Voiceless world ー魂魄白日夢奇譚ー

Voiceless world of the voice to you 声無きものの聲をあなたに。      人の不思議(魄)と白日夢の如き奇譚(魂)の物語

Entries

マイナスの感情も・・・

怒り・悲しみ・・・マイナスの感情って言われているものがあります。
昨日お話やご相談を受けていると多い内容として「変わらない」についてちょっと書きましたが、もう一つによくお聞きするのは

「怒っちゃいけないと思うんですけど怒っちゃうんです」
とか
「腹が立っちゃうんです」

というお話です。


私も昔、そう思っていたから判るのですが

「マイナスの感情」=「悪い事」
→プラスの思考をしなくてはいけいな→プラスの思考が出来ない自分は


これが非常に真面目で探究心や向上心の強い方であればあるほど
「自己卑下」や「自己否定」におちいりがちになられるようです。


確かにプラス思考といわれている「愛情」や「希望」や「優しさ」等々心の芯にもっておられる方は素敵な方が多いですし、尊敬致します。
どんな自分になりたいか「目標」を持つ事はとても大事だとも思います。


けど、最近思うのは人にはそれぞれ段階があると言う事と、
「身体に悪いものは出さないとねw」という事です。


怒りや悲しみは何処から来るでしょう?
たいていは、環境や他者など外部からくるものだと思います。
人は環境や他者、色々な自分以外のものの接触によって成長していきますので、
怒りや悲しみは、その外部から取り込んだものによって生まれた・・・とも言えるかもしれません。


これ



うんこさん(大便)やおしっこさん(尿)
と同じだと思うんですw


普通の人は、食事を外部から取り込むことで身体が成長したり、免疫が出来たり、日々の活動のエネルギーを得ています。
けど、食事を取れば「うんこさん」が出ます。


うんこさんは



汚いです(爆・・・・一般的にですけどね)



けど、出さないと非常に身体に悪いものです。
そして身体の健康を保つために絶対必要不可欠です。


汚いから出したくないと言って「ご飯」を食べないわけにはいかないと思います。



なんといいますか、怒りや悲しみも「うんこさん」のようなものではないかと思います。
人との関わりの中から私たちはいい物も沢山得ます。

腹が立つ行動を見たり受けたら・・・
腹が立ってもいいと思います。

そして、「こうやったら腹が立って不快になる人がいる」という事を学んだら、
次は自分がしないように努めたらいいと思いますです。


腹が立つ経験をした人は、
他の人の腹の立つ気持ちがわかります。

悲しみを経験した人は、
他の人の悲しみを理解出来ます。


悲しんでも
怒ってもいいと思います。


うんこさんは溜め過ぎて便秘になるととても辛いですし、
身体機能的に万病の元になります。

同じように、「いけないから」と抑え込んでいたら・・・
精神的にも身体的にも病気のもとになるえるかもしれません。



ただ



出すには少し意識が必要・・・というのはあるかもしれません。


いくら「うんこさん」をすることが身体にいいからと言って、
トイレ以外でやれば・・・・大迷惑ですw

トイレで用を足したとしても・・・


流さなかったら、これまた大迷惑ですw(たまに出くわしてお掃除しますが・・・orz)


また、うんこさんの状態も大切です。
下痢Pで数分に一回トイレに駆け込んでいては日常生活に支障が出まし、
そうなると「病気」の一種になってしまいす。


堅くて出てくる時に血が出てくるようでも、
自分を傷つけて痛いです。


だらだら不平を言う(下痢P?)
爆発して周囲を傷つける(堅いうんこさん?)




出す場所

後始末(そこに学びがあれば、とっても素敵ですね)

そして
「綺麗なうんこ」を目指すw。


子供がトイレを覚えていくように。
おねしょしなくなるように。

今出している感情も、出す事によって学びがあると思うのです。



よく精神と身体は一体と言いますが、
医療職をしていると本当にそうだなと学ばせて頂きます。


今日は、そんな「精神(感情)」と「身体」の例を
私ながらの解釈で書いてみました。





感情を持つのは、この3次元の大きな特権であり、
大きな学びの課題であり、楽しみの一つであると思います。


いつか魂の成長を遂げて、この3次元から卒業した時
多分。。。「苦しいってああだったよぁ・・・なつかしいなぁ」「いい経験をしたなぁ」と思うでしょう。


あ、


これは別に卒業まで待たなくても出来ますよね(笑。




ではまたw
関連記事
スポンサーサイト

Comment

わたしの場合・・・ 

今のうんこさんはホント、固いです。
まるで兎のうんこさん(/_;)
東京にいた頃は、めっちゃイイうんこさんだったんですけどねえ・・・
実家に戻ってきた途端、兎のうんこさんに逆戻り。

