Voiceless world ー魂魄白日夢奇譚ー

Voiceless world of the voice to you 声無きものの聲をあなたに。      人の不思議(魄)と白日夢の如き奇譚(魂)の物語

Entries

二つの神?のイメージ

遅くなってすみません。書こう書こうと思いつつ、中々書く時間がない。
何か意味があるのかな・・・・。


かなり文章が離れているので・・・
これは、5月に「今度は諏訪に」って浮かんで、?って思っているうちに、足になってくれる人や、現地を案内してくる方に恵まれ、諏訪大社をめぐった時のお話です。


余談ですが、過去の日記にも書いたのですが、神社のお話を書くときに凄く悩む時が多々あります。素敵な気に触れた話は書きやすいのでいいのですが、浄化した時の場合です。


基本、このブログで神社の事を書くときは、そこにおられる、御祭神や磐座・ご神木が頑張ってくださっていたという事や、心配してくださっているとか・・・。
そんな蔭ながらのご苦労にお礼とお伝えをしたいな・・・と言うのが、根底にあります。

なんで、日本の神社に「封印」や「御霊信仰」で出来た処が数多くあとはいえ、やっぱりなぁと、書いていない神社☆エールも多々あります。

そうやっている中で、なんで諏訪を書いたかと言うと・・・・。
理由の一つは、『ここ』で不思議なイメージを見たからです。

そして、そのイメージの一つは、その後も数回、出会うことになります。



*兎月と、境内の神原で同行した方と一緒に感じられたイメージ1
*前宮本殿でみたイメージ2

*上社本宮で答えてくれたのイメージ3
*突如追加になったある場所。諏訪を一周した事になるその場所の空に・・・。
*そして、このシリーズを書いている時に、入ってきた二つの情報。



諏訪に関わる諸々の事が、今だ複雑に絡み合っています。
実に、深いと思います。


不思議で、その根本は分からないので、余計な予想・解釈はつけないように努力します

ブログランキングにも参加せず、読者数もそうそう多くない、単なる一個人の感じたブログ。
物語と思って読んで見て下さい。

どう繋ぐか?
皆様も、物語の作者の一人なのかもしれません・・・。


では、続きに参りましょう。



>>>>>>>>>

諏訪神社上社前宮の鳥居をくぐって、すぐの内御玉殿で、諏訪氏の思いを感じ、お話しました。
どうして頼重様が「上がれない」のか?と疑問に感じつつ、内御玉殿を後にして、兎に角上の前宮本殿に向かった兎月と一行。


前宮は内御玉殿の案内板のほか、幾つか案内板があって親切です^^
IMG_2340.JPG

IMG_2346.JPG

これを拝見すると、諏訪家が勤めてきた大祝(おおこうり)の役割が、特別だったのだなと感じます。


IMG_2344.JPG


これを読んだ時、私と、同行した友人達はある同一のイメージが浮かびました。
それは、枝だけの木に無数のヘビが絡み付いている図。

後で知ったのですが、このイメージは、「マンガ日本の歴史」にも同じ様な描写があり、古代の豪族の信奉している信仰や抵抗に対する描写であるとかいてあり「夜刀神」として乗っていました。
検索してみると、「常陸国風土記(ひたちのくにふどき)」に載っているいるようです。




友人達も、「あ~浮かんだ、浮かんだ」と・・・けど?なぜ、こんなイメージ?(゚Д゚ )?



そのあと、次のこの立て札を見たとき
IMG_2348.JPG


これまた、私と友人に浮かんで来たイメージが「遮光器土偶」


Σ( ̄□ ̄;)え?一緒?

???????????
しかし、なんでまったく違う二つのイメージが?????

はにゃ~~~~~~~~???????


<しょうこりもなく、つづく>
*CommentList

内御玉殿

鳥居の右側にある内御玉殿は、諏訪大神が初めて御出現されたという神原の中心をなしたお社です。

けど、行く前から何故か「此処が重要。これを飛ばしてはいけない」という思いがありました。


ご挨拶をすると・・・・・
強い念を感じます。
今回は諏訪頼重様の念を・・・という目標がありましたので、
頼重様をお呼びします。


返事あり。


兎月、普段は、自然に身体に吸収して出て行く感じがします。
最後に抜けきると、変な話ですが肛門がきゅっと締まる感じといいますか、下腹がきゅっとしまる感じがして、それが「完了」の合図でもあります。

けど・・・お、重い・・・・。


頼重様とお話します。
激しい怒りの念を感じ
同時に悲しみも感じ

自分の顔に現れます。



重い重い・・・・・・
中々一筋縄ではいきませんでした。


今回初めて、合掌を解いて、エネルギー補充に握りこぶしを胸に当てて、
左手で手刀もどきで印をきりました。


頭がゴンゴンくる重い感じです。
抜けかけて、抜けない・・・
友人達は、後ろで見ていますし、だんだん時間が経過しているのも分かりました。

今まで、長くても約5分位で終わっていた事が、それ以上の時間がかかっています。
けど「ここで手を抜くわけには行かない」感じがしました。


なんとか、一区切り付ける所までやり切らなくては。。。



・・・・・・・・
・・・・・・・・



やっと抜ける感じといいますか「一区切り」の感じがしましたが、
頼重様は「上がれない」といいます。
最初より、大分穏やかになりましたが、それでもなを「離れられない」と・・・


