FC2ブログ

Voiceless world ー魂魄白日夢奇譚ー

Voiceless world of the voice to you 声無きものの聲をあなたに。      人の不思議(魄)と白日夢の如き奇譚(魂)の物語

Entries

石川や瀬見の小川の清ければ~京都九重(ここのえ)奇譚-神世水奇譚外伝1

昔だったから泊まれたんだろうなぁ
と月櫻は思った。

八坂神社のすぐ裏手にある「長楽館」
月櫻はここでアフタヌーンティーというものを味わっている。

かつてはかの鹿鳴館に並び称されたというこの建物は迎賓館として幾多の有名人が訪れたという。
実は、月櫻は大学生時代に友人とそのアンティークな佇まいに惚れ込んで宿泊した事があった。


今はホテル棟が建てられ、豪華な部屋に見合った価格でとても泊まれたものではないが、その当時は平日を狙えば、学生でも宿泊出来るレベルだったのだ。


友人と「予約で満席」「予約者以外立入禁止」になっている、華麗なティールームに夢を馳せた思い出が脳裏に浮かぶ。
それが・・・今、アフタヌーンティーなんて小洒落た席に座ってるんだから、
夢って叶うものなんだねぇ



アフタヌーンティーに参加しているのは全員で9名。
今回の京都旅行を発案をされた鬱金殿と月洋殿に、狭霧殿を中心として集まった面々のうち、当の月洋殿をはじめ4名の方々は今までネット上でお人柄は多少知っていても月櫻が会うのは初めてであった。


ゆっくりと、けど打ち解ける程に時間は早く過ぎ、外に出た時はもう辺りは暗く、一同で八坂神社にお参りしてから、今宵のホテルに移動する事となった。


四条通りを河原町に向かって歩く

9人の団体は自然と数人に別れ、月櫻は狭霧殿と先頭を歩いていた。

・・・
変なの来てる・・・

「月櫻さん、どうしたんですか?」
月櫻の顔色がやや冴えない事に狭霧殿が気がつく。

「・・・いやぁ・・・」
月櫻はため息を付きながら、額を覆った。
どうも、先程の八坂神社でふと思いついてしまった「ある願い」が、変なものを引き寄せているようだ

このままでは「上仕事」の予感ムンムン
回避必須である

神も色々イラッシャル。こちらの挨拶や願いを「彼ら流に解釈する」場合も多々ある。
まぁ、うっかり思いついてしまった願いも願いだった。
「訂正掛けます」月櫻も自身を反省し、その旨を狭霧殿に伝えた。


狭霧殿がにっこりと笑う

「月櫻さん、私、この前、鹿島で良いもの頂いてしまったんですw」
「何ですか」といいながらも少し嫌な予感がする月櫻←

「タケミカヅチ様がお持ちの眞物にかなり近いものです」
「!?」

ってそれ、布都御魂剣(ふつみたまのつるぎ 通称「韴霊剣」)!?
狭霧殿、貴女なんて最終兵器レベル的なもの頂いているんですか!?


「だから、切りましょうかwww」
いや、貴女、大根きるんじゃないんだから
「・・・いえ、大丈夫です」
「そうですかぁ・・・」
すっごく残念そうに見えるんですけど!?

てか、なにか両手を掲げて居るんですけど?????



見ない
見ないよー



なんか見ちゃったら、上仕事になりそうな予感がひしひしとするから!!



ワクテカした雰囲気を横にヒシヒシと感じながら、
あえて前方を見続ける月櫻


そして、いつしか他の方々から大きく距離が離れていることに気がつき、待ちましょう、となったのは、鴨川を目の前にした、京都四条南座横の交差点であった。


行き交う人の波
絶え間なく進む交差点の車


「月櫻さん、私、さっきから剣出してるんですがw」
あ、ワクテカ爆発した。


「分かってます。分かって見ないようにしてました。」
「えーーー」
「剣使うんだったら、私が貴女から半径3m離れた所でやってください」



その瞬間、人の波がざっっっと2人の周囲から消えた


狭「・・・・・・・・・」
月「・・・・・・・・・」



「月櫻さんが言った瞬間、人払いされましたよ」
「・・・人払い・・・ですね・・・・見事な引きっぷり…」


なんで、私達を取り巻くように、皆様避けて歩いて行かれるんですか?
あまりの避けっぷりに、自分が変な格好でもしているのかと疑いたくなる月櫻


次元が少しシフトしているんだ。
ほんの僅かなズレが、私達と周囲を隔てている。


そう思った瞬間。
人の波が戻ってきた。


ふと、交差点に目が行く。
今度は交差点に車が一台も通らない


土曜日の19時半頃だ
まだまだ往来の激しい時間帯に、一台も通らない


「・・・む・・・」
月櫻は目を細める


「・・・あの交差点に剣を刺すようにと言われているようです・・・
が、それをしてしまうと、いくつか立てなければ行けなくなるというか・・・上仕事で走り回ることになるかもしれないので、私は賛成しかねますです・・・」


