FC2ブログ

Voiceless world ー魂魄白日夢奇譚ー

Voiceless world of the voice to you 声無きものの聲をあなたに。      人の不思議(魄)と白日夢の如き奇譚(魂)の物語

Entries

お知らせ&自分を変えたいと思うと向こうから来る~瑚の月奇譚

今、自分のテーマも「境」になっています。
実は書き掛けている「瑚の月奇譚」ですが、どうも仕事が降ってきて中々書けないので尋ねてみましたら、上から「時期じゃない」のと「自分のことを先に」とメッセージが来ました。

6月~7月初めに発表が3本あるんで、それを先にしろと言うことかと思いつつ、ブログにその旨をお詫びしようかと思っておりましたら…
違う案件で大変になりました

****

それが「境」です

****

簡単にいえばですが、仕事上で人権を損なわれるような経験をしました。
今までパワハラやセクハラを受けた経験も乗り越えて来ましたが、
今回は衝撃的で、数日経っても、というか経てば経つほど「あ、私は思った以上に精神的にダメージ受けている」と実感しています。

受けた衝撃の理由に相手が男性で私が女性というジェンダーな部分もありましたが、幸いにも上司方がしっかりしてくれており、同性である男性から憤慨して貰えた事がどれほど支えになったことか本当に感謝しています。

寝れなかったり
食欲がなかったり
仕事で男性に会うのが怖くなりかけたり
自然に涙が出てしまったり
頭が働かなかったり

かなりヤバイなと思っています。
その経過の中で同時に「なぜそれを引き込んでしまったのか」を探求していると、
霊的ではなく、ヒントが集まっていきました。

例えば憤慨してくれた上司の一人が
「今日、患者さんに言われたことが、なんか感慨ぶかくって、これって○○○さん(私)に言ってくれてるんかなと思った」とか
(この「患者さん」は会社の元重役さんなのですが、時々格言めいた事を仰る方です)

あと友人からも「境」をしっかりするように助言をもらいました。
そして今日、何もする気になれずツイッタを見ている時にこんな本を紹介するブログに出会いました。

**********
アースエンジェル革命
すべてを受け入れがち・抱えこみがち・人の役に立ちたい・ほかの人が傷ついているのを見ると自分も傷つくetcという特性を抱きがちなアースエンジェルなのですが、そこら辺をクリアして自分の人生の質を高めていこうぜ!
**********

「怒れない」
とか
「自分が悪いと思ってしまう」
「相手のことを考えすぎてしまう」
何より
霊的にも「境界線」がしっかりしてない

まぁ私のリーディングとかモノの声を聞くこと自体
共振現象みたいなものなのですが・・・

そういう「境界線」をしっかりすること
それが今の最大の課題であり、しいては自分の心を救う手立てなっていくと考えています。
これは多分、「今」のこの事件だけではなく
今後の人生においても、凄く大事なことになると感じています。

***

長年言っておりますが
私はパートナーが欲しいなと言う「顕在意識」での第一希望があります。

結婚している方や恋人が居る方には
なんでそんなに欲しいのとか、選びすぎじゃないかと言われるのですが

何と言いますか
すっごく
すっごく
すっごく
すっごく

自分の無意識や過去生やDNAや集合意識や
はては、ハイヤーセフルや

ええ
ええ

よもやこんなに課題満載なんだと遠い目になってます
そんな願いも、もう10年
いくつの課題を乗り越え、乗り越え、乗り越え、
やっと「本題に近い課題」に入れたのが昨年位で
そろそろこれで終わりかなと思った矢先の最大爆弾でした。


極たまに「セッション受けても変わらない」とか
「~しても変わらない」とか言う呟きとかを拝見しますが

施術でも
怪我が浅ければ直ぐに改善しますし
ネジレの期間が長ければ長いほど、一回じゃ済みませんし
重篤であれば、期間も回数かかります。

それだけではなく、
きちんと歪みをとっても「日常生活」で歪む生活や行動習慣があれば戻りますし
その生活習慣も改善するにはおいそれと行かないものが多々あると思います。


