Voiceless world ー魂魄白日夢奇譚ー

Voiceless world of the voice to you 声無きものの聲をあなたに。      人の不思議(魄)と白日夢の如き奇譚(魂)の物語

Entries

『出会うまで その1』

茶巫女は、何度も何度も転生をした。
今生までの転生回数は約500回以上。

通常の転生回数の平均の約倍あるそうだ。



その中には、銀巫女の本体の記憶と類似する転生もあった。
その中の一つ・・・・。

時代はアトランティス
(といってもレムリアの存在時代と重なっているかもしれない。移行期?)



ゆるやかな超ロングの金髪・・・白い長いローブの様ものを着ている。
女性ではなく『男性』


彼が私の中に現れたのは、トリトンさんが2月の連休に、九州から兎月の所に来る間際だった。
過去生らしいよ?と話すと、トリトンさんは兎月に「彼の名前は?」と尋ねた。


すると、

金髪の彼は「おしえないね~。付けてみな。そう、トリトンに付けさせろ」と言う。
トリトンさん、頑張って幾つか名前を挙げるが・・・
「気にくわね~」と金髪。



考えこむトリトンが気の毒になって、兎月は『彼』に尋ねた。
「ねえ、やっぱりトリトンさんが付けるの?」
「そう。つけてみな」
イメージでは、腕を組みながら、どんなのを出す?って感じで笑う『彼』。

トリトンさん、悩なやんだあげく、そしてついに・・・
「レイ」という名前が出た。


「レイか・・・・」『彼』の顔がふとほころんだ。
気に入った・・・という感じの返事だった。


その後、兎月二人っきりでレイと話をした。


すると・・・長いストレートの銀髪の巫覡風の女性が浮び出たきた。
「それ・・・もしかしてトリトンさん?」


その瞬間、いっきに、色々なイメージが走馬灯の様に流れだした。
彼は今のハワイ諸島に位置する、ある小さな島の話である。
その時は、男性でその島の知事の様な役割をしていた。

そして・・・銀髪の彼女は巫覡であり、彼の愛する人であり、
同時にトリトンさんの過去生でもあった。

しかし、彼女は巫覡の身ゆえ、その時は結婚しておらず・・・

深く・・・深く・・・大事で大事で・・・本当に大切で
心で愛し合ってました。


彼がトリトンさんに、名前を付けさせたのは、彼女であった彼が自分の名前を思い出せるか?
そう思って尋ねたのであった。

そして出てき名「レイ」は

彼の名ではなく、
心から愛した「彼女の名の一部でした」
彼女の名は


『レイラリア』


彼(レイ)はこうつぶやいた。
「自分の名ではなかったけど・・・愛する彼女の名の一部であるなら・・・十分満足だ」


>>>>>>>>>>>>>

次のイメージで、彼女は死に至る。
その力の為に、科学者の実験によって・・・・
(この情景はさつきのひかりさんのブログにあります。)

国を挙げた実験のゆえに、統治者という立場ゆえに、彼は、止めることが出来なかった。
冷たいガラスの中で、徐々に死に行く彼女を止めることが出来なかった。

・・・・・・・・そして、『彼』は一人残ったのであった。
関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

プロフィール

瑚月 kogetu

Author:瑚月 kogetu
本職>某病院異端リハビリスト。
特技>体を含めものの声を聴く
焼き肉や鍋の時に同僚に重宝される特技でもある)。

東洋系治療と自然農法に興味あり。
『美しく生きる』を考えたい人。

ブログの中の私が体験した白日夢の奇譚は、患者様の特定を防ぐために整体師・耳視師という設定の中で「月櫻(つきお)」さんに小説:白日夢奇譚という形で語って頂いております。
飽くまで本職は病院勤務で整体院は営んでおりません。
ご了承下さい。



お手紙は こちら か、一番上のメールフォームからお願い致しますw。

counter

Archives&Category

 

淡々と百人一首

    右サイドメニュー

    検索フォーム

    QRコード

    QR

    ブロとも申請フォーム

    時節