Voiceless world ー魂魄白日夢奇譚ー

Voiceless world of the voice to you 声無きものの聲をあなたに。      人の不思議(魄)と白日夢の如き奇譚(魂)の物語

Entries

その2:命なき者はなし

彼をどう手助けできるか・・・
考えた時に、それまでバラバラだった3つのピースがつながりました。
ピース:その1はメッセージから。
そして

 


【ピース:その2~刻まれたもの】
私達は、目の前から消えれば、それがわが身に関係なくなると思い勝ちですが、実は、リアル(現実)の世界には『幻肢』という現象があります。



これは、幻の肢(身体)と字の如く、事故や疾患等で手足が無くなった後も、其処に無くなった手足があるように生ナマしく感じ、『動かせる』という症状を言います。


兎月は、以前通称『手の外科』と言われる、手指や腕の切断・再接着などを行うやや特殊な医師の元でリハビリ業務をしていたので、実際にこの症状を持つ方々に出合った事があります。


無くなった4本の指が、硬く握りしまり掌に爪が食い込む痛さを感じていた方。
無いはずの親指が痛くてたまらない方。
このように、幻肢が激しい苦痛を生じる場合を『幻肢痛』といいます。


リハビリではその『見えない手や足』も治療したり、有効利用する事があります。



幻肢についての論文は少ない中、比較的読みやすくて『脳で起きる不思議な出来事』をかいている本があります(リハビリ関係者や病院関係者の方は、ちょっと見てみてもいいかも。




以下はこの本の中にある実話の一つです。

ある著名な医師が居た。
彼は、バージャー病(ふくらはぎの筋肉に強い脈動性の疼痛が起きる病気)の為にズキズキと痛む痙攣(けいれん)を起すようになった。
色々な治療法を試したが痛みはまったく治まらず、絶望的になったその医師は足を切断す決心をした。
それ以上、痛みを抱えて生きていく事が出来なかったのだ。
彼は、同僚の外科医に相談をして手術を決め、そして特別な頼みごとをした。

『切断した足をホルマリン容器に入れて、渡して欲しい』と。


外科医は承知して、切断した足を保存容器に入れ、彼に渡した。
医師はそれを自分の研究室に置き
「さあ、ついにこの足を眺めて『とうとうお払い箱にしたぞ』とあざ笑ってやれる」と言った。


しかし


最後に笑ったのは足の方だった。


ひどい脈動性の痛みが幻肢に戻ってきたのだ。

>>>>>>>>>>『脳のなかの幽霊』第3章幻を追う P87より抜粋>>>

 

無くなっても、見えなくなっても、自分から捨てても・・・
それが課題であったり、余りにも強いものであった場合・・・
この幻肢の様に、現れる時があります。


【彼は気がついた。無くなった、自ら『排除』したはずの、あの忌々しい「心の痛み」がまだある事を!!!】~前回の日記より


この彼の心の痛みは、その幻肢を思い出させました。


【ピースその3:ドラマの題名】
TVを殆ど見ない。ましてドラマは一切みない兎月。
その兎月にここ数日あるドラマのタイトルが何度も耳に入って来ました。

そのドラマは『ヴォイス・命なき者の声』


 

どんな内容かな~と、PCで見てみたら心霊物ではなく(すんません
遺体の検死から色々な情報(声)を得ていく法医学生のドラマでした。


兎月の所に来た彼の事を想っている時に、
その事が唐突に浮かびました。


そして、ふと思ったことは・・・・

 

『命なき者はいない・・・・』と言うことでした。
『肉体の無いもの』はいる。
けど、命=魂の無いものは居ない。

 

ドラマの批判とかでは全然なく(本当です)、

肉体が無くなっても、
命は存在し続ける。


そう、強く感じたのです。


>>>>>>

彼女(兎月)は大きく息をすった。
そして、彼に話始めた。


職場に向かう電車の中で。
誰も一人で座っている彼女が「話している」とは思いもしないだろう。

 

〇〇さん。
貴方は、痛みから離れられると想ったのですね。
そして、最初はその自由に喜んだ。

けど


幻肢の様に、その痛みは貴方から離れる事が無かった。


命なきものは無い
肉体は無くても、貴方の魂はなくならない。
貴方の魂は切り離す事は出来ない。


肉体の眼は閉じる事が出来ても
魂の眼を閉じる事が出来ない事が、分かりましたね。


『彼は頷いた。』


多分、貴方が、貴方の課題を済まさない限り、その痛みは消えないでしょうね・・・。
そして、その痛みがゆえに、光るわが子には近づけないのですね。


貴方は、貴方の手で掴み、貴方の足で進まなくてはいけない。
肉体は無くなっても、魂の手足はあるのだから。

 


