Voiceless world ー魂魄白日夢奇譚ー

Voiceless world of the voice to you 声無きものの聲をあなたに。      人の不思議(魄)と白日夢の如き奇譚(魂)の物語

Entries

兎月的『乗り物酔い』その2

前回、乗り物酔いについて感じた事を書いたのですが、頂いたコメントを拝見して自分でも不思議に思った事があったので右近さん(兎月についてくれている神霊界系エネルギー体さん:実は以外に古く~アトランティス時代~からのお付き合いらしいという事が最近判明)
に尋ねてみた処、

珍しく(おいw 
教えてくれましたのでカキコします^^。


まず、不思議に思ったのは
「船」と「飛行機」と「車」と「電車」の違い

これは大丈夫だけど、あれは苦手ってありますよね(゚Д゚ )
この違いは何処からでるのか???


その時の精神的だとか、肉体的だとか色々違いはあるのですが、
まずチャクラだけで見てみると


◆「車」は第一チャクラがしっかりしていればOK
但し、自家用車の場合で、タクシーやバス、電車など「他の人の気」が残存しているものは、第5(人に流されない自己表現)が関与してくるようです。
人ごみにいくと気持ち悪くなるタイプも似ているでしょうか


◆飛行機
第一と第二が関与しているようです。

◆船
第一と第六が関与しているようです。
第六チャクラは身体でいうと耳や神経系にも影響しているようなので、この場合三半規管に影響・・・という感じでしょうか


また、『体力がある方、体が丈夫な方』は、
「健全な肉体に、健全な魂が宿る」を字の如く行っているので、影響が出にくい場合があるようです。
(肉体がしっかりしているって、実は、すごいグランディングになるし、霊障とかに対して強い防御になるんですよね。)

「魂の器」が「肉体」な訳ですから、器が頑丈なら、魂も守られるわけですね~(゚Д゚ )。


かくゆう、兎月は、小児期に親が離婚騒動(そのまま離婚しましたが)&虚弱体質だったもので、もう全ての乗りものに対して「乗ると酔いの兎月」って感じでした。

何時の頃からか、車が大丈夫になり、バスが大丈夫になり・・・タクシーは大分苦手(臭いもあったのですが。あれは子供の三半規管に影響を与える香なんじゃないか!?)でしたが、乗れるようになり


今では十数時間かけて飛行機でヨーロッパやアメリカにいけるようになったんですから、
成長したんですね・・・


う~む
人は成長する生き物だ

また、飛行機や船でズレてしまった時は、お子様は修正が利き易いので、乗り物から降りて歩いたり、お家で寝ているうちに戻る場合が多いようです。
やっぱり「歩く」っていいんですね。
予防策として乗り物に乗って直ぐに、親御さんがグランディングをイメージされるのもいいみたいです。
(根っこが大地にとか、錨を下ろすとか、色々なイメージ方法がありますので好みのものを御使い下さいませ)

ちなみに、込んでいる電車やバスで、車両やバスの天井と床の四隅(計8箇所)と真ん中(であろう場所)にイメージで錨を地底に下ろすなどのグランディングをイメージすると、車内の雰囲気が良い方に変わったりします。


グランディングのツワモノの方は、電車でグランディングをすると、揺れても倒れないそうです(この境地にはまだ不十分で、兎月はちょっと踏み外しちゃいます^^;。まだまだだな~~)

宜しければお試しあれ。




以上、『あくまでも』
兎月的な情報ですので、一つの物事を多方面からみるための、ほんの一方向として捕らえていただけたら幸いです^^。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Re:兎月的『乗り物酔い』その2(05/10) 

兎月さん こんにちは♪

私が6年生になるまで自家用車がなく、バスやタクシーの移動では100%酔っていました。
遠足のバスも一番前で思いっきり酔ってしまうほどでした。
でも、自家用車が来てみると、もうグーグー寝るわ寝るわで「家→乗る→寝る→現場→乗る→寝る→家」でした。
高校生になり、通学に1時間以上かかるところへ行くことになった時は、「自転車→地下鉄→バス」のありえない移動で母親はたいそう心配したそうです。
が、無事に通学できてましたね~。
これは、高校で水泳部に入ったおかげかもしれません。やっぱり体が丈夫になれば多少のことなら跳ね返してしまうんですかね。


  • posted by なおぴぃー 
  • URL 
  • 2009.05/11 12:27分 
  • [Edit]
  • [Res]

