Voiceless world ー魂魄白日夢奇譚ー

Voiceless world of the voice to you 声無きものの聲をあなたに。      人の不思議(魄)と白日夢の如き奇譚(魂)の物語

Category [倭国奇譚 ] 記事一覧

京都:今宮神社の奇石 阿呆賢(あほかしさん)

我が家にも作品を作ってもらったRe:planterさんが、先日BS朝日の番組で放送されるとの事で拝見。京都を紹介する番組だったのですが、その中に今宮神社の紹介がありました。おおー、かの有名なあぶり餅www食べてみたいーーーじゃなくて…その話の中に、今宮神社の奇石 阿呆賢(あほかしさん)が出てきました。++++++阿呆賢(あほかし)さん古くから「神占石(かみうちいし)」とも云われ、病弱な者はこの石に心を込めて、病気...

帰りは行者足<瑚月さんは京都に紅葉と珈琲を狩りに その3>閑話奇譚

さて昨日の続き。自分が思わぬ姿を「映し出す怖いもの」それは「写真」でした。「なんたーるちぃ・・・   あぁぁぁぁぁぁ・・・・(涙)」でした。今回、美しい景色に友人と写真を撮りあっこしたりしたのですが、 言葉を失ったのは、写真に映った笑っているはずの私の顔はまるで泣き顔のようだったこと。脳科学者の茂木健一郎さんが、「作り笑顔は本当の笑顔と区別できる。目の周りの筋肉は、随意筋ではなく、ほんとうに笑わな...

<瑚月さんは京都に紅葉と珈琲を狩りに その2>閑話奇譚

瑚月さん、珈琲にはちょっと思い出がありまする。自力で初めて過去生を思い出したのは、大阪は名水を産する山崎に近いある神社での事でした。そして、そのきっかけになったのが「珈琲」でした。瑚月さん、凝り性です。若い時はケーキなんかも「自分が満足行くものを作れるようになる」まで作りました。もはや「食べること」が目的というよりも「極める」事が目的なレベル。同じものでも何冊も本を読んで「他に書いてないエッセンス...

閑話奇譚<瑚月さんは京都に紅葉と珈琲を狩りに その1> 

<人が真理に至る3つの道がある>ひとつは修業の道、ひとつは知識の道、そしてもうひとつが美の道と、聞いたことがありますと先のシリーズでコメントを頂きました。そう言えば、出口王仁三郎氏も、芸術=「美」が理想の世界を作り出す大事な要素だと言われていたそうですね。自分の中の美を探し、満たしていきたい。そういう「欲(意欲=生きる欲=良く生きる かな)」がやっと我が身に湧いてきた瑚月さん自身にとって、とても感...

有由有縁-日ノ本神霊紀行 エピローグ 

*** 現在、世界に広く(あまねく)開いてゆこうとする取り組みは、転換期なのだろう。 祖谷の祖霊達、剣山も、自らがその在り方を変われ。 *** 鬱金殿のこの言葉は 祖谷だけのことではなく、今の日本にとっても大事な言葉ではないかと月櫻は思っていた。 ペリー来航。 太平洋戦争。 鎖国後、色々な機会で日本は開き、変わってきた。 けどそれは見方を変えれば「開かされ、変わらされて」来たのではないだろうか。 今、自ら「...

ご案内

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

最新記事

プロフィール

瑚月 kogetu

Author:瑚月 kogetu
本職>某病院異端リハビリスト。
特技>体を含めものの声を聴く
焼き肉や鍋の時に同僚に重宝される特技でもある)。

東洋系治療と自然農法に興味あり。
『美しく生きる』を考えたい人。

ブログの中の私が体験した白日夢の奇譚は、患者様の特定を防ぐために整体師・耳視師という設定の中で「月櫻(つきお)」さんに小説:白日夢奇譚という形で語って頂いております。
飽くまで本職は病院勤務で整体院は営んでおりません。
ご了承下さい。



お手紙は こちら か、一番上のメールフォームからお願い致しますw。

counter

Archives&Category

 

淡々と百人一首

    右サイドメニュー

    検索フォーム

    QRコード

    QR

    ブロとも申請フォーム

    時節