Voiceless world ー魂魄白日夢奇譚ー

Voiceless world of the voice to you 声無きものの聲をあなたに。      人の不思議(魄)と白日夢の如き奇譚(魂)の物語

Entries

解禁?三月堂ミッションとは:平成(なら)を超えて3

この前は書こうと思っても筆が進まなかったのですが、時期が来たのか・・・書いていい感じになったので書いてみます。


いきなり話はぶっとびますが、世の中で宇宙ステーションや天使界など様々な世界でアストラル体やエーテル体で活動する方々がいらっしゃいます。
これら、3次元より「上」で働く方々の一方で、私が「アンダーグラウンド」と呼んでいる世界で働いている方々もいるようです。


私にとってアンダーグラウンドとは主に魔界・悪魔界などを、光と対の世界であったり、輪廻転生の地球の根本システムの一つである冥界を意味しています。


書籍や一部の方々が話されているように、冥界はその輪廻転生の役目を一度終え、新たな役目の為に根底から徐々に閉鎖されてきているようです。


そのラウンドの探索・整理等々を行っている役目の方を自称「ダイバー」と呼んでいます。
で、孟宗ですが、私のアストラル体はもっぱらそのアンダーグラウンドで仕事をしているダイバーの一人です。


冥界が徐々に閉鎖されていると言っても、その底はかなり深く。
人類有史とともに積もり積もった地層のように深く折り重なっていますので、現実にまだまだ多くの幽界の方々元気におられるわけです。
また、人の思想と同じ数だけの世界がある・・・と言っても過言ではないほど色々な世界があるようです。


私が三月堂に初めて行く前に見た「生きていない仏ばかりがいる世界」も冥界の表層にあるそんな世界の一つでした。


「仏の教え」を生きた教えとして受け取れなかった方々や、宗教の教えを「罰」として受け止めらた方々が作り出した世界でしょうか。
薄暗い空間に、無数の仏様が黙ってたたずんでいたり、安置されています。


三月堂(法華堂)の仏様はどれも一体で本尊主役クラスになれるの立派な方々ばかりで、像という器の中にちゃんと「仏心」が入っておられました。


その中で、5体の方々(日光菩薩・月光菩薩・吉祥天・金剛力士阿形・吽形様)が
「下に連れて行ってくれ」とおっしゃいました。
「下」とは私が見た「生きていない仏の世界」の事でした。


先の日記でお話したように、法華堂の仏様は5月には順次修復に入りますが、その時には
「御霊移し(正式名称不明)」をします。
その前に、その世界に行って救いの手を差し伸べたい・・・とそうおっしゃっいました。


3次元という世界はとっても不思議で、私の印象では上の世界とも下の世界とも繋がれる「精神界の自由区」でありつつ、肉体や感覚を楽しんだり行ったり出来る「実態の世界」でもあるように思います。
(その根本の一つには「思考」という力を「現実化出来る」という事を明しする為の世界でもあると思いますが)。


神社の神様もおみこしで移動しないと動けない方がおられるように、
仏様が天国から蜘蛛の糸を降ろして「上ってきなさい」と救いの手を差し伸べるように・・・
自らが下の次元へは降りてこれない場合も多いようです
(だからキリスト様はすごいっていわれるんでしょうね)。


そういう時、下への移動をお手伝いをするのもダイバーの役目のようです(注:ダイバーは私だけではなく、世の中に大勢おられるます)。

妄想かどうかは定かではありませんが・・・
旅立たれた後、残された仏像からはもう返事は聞こえませんでした。


かの世界に居る人々の中には、古の昔、この仏像を大切にあがめていられた方々がおられたのでしょう。
それが大勢の中でタダ一人でも。
きっと機会があれば救いにいかれるんだろうなぁと、その仏心に胸を撃たれた瑚月でした。


で、瑚月。
どうせ修復で御霊移しするんだから戻らなくていいのかな~って思っていたんですが←


ダメでした・・・orz。




4月某日。さつきのひかりさん始めとした5人で再びご訪問した時に、いの一番でお迎えに行って、御戻り頂きました・・・とさw。


東大寺 法華堂の仏様
http://www.geocities.jp/mi2room/hokkedo.html


そのあと、さつきのひかりさんがお仕事をしてくださったのですが、事のきっかけは帝釈天様のお顔が気になる・・・と私におっさってきた事。
「なんかおっしゃりたそうなんですけど」とかだったと思いますが(すんません)。
そこから、帝釈天様とツイッターw(って、友達に言われてしまった。ツイッターやったことないんだけど:笑)