<では、どうやって課題をといたらいいのか?
彼のハイヤーセルフも「手伝えない」と言った。>


メッセージの文章が浮かぶ。

【あなたの心にはあなた自身がもって来た宝物がある】
【それは貴方の心を照らしてくれる】
【その貴方の思いが、今、尊く、あなた自身を導く。
心がソラの様に静まったら、手を握って胸にそえ、自分の中の夜空に探そう】


彼女は心の中で、彼に向かって叫んだ。

 


貴方の中に貴方がもって来た宝があります!
貴方自身を照らしてくれる!
そして、大事なものを照らしてくる宝が!
探してください!

夜の様に静かな心で、深く、深く・・・貴方の中の光を探して下さい!


そして・・・見つかったら私に教えて下さい。


彼は頷き
そして、彼女の中からひと時、その存在が消えた。


彼女は駅を出て、職場に向かって歩き出した。
 
しかし、彼に「そう」言ったものの・・・
実は、彼女自体不安を感じていた。


本当に、「それ」で彼の心の次元が上がるのか?
人を死においやった大きな苦しみが、そんな事で解消するのだろうかと。

 


職場について、仕事の準備をしている時、
『合図』があった。


彼が帰ってきたのだ。
それと共に、

 

大きな
大きな

喜びが胸に沸き起こった。

 

それは、けっして彼女の心から生まれたのもではなく、
今、シンクロしている『彼の心』から生まれたものだった。


とても
とても『嬉しい気持ち』

彼女自体、こんなにワクワクする思いは久しぶりだと思うほどの
『心躍る、喜びの感情』だった。

 

「みつかったの?」
彼は大きく頷いた。
微笑んでいる感じが伝わる


子供の所にいけるんです!

と、彼は言った。


子供の所にいけるんですよ!

 

「良かったね!。すごいね!よく自分で見つけたね!」
自己の光を見つけた事で、彼は彼の中の「真実」の一つに気がついたのだろう。

その光=彼自身の光が、彼をわが子の光のレベルまで引き上げたのだろう。

 


「そのレベルになれば、転生や、上の世界にいけるね。
どうする?いく?」
そう尋ねる彼女に、彼は答えた。

 

<子供が人生をまっとうするまで、守護していきたいです>と。


「そう、それが貴方の決断なんですね。」
彼は頷いた。


彼はきっと、その役目を出来るだろう。
「よかった。これでお別れですね。お子さんの傍で頑張って下さい」


お辞儀をして去っていこうとする彼がふと振り向いた。
『セッションの対価の代わりに、この話を載せて下さい』

 


そして
彼は愛するわが子の元に向かったのであった。


>>>>>>>>>>>>>>

命なきものはない
肉体がなくなっても

魂のまなこを閉じる事は出来ない


今までずっと頑張ってきた道のりを捨てないで
肉体の歩みは止められても

魂の時間は止められない


手を握って胸にそえ
自分の中の夜空に探そう

あなたの心にはあなた自身がもって来た宝物がある

 

                   【命なき者は無い~Fin】

 


関連記事
スポンサーサイト

Comment

Re:その2:命なき者はなし 

その彼の想いを、いただきます。ありがとうございます。
兎月さん、書いてくれてありがとうございます。
  • posted by しょう 
  • URL 
  • 2009.03/30 00:44分 
  • [Edit]
  • [Res]

牢獄から抜け出すことも 

自殺してしまった人はずっとその場にとどまってしまう、
とはよく言われますが…こういうことなのだなとわかりました。

その方は兎月さんに出会えてよかったですね。
胸にこたえる話でした。ありがとうございます。
  • posted by 凛々 
  • URL 
  • 2009.03/30 11:03分 
  • [Edit]
  • [Res]

こんばんは 

兎月さんのブログを拝見するようになったのはホントについ最近なんですが、
拝見するたび 懐かしい感じというか、
何か 思い出しそうな感じがします。
いつもなにかしらキーワードがあるようです^^
ようするに『早く自分自身になれ』って事のようですが、これがなかなか難しい、、、。

クライアントさん(?)、ご自身の光が見つかってよかったですね。

>子供の所にいけるんですよ!

