Voiceless world ー魂魄白日夢奇譚ー

Voiceless world of the voice to you 声無きものの聲をあなたに。      人の不思議(魄)と白日夢の如き奇譚(魂)の物語

Entries

第五チャクラ系大御所?:歌エネ第4弾

今回も第五チャクラ活性系です。
名実ともに有名なギタリスト、「 ギターの神様」と呼ばれている
「エリック クラプトン(Eric Patrick Clapton)氏」

 

 

ウキペディアより>
クラプトンの功績は、「アフリカからアメリカに奴隷貿易によって連れてこられた黒人たちが起源の黒人の大衆音楽」=「ブルース」を、白人の感覚で解釈し直したことにある(ホワイトブルース)。ブルースの精神をロックと融合させることによって、より広い世界で鑑賞できる音楽に発展させた。また、ギターを単なるヴォーカルの伴奏から脱皮させた功績も大きい。



>>>>>>>>>>>>


有名だから大御所・・・というのではなく、
例の如く白昼夢のMY WORDからの話なのですが、
仮に音楽対する音楽ソウル・・・というものがあったとしたら・・・



クラプトン氏はかなり高位なようなんですね。
5次元くらいいかれているよう。
(生活ソウルは4次元~3次元間をいったりしてるかな。)



この方も同じ曲でも若かりしより今の方が、第五チャクラに響きます。
薬物依存症、息子さんの死や、自身の病、愛別離苦と人生の年輪を刻むことによって
「一芸の深み」を進んでいったのでしょうか。



映画に使用されている曲や有名な曲なので、どこかでお聞きにかった方も多いと思います。



今回ご紹介する曲は、ブログに載せたほうがいい曲ってのでリーディングしたものですが
2曲ともアコースティックギターでの演奏です。
(ほかにもロック♪って感じの曲もありますので、ご興味がある方はまた探してみてくださいませ)


一曲目
【チェンジ・ザ・ワールド】


二曲目は事故でなくなった息子さんに送った曲です
【Tears in heaven】

歌詞>
Would you know my name if I saw you in heaven?
Would it be the same if I saw you in heaven?
I must be strong and carry on
'cause I know I don't belong here in heaven


もし天国でお父さんがお前に会ってもお前は私の名前がわかるだろうか
もし天国で会っても昔のままだろうか
私は強くなくてはいけない, 生き続けなくてはいけない
私は天国にいるような男じゃないことはわかっているから


Would you hold my hand if I saw you in heaven?
Would you help me stand if I saw you in heaven?
I'll find my way through night and day
'cause I know I just can't stay here in heaven


もし天国でお父さんがお前に会ったら手を握ってくれるだろうか
もし天国で会ったら私が立っていられるように助けてくれるだろうか
昼も夜もがんばって生きていこう
私は天国にいられないことはわかっているから


Time can bring ya down
Time can bend your knees
Time can break your heart
Have ya beggin' please beggin' please


時には落胆するときもある
時にはひざまずきたいときもある
時には失望するときもある
時にはお願いだからと乞うときもある お願いだからと


Beyond the door there's peace, I'm sure
And I know there'll be no more tears in heaven


この扉の向こうに安らぎがある, きっと
そして私は知っている 天国にはもう涙はいらないことを


Would you know my name if I saw you in heaven?
Would it be the same if I saw you in heaven?
I must be strong and carry on
'cause I know I don't belong here in heaven
'cause I know I don't belong here in heaven


もし天国でお父さんがお前に会ってもお前はお父さんの名前がわかるだろうか
もし天国で会っても昔のままだろうか
私は強くなくてはいけない, 生き続けなくてはいけない
私は天国にいるような男じゃないことはわかっているから
私は天国にいるような男じゃないことはわかっているから

関連記事
スポンサーサイト

Comment

うわ~ 

2曲とも大好きな曲です。
にもかかわらず・・・久しぶりに聞きました(^_^;)

1曲目は胸の真ん中から喉へと何かがのぼってくる感じで・・・

2曲目は、いきなり涙。
まあこれは、歌詞の内容が内容なので、泣いちゃっただけかもしれませんが。

聞き終わって、頭がスッキリしています。
ありがとうございました~(^.^)/~~~
  • posted by ねこきち 
  • URL 
  • 2009.10/28 23:52分 
  • [Edit]
  • [Res]

おお! 

