Voiceless world ー魂魄白日夢奇譚ー

Voiceless world of the voice to you 声無きものの聲をあなたに。      人の不思議(魄)と白日夢の如き奇譚(魂)の物語

Entries

モニター有り難うございました&浄化大会

先週の木曜日の夜に夜行バスで東京に旅立ち・・・今日まで・・・いや、今日もですね。
スパルタな毎日が繰り広げられています。

濃いい、毎日です。

9月20日に募集させていただいたモニターには、大勢の方がご応募いただき、
ご都合がつく方は19日にも行わせていただきました。


お一人様1時間。台風の影響もありキャンセルも出たのですが、それも流れだったかの様に、延長願いで2時間セッションをさせて頂いた方も2名おられ、計10人分の石さんとのドラマにお付き合いさせて頂きました。

本当に本当に有り難うございました。
頂いたメールやご感想は、少しずつお返事を出させていただき、アップさせて頂こうと思っております。いましばし遅筆の私を赦してください。・゚・(ノД`)・゚・。



今回のセッションで、多くの事を考えさせられました。
「対価」の事もそうなのですが、それは又おいおい書かせて頂こうと思います。
本当に、痛いこと嬉しい事を含め、大きな勉強になりました。

ありがとうございました。

>>>>>>

翌日21日の『宇宙図書館(アカシック)セミナー』では、いつもお世話になっている『さつきのひかりさん』『透音*ToUoT』さんともご一緒させていただいても、とってもいい体験をさせて頂きました。
(セントラル・サンまでいっちゃいました・・・。初心者なのに・・・大サービスですね^^;)
楽しく過ごして、再び夜行バスに乗って帰宅。


しかし・・・・
実は、この後がスパルタでした。




浄化・浄化・・・・。
昨日まで、ブログはおろか、頂いたメールに返事すら打てない状態でした。


持病が発症して、胃と背中に激痛が走って、大嘔吐。
水も丸一日受け付けてもらえませんでした。


久々でしたが、やはり辛い。


しかも、痛い部分に手を当てて、「詰まっているものが流れるように!」と言った途端、
感情の嵐が駆け抜けます。


悲しみだったり
憎しみだったり

そして・・・・・・・


トイレにダッシュ!
この間、わずか5分?

「な、なんて直結なんだぁ・・・・涙」
って言うほど、浄化と連結した大嘔吐大会でした。


今は吐きませんが、体の凝りや痛みに対して、腹を括って「呼び起こして」ます。


ちなみに、さっきしたのは肩甲骨周囲(肩こりの根源)でした。
右側を行うと・・・・


右の天使の羽をもぎ取られたイメージで泣きます
(おいおい、私は、そんな綺麗な人じゃないから・・・。マジ過去生でお願いしますね By心の声)

すると、戦場かどこかのシーンに変更されます。
後ろから切りつけられます。


どうも、過去生では『何度も何度も』このシュチュエーションを繰り返しているよう。
『友に裏切られた』といいます。


悲しくて、
悔しくて泣きます。


(・・・そう。じゃ、貴方がそれで学んだものはなに?)と尋ねる私


すると・・・

天使が大きなクリスタルを持ってこう答えました。
『信じることの尊さ。真実の信頼は、憎しみをも超越する』



終わった後で、肩が軽くなっている。


左肩はというと、

久々にジャンヌが出てきた。
(あ、兎月、ジャンヌダルカーです。けど、「まんま」じゃなくて、極々欠片です。中々大変なんですよね・・・私担当のジャンヌの課題。まぁ無視してください。)


(うわ~、貴方ですか(;´∩`))


色々な感情が飛び交い言葉にならない。


(で、貴方が学んだものは何ですか・・・)
すると彼女が言う事には・・・





私(ジャンヌ)が学んだものは『貴方自身が今世で学んだもの』です

一つは・・・
『自分を信じること。正しいと思ったことを伝えること。それに対して恐れを抱かないこと』

もう一つは・・・

生きている上での苦しみから逃げない。


体の苦しみ・心の苦しみ・・・感情の苦しみ・・・全てを自分で受け止める決意。
自分の人生は自分で責任を取るもの。
自分で感じるモノ全て、自分の糧とする。

人にゆだねない。
自分で逃げない

全身全霊で受け止める事が『生きる』大切さ』



・・・・・


まだありますよ。
貴方が学ばなくちゃいけないことは・・・・




以上。



ん?
過去生を消化する為によくセッションされるのは『その経験から何を学んだか』をしっかりさせることだけど、
この言い方だと、その「種」は今生きている自分の生活から生まれるみたいですね。




