Voiceless world ー魂魄白日夢奇譚ー

Voiceless world of the voice to you 声無きものの聲をあなたに。      人の不思議(魄)と白日夢の如き奇譚(魂)の物語

Entries

京都編スタート:パワースポットって・・・

諏訪を訪れたのは5月。
今回は今と季節はまるっきり逆の熱い→暑い夏の話になります。


なんせ今回の話はいつもにまして妄想爆裂なので、
注意書きをば・・・・


◆注意◆
『これは、二人の女性が真夏の熱~~~~~い日差しの中、共同で見た飽くまでも『イメージ』の世界のお話でございますのでご了承下さい。』




>>>>>>>>>>


京都の『鞍馬山』・・・と浮かんで来たのは7月頃。
いつもの如く場所だけは浮かんできますが、どこで何をするかは、現地に行く間際にしか指示が来ないから上の不親切→自分の修行不足に泣きが入ります。

何しに行くのかな~と直前まで模索していたのですが、
どうもとある2箇所がターゲットらしいと判明。



・・・・・・それが又・・・・・・
私的に凄く怖いところなんですね・・・・ええ、雰囲気が・・・orz。
情報を収集するために検索していたHPに写真が写真があったのですが・・・

どんな感じというと。。。。




こえええええええええええええええ~~~~~~~~
行くの?
行くの?

え?これ、浄化できるの?


こっええええええええええええええええ~~~~~~~






って、感じでした。
兎月的スタンスですが、本来なら『君子危うきに近寄らず』が好き



そうやって、「おいおい」と思っていたので、さすがに上もちった~情けを見せてくださったのか・・・。
間際になって、直感に導かれ恐るべき行動力で関東から夜行バスにのって助っ人が参上して下さりました。


助っ人友人(仮にD)さん
ご本人はいたってクールなお方ですが、霊視や霊能はかなりの実力者。
私とは過去生からのつながりがある大事な友人でもあります。
土壇場での参上・・・本当に心強かったです(その節は有り難うございましたDさん!)。




ええ・・・・・・・助っ人いるくらい、今回は大仕事だったんです。
ふふ・・・・ふふふふふ。


>>>>>>>>


まず一箇所目は鞍馬山。
さっそくそこに向かいます。
が、向かう途中で、チマチマとお仕事が待っています・・・・orz



▽まず参道入り口の龍神石碑で一仕事
*親子の女性の姿が見えました。竜神さんの親子でしょうか。鞍馬山




▽由岐神社の大杉社で一仕事
*ここのご神木の大杉さんは『願掛け杉の御神木として厚く信仰されている。樹高:53メートル 樹齢:800年』の名実共に偉大なお方です。


大杉さま曰く・・・・
『願いだけで、行わぬものがおおい・・・。その願いの為に行動せずして願うは『欲』』
と、悲しみとお疲れが深々と伝わって来ました。

申し訳なく
本当に申し訳なく

自然のエネルギーの代表であるこの大杉様に役不足ではありますが、人を代表してお詫びし、そのご苦労にお礼を申し上げました。大杉社


▽で、やっと鞍馬寺の山門をくぐります(小さいオーブがついて来ています)山門


▽エネルギースポットとして有名な場所に立ってみました。


すると・・・・・・・・

赤いエネルギーが向かってきます。
綺麗なものではなくて念化した感じです。


以前も、あるパワースポットに立って見た時も、同じような赤い念が向かってきました。
どうも、

『人よりよくなりたい。人より力を得たいというエネルギーになるような欲をもって立つ人や、自分が増幅できそうな場(身体内)を持っている人が来るのを待ち構えている様』

な感じでした。


このパワースポットでも同じでした。
感じる波動が念系です。

もともとパワースポットと言われる場所は、気が集まったり、育ったりしやすい場所の様な感じがします。

よき思いはよき思いで育ち
欲は欲で育つ


よき思いの気が強ければ、立ち寄った人の心や思いも清清しい波紋に浸りますが
欲の思いの量が多ければ、逆になる可能性もまた否定できないのではないかと思います。

それの荒々しい波動を
「力強い」とか「ビリビリきて凄い」・・・と捉えらている事も・・・・。


けど、それはそれで、自分の中の何かに触れている事になりますし、
それによって、何か自分が変わるような切っ掛けがあるかも知れません。
極端な言い方かもしれませんが『災い転じて福となる』といいますか・・・。


