Voiceless world ー魂魄白日夢奇譚ー

Voiceless world of the voice to you 声無きものの聲をあなたに。      人の不思議(魄)と白日夢の如き奇譚(魂)の物語

Entries

ちーさな悟り お子様な自分

口は災いのもとと言いますが
自分でも言ってしまってから「あ、言い過ぎた」とか
「言い方があかんかったななぁ」という事があります


今日の私がそれでして←



・・・ああ、またやってしまったという落ち込みでどツボ。


ついでに、もう一つ別件が重なりもうかなり落ち込んでの帰宅
こう言う時は、私の場合はトコトン落ち込むに限るので
風呂でこのまま沈んでしまおうかと思うくらいがっつり落ち込んで・・・


ぶくぶくぶくぶく

としていて、
あーだこーだと考えた挙句、
何か思った事がきっかけで答えが見えてきました。


結論私が『お子様だった』のです。



同僚でミスもなく仕事が出来ていつも助けて貰っている人が居ます
尊敬してますし、敵わないなぁと思うことも多々あり
学ばせて貰ってたり、刺激を受けることも多々あります


で、今日、ドジをふみまして、その方にまた助けて貰わないと行けない事になった時に
思ってもいない、ちょっとした憎まれ口を叩いてしまった訳です。ええ、ぽろっと←


どう考えても私のほうが悪いのは間違えないのですが
どうしてそんな風に言っちゃったんだろうなぁと深く深く考えた時に


何処かでドジばっかり踏んでいる自分が悔しいなというか
情けないなぁというか
そんな風に感じてたんだぁ

と思いあたり・・・




がぁぁぁぁぁぁ
私ってなんてお子様なんだぁぁぁぁぁぁぁぁ!!!

って思いました。



その人の様にミスをしないように
メモとったり、気をつけたりをもっとちゃんとするとか、
大人な行動を出来るようになろう!って方にいかないで
愚痴った訳ですから、そりゃ真逆なんですよ←自分のことを棚に上げた状態ですorz



そんな時、昔読んだ本の中身を思い出しました

****

成功したいのに、ぎりぎりのところまで行って、どういうわけだか何時も成功出来ない。
恋愛関係では、望んでいるのに一向にパートナーができない時

その時には、自分のインナーチャイルドが何らかの理由でそれをさせないように頑張っていたり
混乱させたりしている事がある


***

また

***

人生の転機や、何か自分が変わろうとした時、
古いものが浮き出て来たりする


***
などの言葉です



前者は、インチャが悪者というわけではないのですが
自分を置いて大人になっていく自分に対してや、
子供の自分が傷を負ったままなのに大人の自分が成功しようとする事に対して
「わたしを置いて行かないで、忘れないで」という訴えで自分をアピールしようとする場合がある
という話です。
そこから、癒やされていない自分自身の中の子供の存在に気づいて
向き合おうというお話です。


後者も似たような感じですが、
光に当たると影が強くなるように

新しいものを得ようと思うと
古い要らないものを捨てないと入らないように
変わる為に、自分の嫌な所やミスが浮き出てくる事があるという話です。

(引越ししようとして、大掃除してたら自分の黒歴史に向き合ってしまった
みたいなものです←ちがっ)

***

私自身は、今日の事をインナーチャイルドのせいとかではなく、
自分の行動が本当に子供のようだと思ったのです。
すっげぇ極論で言ったら「お前のかーちゃん出べそ~」レベルです


悔しいなとか
情けないなとか思ったら
相手を云々言ったりしないで
自分はどうしたら良いのか考えたら良いんですよね・・・


で、そう思って、
もうちょっと深く考えたら・・・

私自身、自分で責任持った行動が出来るように
もっとしっかりするようにしようと思い・・・


そこから、
あー、相手に過度に依存しそうになる可能性もあったんだなぁと
思ったのでした。


尊敬し
頼れる相手だからこそ
自分も自分の足でしっかり立って向き合えるようになれるようになろう
ちゃんと大人になりたいなぁと思ったのです。


口は災いのもとでしたが、
結局ここ迄考えられた事を考えると
・・・災いも考え次第では自分の為に返ってくるので・・・


深いなぁと思ったのでした。


が、とにかく、土下座です。土下座。




関連記事
スポンサーサイト

Comment

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント:投稿可能です。

ご案内

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

プロフィール

瑚月 kogetu

Author:瑚月 kogetu
本職>某病院異端リハビリスト。
特技>体を含めものの声を聴く
焼き肉や鍋の時に同僚に重宝される特技でもある)。

東洋系治療と自然農法に興味あり。
『美しく生きる』を考えたい人。

ブログの中の私が体験した白日夢の奇譚は、患者様の特定を防ぐために整体師・耳視師という設定の中で「月櫻(つきお)」さんに小説:白日夢奇譚という形で語って頂いております。
飽くまで本職は病院勤務で整体院は営んでおりません。
ご了承下さい。



お手紙は こちら か、一番上のメールフォームからお願い致しますw。

counter

Archives&Category

 

淡々と百人一首

    右サイドメニュー

    検索フォーム

    QRコード

    QR

    ブロとも申請フォーム

    時節