Voiceless world ー魂魄白日夢奇譚ー

Voiceless world of the voice to you 声無きものの聲をあなたに。      人の不思議(魄)と白日夢の如き奇譚(魂)の物語

Entries

諏訪大社1:武田氏と諏訪氏とミッションと

最近、リンクする事が多く書かなければと思っていた、諏訪の話を始めることにしました。
リンクした事は、私が体験した事より、さらに発展してることでした。


2008年5月某日
最初「諏訪湖に行け」だと思っていた私は、諏訪にいく直前に「諏訪湖ではなく」「諏訪大社」に行く
事だったのだと気がつきました。


漢字が苦手で人物名を覚えるのが嫌だったという理由のみで『世界史』を選んでいた兎月
なので、諏訪方面の尊い歴史上の事情など、まったく知らなかった非国民です。

そんなアホの為に、神様はいつも「しょうがない・・・」と簡易で判りやすい情報をくれたりします。
(例:気比神社の件での漫画:古事記~伝承編とか)
指示の前に色々入って来た諏訪に関わるキーワードはこの三つでした


*武田信玄
*諏訪姫(諏訪御寮人)
*諏訪頼重

です

>>>>>>

諏訪氏は代々、諏訪大社の大祝(おおほうり)を務めてきた一族です。
ちなみに大祝とは『祭神の神託により、身体に神が宿るとされ代々、正一位の神階を継承』する地位にありました。


つまり大祝の身体をもって諏訪の祭神の肉体とされること=生き神様(諏訪の天皇家思想とも言われています)で、高い権威を誇示したのです。


諏訪一族は、形式的だけではなく、元々霊的な力を持っており、諏訪頼重もまたそうであったようです。
大祝の神職は「男性」がなるものでしたが、女性にも霊的な力が強く発現していた方も多々おられました。
しかし、諏訪家の女性の力は子供を産むと発揮されないという特色があったようす。

その諏訪家の女性の中でも強いシャーマンとしての力があった方、
それが『諏訪姫』でした。

頼重は、彼女を懐刀=自分の力・権力として大事に育ててきたようですが、
その大事な「力」を在る者に奪い取られます。


それが、武田信玄なのです。


武田信玄の名将ぶりは、いくら歴史に疎い私でもお名前を存じているお方。
けど、このお方、実は、阿倍晴明なみに力があった霊能者だと・・・・知ってました?

多くの呪を巧みに使用しているお方なのです。


彼は、諏訪姫を妻に迎えました。
二人の間には、勝頼という子供も出来ました。

政治的・呪術的攻防の末の結果だと思いますが、
諏訪氏は武田に敗れます。

信玄に謀殺されたに等しい頼重は、『武田の血を継ぐものはなんびともゆるさず』
凄まじい怒りの想念の塊と化したとの事

可愛さ余って、憎さ百万倍
信玄に嫁ぎ、子を成して力を失った『諏訪姫』をも憎んだと、ものの本にありました。

その怨念に対してか・・・
稀代の術者、信玄は亡くなるときも、「武田家が長く安泰するように」としっかり術もはりめぐらせる準備をしていました。
しかし・・・実施したものがやり方を間違えて破綻しているそうです。

武田家の歴史や故実を詳しく書いてある『甲陽軍鑑(こうようぐんかん)』では
信玄の遺言で

「『自分の遺体は三年後に甲冑を着せて諏訪湖に沈めよ』とあったが、家臣達はそうしなかった」とあります。


歴史上、誰が正しく、誰が悪なのかはわかりません
その時の立場と、時の流れと、世論がそれを決めるのです。

ただ、『諏訪御寮人』は信玄が一番愛した女性といわれているのが、本当に心の救いです。
そして。。。
信玄は愛する一族(子供達)の為に、死しても「諏訪を守る」つもりでいた・・・と、
思いたい兎月です。


で、
けど、何をしにいくんだろう?