私のセッションでは改善方法もお伝えしますが
それは「現時点でその人が出来るであろう最低限ラインでの提示」です
最低ラインでこれなら多少続けて行けるかな?と上が判断したものを提示しています。


いわば、階段の一段目か
一段目の前に立つレベルの時もあります


その人の望む事が階段の何段目になるかは、その人次第ですが、段階を踏むなとか、段階を踏まないと行けないと思う方には、セッションでの内容とその望みを叶えるための改善点を見据えて「求め続けて」行っていたら『必ず次のヒントが現れます』とお伝えしています。

『本かもしれないしTVかもしれないし、友人の言葉や別のヒーラーさんとの出会いかもしれませんし、何かの出来事かもしれないけど必ず来ます』とお伝えしています。


登れる心の準備や
体の準備とか環境の準備が整ってくると
一段目の次の二段目が現れるのです

リーディング出来るからとか関係なく
難易度によって10年でもかかるんです
(よくもまぁ、少しは長い転生で片付けとけや、と、どれだけ思ったか:遠い目)


自分が望んでいなくても、叶わない方向に無意識に望んでしまっていることを認めること
が一番の壁だと思いますが、
自分の殻を打ち破るとか
壁を乗り越える時には
「自分にない思考や今までの自分常識の改革」が必要な時が多々あります

その壁を超えないと
次の段が現れない


けどその壁も人様に教えて貰っても、
ヒーリングを受けても
「こつん」と自分に落ちなければ、本当に超えられないのです


この「こつん」はその場で来ることもあれば
ずっと来ないときもありますし


けど求めていると、違うことを通して
「ああ、あの時言われたことはこういうことだったんだ」
とか
「ああ、あの時は「わかったつもり」だったけど、本当に納得出来てなかったんだ」
と分かる時が来ます

それをヒントと捉えるか
無視するか
気が付かないかは、その人の直感もありあますが
気が付かない時は「無意識の逆の願い」の方が勝ってしまっている場合や
引き寄せるエネルギーが溜まりにくい状態(邪魔されている)などもあります。


私の様にトラブルを起こして、気が付かせようとしたりするときもありますが
その時の心の持ちようで逆に「チャンスを潰す」事も可能です


私も、正直一歩間違えるとこのままトラウマ化しそうで必死に向き合っています。
ここでブログおやすみを貰って自分の負担を減らさせて貰おうと思います。


少なくとも社用にて7月初めまでおやすみ予定です。
ブログを楽しみにしてくださっている方には申し訳ございませんが
宜しくお願い致します。



スポンサーサイト
*CommentList

閑話:境~家魂の成長

月櫻の通勤路に古い家があった。
長い間、無人で庭には草が茂っていたが、ついに更地になり新しい家が建った。


販売者は聞いたことがないハウスメーカー。
仕事の行き帰りに作業工程を見ていた月櫻だが、基礎工事から何となく心もとなさを感じていた。

外構は最低限
角地であるが門もフェンスもなく全部駐車場にすれば車3台はラクラク

しかし、何というか「痩せてひょろっとしたモヤシ」の様なイメージの家だった。
イメージはモヤシだが、家の前に掲示されている価格は強気だった。

この値段で売れるのかな?と思いつつ、
時々内覧に来ている車を見ていたが、中々決まらない

ふと、家に話しかけてみた。
何年ぐらい持つ?(=元気?)

