Voiceless world ー魂魄白日夢奇譚ー

Voiceless world of the voice to you 声無きものの聲をあなたに。      人の不思議(魄)と白日夢の如き奇譚(魂)の物語

Archive [2009年03月 ] 記事一覧

その2:命なき者はなし

彼をどう手助けできるか・・・考えた時に、それまでバラバラだった3つのピースがつながりました。ピース:その1はメッセージから。そして 【ピース:その2~刻まれたもの】私達は、目の前から消えれば、それがわが身に関係なくなると思い勝ちですが、実は、リアル(現実)の世界には『幻肢』という現象があります。これは、幻の肢(身体)と字の如く、事故や疾患等で手足が無くなった後も、其処に無くなった手足があるよう...

命なき者は無し:1

これは、最近自ら命を絶ったある男性の魂のお話。ご本人には、ブログに書いていいという了承を得て載せています(霊的に会話)。その方が自ら命を絶たれた。。。のを知ったのは本当に偶然でした。>>>「痛~~~~~い」と、思いっきり顔をしかめる兎月。「どうしたの?」と尋ねる相方に彼女は「思いっきり、ほっぺたの奥噛んだ・・・・」かなりきつく噛んだ為に、目から涙が滲んでいる。これで昨日から連続だ・・・こういう時は...

メッセージ

昨晩、友人の旦那様の所属するアカペラグループのライブに行って来ました。 友人の旦那様といっても、ラジオに出たり、昔アカペラが流行ったときには某メジャーグループのレコーディングの助っ人にいったりと結構セミプロのお方です。 ライブは、半分コミックバンド形式でしたが、バラードあり、演歌風ありとバリエーションも豊富。 ボーカルは曲によって変わるのですが、一人声が非常に良い方が(みんな上手なんですが)居られま...

ツインソウルシリーズ:序

ザドキエルさんから「ツインソウル」の話を聴いても実はマダマダ消化不良^^;。 2月にツインソウルについてのご相談メールもあったことから、ちょっと今まで見た過去生や、体験した事をまとめてみようかなと思いました。 ってんで、しばし、ツインソウルシリーズ開幕予定です(WBCはもう少しでフィナーレですけどね^^;)。 >>> 魂って、大きな高次元の大きな集合体から、それぞれ分離(分霊)して勉強や遊び等々それぞれ...

神霊界が・・・>死にかけた日:最終話

誕生日前日に緊急入院し、ザドキエルさんとの話の後、眠れぬままの誕生日になってしまった午前4時ごろの話。だんだん、腫れはひいてきたものの、うっかりすると唾液が気管に入りそうになり結局寝れず。 それでもゼイゼイいいながら目をつぶっていると・・・ あるイメージがアクセスしてきた。 私が立っている 上で仕事する数タイプのどの姿でもなく。 ほの青白いごくゆるやかなウエーブの長い髪の女性の姿をしている。上で仕事をし...

長期計画だった>死にかけた日その5

私の左目にいた、光側からスカウトされた魔さんは上位階級の悪魔さん。(彼から教えてもらった情報では、悪魔の世界は12の階級があるそうな) まあ、ザドさんが分身とはいえ一部在中させるほどなので、かなりといえばかなりなお方。 『時期が来たからな』と、左目さんが気が向いた時に(選択権は彼)話をポチポチするようになってから暫くして・・・・ ふと浮かんで来た戦闘シーンらしきもの。 右側が痛くなる~~~。>>>左目...

一呼吸&つぶやき>死にかけた日:番外編

ああ、書いちゃった~orz  それが、前々回と前回のブログを書いた後の感想。 ちょっとした神霊界の事がらみの事を伝えて・・・と始めたこのブログなんですが、実は昨年はじめ頃から段々『これ書いていいのか?』と悩むような仕事というか体験が増えてきました。 私一人なら、それも本当に妄想かな~と思うのですが、複数の仲間と共通のイメージでちゃんとストーリーというか話が展開していくんですね。それが...

主犯は>死にかけた日:その3

なんとか危機は乗り越えたものの、食道や口も腫れているので横になると飲み込めない唾液が気管に入って誤嚥(ごえん:気管に間違って物がはいること)して咳き込むし、水が通らないので痰が絡んでこれまた気管を塞ごうとするしで、電動ベッドを思いっきりアップして椅子状態にして、 「ひゅ~・・ひゅ~・・ごへっつ!」と息をしていた私。 発症最初に浮かんだイメージである『誰かに頚を絞められる』が 「誰に?」と疑問。 友人が...

左目のお方は・・・>死にかけた日その2

話は少し戻って、じぇいど♪さんの「なにみえ 第三回遠足」の頃。 さつきのひかりさんのラファエル様の保健室が開いている期間中でした。 実は兎月、 ヒーリングには参加してたんですが、過去数回あった「保健室ヒーリング」で今までラファエル様の保健室にはいけてないのです。 (ラファ様とお話する事はあるんですけどね~) というか、正確に言えば、インチャだけ出かけていって「行ってらっしゃ~い」と見送るとか、広場で遊ぶと...

死に掛けた日:その1序

その日は、仕事はお休みだったのでいつもよりゆっくり寝て、さて今日は買い物に二人で行こうか?って相方と話をしていました。 「ふと」喉に違和感を感じたのがお昼前。 喉の中にできものが出来たような感じで唾がひっかかる いや~~~~~~~~~~~~~~な予感。 腫れてきてる??? リーディングをしてみると。。。。  あれ?『誰かが頚を絞めてる????』Σ( ̄□ ̄;)なんとか、ここで食い止めないと「ヤバイか...

生まれ替わり

気がついたら、前回の更新日からえらく時がたっておりました。相変わらず、毎日に毎日、こんなに色々あるもんだな~(゚Д゚ )と思うような事が一杯あって、飽きないスリリングな毎日を過ごさせてもらっている兎月です。そんな兎月のスリリングな3月のある日のお話。誕生日の前日に死にかけました(爆というか窒息死しかけて、そのまま入院しちゃいました。これにはすごい妄想スピ話付きなんですが、それは又後日(え?いらない?。書...

ご案内

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

02 | 2009/03 | 04
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

最新記事

プロフィール

瑚月 kogetu

Author:瑚月 kogetu
本職>某病院異端リハビリスト。
特技>体を含めものの声を聴く
焼き肉や鍋の時に同僚に重宝される特技でもある)。

東洋系治療と自然農法に興味あり。
『美しく生きる』を考えたい人。

ブログの中の私が体験した白日夢の奇譚は、患者様の特定を防ぐために整体師・耳視師という設定の中で「月櫻(つきお)」さんに小説:白日夢奇譚という形で語って頂いております。
飽くまで本職は病院勤務で整体院は営んでおりません。
ご了承下さい。



お手紙は こちら か、一番上のメールフォームからお願い致しますw。

counter

Archives&Category

 

淡々と百人一首

    右サイドメニュー

    検索フォーム

    QRコード

    QR

    ブロとも申請フォーム

    時節