クラプトンの曲で唯一カラオケで歌うのがTears in Heavenです。歌いながら泣けてきちゃうんですよね・・・。この曲は原曲のクラプトンの声聞いてるだけでも泣けてきちゃうんですが。
Change the worldはいつも『ほにゃらっら ユーニバ~ス♪』とかですけど(笑)
  • posted by Marchang 
  • URL 
  • 2009.10/29 01:53分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re:第五チャクラ系大御所?:歌エネ第4弾(10/28) 

わーい!今回はクラプトンなんですねー。
イーグルスもクイーンもクラプトンも高校生の頃聞いていて勿論好きなのですが、25年のときを経て聞くとまた違った感覚で揺さぶられますね。

体なのか?魂なのか?記憶なのか?歌を聴くと勝手に反応するのですよね。
人の奥底に働きかける曲を生み出せるって本当に素晴らしいですねー。
語彙の乏しい私はいい年して「すげー!すげー!」の連呼です。「なんもいえねえ」ってやつです。

これからも兎月さんがどんな歌を紹介してくれるのかとても楽しみです。
ありがとうございました。
  • posted by mun 
  • URL 
  • 2009.10/29 10:59分 
  • [Edit]
  • [Res]

涙… 

はじめまして(^^)

クラプトンいいですよね~

1991年、息子を亡くしたクラプトンを励ますために、ジョージ・ハリスンが誘ったというコンサートに行った時のことを思い出しました…
その時を思い出し、涙、涙です…

ベストチョイスを有難うございました♪
  • posted by water 
  • URL 
  • 2009.10/30 19:40分 
  • [Edit]
  • [Res]

お返事 

◆ねこきちさん
感度いいですね!。のっけたかいがございました~。
こちらこそありがとうございます!

◆Marchangさん
日本語もままならないわたくしは、英語の曲なぞ蜘蛛の上~。今日は同僚に付き合って2年ぶりにカラオケにいきましたが、曲の合間の英語フレーズですら撃沈・・・・。うらやましっす。

◆munさん
色々な曲や歌手がおられると思うのですが、相方がよく聞く曲でリーディングしちゃうんで、どうも70年代色が強くなります。
けど、同じ曲でもほんと、若い頃と今歌われているんのでは違うんですよね。人が味をだすには、いい歳の取り方って大事なんだな~と思いますです。

◆waterさん
お初コメントありがとうございます~。
コンサートいかれたんですか。
私は相方さんの影響で近年おなじみになったのですが、一回コンサートで生音を拝聴したいとおもいますです。
  • posted by 兎☆月 
  • URL 
  • 2009.10/31 00:34分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

最新記事

プロフィール

瑚月 kogetu

Author:瑚月 kogetu
本職>某病院異端リハビリスト。
特技>体を含めものの声を聴く
焼き肉や鍋の時に同僚に重宝される特技でもある)。

東洋系治療と自然農法に興味あり。
『美しく生きる』を考えたい人。

ブログの中の私が体験した白日夢の奇譚は、患者様の特定を防ぐために整体師・耳視師という設定の中で「月櫻(つきお)」さんに小説:白日夢奇譚という形で語って頂いております。
飽くまで本職は病院勤務で整体院は営んでおりません。
ご了承下さい。



お手紙は こちら か、一番上のメールフォームからお願い致しますw。

counter

Archives&Category

 

淡々と百人一首

    右サイドメニュー

    検索フォーム

    QRコード

    QR

    ブロとも申請フォーム

    時節