グラウンディング 

兎月さん こんにちは。

この間、オーラ写真をとって定期的に自分の
チャクラ状態をみてるんですけどね、
私は、第1と第2チャクラが特に弱く、
点なんです!!(グラウディングが弱い)
車・船酔いをよくするのでグラウンディングと関係あるかなあと思っていたところ
兎月さんのブログ!!
昨日も長時間バスに舟にと乗り、
酔ってしまった私。
わ~なるほど。すごく納得!勉強!になりました。
グラウディング大切ですね~
どうりで姪や甥にまで、プワプワといわれる訳です。。。
  • posted by milk tea 
  • URL 
  • 2009.05/11 12:43分 
  • [Edit]
  • [Res]

記事とは直接関係ないのですが…… 

数日前、まどろみの中で久しぶりに言葉が浮かんできて、寝ぼけながらメモったのがこれ。
     ↓
アトランティスの再生がはじまった。
つぶされていたものが再生する。
アトランティスの夢が再生する。

……なんのこっちゃさっぱりとわかりませんが(^_^;)
記事の冒頭にあった「アトランティス」というワードにひっかかったので、書きこませて貰っちゃいました。
すみません<(_ _)>
このコメントに変身……いや、返信は不要です。
返信のしようが無いですものね(^_^;)

それでは、お身体ご自愛くださいませね~(^.^)/~~~
  • posted by ねこきち 
  • URL 
  • 2009.05/12 11:00分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re:兎月的『乗り物酔い』その2(05/10) 

こんにちは。先日はありがとうございました。

トップにあるお塩を取り寄せて使っています。いやーすごいですねー。お風呂に入れたら、気中りしました(笑)。徐々にならしていこうと思います。

乗り物酔い。
私も子供のときはひどかったですが、今は、船以外は「酔う」ことはほとんどありません。でも、

特急列車、長距離バス→ 走り出して10分で意識不明
飛行機→ シートベルト着用と同時に意識不明

ちなみに無理やり起きていると、5~6時間くらいまでの乗車時間なら、降りたときに足元がふらふらし、13時間くらい乗る場合、中身が身体からはずれてしまって降りた後に24時間くらい頭痛と吐気のオンパレードという大変なことになります。(←体験済み)

この記事を読んで、大変勉強になりました。次は機内でグランディングを心がけてみます。そしたら、少しは楽に移動ができるかな~。
  • posted by すず 
  • URL 
  • 2009.05/12 16:45分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re:兎月的『乗り物酔い』その2 

兎月さん、お久しぶりです。
o(^-^)o
コメント欄で気になる事がありました。
ねこきちさんの浮かんだ言葉です。
5/9の満月、ウエサク祭の日に遠隔ヒーリングをされていたお方がおられました。
そのお方が受けたメッセージで、似た言葉がありました。
『アトランティス時代の封印が解かれる。テレパシィを使い、想念が現実化する。』と。
正解に記憶してませんが、こんな感じのメッセージを瞑想中に受けたと書いてました。
日にち的にも近いなぁと思いコメント致しました。
勝手ながらコメント欄を使わせていただき、すみません。
  • posted by ひかる 
  • URL 
  • 2009.05/12 20:05分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re:兎月的『乗り物酔い』その2 

今、まとめて読んでました。
o(^-^)o
ある神仙道グループの複数の方々の神示の中で、『日本の神々は八百万と言いますが、突き詰めると十二神である。』とありました。
兎月さんのいう十二神も、そんな意味合いなのでしょうか?
^^
また、キリストの十二使徒と、構図として何か関係があるのかな~?
十二神というワードを
その神仙道グループ以外で初めて聞いたので興味深いで~す。
o(^-^)o
  • posted by ひかる 
  • URL 
  • 2009.05/13 01:11分 
  • [Edit]
  • [Res]

亀お返事。・゚・(ノД`)・゚・ 

なおぴぃーさん>
全ての方がそうではありませんが、「体が丈夫」→「身体に注意を向ける」→「体を愛する」=体を現す下位チャクラが安定してくる・・・という感じなのかもしれませんですね。
いい意味で「自我」(自分に責任を持てたり)などの精神的なチャクラも活動してくるのもあるかもしれません。
なんせ、不思議ですね~。

milk teaさん>
ほぁぁ(゚Д゚ )。やっぱり関係あるみたいですね(おいw)。
甥や姪に>
分かる甥御さんと姪御さんが凄い!。

ねこきちさん>
いえいえ。なんかアッチこっちで色々なものが統合されたりしていますし、その中で、アトランティスの記憶と統合されている方々も多いようですし・・・。
さこきちさんのコメントで、「(゚Д゚ )」って思う方がいるかもしれませんですね(兎月はボケボケですが・・・orz)
ねこきちさんも、お体大切にしてくださいね~♪