疑問に思っていた私に、駆け込み乗車で降りてきた指示は「お~~~~~い^^;」と言うものでした。


以下、壮大な妄想=物語と思って聞いて下しまし。

 

 


ミッション『諏訪氏の念を浄化せよ』

関連記事
スポンサーサイト

Comment

本当にお疲れ様でした 

 兎月様
 今晩は。大変お疲れ様でした!
 拝見しながら確か何年か前の大河で見ていた話を思い出しました。うわ~すごいですね。諏訪氏についてはへえ~と思っていたのですが…ミッションを見て無茶苦茶やんと思わず一人で突っ込みを入れてしまいました。ジェイド様のところといい武田づいてきていますね~。

 では失礼致します。
 
  • posted by 枯葉色 
  • URL 
  • 2008.10/01 19:05分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re:諏訪大社1:武田氏と諏訪氏とミッションと(10/01) 

兎月さんのところで日本史を、じぇいど♪さんのところで世界史を(最近は日本史も出てきましたが…)勉強しております(笑)
歴史を学ぶ時期(いろいろな出来ごとを絡めて…)がきっと今なんですね~。
学生の時に、こっち方面の切り口から歴史を教えていただける先生がいたら、きっと好きになってたのに…。

それでは兎月先生、先が気になります。
続きを…宜しくお願い致しますm(_ _)m
  • posted by なおぴぃー 
  • URL 
  • 2008.10/01 20:12分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re:諏訪大社1:武田氏と諏訪氏とミッションと(10/01) 

うわ~…ここでも武田…( ̄- ̄;)実は武田シンクロ少し前からこちらもきてます。本日は信玄もちもらいました。爆。しかし、自分は多分上杉方。
ネガな堕天さんにまでお返事ありがとうです。しかし、彼は仕事はしっかりしております。上の世界から。笑。しかも消滅は甘美じゃないですよ~…( ̄▽ ̄;)
現在、将門公やら霊的システムやら、ほんとに課題満載です。いまだに前世すらわからないのに、どうせいっちゅ~んじゃ!とネガネガしております。上は勝手に動いているので、まあ、いいか…( ̄▽ ̄;)
「武田対上杉」が多分自分にも関係あるので、今回の妄想(笑)楽しみにしていま~す♪自分のほうの妄想も爆走してますよ♪将門公(この人も術使います。阿部晴明たち陰陽師と戦ったそうです)から妙見信仰(北斗七星)、そして武田対上杉から飯綱信仰、そしてこれが日月神示やヨハネの黙示録へとつながりま~す♪詳細は火水(ひみつ。日月神示にこの読み方がありま~す)♪
  • posted by 神楽(カグラ) 
  • URL 
  • 2008.10/01 20:29分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re:諏訪大社1:武田氏と諏訪氏とミッションと(10/01) 

おぉぉぉ~わくわくしてきました。どうなるんですか!!!

1年半ほど前に山梨のほうに旅行しました。風林火山・大河ドラマやってたのかな?武田家ゆかりの地巡りだったと思います。社員旅行だったので♪よく覚えてませんが。
  • posted by でぶどん 
  • URL 
  • 2008.10/01 23:45分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re:諏訪大社1:武田氏と諏訪氏とミッションと 

お疲れ様です。その節はお世話になりました。(笑)「いざ、時は来たれり」ですね。
じぇいどさんとこのお話と言い、なんかもう、世界は全て繋がってるんだなあ…と思う事しきりですよ。
うちのご先祖様がまさかじぇいどさんと同じ軍にいたかもしれないなんて…ねえ。(笑)
  • posted by 真田 光 
  • URL 
  • 2008.10/02 06:43分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re:諏訪大社1:武田氏と諏訪氏とミッションと 

昨年の、NHKの大河ドラマ(山本勘助の生涯でしたが)では、諏訪御寮人は、由布姫になってました。
ドラマの中では、由布姫は血を吐いて、しばらくしてから亡くなっていますが、毒を盛られた可能性があると今でも思うんですが。
  • posted by 笑い猫 
  • URL 
  • 2008.10/02 10:38分 
  • [Edit]
  • [Res]