要点を言うと・・・
*守ってきた事がある
*このメンバー(御本尊クラスばっかり!)でだから出来たのだが・・・
とのこと。


どうも、一番後ろの執金剛神様の厨子がネックなようでした。
リセンさんも、堂内の後方(立ち入り禁止)になにやら見えているよ~で。
こちらは聴覚にてリサーチw。


私は知らなかったのですが、どうもこの執金剛神様の厨子は年に一日だけ12月に開かれるとのこと。
イメージではその時に大みそかの除夜の力でたまりにたまって限界になったものを年一回放出=浄化するという感じでした。


今かんがえると、師走まで総勢15体の仏様でその厨子をお守りしていたとしたら、今年は5月18日でその守護フォーメーションが崩れてしまうわけです。
その前に少し浄化をお願いしたい・・・という感じだったのでしょうか。
<法華堂拝観中止について>


というわけで、後はさつきのひかりさんに「お仕事です~~~」と○投げしw
残りのギャラリーは堂内後ろのもろもろの実況中継をしていた・・・というわけです。


出てきた物は丁度、人の中の病気の元(病腺)を浄化する時のように波がありました。
さつきさんのお話によると全部はしなかったそうです。
時期があるのか、他の方のお仕事なのか、はたまた、再びさつきさんが来てくださるのか(笑。


修復後はH23年には日光・月光菩薩・吉祥天という実力者が東大寺総合文化センター(建設中)に移動となること。
しかし貴重な文化財の保存も大切ですし・・・一概にどうこう言えないですし、難しい処です。



古いシステムが新しいシステムに変わるさきがけ・・そう信じたいなと思うものです。



そんなこんなで、霊験あらたかな東大寺の仏心に一同触れさせていただき・・・
そのあとに行った夕食のお店が「ラホツ」=「螺髪(らはつ、もしくはらほつ)は、仏像の丸まった髪の毛の名称」というのは又、いとおかしでございます。

タイ料理RAHOTU 

三輪そうめんのトムヤンクンや古代チーズの「そ」、奈良地鶏のグリーンカレーを楽しみ・・・
一行は一路宿泊地の桜井市へ向かったのでありました。


それが、なが~~~~~~~~~~~~~~~い夜の始まりだとも知らずに(爆


つづくw
*CommentList

三月堂:平城(なら)を超えて2

さて、次は三月堂(法華堂)へまいります。
こちらは、不空羂索観音を始め日光・月光菩薩など、多くの素晴らしい仏像を拝する事ができるのですが、今年の7月で修復に順次入ったあとは、日光・月光をはじめとして数体は新しく建設させるセンターに移動が予定されています。

一同にお顔を拝見できるのは夏まで、という事で瑚月には珍しくここもしばらく前に訪問していました。
その時、ある事をお手伝いさせて頂いたのですが、今回はその続きとさつきのひかりさんのお仕事がございましたw


仏さまの像を修復する時は「霊移し」(正式名称が判らなくてすみません)をするのですが、やっぱり法華堂の方々もしっかりと仏心をお持ちでした。



私の要件はささっと終りw
さつきのひかりさんに「お仕事です~」と○投げ(爆。


以前他の神社エールでもご一緒して下さったリセンさんと実況中継で確認しあって、
これくらいまで進んだね~と和気あいあいw


いや~、楽をさせて頂きました。

しかし・・・・
神社とは違いますが、それでも同じように人の欲やエゴを受け止めて下さっている仏心のありがたさに心から感謝させて頂きました。


そんな素晴らしい仏心が入る入れ物を作れた名もなき職人の方々の尊い心も、
また、そこに入って下さった仏心にも、本当に感謝申し上げるばかりでございました。


日本は和の国と言われています。
その証拠に、二本がたがわず和しているからだとも言われます。

お箸が二本で初めて役目を果たせるように。
和合の素晴らしさを伝える役目をもっておられると思います。


仏教と神道が和合しているのもそうの現れだと思います。
御宮参りや七五三、初詣など「生」や「初め」の節目をつかさどるのが「神社」であれば、
お葬式や大みそかなど「死」や「終り」の節目をつかさどるのが「寺」のように感じます。


最初の仏教の導入には確かに政治的なもくろみなど色々あったと思います。
けど、そんな人の思いと、神仏の思いは違うんですよね。


いつの間にか、協力しておられます。
生活の中で関わる節目に違いはあれど、人を思い、世を思って下さっている事には違いがない。


そんな温かい思いの「日本」に住み、守ってもらっている私も出来る事からやってみたいと思います。



写真は次に行った二月堂で撮影したもの。
「とって!」って合図があってあわてて携帯のボタンを押したから、指がうつってしまいました。光の点は「UFO♪」って浮かんだんですが(爆
指の方に二重で映っている光は、今回お留守番だった相方さんの「お守り心」です(小さいしから判りにくいかも、これもPCの角度を変えると見やすいかもですね)。
これ、次回も出ますw
KC3O0008.jpg