リアルなうんこさんの状態って、直で精神の影響を受けているような気がします。
「ごくつぶし」としての罪悪感が、うんこさんを固くしているのかしら・・・

ちなみに、わたしは愛猫のうんこさんを、「ウンチッチ」、小の方は「チッチ」と呼んでいます(*^。^*)
  • posted by ねこきち 
  • URL 
  • 2010.02/19 01:35分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re:マイナスの感情も・・・(02/18) 

笑いながら読ませていただきました。

>これが非常に真面目で探究心や向上心の強い方であればあるほど「自己卑下」や「自己否定」におちいりがちになられるようです。
…はぁ。探究心、向上心はあんまり無い方だと思うけど、このパターンですよ私。真面目でしょうか。

>子供がトイレを覚えていくように。おねしょしなくなるように。
すごくわかりやすくてよかったです。トイレトレーニングの最中なんだわ!と思えたら随分気が楽です。
逆にですね…一目置いてる人やスピリチュアルを語る人がですね、うんこさんを垂れ流されておられるのを見てはうんこだけにうんざりしてました。
そのつど、掃除をすりゃいい。だけど、つい、見えないものだから後回しにしてしまいがちなんですよねぇ…(´`)
ちなみに私もよくうさぎのふんこさんです。

コメント入れようとして見つけましたが投稿時間5と0ですね。
「あなたの人生の変化が神聖で完全な秩序に従っていると知ってほしいという大切なメッセージです。
そうした変化は神からの贈り物であり、あなたのハイヤーセルフへの神の意志に沿っているのです。」
  • posted by ぴ子 
  • URL 
  • 2010.02/19 18:30分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re:マイナスの感情も・・・(02/18) 

マイナスの感情を持たないで生きるなんて私には無理です~(^_^;)
何かにすり替えてもどこかに無理が出るし
喜怒哀楽をしっかり味わないと面白くないですもん。
でも、ちゃんとトイレで流さないと・・・ですね(笑)
  • posted by ぽよ~ん 
  • URL 
  • 2010.02/19 20:17分 
  • [Edit]
  • [Res]

お返事 

ねこきちさん>
実は私もうんこさんには悩んでますw
まだまだ、取り込むばかりで出すのが下手なんですねぇ・・・orz。
小さいほうの「チッチ」は子供のころ、言われていたような気がします(笑

ぴ子さん>
おお~~♪ぴ子さんようこそ~~♪
真面目だとおもいますよ~。この場合の真面目は・・・え~と、なんというか自分について真剣に見つめようとしているというニュアンスなんですw。

うんこさんの垂れ流し>
がっ・・・・、そうならないように気をつけます(って、大丈夫だよねぇ・・・とお尻に手をやるのであつた・・・orz)
5と0>
これが笑えるんですよ!エンゼルナンバーありがとうございました!

ぽよ~んさん>
闇と光みたいなもので、どっちが善でも悪でもない必要な存在だと思います。
この3次元は色々な考えかたや色々な生き方。色々な人種(宇宙人さんもおられますしね~)のごった混ぜどんぶりか、バイキングみたいですよねw
喜怒哀楽のスパイスも大事ですね~
  • posted by 瑚☆月 
  • URL 
  • 2010.02/19 23:40分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re:マイナスの感情も・・・(02/18) 

瑚月っちゃんから言われた「怒っていーんですよ!!!!!」を思い出しました。
また最近うんこちゃんの排出方法に悩んでいました。
ちゃんとしたところで、すっきり出ればいいのですが…旦那さんには堅いうんこちゃんになったり、会社では下痢気味です。
食べ物を直そうか、薬を飲もうか、自己治癒で頑張るか…。うんこちゃんと相談です。
  • posted by なおぴむ 
  • URL 
  • 2010.02/20 11:37分 
  • [Edit]
  • [Res]

なおぴむさん 

>思い出しました
えへへ。あれからあっという間に時間が経ちましたよね~。色々ありましたよね(しみじみ
うんこさん>
私もリアルでこの課題に取り組んでます!
そのうちねw
  • posted by 瑚☆月 
  • URL 
  • 2010.02/21 00:56分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

プロフィール

瑚月 kogetu

Author:瑚月 kogetu
本職>某病院異端リハビリスト。
特技>体を含めものの声を聴く
焼き肉や鍋の時に同僚に重宝される特技でもある)。

東洋系治療と自然農法に興味あり。
『美しく生きる』を考えたい人。

ブログの中の私が体験した白日夢の奇譚は、患者様の特定を防ぐために整体師・耳視師という設定の中で「月櫻(つきお)」さんに小説:白日夢奇譚という形で語って頂いております。
飽くまで本職は病院勤務で整体院は営んでおりません。
ご了承下さい。



お手紙は こちら か、一番上のメールフォームからお願い致しますw。

counter

Archives&Category

 

淡々と百人一首

    右サイドメニュー

    検索フォーム

    QRコード

    QR

    ブロとも申請フォーム

    時節