すずさん>
お塩の気にあたちゃいました?!Σ( ̄□ ̄;)。
すんません~。今後、使用上の注意に書き込みしますです。

「寝ちゃう」ってのも、きっと防御の一つなんでしょうね~。私も、酔わなくなる前はよく寝ていたような気がします(その前は、気持ち悪くて寝れなかったような・・・^^;)。
すずさん、長旅でらっしゃいますもんね~。
お気をつけて行ってらっしゃいませ!
  • posted by 兎☆月 
  • URL 
  • 2009.05/13 22:15分 
  • [Edit]
  • [Res]

亀お返事。・゚・(ノД`)・゚・その2 

ひかるさん>
おおっとΣ( ̄□ ̄;)。ごめんなさい!ねこきちさん!やっぱり、ねこきちさんのコメントに反応された方がおられたんですね!!(コメントを拝見しながら、レスを順番に書いていたので失礼しました)。
無意識界ではソウルグループが繋がっているといいますし、メッセも伝わっているのかもしれませんですね(゚Д゚ )。ひかるさん、ありがとうございました。

ひかるさん>その2
え~と^^;。そう深く考えてないというか、日本の神社を回らせていただいて、最終的にクリロズというアストラル宇宙船(他ブログ「なにが見えてる?」参照)の日本周遊の下準備をさせて頂いたことで、以後「協力してあげよう」と名乗りを上げてくださった主な方々が12神おられたという感じです。
とはいえ、この方々以外にも、数神、エキスパートでお願いする事もあります(国之常立神とか、弁財天とか・・・)。異名同神の説もあるので、私の感じたものをあえて申し上げはしないのですが・・・
「八百万」の神々の事を聞く度に、昔の日本の人々は、「精霊」とかではなく、日常のあらゆるもにの「神性」というか「尊い」「感謝」(「畏怖」も在りますが)の気持ちを持っていたのだなと、感慨深いものを感じますです。
12という数字は、方位も12ですし、不思議な数字ですね。
  • posted by 兎☆月 
  • URL 
  • 2009.05/13 22:29分 
  • [Edit]
  • [Res]

気中り 

おっほっほ。鞍馬山で気中りし、かけ流しの温泉に5分以上入ると湯中りする私ですから!

自分の体質を省みず最初っからドバドバ入れたのが敗因ですた。今はもう平気&気持ちいいです~。このお塩、それくらいエネルギーが強いってことですね~。

口から入れる分には平気なんだけどな~。と書いていて、はたと思いました。そういや、私は栄養を吸収しにくい体質でもありました。口からの摂取が平気なのは、そのせいか orz...
  • posted by すず 
  • URL 
  • 2009.05/14 17:59分 
  • [Edit]
  • [Res]

またしても 

コメント欄、勝手に拝借させていただきます(^_^;)
ひかる さん、ありがとうございました<(_ _)>(^.^)/~~~
  • posted by ねこきち 
  • URL 
  • 2009.05/15 04:51分 
  • [Edit]
  • [Res]

亀亀お返事 

すずさん>

う~~~ん、なんたる繊細なお体^^;。
>口から・・・栄養が・・・
そういう、落ちできましたか!?
しかし・・・そうなるとやっぱり繋がっていますよね

ねこきちさん>

どぞどぞ♪
  • posted by 兎☆月 
  • URL 
  • 2009.05/16 14:56分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

最新記事

プロフィール

瑚月 kogetu

Author:瑚月 kogetu
本職>某病院異端リハビリスト。
特技>体を含めものの声を聴く
焼き肉や鍋の時に同僚に重宝される特技でもある)。

東洋系治療と自然農法に興味あり。
『美しく生きる』を考えたい人。

ブログの中の私が体験した白日夢の奇譚は、患者様の特定を防ぐために整体師・耳視師という設定の中で「月櫻(つきお)」さんに小説:白日夢奇譚という形で語って頂いております。
飽くまで本職は病院勤務で整体院は営んでおりません。
ご了承下さい。



お手紙は こちら か、一番上のメールフォームからお願い致しますw。

counter

Archives&Category

 

淡々と百人一首

    右サイドメニュー

    検索フォーム

    QRコード

    QR

    ブロとも申請フォーム

    時節