家が答えた
『10年』


10年か
知人の親戚が建売を買ったら10年で雨漏りしたという話を思い出した。
とあるメーカーで「10年保証」という言葉があった。
ちなみに月櫻は奈良に来てそろそろ10年目に入るので、
案外10年なんて直ぐに経つんだなぁと思うと、購入する方が気の毒に思えた


次第に内覧に来る人が少なくなる中
家もしょぼんとしている感じがした。


そんなある日、通りかかると家の雰囲気が変わっていた。
ふと気が付くと、家の前にあった看板が無くなっている
住む人が決まったのだ


「やあ、家の人が決まったみたいだな。
ちなみにちょっと元気そうだね、何年元気でいれそう?」

すると家が答えた
『20年』


驚いた。
家って購入した人の魂の強さに共鳴するんかなと思った。


それから数ヶ月して、住人は引っ越しして来た。


家が強くなった感じがした。
家に同じ質問をすると、今度は『30年』と答えた。

なるほど、家って、住んでいる人の手入れでも変わるんだ、と思った。


誰も住んでいないと窓の開閉も空気の流通もない。
そうすると、下手すれば1週間でカビが生える家もある。
誰も手入れしない状態であれば10年
けど、人が住み、生気が流れ、空気が流れると10年が30年になる。
これに定期的なメンテナンス(水回りや外壁等)が入れば、
もっと寿命は伸びるだろう


けど、他の家と違ってよく話す家だなぁと思った。



数ヶ月して外構の工事が始まった。


低めだがコンクリブロックに柵。
駐車場には昇降式のゲートが付けられた


外構が完成しゲートが閉じられた。
家はもう、何も語らなくなった


ああ、なるほど、
「境」がしっかりして、家がオープンでなくなると、
家も秘密を守るようになるんだね
霊的にも侵入を拒む訳だ


こうして君は『家』となった




余談>
ちなみに、駐車場のゲートが開いていた時に通りかかった
何となくフランクと言う感じがした
「やあ、元気?幸かい?」

家は答えなかったが
ふふふと、そんな笑みの様な雰囲気がした



終わり~

変わりたい思い~瑚の月奇譚

誰しも自分が望む良い方に変わりたいと思います。
望んでいない事が起こり続けたり
現状が変わらない時に、ヒーリングセッションやスピリチュアルな方に

「あなたがそれを望んでいるから」
「第一希望が叶っているから」
「変えようとしてないから」
「その状況が実は自分にとって利益があるから」


と告げられたり、

もしくは告げられて居ないけど
やったら良いと言われた事をしても変わらない

セッションの有無に関係なく、
変わりたい、現状を変えたいと思っているのに変わらない
良くなったと思っても又もとに戻ってしまう
同じことを繰り返してしまう


などなど

「変わりたい」「変われない」の辛さや悲しさ、悔しさ、怒りの深さ
私も上記全部、経験しました。

それでも、変わりたいと思う「現状」の過酷さなどで、私の想像を絶する方もいらっしゃると思います。


そういう方もブログを見ているかもしれない
その上で何を書こうか


と思った時に、悩んだりもしたんですが、結局、経験した事しか書けないないなぁと思いました。
が、この「経験」が山程あるんで(遠い目)なるべく、分かりやすくなるように考えております

*****
では

「あなたがそれを望んでいるから」
「第一希望が叶っているから」
「変えようとしてないから」
「その状況が実は自分にとって利益があるから」等々

ですが、これにも色々な理由が隠れて居たりします。
上記の言葉を言い換えると・・・例えばですが

『自分は望んでいないけど、何かの課題を解決するまではその現状を維持してしまう』

と言えるかとも思います

これが「自分にとっての利益(本人全く利益に感じなくても、その土壌じゃないと実の成らないから仕方がない)」
と言われてしまう事があります



続く


どうやってリーディング出来たか:その3【瑚の月奇譚】

今回は先に付録から提示しましょう

浄化方法~その2>
◆ゴムぱっちん法
①手首に輪ゴムとか髪のゴムとかをハメておく
②上記の②の様に掻き取る
③ぱっと手を放して掻き取った気を放した後
④手首のゴムを引っ張ってパチン!と離す

この「ぱちん」が気弾になる

****
バケツ爆発イメージ法もゴムぱっちんも、「ええ?こんなんで?」と思う方が居られると思いますが、私、初期の頃はこれで自分も患者様の痛みも取ってたんですわ

勿論手順と場数がありました。

まず「自分で試してみる」のバケツ版

あ、なんか効くやん

複数回

知人に断ってやってみる

知人、なんか楽になったという

こっそり患者様でやってみる(マッサージするような感じで)