なにせ月櫻さん、八坂神社で願った事の1つは、
~京都に遊びに来ました。よろしくお願い致します~
(訳:なので上仕事はお断りさせていただきます)~だ。



ああ、車の波が戻ってきた。
巷の音が二人を包む


「大丈夫ですよ、そうならないように交渉します」
にっこり笑う狭霧殿


月櫻は小さくため息をついた
ああ、そういう方なのだ


源につながる力を惜しみなく使って行くお方なのだ。
休むことを惜しむかのように、機会があれば、率先して、けど軽々とやってのける方なのだ


そう、それに対し、いと小さきものである私は
遊びは遊び
上仕事は上仕事
今回はゆっくりと楽しみたかったから・・・
ただでさえ巫体質ゆえ、影響で体調不良を起こす事が怖かったのだ。

「・・・私は、傍観者ですよ?」



狭霧殿は静かに笑い、
そして真剣な目で辻を見つめる


そして再び、往来が途切れた瞬間
本当に瞬間に、それはなされ・・・

終わったと同時に「おまたせしました~」と一同が現れた。


・・・

・・・

・・・

ふ、

ふふふふふふ

余りのタイミングに顔を見合わせて笑う月櫻と狭霧殿であった


こうして、鴨川の辺りにて京都九重奇譚の狼煙が上がった。
月櫻がふと思ってしい、訂正を掛けたと思っていた、もう一つの願い

~この地に過去生で残したエネルギーがありましたら、今の身に最善最適な形で回収出来ますように~

にも関わろうとはその時は思いもしなかったのであった。



つづく
***********

~石川や瀬見の小川の清ければ月もながれをたづねてぞすむ(新古1894) 鴨長明~

【通釈】石川の瀬見の小川は、水が清いので、賀茂の神がここに鎮座されたように、月もこの流れを求めて射し、澄んだ光を川面に宿している。

【語釈】◇鴨社の歌合 源光行主催の歌合。『無名抄』に記述があるが、歌合本文は散佚してしまったらしい。◇石川や瀬見の小川 「石川」は賀茂川の異称、あるいはその上流の称。「瀬見の小川」はかつては賀茂川の分流で、河合神社のそばを流れていたという。現在では下鴨神社の糺の森を流れる小川を「瀬見の小川」と呼んでいる(写真参照)。◇すむ 澄む・住むの掛詞。「住む」には神が住む(鎮座する)意が籠る。http://www.asahi-net.or.jp/~sg2h-ymst/yamatouta/sennin/tyoumei.html
スポンサーサイト

瀬をはやみ岩にせかるる滝川の~京都九重(ここのえ)奇譚-神世水奇譚外伝プロローグ

それは他愛ない話から始まった記憶がある。


それは、あるネット上での会話のやり取りであった。
ある方が声を上げた。
詳細は忘れたが、一緒に旅行をしたい・・・という流れになったと思う。
そう、その時、狭霧殿は「10年程たったら子供も大きくなっているから」とおっしゃっていた。
会話に入ってた方々も「その時はご一緒したい」と声を上げた。
私も皆で集まれたら良いですね、と賛同した。


あれは、いつ出た話だったろうか
その話が出てから、10年はまだ経っていないような気がするが、それに近い時間が経過しているだろう。


そんな昔の約束事


私のうつろな記憶で、その時に旅行がしたいと声を上げたと記憶している方が旗を掲げた。


~京都に行こう~


霊峰富士に近き所に住もう 狭霧殿
幸福をもたらす神の働きを意味する名を持つ国に住もう 鬱金殿
古の区分にて「国」より広い、という名を持つ所に住もう方
西海の道に住もう方
日本のへそ近くに住もう方
東の都、日本経済の中心に住もう方々
そして古の都に住もう 私、月櫻


言葉なきもの、世に存在せぬとされるものを “耳で視、目で聴く耳視師”月櫻(つきお)。
耳視師月櫻が語りし事、
そは全ては白日夢(はくじつむ)の中の事とご理解いただたく候。


奇譚の舞台は神無月の京都

~瀬をはやみ岩にせかるる滝川のわれても 末に逢はむとぞ思ふ~

時を越え、日本の各地から、流れを異にする水の流れが集まり来て大河になるように、涌出し水達が今集まりなん


つづく

イベント予告カウントダウン

お江戸だ2
🌈 ヒーリングイベント  にじのあそびばリチェルカーレ🌈
開催までにカウントダウン方式で、それぞれの方が持ち味を少しずつ告知

整体師&耳聴師でブログ小説に登場の月櫻さんがお江戸に登場致します。
25分の施術で何があるのか
(多分事前予約制になると思います:受付瑚月)
~うっかり何かで頭をぶつけちゃったりした事ありますか?実はそれが腰痛の原因になっていることも...~

近々書きます「京都九重(ここのえ)奇譚-神世水奇譚外伝」に月櫻さんの施術がちらちらと出る予定

****
ヒーリングイベント リチェルカーレ
★日時・2019年1月12日(土)
★開催時間・11時 〜 17時
★場所・ICA SPACE 東京都中央区東日本橋3-4-6 ICA3ビルE 2階
なんと嬉しい入場無料

参加者>
■出展者: (五十音順、敬称略)
       
       katze
       銀河
       クルミブログはこちら
       月櫻(受付:瑚月)
       ぬー
       yama
       ゆの
       竜燈琴・粦
       りゅーら
       さつきのひかり


