Voiceless world ー魂魄白日夢奇譚ー

Voiceless world of the voice to you 声無きものの聲をあなたに。      人の不思議(魄)と白日夢の如き奇譚(魂)の物語

Entries

追伸>愛って言葉は・・・

前回の日記の追伸になりますです。

えっと・・・
わたくし・・・本来「愛」って言葉は軽々しく使うものではない・・・と思っています。


すぴ系の本やHPで
「愛しましょう」
「愛し合いましょう」
「愛が大事です」

という言葉を見るたびに、「愛」ってそう簡単に「します」とか「できる」ものなのかな?
と思うへそまがりでもあります。


その私が、昨日「愛」っつう言葉を書きました。


なぜなら、あの胸に湧いてきた「あたたかい」「いとしい」感情を
他に言い表す言葉がなかったからです。


それは私自身に湧いてきて、
私自身が感じたのもでした。


だから、愛し合いましょうという呼びかけではなく・・・
自分が感じたものだから、生まれてきたから
今あるから

贈れる・・・
贈りたいから・・・・と感じて、それが「愛します」という言葉になりました。


愛って、いうものほど
言うは易し、行うは難しの代表の一つのような気がします。



けど、一度湧きあがると
心身ともに忘れられない経験になります。



一度経験すると・・・
その思いを再び表出することもしやすくなるのかもしれません。



かくゆう私も「愛」ってが「こういう思いなんだ」と実感するまで、愛がわかりませんでした。
親から友人から・・・与えられるばかりだと、わからないんですね・・・・。



行わないと判らないんですね。
自分で生み出さなと得れない至上のもの。
けど、得たら絶対誰にも取られないもの。


のような気がします。




ああっ、追伸でした(脱線したぁ~)



詩の中で、

「やり方がわからなかっただけ
尋ね方がわからなかっただけ
学ぶ方法がわからなかっただけ」

という一文があります。



判らないってことがわかるってのがまず一番大切。
リハビリでの「苦手な事」がわからないと「よくなる」事がわかりませんので
これを「アウェアネス(気づき)」と言ってとても大切にします。


まず、気が付いたという事で自分を誉めてあげて欲しいです。
だって、これから改善できるよってサインをもらったようなものですから。


で、大事なのは「気がついた」後には「行動すること」
けど実はこれが難しいと思います。
じゃ、これからどうすればいいのかの兎月的一例を挙げたいとと思います。


まずは、
1)自分が持っていないと思ったものを持っている人とお近づきになる。

類友という言葉があります。
貴方が「素敵だな」とか「いい人だな」と思える方はきっとそれだけのエネルギーを持っている方ではないかと思います。
その人と交流したり、眺めるだけでも、その方のささやかな行動や言葉などなど・・・、
学ぼうと思えば、気づかせてくれることがいっぱいあるのではないかな・・と思いますです。



「お手本」ですね。




新しい交流もいいですし、
逆に、今までの人間関係の中で、人のいい面を探す・・・というのもいいかもしれません。



自分は一日家や一人職場でそんなに交流ないわ・・・という方。
確かに、そういう方と実際に知り合いになれるのが一番ですが、
素敵な生活をされている方の本を読んだりというのでもいいかもしれません。



その場合、あえて・・・まんなすぴ系以外の方をお勧めします(爆。
「実生活」に根ざしている方の生活や考え方に触れる事もいいのではと思うからです。


ファッションでも
エコでも
エッセイでも
収納上手な人の本でも


いいエネルギーを持っている方のお話はちゃんと筋が通っていて
読んでてわくわくしたり、「ああ~、こんなのいいな!」という行動力を出してくれたりします。


または、「自分を大事にする」ことから初めてもいいですね。

食事だったり
睡眠だったり
休養だったり
健康について、本当に自分を大事にするって事はなになのか?

それについて、行動したりしてもいいように思います。



上記は「学ぶ方法」の一案です。
そして、実際に素敵な人、見本にしたいなという人(笑顔が素敵なAさんとか、かたずけ上手なBさんとか、身近な一見ささいな事でも)や、本から「やり方」を教えてもらう。


で、「尋ね方」は・・・・



行おうという勇気があったら、貴方の心から生まれてくると信じています。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

やり方、尋ね方、学ぶ方法。 

兎月さん、こんにちは。
先日はご返信ありがとうございました。

前回の詩は、いたるところ、というか全てが、シンクロしていたのですが、
「やり方がわからない」辺りのくだりは、その中でも
、(そうそう)、という部分でした。
自分が、というのもそうですが、相手もどうしたら良いのか判らないんだろうなぁ、と思いつつ、
腹が立つのが先で、文句ばかりになってしまいます。

今回の記事を読んだという事は、まず、やり方を考える、または相手にこうすればいいのよ、と教えることが先決なのかな、と思いました。

自分を好きになれるようにと、メッセージをありがとうございました。
いたたたた!という感じです^^;
心の扉、がっちり閉まっていますです。
きっと、チャクラにも何かが詰まっている事でしょう。
胸が苦しい毎日です。

は~、解放開放・・・。   
  • posted by ルーツ 
  • URL 
  • 2009.10/28 09:57分 
  • [Edit]
  • [Res]

ルーツさん 

私も「あかんなぁ~」とか「どうやったらいいのか」って考えちゃう事が多々ありますです。

結局、人を変えるには自分から・・・を目標に頑張るのですが、やっぱり大きな課題の時はなかなか「はいはい」という様にはいきませんですね。
どこまでやれるか、って今私もその時期にきてます。
自分の思考が現実を作るって法則に目の前の課題が勝てるなら・・・その時は人さまにも例として言えるよねって・・・って。
お掃除は一度したら永遠にしなくていいものではなく、やっぱり定期的に・・・そして時には大掃除なみに、さらには「引っ越しなみ」にやらなくちゃいけない時があるんですよね。今、私も引っ越しなみです(笑
  • posted by 兎☆月 
  • URL 
  • 2009.10/28 23:27分 
  • [Edit]
  • [Res]

兎☆月さんへ 

こんばんは。
引越し並みの大変な時に、ありがとうございます。

>自分の思考が現実を作るって法則

夏頃から、更に、現実化のスピードが速くなっていると言われているので、ぐるぐるしないように思っていたんですが・・・。

もともと、落ち込んでいるのは好きではないので、それに浸っている訳ではなく、迷路にはまっていたんだと思います。
お陰さまで、出口が見えてきました。
ありがとうございます^^
  • posted by ルーツ 
  • URL 
  • 2009.10/29 20:50分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

プロフィール

瑚月 kogetu

Author:瑚月 kogetu
本職>某病院異端リハビリスト。
特技>体を含めものの声を聴く
焼き肉や鍋の時に同僚に重宝される特技でもある)。

東洋系治療と自然農法に興味あり。
『美しく生きる』を考えたい人。

ブログの中の私が体験した白日夢の奇譚は、患者様の特定を防ぐために整体師・耳視師という設定の中で「月櫻(つきお)」さんに小説:白日夢奇譚という形で語って頂いております。
飽くまで本職は病院勤務で整体院は営んでおりません。
ご了承下さい。



お手紙は こちら か、一番上のメールフォームからお願い致しますw。

counter

Archives&Category

 

淡々と百人一首

    右サイドメニュー

    検索フォーム

    QRコード

    QR

    ブロとも申請フォーム

    時節