Voiceless world ー魂魄白日夢奇譚ー

Voiceless world of the voice to you 声無きものの聲をあなたに。      人の不思議(魄)と白日夢の如き奇譚(魂)の物語

Archive [2016年03月 ] 記事一覧

『大事な「アナタ」に伝える話<付きまとうもの>』 神世水奇譚完伝その11

古今東西人は願いを叶えてもらうために「祈る」事を行っている。 個人的に行われる場合国家的に行われる場合(戦争勝利など)願いが叶えば、お礼として供物を捧げ、国としては国家を上げて讃え祀る***数年前「契約解除」という言葉がスピリチュアルで出てきた。(今でもメニューに入れて居られるヒーラーさんも多い)  この「契約解除」は過去生において、行った「契約」で現在まで影響を与えているものを解約するというもの...

『伊勢神宮 猿田彦殿見参-正式参拝の開始』 神世水奇譚完伝その10

伊勢参りにおける「正式参拝」という言葉には2つ意味があるようだ。一つは、外宮・内宮で神職にお払いを受けた後、御正宮の御幌の中まで参入してお参りする事で、「特別参拝」や「御垣内参拝」と言われているもの。一般の方々が参拝できないと思われているが、神宮崇敬会に加入する事又は、伊勢神宮式年遷宮奉賛会に千円以上奉納すれば資格を得られ、厳しいドレスコードを達成していれば当日でも参拝可能である。もう一つは、もっ...

『イザナミと黄泉への謎』 神世水奇譚完伝その9

何気なく聞き知っていた物語***(次の***まで読み飛ばし可能)天は出来てもその他にはドロドロしたものやクラゲのような漂っているだけで「地」は出来てなかった。そこで、依頼を受けてイザナミ・イザナギの二柱の神が力を合わせ「島(オノコロ島)」を作った。初の大地の誕生である初めて生まれた大地で、二柱の神々は婚姻を交わし、海や山や水や木など森羅万象を司る多くの神々を生み出した。しかし、火の神を産む時に、イ...

『伊勢 外宮内宮もう一つの結界とイザナミの謎』 神世水奇譚完伝その8

3月5日-啓蟄-けいちつー「啓」は「開く」、「蟄」は「虫などが土中に隠れ閉じこもる」意で、「啓蟄」で「冬籠りの虫が這い出る」(広辞苑)という意を示し「春の季語」でもある。冬至から5/24年(約76.09日)この日から、次の節気が「春分」。啓蟄に幕を引いた物語が春分に語り始められ、面白いように節目節目に重なっているものであります。****その日、早朝より月櫻は親と共に伊勢神宮に向かっていた。「ん?」ある気を...

『春節から春分へ-伝達への願い』 神世水奇譚完伝その7

やっと水奇譚からの布石と完伝にまつわる布石が自分なりに解けました。春節の日に力水で狭霧殿の依頼が区切りをつげ、そして春分の日に月櫻が残された依頼を果たすために完伝を再開します。必要な人にしか、必要でない物語。けど必要な方々には伝わって欲しい物語。届いて欲しいと、長き沈黙をへて目的を新たにし、今、月櫻が語りし完伝が再出発致します。*****完伝は、ある封印された古代神から始まります。(ダイジェスト*...

『血余-けつよ』神世水奇譚完伝6

◆血余漢方では頭髪のことを血余といふ****>なんか手伝おうか?>エネルギー的にとか出来る事あればやるが。 そう鬱金(うこん)殿から連絡が入ったのは、「逆効果だよ宣言」で周囲が落ち着き、やっと完伝を書き始めたは良いが、根を詰め過ぎた為か珍しく頭痛に見舞われている時であった。異様に左肩が重く、左頸にかけての偏頭痛の様な痛みである。何か居そうな感じはするがどうもエネルギー不足で見るに観れない感じに辟易し...

『水入りーみずいり』ちょっと休憩 神世水奇譚完伝5

◆水入り①相撲で,長く組み合ったまま勝負がつかないとき,勝負を一時中断し,力士を土俵下で力水(ちからみず)を与えてしばらく休ませること。 「 -の大一番」*********「うーーーん・・・」月櫻は車の中でため息をついた。水奇譚完伝を書き始めた翌朝から車でトラブルに合いそうに何度かなっている。細いながらいつもはそうそう他の車とかち合わない道なのに、曲がり角の度に対向車が来る。右に曲がりたいのか左に行く...

ご案内

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

02 | 2016/03 | 04
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

最新記事

プロフィール

瑚月 kogetu

Author:瑚月 kogetu
本職>某病院異端リハビリスト。
特技>体を含めものの声を聴く
焼き肉や鍋の時に同僚に重宝される特技でもある)。

東洋系治療と自然農法に興味あり。
『美しく生きる』を考えたい人。

ブログの中の私が体験した白日夢の奇譚は、患者様の特定を防ぐために整体師・耳視師という設定の中で「月櫻(つきお)」さんに小説:白日夢奇譚という形で語って頂いております。
飽くまで本職は病院勤務で整体院は営んでおりません。
ご了承下さい。



お手紙は こちら か、一番上のメールフォームからお願い致しますw。

counter

Archives&Category

 

淡々と百人一首

    右サイドメニュー

    検索フォーム

    QRコード

    QR

    ブロとも申請フォーム

    時節