心のどこかで共鳴したものが表に出てくれば『事』が起きます。
事が起きなければ、人はその心をもっていた事に気が付かない場合が多いです。

例えるなら、病気になった時に始めて健康の有難さであったり、自分が身体に悪い生活をしていたという事が分かる機会になる・・・
みたいな感じです。


言い換えて、そういう見方で見れば、其の手のパワースポットも『いい』も『悪い』もいえないと思います
そういう意味では『パワースポット』とは、とても難しい場所でもあるように思います。



がっ
ここであったが何かのご縁



昇華しましたです
赤いものは扉の向こうに帰ってもらい、光の波動を感じるまで場の浄化を実施。パワースポット


で、一応、妄想じゃないか確認をしてもらうために、友人Dに立ってもらいます。
もう半年くらい前の話になるのでうろ覚えですが、
 

D「爽やかな風を感じるよ(ほぼ無風状態でした)。綺麗になったパワースポットってこんな感じなんだ~~♪て感じだよ~」


えがった~~~~~。

 

 




あΣ( ̄□ ̄;)
どうせなら「使用前使用後」で確認してもらえばよかった!・・・・orz
 

関連記事
スポンサーサイト

Comment

お詫び 

山門のオーブ>
写真を縮小したら、見えなくなってました。立派な山門をご覧下さい(おいおい)
  • posted by 兎☆月 
  • URL 
  • 2008.12/17 00:31分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re:京都編スタート:パワースポットって・・・(12/16) 

いい話聞けたわ!
やっぱり、欲の念だの、私たちの創り出してしまったもでご神木や神聖なエネルギーもくたびれちゃうのね、改めて自分の思いを見られます。
風、家の中でも感じる時って不思議、ほんとに空気が変わる感じ。

スカッとして気持ちがいい~!
ありがとう!
  • posted by ogu 
  • URL 
  • 2008.12/17 08:55分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re:京都編スタート:パワースポットって・・・(12/16) 

春頃、私も鞍馬へいってきました。

本当は正面に立ちたかったのですが、武道の奉納をしていたため、ご遠慮しました。。。
(それを見るギャラリーも多かったです。。)

山道を貴船へと下りて行きました。
不思議なことですが、すれ違う人同士が「こんにちは♪」「こんにちは♪」って。
気持のいい体験でした(*^_^*)

京都編、楽しみぃ~♪
  • posted by なおぴぃー 
  • URL 
  • 2008.12/17 12:56分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re:京都編スタート:パワースポットって・・・(12/16) 

結局のところ、何だって自分次第なんですよね。

それにしても……
お役目を前にビビル兎月さんの描写。懐かしい……
とまた一人、妙なところで親近感を抱いてしまうねこきちなのでした(#^.^#)
  • posted by ねこきち 
  • URL 
  • 2008.12/17 15:06分 
  • [Edit]
  • [Res]

お返事 

ougさん>
「むかっ」っと来る事も、「あはは♪」と暖かくなることも、人ってどちらも出来るんですよね。
で、どちらもパワーがあるんですから、本当に人って凄いなぁと思いますです。
お家の中に吹く風、いいですね~。

なおぴぃーさん>
今回はちょっと雰囲気が違う貴船だと思うんですんませんです。この所、半年前にこうだったのに今はこう?って思うくらい急に場が変わっている事があるような気がします(いい面・そうでない面)。

気持のいい体験でした(*^_^*)>
鞍馬山登山の方々は声かけが身についておられる方が多くて、「ああ、山登りしてるなぁ」と嬉しく思えるお山ですよね~。

ねこきち>
何だって自分次第なんですよね>
そうですよね。そして求める人には色んな方向から手助けが来るってのも面白いですよね。

ビビル兎月さん>
怖いものは怖いです(笑)。
怖いところは行けといわれなければ、絶対行きたくないですね~(肝試しもやらないっす)。
  • posted by 兎☆月 
  • URL 
  • 2008.12/18 20:03分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

プロフィール

瑚月 kogetu

Author:瑚月 kogetu
本職>某病院異端リハビリスト。
特技>体を含めものの声を聴く
焼き肉や鍋の時に同僚に重宝される特技でもある)。

東洋系治療と自然農法に興味あり。
『美しく生きる』を考えたい人。

ブログの中の私が体験した白日夢の奇譚は、患者様の特定を防ぐために整体師・耳視師という設定の中で「月櫻(つきお)」さんに小説:白日夢奇譚という形で語って頂いております。
飽くまで本職は病院勤務で整体院は営んでおりません。
ご了承下さい。



お手紙は こちら か、一番上のメールフォームからお願い致しますw。

counter

Archives&Category

 

淡々と百人一首

    右サイドメニュー

    検索フォーム

    QRコード

    QR

    ブロとも申請フォーム

    時節