…そもそもおみやげ物をみなかったのでそんな薬湯があるとは……笑いました。しかも名前が天真…はるときを思い出してもう笑いが…。

 参考になる紹介ありがとうございます☆
  • posted by 花水木 
  • URL 
  • 2010.03/25 23:49分 
  • [Edit]
  • [Res]

お返事 

ぽよ~んさん>
大丈夫だと思いますよ~。けどかなりしっかり「薬湯」になりますので(セロリな香り)、平城の香りを楽しむだけでも価値ありますよw

花水木さん>
はるとき・・・それこそ昔むかしにちらみしたままでございまする。そうか~京都に近かった時は源氏物語やマンガ晴明さんで地名や場所に灌漑を受けましたが・・・奈良は「はるとき」かぇ。
って、あれって話終わったっけ???(笑
  • posted by 瑚☆月 
  • URL 
  • 2010.03/26 00:25分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

プロフィール

瑚月 kogetu

Author:瑚月 kogetu
本職>某病院異端リハビリスト。
特技>体を含めものの声を聴く
焼き肉や鍋の時に同僚に重宝される特技でもある)。

東洋系治療と自然農法に興味あり。
『美しく生きる』を考えたい人。

ブログの中の私が体験した白日夢の奇譚は、患者様の特定を防ぐために整体師・耳視師という設定の中で「月櫻(つきお)」さんに小説:白日夢奇譚という形で語って頂いております。
飽くまで本職は病院勤務で整体院は営んでおりません。
ご了承下さい。



お手紙は こちら か、一番上のメールフォームからお願い致しますw。

counter

Archives&Category

 

淡々と百人一首

    右サイドメニュー

    検索フォーム

    QRコード

    QR

    ブロとも申請フォーム

    時節