必ず、彼を安らかに出来るはず・・・
「何か」がまだある。



答えをもたらすものは、きっとこの上に・・・

つづく
*CommentList

目標は・・・彼

さて、鳥居の中に入りまして。。。。
手を清めてから、一番に向かったのが


鳥居の右側の建物の『内御玉殿』です
諏訪大社


神社の栞によると
「諏訪大神の幸魂奇魂をお祀りしてあります。古くは諏訪大神の御神宝である真澄の
 鏡、八栄の鈴、御鞍等も納められていました。現在の建物は昭和七年の造築ですが、
正面の柳組や蛙股等は天正十三年の旧殿の古材が使われております。」


そうです。



今回の旅の目的の重要な場所が此処でした。

ミッション「諏訪氏の念を浄化せよ」
は、正確にいうと「諏訪頼重の念を浄化せよ」でした。

諏訪姫は、当時の大祝であっ頼重をしのぐ霊能を持つ方であったようです。
その諏訪姫の霊が入れないほど結界を貼るというこの神社は、
武田氏に滅ぼされた彼の思いがどれほど強いかを現しているように感じました。


実はその当時から9月にかけて、私はある理由で「お役目」をやっていました。
それは、地震です。


正月から、春にかけて、色々なメッセージが来ていました。
一番強烈だったのが、日本列島が真ん中から裂けるというもので、
幾つかの県名と場所が浮かんできました。


なんとしても、避けたい。
そう思いました。


けど、事は大きな大きなことです。
一個人がどうとかしたでは、絶対何とも出来ない事です。

石垣を作る為には、大きな石も必要であれば、小さな石も必要です。
その、ほんの小さな石でも


無ければ、石垣は崩れるかもしれません。


自分の「やりなさい」といわれた事は、その石垣のほんのほんの小さな小さな事だと思っています。
そして・・・きっと日本中、いえ、地球は全て関連していますから、世界中で・・・

きっと、大勢の人々が、その人達に出来る「石」を作り上げるのだと思いました。



私が教えてもらった「地震」のキーワードが「断層」でした。
これは大地の活断層をさすだけではなく、

人の心
人の生活の断層も指していました。
今まで曖昧であったものが、昨年末から大きく二極化していると感じていました。

例えば・・・・
優しい心
愛する心
成長しようとする心

慈しむ生活
助け合う生活
感謝する生活
一生懸命生きる生活


その反面で、

奪おうとする心
憎しむ心
操ろうとする心
疑う心

壊す生活
信頼できずに、縛ろうとする生活
儲けだけ考えて自分だけはと思う生活


その二極化が進めば、大きな格差が生まれ、やがてそれは「形」を持って現れる。
その格差を改善するために、大地が代償として「大きな断層」を動かす


そう、伝わってきました。

負の念を減らして、段差を少しでも解消する。
その為に、私が出来る一歩として

「諏訪い行って、大いなる悲しき念が光に向かうのを手助けしなさい」
と・・・・、

「憎しみに囚われ、諏訪を囲っている頼重の念を浄化をするんですね」と思ったのです。



けど・・・そう簡単なものじゃなかったんです
謎が一杯


まずは、次回、浄化開始からスタート・・・・・orz

続く>
*CommentList

いよいよミッション:諏訪大社前宮

諸事情により長らくお待たせ致しました。諏訪大社の記事は、実は中々書かせてもらえないので大変です(その理由は又、後ほど)。

 

 




下社の春宮・秋宮で、御祭神の建御名方神(大国主神の御子神)で、八坂刀売神(奥様)、八重事代主神にご挨拶をして、いよいよ上社に参ります。


ミッション「諏訪氏(頼重)の念を浄化せよ」の本拠地でもあります。


ガイドブックやHPでは
「訪れる人が少ない」
「簡素」
「しかし、人によっては、一番エネルギーを感じる場所」


と、載っていました。


・・・・確かに・・・
強いです。
強い・弱いを基準とした場合ですけど。

神社で、人によって「暗い」とか「重い」とか「怖い」とか「明るい」「すっきりする」
とか、色々な捕らえ方があります。


一つは、感じる人の器の違いがあるように思います。
例えば、立派なお仕事を一杯して、威厳と、けど底に慈愛がある尊敬すべきお祖父さんが折られたとします。


小さな孫から見たら、もしかしたら「怖い」「厳しい」「近寄りがたい」と想うかもしれません。しかし、ある段階の大人の方から見れば「尊敬出来る」「たのもしい」方に感じるでしょう。


一方、現に「封じている」神社もあるのも本当です。
「暗い」「威圧感」「どろどろ感」


前者と後者、違いは・・・「行きたいか」「すっきりするか」と、自分の心に聞いてくださいね。自然、後者の神社は人の流れが少ないものです。

こんな私でも「行きたくない」と感じる神社はあります。
その場合は「君子危うきに近寄らず」。
正直「行きなさい」と言われなければ、行きたくないんですね(笑)