痛み改善

でも効果あるけど、面倒臭いなぁと思ってたら、
次のセッションで「ゴムパッチン」を教えて貰ったんですね。

これも上記の様な経過をたどっています。
一回ぱっちんで消えない場合は複数回ぱっちんしました。

******

リーディングですが、一般的には表舞台に出て居られるのは視覚イメージの方が多いですが人によって得意な五感が違ったりします。

例えば私ですが、視覚よりも聴覚です(というか、それぞれの意識体の固有振動から発せられる波動を、鼓膜で感じ取るので「聴覚」というか「鼓膜力」といいますか)

触覚が得意な方も居られますし(冷たさや寒イボ、ふわっと包み込まれる感じなど)
臭覚(嫌な匂いや生臭い匂い、甘い香りなど)なども居られます
単発もあれば、複数兼ね備えている方も居ます

ただ、そういう感覚も一種の「読み」である事も知って自分の感覚を伸ばす事も他の感覚を引き出す「誘い水」になるのではないかと思います。

「こんなの・・・」と否定するよりも「認める」ことで、自分自身を認める事になり、しいては「自分を信頼する」に繋がって行くからではないかと思います。
自分を信頼したり、自信を持つことで自分が好きになって、伸びていく場合もあると思います。
~好きこそ物の上手なれ~という感じでしょうか


だから、ダウジングでも、タロットでも何でも良いのですが・・・
まずは何度もやってみること。
最初から高度なリーディング(出来る方もイラッシャイますが)が出来なくても、直感を信じて行動して「あ、良かった」という小さな成功の経験を増やしていくこと

それが、一歩一歩に繋がっていくのでは無いかなと思います。


さて、自分を認める事という話が出ました。

今まで、私が通った「経過」を書いていましたが、
私がヒーリングやリーディング出来るようになった最大の理由は
「私自身の生まれて来たときの目標を達成するために『手段として』必要だった」からです。

その中の課題の一つが「自分を愛する(大事にする)」という事であり、
その手始めが「自分を認める」「自分を信頼する」だったのです。


最初に神社系の浄化巡りをしましたが、
後になって私にとってそれは「人に会う」為の手段だったんだと思いました。


次にリーディングでセッションをするようになりましたが、
クライアントの方々を見させて頂くことで自分自身の学びになりましたし、「神世水奇譚」の様に、リーディングしたり体験した事を皆様に語る事も課題(約束)の一つだった為です。
(お陰で、この拙いブログで「セッション数回分の学びになった」とおっしゃってくださった方が数人居られます。
本当に本当にありがとうございます)


私が今生の自分に課した課題の量はべらぼうで
高校の夏休みの宿題を3日で全部やれレベルじゃないかと思う位です


なんでもっと前生で気が付かなかったのかなぁとか、なんで全部させるの?と何度この野郎と思いましたが、まぁ、それだけ強烈だったので、「手段」を与えて貰った感じです。
(このちょっとした余裕は、大山超えて来た感を感じているからですが:苦笑)


けど上記はあくまで私の場合です。
私が見させて頂いた方の中では「遊ぶために地球に来たけど、来たついでにヒーラーやってる」という方もいらっしゃいました。
この方にとってのリーディングは「余暇の一環」です。
一方、リーディングで世の中に貢献する事を目標に持っている方も居られます。


逆に、今生であえて「そういう事が出来ない」ように設定している方も居ますし、
「自分で設定した課題」を遂行するのに、不必要か或いは邪魔な場合だと無意識に制御してしまう事もあります。


そういう生まれて来る時に決めた「目的」や「無意識下の第一希望」が、
「私が望んでいる」と声に出して言うことが出来る「顕在意識の第一希望」を凌駕してい事が多々あります。


その為に、私自身も、そして多分、多くの人達が「望んでいない」現実に面している事も多くあると思います。
次からは、一例としてですが、どういう場合があるかを書いていきたいと思います。