今回も日時限定でセブンイレブンからプリントアウト出来ます。
REFモリモリぎゅーと詰まっているので、まるで護符...げふんげふん←

****
予約番号30567282、A4 カラー:60円、2018/11/07迄
予約番号88489641、はがき カラー:60円、2018/11/07迄 


****

月櫻さん登場記事は
Category [神世水奇譚 ] 記事一覧

Category [小説:奈良白日夢奇譚‐耳視師・月櫻 ] 記事一覧
などなど
*CommentList

風邪ですな 追記

風邪は体のリセットってのは中医学とか整体とかでも言ってて、特に野口整体の「風邪の効用」なんかは面白いです。

その本の中では、左右差が改善するまで無理はしない=左右差が治るまでは風邪ひき中、で、無理に動くと拗らせたりする・・・という話も書いてあります。


こちらの方が引用を書いて下さってます⇒「風邪は神様が与えてくれた最高の良薬


~頭を使い過ぎて頭が疲れても風邪を引く。 消化器に余分な負担をかけた後でも風邪を引く。 腎臓の働きを余分にした後でも風邪を引く。 とにかく体のどこかに偏り運動が行われ、働かせ過ぎた処ができると風邪を引く。」 (『風邪の効用』野口晴哉著・全生社・P.27)~


これから言うと私は「変に頭の使いすぎ」での風邪ですね・・・あうう・・・



けど、確かに多発性硬化症とかALSとか・・・難病の方のご家族から「風邪もひかない人だったんです」とお聞きする事が何回かありまして、その度に「風邪を引ける体はいい」って言う野口先生の言葉が浮かぶのでした


しかし今回、私、熱出ないのは悪いわぁ・・・orz
皆様もお大事にして下さいです
*CommentList

左脇36.9度、右脇36.2度 風邪ですな

「・・・やっぱり風邪だわ・・・」


頭が重だるく喉も違和感ありで、顔もむくんでる。
朝に体温を測ると左脇35.8度、右脇36.6度


見事な体温左右差は「風邪でんなぁ」です


ここ1週間ほど、朝右側がしんどかったので、カラダがズレているんだぁと思いつつ、「医者の不養生」「紺屋の白袴」で、日々の忙しさにホッといたつけが「風邪」で現れたのがこれだぁ・・・orz


けどけど問題があります。
熱がでてなーい


これ、熱がもっと出て風邪が抜けると歪みが治ってるんですが・・・
熱がない・・・


仕方ないのでリーディングして頚椎2番を調整。
すっと頭が軽くなる
ついでに右もずいぶん楽です。
良かったぁ・・・と思ったのですが・・・


続けてサーチしても反応なし。
「?」これだけで治るか?と思いつつ、そのままお仕事へ


案の定、夜になってやっぱりしんどい
測ってみると 左脇36.9度、右脇36.2度←風邪ですな

と何かデジャブってるのですが、左右が逆になっているからデジャブではない訳でして・・・。
リーディングしてみると、今度は頚椎3番を調整しろとでる。

調整後、また軽くなったので、今度は実験で5分程して体温を測り直してみました。
左脇35.8度、右脇36.1度  

おっしゃ!差が少なくなってきた!
けど笑う位体温の高いほうが左右交互に出てる
普通は、こんなに交互にならないんですがねぇ
それだけ歪みが強いんだね・・・(遠い目


そして今・・・またしんどくなってきた・・・

リーディングすると頚椎4番と・・・


うふふふ、このまま下っていくんだなぁ
とう言うわけで今日はお布団に入りますです。


皆様、風邪が流行っておりますが、
急激な気温差でカラダの歪みからの調整風邪もある印象です。


風邪以外にもぎっくり腰とかちょっと気をつけた方が良いかな~と思います。
軽いストレッチとか、温かいお風呂にゆっくりとか、PC・スマホから離れて目や肝臓を休めるとか、ゆっくり寝るとか
寝る時の深呼吸や、寝ながら右上下手足と左上下手足を交互にノビをするとか(しやすい方を回数多めで)
ふくらはぎ揉むとか、足首回すとか・・・

もし、心に止まるものがございましたら、どうぞでございます。

*CommentList

ご案内

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

10 | 2018/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

最新記事

プロフィール

瑚月 kogetu

Author:瑚月 kogetu
<西洋医学~東洋医学に首を突っ込む変わりものリハビリ療法士>  
6月に職場変えて心機一転。
リハビリ技術の他はREF。

私が体験した白日夢の奇譚は、整体師・耳視師「月櫻(つきお)」さんに小説:白日夢奇譚という形で語って頂いております。

お手紙は こちら か、一番上のメールフォームからお願い致しますw。

counter

Archives&Category

 

淡々と百人一首

    右サイドメニュー

    検索フォーム

    QRコード

    QR

    ブロとも申請フォーム

    時節