ジャンヌの課題は、まだ未消化だな~(もう終わったと思ったのに・・・)
多分、たまねぎの皮状態で、これからも続いていって自分を「統合」していくでしょうね。


けど、たまねぎの皮をむくにも、結局「今の自分の生き方」が重要で、
それが出来なければ「剥かせて貰えない」らしい。



「今」を生きるって・・・・
思っている以上に「意味が深い」んですね





思った、兎月でした。

関連記事
スポンサーサイト

Comment

やっぱり・・・ 

心配していた通り、こんなことになってたんですね(~_~;)

ところで、今回の記事ですが・・・
今まさに、わたしが抱えていた疑問への答えでした。

もう癒されたと思ってたのに・・・
まだまだあると聞いて、
だったらわたし、具体的には何をしたらいいかしら?
興味がなかった過去生も、知った方がいいのかしら??
でも、どうやって???

と途方にくれていたのですが、結局は、「今の自分の生き方が大事」という記事の中の言葉にホッとしました。

これまで通り、「自分の心と真摯に向き合って生きる=書く」ってやり方で良さそうだなと(^_^)

改めて、本当に本当に、ありがとうございました<(_ _)>
そして、くれぐれもお大事に(^_^;)

  • posted by ねこきち 
  • URL 
  • 2008.09/26 14:41分 
  • [Edit]
  • [Res]

ねこきちさん 

いやはや。今回は、他のプロジェクトとも重なったので、ちょっと大変は大変ですが、愛と友情と団結で「おいおい」と言いながら今の所やっています。

自分で見つけた答えの内容を吟味したり、より深く考えるような出来事はこれからも出てくると思います。
過去生はそれがとても分かりやすいものの一つだと思います。

何事もきっかけでしょうか。
進み始めたねこきちさんには、きっと、次の扉、次の扉と用意されていくと思います。
どこまで続くのかな~と時々、ホトホト疲れるときもありますが、振り返って「じゃ、過去の自分に戻りたいか」というと、「結構です^^;」なんですよね。

もし、前をみてふと疲れたら、「今の」自分を誉めてあげなくちゃね・・・と思う兎月です。
そこには、単に自分が変わったこと以外に、大事な人との出会いもありますから♪。
  • posted by 兎☆月 
  • URL 
  • 2008.09/26 15:33分 
  • [Edit]
  • [Res]

お久し振りです~( ̄- ̄;) 

いやはや、大変そうですね…。最近まわりがジャンヌダルクづいてますよ、こちらも…。多分、自分も。
自分はチャネリングはうまくできないのですが、「上の計画」は垣間見れるので、生き方によくつまづき悩みます( ̄- ̄;)上の人と今の自分はギャップありすぎ…。スピとの関わりとか。自分はスピには不向きな人間ですから。しかし、この道を進まないと自分の現実世界を変えられないのも何とな~くわかるので、こちらの世界にいるんですけどね( ̄- ̄;)
生き方の参考にさせてもらってますので、またお邪魔致しま~す。
  • posted by 神楽(カグラ) 
  • URL 
  • 2008.09/26 15:57分 
  • [Edit]
  • [Res]

神楽(カグラ)さん 

最近まわりがジャンヌダルクづいてますよ>

ははは、多いみたいですね~。
分霊の話はしたのではしょりますが、ジャンヌは課題の多い人だから、お聞きすると「大変だろうな・・・」と心から思います。人によって課題の大きさは違うようですが、頑張って下さい。
とても参考になる生き方ではないですが(どM道爆進)、良かったらみてやって下さいませ
  • posted by 兎☆月 
  • URL 
  • 2008.09/27 10:08分 
  • [Edit]
  • [Res]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

プロフィール

瑚月 kogetu

Author:瑚月 kogetu
本職>某病院異端リハビリスト。
特技>体を含めものの声を聴く
焼き肉や鍋の時に同僚に重宝される特技でもある)。

東洋系治療と自然農法に興味あり。
『美しく生きる』を考えたい人。

ブログの中の私が体験した白日夢の奇譚は、患者様の特定を防ぐために整体師・耳視師という設定の中で「月櫻(つきお)」さんに小説:白日夢奇譚という形で語って頂いております。
飽くまで本職は病院勤務で整体院は営んでおりません。
ご了承下さい。



お手紙は こちら か、一番上のメールフォームからお願い致しますw。

counter

Archives&Category

 

淡々と百人一首

    右サイドメニュー

    検索フォーム

    QRコード

    QR

    ブロとも申請フォーム

    時節