日本っていいですね。
*CommentList

平城(なら)を超えて1:奈良神社エール

マイミクさんの素敵な企画が発端で、この土日に奈良~三輪に行ってまいりました。
最初は「箜篌(くご)」http://kirihaku.com/gakki/kugo2.htmlという正倉院の宝物を復元模造した楽器の演奏会に参加するという雅な会だったはずが・・・



あれ?
あれれれれ?
日曜日の午前中に三輪大社に行って、三輪山に登ろうw
という話が出てきた処から雲行きがお仕事モード?


いや、土曜・日曜とがっつりごっちり、とてもお仕事な楽しい二日間となりました。
では、祝遷都1300年の平城(なら)を超えてのお仕事モードの御紹介へ



土曜日は半日仕事だったので、奈良でさつきのひかりさんを始め4人のマイミク様と合流。
いそいそと東大寺へ



前回参拝した時も思ったのですが、奈良の大仏様って浄化力あるんですよね。
というか・・・・とにかく「上へどうぞ~~」って感じの流れが出来てます。

東大寺2010

大仏様の上の方に向けた掌で受けたエネルギーを使って浄化していくシステムのような印象でした。
だから、人があれだけ参拝して色々な想いを置いて行っても堂内はすっきり&クーラーな感じです。


ここで、ざざっと綺麗にしてもらった上で先日ご紹介した「薬湯」を頂いて家に帰ると効果抜群ですね。


ちなみに、その薬湯ですが先日ご紹介してから何回か使用して判った注意点がございました。


注意>

薬湯に入った夜は、ブレスなどの石類は付けない事をお勧め致します。
特にアゼツライト等、高波動のぶっ飛び系は絶対避けて下さい。


薬湯ですが、先日ご紹介したようにチャクラクライニングをして、内観しやすいようにチャクラを閉鎖傾向に自動的に設定してくれるので、瞑想や考え事をしたい時。ごちゃごちゃした気分をすっきりさせたい時、浄化したい時、切り替えたい時などにお勧めなお湯です。

くわえてエネルギー補充もしてくれる優れ物(だから冷えにも効くんですね)で、
別に普通に使用しても体にいいので、とてもいい温泉に入った効果がありますw





波動もあげてくれるんですね。
これだけだと、いいように聞こえるんですが、
お坊様が行をしている時って、自己の中の神性(仏性って言った方がいいかしら)と向き合う感じだと思うんですが、どうもトラベルしやすくなるようなのです。


ちなみに、うちの相方がそのお風呂に入った後、届いたばっかりの本家本元のロバート氏がプログラミングしたアゼツライトが入ったブレスをして休みまして・・・


翌日、ぶっとんで帰れなくなり掛けました・・・・


いや~、真面目にここでしっかり引っ張らないと「帰ってこれなくなる」って本気であせる飛びっぷりでした。



なので、それでも大丈夫だろうとお付けになってお休みになられる際は自己責任でお願い致しますです。

と、ちょっと諸注意がございますが、古代の知恵が詰まった素敵なアイテムですので、御縁があって手に入れられた方は上手に使って楽しく過ごされる事を願っておりますw
*CommentList

三輪山仕事の現物支給は・・・

昨日、素敵なお仲間たちと三輪山http://www.oomiwa.or.jp/frame/f01.html
に行ってまいりました。


今回は超超超ハードなお仕事でした。
けど珍しくお土産がついた?


現物支給らしい(さすが神霊界?)
現物支給:龍雲1

龍雲2


自称三輪山仕事の後から来られたとおっしゃるんですが・・・orz。
PCの画面を少し倒して頂けると、色が濃くなって判りやすいかもです(写真の明暗の加工ができなかった)



仕事が終わって、駐輪場に行く時に病院の裏の丘におられました。
お写真を撮った時は白い龍(龍にみえるかな?:左が頭です)
だったんですが、PCに移して大きな画面にしたら、あっというまにラベンダー色が出てきましたw


すっげ、芸が細かい?(笑


ご報告はまた♪
*CommentList

優れ物紹介:昔の方はすごい

この前東大寺に行ってきました。


実は、奈良の大仏様を見るのは初めてな私w。


中学の修学旅行の時に行く予定になっていたのですが、その前のスケジュールが「エキスポランド=万博遊園地で1時間遊ぶ」という超無理な組み方で。。。
予定時間になっても生徒が現れず・・・
(いえ、私と友人達、その他数人のグループはちゃんと集合してたんですけどね)