そうでしたか… 

何も知らず夏に楽しく諏訪湖&諏訪大社行って参りました(--;)
兎月さんのおかげです~。
諏訪湖もこれから明るくなるでしょうね(^ー^)
  • posted by じゃむ太郎 
  • URL 
  • 2008.10/02 17:16分 
  • [Edit]
  • [Res]

お返事 

わっ( ̄□ ̄;)びっくる。一杯のコメント有り難うございます。

枯葉色さん>
ミッション、つっこんで下さい。ほんとねぇ^^・・・

なおぴぃーさん>
じぇいど♪さんの武田氏の話をお聞きしてるから、書くほうも緊張しますよぉ^^;
続きは、明日・・・か、書こうね・・・

神楽(カグラ)さん>
上杉さん方ですか。戦国の重要人物たちですもんね。
きっと、壮大な役割分担があったのでしょうね。

消滅は甘美じゃないですよ>>
そう分かっておられて安心しました。大丈夫ですね。
頑張って下さい。

でぶどんさん>
武田家ゆかりの地巡り>>
しゃれた社員旅行のテーマですね。素敵だ♪
さりげに、武田の地に行っておられる方多いですね(゚Д゚ )。

真田 光さん>
ご先祖様、武田つながりなんですね!
・・・・縁があるわけだぁ・・・

笑い猫さん>
大河ドラマ・・・実は、まったく知らないのですね・・(涙)。諏訪御寮人は名前もはっきりされていないとい話を聴いたことがあります。
しっかりされた方だったと思いますです。

じゃむ太郎さん>
いえいえ、これまで諏訪をつくって行こられた方々が今の諏訪を作り出されたんですよ。
所詮、一人はきっかけにしか過ぎませんし、そのきっかけも、人々がある段階まで作り上げないと、生まれてこないとおもいます。
私の後、次のきっかけが生まれてくるでしょう。
私は、ほんのほんの、小さな欠片ですから^^。



続き、明日書けるように、がんばりま~~~~~~す。(何かと、所用が入って・・・中々・・・)

  • posted by 兎☆月 
  • URL 
  • 2008.10/03 22:24分 
  • [Edit]
  • [Res]

諏訪頼重(おみの方)夫人について 

 兎月様
 こんにちは。書くべきか書かざるべきか悩んだのですが、お返事へ結構ですのでどうぞ読んで下さいませ。
 何故か某記事に武田勝頼(信玄の子どものほう)つながりの記事が出ていたので一言書かせて頂きますね。この方は勝頼氏の外祖母で諏訪頼重夫人と呼ばれる方で出自に謎が多いそうです。
 それ以前にもシンクロが続くので何気なく武田について調べていたらいみなについても書いてあり、いみなということがひっかかってネットですが簡単にいみなについて調べていたら本当にその名前だったのかというのは女性の場合は特にわかりにくいとされているらしいということでした。
 もう終っているので必要ないかと思われますが、一言だけ書かせて頂きますね。
 失礼致します。
  • posted by 枯葉色 
  • URL 
  • 2008.10/04 11:28分 
  • [Edit]
  • [Res]

枯葉色さん 

ありがとうございます。
私の諏訪での一仕事は終わっていますが、単に「一仕事」で他の方のコメントのレスにも書かせてもらっていますが、「終わり」ではないと思っています。
今の処、私に繋がりを感じない記事ですが、このブログを読んでおられる誰かに関係してくるかも知れませんね。
みんなの住む日本、みんなの住む地球。
政治経済には関係ないかもしれませんが、皆の心と日常の行動が良い方に還して行くんですから・・・と。
有り難うございますです。
  • posted by 兎☆月 
  • URL 
  • 2008.10/04 12:14分 
  • [Edit]
  • [Res]

