Voiceless world ー魂魄白日夢奇譚ー

Voiceless world of the voice to you 声無きものの聲をあなたに。      人の不思議(魄)と白日夢の如き奇譚(魂)の物語

Entries

神棚のペットボトル~10年程前葛城山で老夫婦にペットボトルをくださった方居られますか

もう終了してしまった患者様ですが、
最終日にふと、上を見て初めて神棚に気が付きました。

神棚と言っても古い紙の御札が数枚あるだけのものですが
そこに変形したペットボトルがのっていました。

「あんな所に神棚があったんですね」
「あれはワシがつくったんや」
「そうなんですか。御札がのってますね」
「昔、葛城山に行ったんや」
「?はい」

葛城山には葛城神社他に有名なお寺も幾つかあり、
そこの御札かな?と思ったのですが、
患者様の話は思いがけないものでした



葛城山の山ツツジは満開の時は山一面が真っ赤に染まり
それはそれは絶景だと言います。

見てみたい、と皆様思うことは一緒
着いた時は山頂に向かうロープウェイは長蛇の列

こんなに待てるかと、もともと健脚であった患者さま。
その時に小柄な奥様を連れて頂上めがけて山道を登って行ったそうです

かなり急な坂ですし
なにせ山は山

途中でとうとう奥様は一歩も歩けなくなってしまったそうです。
どうしようか途方に暮れた時に、
山道を降りてきた女性がお二人をみかけ、
ペットボトルを下さったそうです。

旦那様も奥様もそれを頂いて、一息つけました。
特に奥様にとっては命の水だったそうです。

「お陰で助かったんや。
それでな、おまつりしてるんや」

なんと、あの神棚のペットボトルはその時の物だったそうです。

ありがたくてありがたくて、
家に帰ってから患者様は神棚を作ってペットボトルをおまつりしたのです。

どんだけありがたかったことでしょう!


「それだけ有難かったんですね!
それで奥様は頂上まで行けたんですか?」
「いや、タンカで運んでもらったんや」
「!?(タンカかよ!?Σ(゚∀゚ノ)ノ)」

「頂上に行ったら帰りのロープウェイも満員やったけどな、
わしら、タンカーで先に下ろしてもらったんや」
(・・・そら病人優先ですので・・・(´・ω・`))
「で、病院いってな、家に帰った時はヘトヘトやったわ:笑」
「お父さん、お母さんの体力をちゃんと考えてあげようよ!」
「いやーワシ、全然考えて無かったわw」
(おい!)

「ロープウェイ降りたらな、ペットボトルくれた人も丁度下山した所でふもとで会ったんや」

「あの人は今は元気かなぁ
名前も教えてくれんかったんや・・・」

そう、しみじみと患者様は仰ったのでした。


ペットボトルの女性の件はかれこれ10年程まえのお話だそうです。
患者様は今80代ですので70代のお話。


私の弱小ブログでは届く事もないかもしれませんが

10年程前に、奈良県の葛城山の山道でヤマツツジを見に来て
動けなくなった老夫婦にペットボトルを下さった女性の方


その方々は今も貴女が行ってくれた親切を今も忘れず、
その時頂いたペットボトルを神棚に飾ってお礼を言って居られます


本当に有難うございました



小さな親切が、人にどんな影響をあたえるか
行う方は予想もつかないと思います。

けど、こんなにも感謝してくだる時もあるのですね・・・。
きっと、感謝の言葉はその女性に届かなくても、
想いは回り回って、今度はその女性を誰かが助けてくれていると思いました。



情けは人の為ならず



訪問リハビリ最後の日に、神棚のペットボトルが伝えてくれた心温まるお話でした。




関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

プロフィール

瑚月 kogetu

Author:瑚月 kogetu
本職>某病院異端リハビリスト。
特技>体を含めものの声を聴く
焼き肉や鍋の時に同僚に重宝される特技でもある)。

東洋系治療と自然農法に興味あり。
『美しく生きる』を考えたい人。

ブログの中の私が体験した白日夢の奇譚は、患者様の特定を防ぐために整体師・耳視師という設定の中で「月櫻(つきお)」さんに小説:白日夢奇譚という形で語って頂いております。
飽くまで本職は病院勤務で整体院は営んでおりません。
ご了承下さい。



お手紙は こちら か、一番上のメールフォームからお願い致しますw。

counter

Archives&Category

 

淡々と百人一首

    右サイドメニュー

    検索フォーム

    QRコード

    QR

    ブロとも申請フォーム

    時節