すごい喜びが伝わってきました^^
体を持つ人も、持たない人も、自分の中に光を探す作業をしてるんですね。
皆 同じですね^^
  • posted by ビッグキャットママ 
  • URL 
  • 2009.03/30 20:39分 
  • [Edit]
  • [Res]

お返事 

しょうさん>
ありがとうございます。
正直言えば、彼には生きて父親として子供さんの傍に居てほしかったですが、先のメッセージと関連して、彼の行いが誰かのヒントになるような気がしました。
事情が事情ですので、本人の言葉が無ければ、公表出来ない内容でした。私も彼にお礼を言いたいです。

凛々さん>
知人の経験などによると、自殺されても「本当に満足して」お亡くなりになった方などは、転生の道に進まれたり色々なパターンがあるようです。
出来るなら、痛みに再び苦しまずに、彼の様に自分の光に気がついて「その人らしい」道を進めることを祈っていますです。
こちらこそ、コメントを頂きありがとうございました。

ビックキャットママ>
どこにヒントがあるか分かりませんね^^。
けど、キーワードに出会えそうになっているという事は、ビックキャットママさんが今まで少しずつ、自分を求めてこられた結果が出てきているでしょうね。
もし、私のブログが、そのヒントの何かしらのきっかけになるなら嬉しいです。

>すごい喜びが伝わってきました^^
本当に嬉しい感じがヒシヒシときて、こちらが逆に心を暖かくしてもらいましたです。正に、人は姿形に関わらず、成長するために行動しているんですね


  • posted by 兎☆月 
  • URL 
  • 2009.03/31 00:10分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re:その2:命なき者はなし(03/29) 

おはようございます。

すぐに拝見していたのですが、苦しくてコメントを書けずにいました。申し訳ありません。
優しいレスもありがとうございます。。

ブログを読んでから、兎月さんが書かれている宝物を
あなたも持っているんだよ~と語りかけていました。
それと、気がつかなかったかもしれないけど、
あなたの恥ずかしそうな笑顔や、いつも親切に人を手伝ったり、
一生懸命頑張っている姿は、周りの人に元気や光をくれるものだったんだよということも。

兎月さん、本当に、本当にありがとうございました。
  • posted by つくし 
  • URL 
  • 2009.04/03 04:52分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re:その2:命なき者はなし(03/29) 

いい話を有難うございます^^
兎月さんにしか書けない話しですね。
兎月さんにしかない兎月さん特有の万物に対する優しさ。。。それが一番の大きな光であり、話の大元ですね^^
彼が自分で自分の中の夜空を見つけ、死んでからも希望と選択を行う姿に私も心が打たれます。。。
セッションの代金をブログで。。。粋だねぇ♪
  • posted by kissy 
  • URL 
  • 2009.04/03 12:29分 
  • [Edit]
  • [Res]

お返事 

お返事遅れてすみませんでした(汗

つくしさん>
お友達に対しての暖かい声かけをありがとうございました。つくしさんのお友達が、幸せなところにいかれる事をお祈りさせて頂きますです。


kissyさん>
いえいえ、私はそんなに優しくないですよ~。
相方には結構びしばしなので(爆
彼のような関わりは正直初めてのタイプでした(大抵、浄化しちゃうか、ハイヤーにお願いしちゃいますので)。
亡くなられたとは言え、個人的な事ですし、なおかつ事情が事情だっただけに、ご自身でそう言っていただけなければ掲載できなかった処でした。
彼の行いがこの文章で、数人の方がたの心に響いたことによって、さらに彼が輝けるといいな・・・と思いますです。
  • posted by 兎☆月 
  • URL 
  • 2009.04/05 21:14分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

プロフィール

瑚月 kogetu

Author:瑚月 kogetu
本職>某病院異端リハビリスト。
特技>体を含めものの声を聴く
焼き肉や鍋の時に同僚に重宝される特技でもある)。

東洋系治療と自然農法に興味あり。
『美しく生きる』を考えたい人。

ブログの中の私が体験した白日夢の奇譚は、患者様の特定を防ぐために整体師・耳視師という設定の中で「月櫻(つきお)」さんに小説:白日夢奇譚という形で語って頂いております。
飽くまで本職は病院勤務で整体院は営んでおりません。
ご了承下さい。



お手紙は こちら か、一番上のメールフォームからお願い致しますw。

counter

Archives&Category

 

淡々と百人一首

    右サイドメニュー

    検索フォーム

    QRコード

    QR

    ブロとも申請フォーム

    時節