googleの諏訪大社の祭神名欄インチキ 

武田と小倉宮信雅王や伊雑宮と諏訪は ヤフーブログから 歴史 明治天皇 替え玉 入れ検索2面11と12に書きこみました 参考に。 googleの欄の諏訪大社祭神名の律令の後付け文は そうすれば 平田派に消された出雲や倭姫以前 そのアマテラス至上主義の歴史の維持がはかれ 結果戦前の国家神道の保護につながるgoogleの文  国家神道保護の自らの尻尾きりの書き込みですね これでは日本の歴史古代はアンデルセンのおとぎ話レベル。 三重県楠町の楠城は 南朝の吉野と関東の要所城で 楠の娘嫁ぐ諏訪王家末裔諏訪十郎が領し 末は中島姓で今もいる 仙
  • posted by 伊勢の仙 
  • URL 
  • 2008.10/12 10:51分 
  • [Edit]
  • [Res]

 

おすそ分けリーディングに当選させて頂いたけーこ☆です。相談内容を考えようとしては、湖月さんの過去記事を何個かずつ読ませてもらう毎日が続いています。

この記事には本当にびっくりしています。
実家の苗字であり、色々とあって自分なりに調べよう分かろうとしてきた今まででしたが、
その始まりの頃に湖月さんがこういうふうに動かれていらしたんだと今頃知ることになるなんて。

もう、その始まりから6~7年です。

あの頃に神社エールを読み出して、すぐ見かけなくなったのでした。
だから、過去記事もあまり読んでいなかったのか、こんなことが書かれているとは!記憶がなくて。
その頃は神社のことや歴史のことに理解力がなくて頭に入らなかったのもあるかもしれませんが。。
つい先日、私の故郷に近い祖谷の記事でまたここに繋がることができ、リーディングに当選させて頂いて。。
本当に上の方々が計算されているとしか思えない出来事でした。

この年月があったおかげで私は随分と変わったと思います。
もう、始まりであった武田の先祖のことは自分の中ですんだと思っていました。

今の立ち位置を相談したいと応募した件について、引き続き過去記事を読ませていただきながらまとめていきたいと思います。
ここで引き合わせていただいて有難うございます。
  • posted by けーこ☆ 
  • URL 
  • 2014.01/23 15:43分 
  • [Edit]
  • [Res]

Re: けーこ☆さん 

うわぁぁぁーーー。

怖いもの知らずの時に書いた記事ですねーー!!!。
(今は少しは世の中がわかってきたので物語(月櫻さん)にしてますけど…)
その時その時の私の考えや行動なので、
今読むと恥ずかしくて本当は消しちゃいたいくらいなのですが、
そう言って頂けると恥を偲んで残しているかいがございます…(涙)

> この年月があったおかげで私は随分と変わったと思います。

とても良いことだと思います。
数年前の自分と比較していまの自分が好きかどうか、
数年前のほうがいいか、今のほうがいいか…。いいことも悪いこともあると思います。
けど、変われたと思える自分であった…という事は、とても頑張ったのだと思います。
それがその年月に自分が歩んだ大事な結果だと思います。

> 今の立ち位置を相談したいと応募した件について、引き続き過去記事を読ませていただきながらまとめていきたいと思います。

どうぞごゆっくりw。
上の方と散々相談して当選したけーこ☆さんです。
納得行けるまでどうぞw
  • posted by 瑚月 kogetu 
  • URL 
  • 2014.01/24 21:23分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

プロフィール

瑚月 kogetu

Author:瑚月 kogetu
本職>某病院異端リハビリスト。
特技>体を含めものの声を聴く
焼き肉や鍋の時に同僚に重宝される特技でもある)。

東洋系治療と自然農法に興味あり。
『美しく生きる』を考えたい人。

ブログの中の私が体験した白日夢の奇譚は、患者様の特定を防ぐために整体師・耳視師という設定の中で「月櫻(つきお)」さんに小説:白日夢奇譚という形で語って頂いております。
飽くまで本職は病院勤務で整体院は営んでおりません。
ご了承下さい。



お手紙は こちら か、一番上のメールフォームからお願い致しますw。

counter

Archives&Category

 

淡々と百人一首

    右サイドメニュー

    検索フォーム

    QRコード

    QR

    ブロとも申請フォーム

    時節