結局、大仏様見学を中止して3時間遊んだってわけ。
(大仏様はジェットコースターに負けたのでした)
そのおかげで、それからお逢いするのにウン十年?の月日が必要になりました(笑。



といっても、実はその日の本当のお目当ても奈良の大仏様ではなく、
(いえ、お逢いするのを楽しみにしてはいたのですが)、
三月堂(法華堂)の日光菩薩様と月光菩薩様をはじめとする方々でした。



以下の理由で天平仏群が見納めになる前に拝見したかったんですね。
http://mblog.excite.co.jp/user/c7s2npox/entry/detail/?id=10031945



で、行ったら・・・・





がっつり仕事でつた・・・・orz。
(ま、これは置いといてw)




御褒美にたまわった優れ物の逸品をご紹介
(たまわったって、お金はしっかり払いましたが)




【東大寺の薬湯 「天真」】(以下新聞記事より)

病人の救済に尽くした光明皇后の1250年忌にちなみ、奈良市雑司町の東大寺(上野道善別当)が、入浴剤「東大寺薬湯 天真」の販売を始めた。大和トウキやジュウヤクなど、8種類の生薬が配合されている。

 光明皇后は大仏造立を発願した聖武天皇の妻で、施薬院を設けて庶民を救済した。正倉院にも奉納の薬草帳が伝わる。

 入浴剤は30グラムの2袋入りで、袋ごと湯に入れて使用する。血行を良くする効能があり、冷え性や神経痛、肩凝りなどに効くという。

>>>>>>>>

この薬湯、
奈良のお水とりで厳しい修行に入る前に僧侶が入る「試みの湯」とお湯と同じブレンドなんだそうです。


いつものはお土産屋には見向きもしない瑚月。
なぜか大仏様の堂内のお土産屋にするする。




するする。




するする。




何気にお土産屋さんの端にするする。



ふと見ると、その「薬湯の元」である『天真』がありました。
びびっと『買いなさい~!』の指示。



へいへい、と購入してその晩、さっそくお風呂に投入。






薬効





チャクラクライニング(爆




自動的に1~7のチャクラがほぼ全開になり、
わさわさ出ていきます。


第7チャクラを考えると、髪の毛もこれで洗うとベスト。


すごいや~っと思って居たのですが、
実力発揮をこれからでした。



開いた物は閉じましょう。


って感じで、一定時間後・・・自動的に全チャクラとじぎみになります。




極寒の厳しい修行にはいる前に、チャクラを全部掃除して・・・
そしてやや閉める事によって、内観しやすい状態を作り出す。


まさにそんな感じ。



その絶妙な薬草ブレンドには昔の方の知恵を改めて垣間見さてせ頂き脱帽でした。





私見えない~とか
感じない~とか思われる方。
また、逆に感じられる方でも



ポイントは、お風呂からあがったらちょっと瞑想をする気持ちで入る事。
「内観」する準備・・・という心構えでしょうか。



「瞑想」とか「内観」ってちょっと言っちゃいましたけど、そう小難しい事ではなく。
その日一日を振り返ってみるとか、
ああ、幸せだな~って思って気持ちよく寝るとかでもOK

手足をのびのび伸ばして、身体を感じるでもOK
掌を胸に当てて、温かい自分の手を感じるのでもOK


心でも
身体でも

どちらも「自分」であり、どちらも「大切」だと思いますので、
自分なりに自分に気持ちを向けてみて頂けたらと思います。





今年は、遷都1300年記念行事目白押しの奈良
東大寺にお越しの際、よろしければご購入をお勧め♪
なんせ、「堂内の売店」でしか販売していないレアものでございまする。



え?修行前に入るお湯だから、瑚月も修行にはいるのかって?






ふふふふふふふ



逃げるぜい
*CommentList

ご案内

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

最新記事

プロフィール

瑚月 kogetu

Author:瑚月 kogetu
本職>某病院異端リハビリスト。
特技>体を含めものの声を聴く
焼き肉や鍋の時に同僚に重宝される特技でもある)。

東洋系治療と自然農法に興味あり。
『美しく生きる』を考えたい人。

ブログの中の私が体験した白日夢の奇譚は、患者様の特定を防ぐために整体師・耳視師という設定の中で「月櫻(つきお)」さんに小説:白日夢奇譚という形で語って頂いております。
飽くまで本職は病院勤務で整体院は営んでおりません。
ご了承下さい。



お手紙は こちら か、一番上のメールフォームからお願い致しますw。

counter

Archives&Category

 

淡々と百人一首

    右サイドメニュー

    検索フォーム

    QRコード

    QR

    ブロとも申請フォーム

    時節