Voiceless world ー魂魄白日夢奇譚ー

Voiceless world of the voice to you 声無きものの聲をあなたに。      人の不思議(魄)と白日夢の如き奇譚(魂)の物語

Entries

子供たちのヒーロー

昨日お祭りの追加>

お祭り最後の大仕事は、とても急な神社の階段を、滑車&ロープ&人力で上がっていく太鼓台。


みるからに太い丸太、
太鼓台の中には幼稚園くらいの子供が6人ほど乗っています。
重いぞ!


坂を一気に駆け上がるかと思った太鼓台が、あともうちょっとの処で止まってしまいました。



去年よりちょっと大きくなった境内入口の木が引っ掛かりそうになったのです。
急坂で台が滑り落ちないように支える男性軍に、私も思わず合掌して祈ってしまいました。


「や~れっ!!!」
という大きな掛け声とともに、太鼓台を少し斜めにします。


そして







一気に駆け上がりました!



その気迫!思わず拍手喝さいでした。
が、
次の瞬間、感動している私をもっと感動させた声が聞こえました。



「かっこえええええ~~~~~~!!!!すっげ~~~~~~!!!!」



いつの間にか私たちの横に小学1年生くらいの男の子が4~5人。
彼らも、固唾をのんであの場面を見守ったのでしょう。

のぼりきった途端、
感動が爆発したみたい。



「すっげ~~~~!!!、すっげ~っぞ!」
子供たちは、身体いっぱいに叫びながら上がった太鼓台に向かって駈けて行きました。





それは、おっちゃん達のだれか一人にではなく。
大きなものを、力を合わせ声を合わせ・・・「みんなで」成し遂げた大人の気迫と団結に心打たれたのではないかと思います。





彼らが見ていた、おっちゃん達は




自分の父かもしれません
近所の人かもしれません

また

まったく知らないおっちゃん達かもしれません


けど、あの瞬間



彼らにとって「遠い存在」のおっちゃんが
「すっごくかっこいい」ヒーローになったのだと思います。







あんなに、身体いっぱいに感動を表わしている子供ちゃんの姿を・・・・
長い間見ていなかったような気がしました。



おっちゃん達は、男の背中で見事に語たんですね・・・。


<子供ちゃんいっぱいのお祭り風景>
Image153.jpg

関連記事
スポンサーサイト

Comment

Re:子供たちのヒーロー 

改めて、お帰りなさい。山を登って、見回したらまた…山。
あといくつ山を超えたらいいのかなぁ~。でも超える力があるってのも良いことなのかと少しだけ思うようになりました(^o^)
御輿をかつぐおっちゃん達はかっこ良かったんでしょーねー。
働く男、素敵ですよねぇ~!!
先日は神社の修理をしてるおっちゃんや若者を目にしてかっこえぇ~と、見てた私です(^-^)v
  • posted by しょう 
  • URL 
  • 2009.10/20 01:00分 
  • [Edit]
  • [Res]

おまつり♪ 

男性はおまつりのときは1.5倍増しでかっこよくみえるかも(笑)

ところでリンクさせていただきました、事後報告でごめんなさい。
よろしくおねがいします。
  • posted by じゃむ太郎525 
  • URL 
  • 2009.10/20 09:51分 
  • [Edit]
  • [Res]

お返事 

◆しょうさん
超える力>
といいますでしょうか・・、うまい具合に難易度というか根本の根本(魂起源までいくかっ)にすすんでいきます。
人って、こんなにも課題が多いのかとびっくりしますです(-"-)

◆じゃむ太郎525さん
かっこよく>そうですよねww
そういえば、火事場の消防士さんの気迫にも身体が震えるほど打たれた事もありましたね。
リンク>
どぞどぞ、こちらこそお礼も申し上げずすんませんでした。
  • posted by 兎☆月 
  • URL 
  • 2009.10/20 21:43分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

プロフィール

瑚月 kogetu

Author:瑚月 kogetu
本職>某病院異端リハビリスト。
特技>体を含めものの声を聴く
焼き肉や鍋の時に同僚に重宝される特技でもある)。

東洋系治療と自然農法に興味あり。
『美しく生きる』を考えたい人。

ブログの中の私が体験した白日夢の奇譚は、患者様の特定を防ぐために整体師・耳視師という設定の中で「月櫻(つきお)」さんに小説:白日夢奇譚という形で語って頂いております。
飽くまで本職は病院勤務で整体院は営んでおりません。
ご了承下さい。



お手紙は こちら か、一番上のメールフォームからお願い致しますw。

counter

Archives&Category

 

淡々と百人一首

    右サイドメニュー

    検索フォーム

    QRコード

    QR

    ブロとも申請フォーム

    時節