・・・・・・で、前宮もそうでした。


なんせ、わたくし、諏訪氏の大のお嫌いな「穢れ巫女」でございます。(え~~~っと・・・婚約者がいるんで其の点はさっしてくださませ)


某本の霊能者様が、諏訪姫の御霊を前宮に連れて行った時に「やっぱり入れてもらえない」と書いておられました。
男性原理を至高とする諏訪氏にとって、男性と関係を持った「巫女」は穢れとしてとられらる。しかも、「憎き敵の子供も産んだ」女性ですから、死しても直そこに居られれば当たり前かもしれませんし、逆に「ああ、頼重さんは、居られるんだ」との証とも思えました。


「私にとって」は、他の二社と違う所は「念」があることでした。
人は、人の想いを感じやすいのだと想います。


ああ、だから「此処が一番感じる」っていう人がいるんだなと納得した兎月でした。

諏訪大社前宮


つづく
*CommentList

諏訪神社下社へ・・・エールもらった?

早朝に、朝ごはん用のおにぎりを握って車で出発。
一路、長野に向かいます。

諏訪大社は信濃国一宮。神位は正一位で、全国各地にある諏訪神社の本社です。

諏訪4大社は、諏訪湖の南側に上社(かみしゃ)本宮・前宮の2宮、北側に下社(しもしゃ)春宮・秋宮の2宮があり、
計4つの宮からなっていますが、その起源は定かではなく、国内にある最も古い神社の一つとされていとの事です(By ウキペディア)。

 


順調に長野まで進み、諏訪に住み、ガイドを申し出てくれた友人に連絡。
今までメールのやり取りはしていましたが、お逢いするのは初めてです(笑)。
ご本人はOkと言ってくれたのですが、一応仮名で「教授」と呼ばせて頂きます(知識量にはいつも感服つかまつります!)

教授のおっしゃるのに、下社のご祭神は、春と秋でお住まいを変わられるそうで、今は春宮にご夫妻で居られるとの事
教授のご自宅も春宮から徒歩圏内との事で、めでたく合流して、まずは、下社の前宮から参拝いたしました。


その時期、春宮に居られる神様は


建御名方命(たけみなかたのみこと)
八坂刀売命(やさかとめのみこと)

の二神。


ご挨拶をさせて頂きます。
お二人の名でお返事がありました。

春宮

春宮2 

『人の身が起したことは、人の身でしか正せない・・・出来るだけの事をいたします』
お返事がありました。

・・・諏訪頼重公について少しお話をして・・・


境内の左手に引かれ・・・砥川の中洲にある浮島社にお参りしました。
ここ、このときはお社に神様は居られなくて、向かって左側の柱に居られました。
お社から出て外に居られることがある・・・とは話に聞いていましたが、実際に拝見したのは初めてで勉強になりました。

浮島社

で対岸の畑の中に万治の石仏にいき、一仕事・・・
内容は、ちょっといえないので秘密。

 

さて、次に秋宮に参拝します。
こちらは春宮より大きな感じで、すでに観光客の車が一杯でした。

車止めるところ・・・・
と、満員の駐車場に入ると、
ちょうど、一台出て行かれるじゃないですか^^

ありがとうございます~~~~~~っと
ラクラクに車を停めて、お宮に向かいます。


秋宮のご祭神は、今の時期「御兄八重事代主神(やえことしろぬしのかみ)」様のみのはず


ご挨拶すると、八重事代主神はお返事くださりましたが、ご夫婦のお返事はありませんでした。
(おお~、やっぱり宮移りされるんだぁ(゚Д゚ )・・・おいおい^^;)
で・・・、やはり今後の事を少しお話をして・・・・
今回のミッション・・・。何とかなるかな~っとは思いつつ・・正直ドキドキですよ。神様。


けど、そのご相談し終わった後に宮の外に写ったこの「たまゆら」
・・・・・難しいけど、頑張ってね・・・と応援してくださっているようでした。

秋宮2

秋宮3 

 


有り難うございます。


けど


やっぱり、大変なのね・・・orz

*CommentList

ご案内

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

最新記事

プロフィール

瑚月 kogetu

Author:瑚月 kogetu
本職>某病院異端リハビリスト。
特技>体を含めものの声を聴く
焼き肉や鍋の時に同僚に重宝される特技でもある)。

東洋系治療と自然農法に興味あり。
『美しく生きる』を考えたい人。

ブログの中の私が体験した白日夢の奇譚は、患者様の特定を防ぐために整体師・耳視師という設定の中で「月櫻(つきお)」さんに小説:白日夢奇譚という形で語って頂いております。
飽くまで本職は病院勤務で整体院は営んでおりません。
ご了承下さい。



お手紙は こちら か、一番上のメールフォームからお願い致しますw。

counter

Archives&Category

 

淡々と百人一首

    右サイドメニュー

    検索フォーム

    QRコード

    QR

    ブロとも申請フォーム

    時節