~続く~




*CommentList

どうやってリーディングが出来たか:その2【瑚の月奇譚】

それから、ヒーリングに興味を持ちました。
患者様の体を少しでもよくしたい。


それで当時、スピリチュアルの講座を開いていたヴォイスで「ダウジング」の講座を受けました。
これが「リーディング」の初めですね。

「ダウジング」は結構YES・NO的ですがリーディング結果が出やすいですし
ダウジングで行える浄化方法も習ったので、使いましたねー


ダウンジングって、紐や鎖の下に付いた振り子がぐるぐる周るものってイメージがあるかと思います。
私が習ったやり方だと、最初に初期設定を行います。
例えば、リーディングですが、右に回ったらYES 左に回ったらNO、という感じですね。


それ以外にも、


体のどこが悪いか調べたり、その浄化方法や、バーストラウマの解消(生まれた時に外部環境にさらされると言う、どうしても受けてしまう方向性のトラウマ)も習いました。

体だけではなく、ジオパシックストレスの解消
(地下水脈や断層、電線からの磁場の移動や浄化)や


YES/NOの様に二者択一ではなく選択肢が多い場合
(例えば自分のオーラの色が知りたい)という場合でも可能ですし

応用で自分が使っているサプリメントが何%程自分に有効なのか、
とかいう数値的なダウジングも可能です


そういう訳で結構応用範囲は広いです
イメージングが苦手だとか、霊視はとんと・・・な方は視覚的(物理的)に見えますので導入には良いのではないかなと思います


しかし、これを治療でとなると、リーディングは出来ますが、反応を待たないといけませんし、小道具も必要です。
なにせ道具を持ち出すと怪しいので、正直使えない・・・


という訳で最後の方は自分の腕を脱力させて「手でダウジング」なんてしてました


そしたら・・・
霊が付いている場所を触ると左手が冷たくなるとか、
そういう反応(一種のリーディング)が起きたりしてきました←おい


もう時系列があやふやになっているのですが、いつの頃からか、鼓膜を叩く音で見えないものや無生物と「YES・NO会話」が出来るようになって来ました。
あと、ぼんやりと画像イメージが浮かぶようになってきたりもしました。


けどベースはダウジング法でしたですね
健康度や能力値の数値化が得意なのもその影響かと思います(笑


神社に行ってもリーディングしてたんじゃなくて、
浄化ですね

それを繰り返すうちに


同じ「ふーん」でも
「ふん!(怒り)」
「ふぅ~~~ん・・・(しょげ)」
「ふん♪」


と感情表現が出来るように、
鼓膜を叩く音に感情を感じ取れるようになりました。


徐々に単語が浮かんでくるようになり
浮かんでいくる単語が短文になり
短文がちょっと口語風になり
口語風が文章的になって行きました


その間にも、「患者さんの為100%」から「自分のため」にセッションを受けたり、
レイキを受講したりしました。
患者様の体の不調が霊的なものか
リーディングしてから浄化するようにもなってきました。

そのうち、その時教わって居たスピリチュアルな方に
リーディングのセッションをするように進められて、
稚拙ながらリーディングをするようになりました。


それも数を重ねて内容を上げて来た感じです。


今の私のリハビリテーション技術も同じですが、私は天才肌では無いです。
リーディングもヒーリングもリハビリも、私以上の方々が沢山居られるのも知っています。

けど目の前の患者さんには私しかいませんし、
私にも私しか居ないわけです。

何故その痛みや症状があるか原因を考え、調べ、
仮説、検証、の繰り返しを毎日10人分程したとします
1ヶ月20日だとして200回です。
1年で2400回
10年で2万4千回です。

その間に新しい技術や理論を取り入れで行きます。

先日も腰が痛いという方が居られましたが、
肝臓と腎臓の位置の修正だけで痛みが改善して普通に歩行可能
ばね指初期の方で
肩周囲の筋と前腕や手の骨の位置関係の修正でバネ指が改善


というのを1回の治療で可能にもなってきましたが、正直、昔は無理でした(霊的なら取れば楽なんすけどね)
「必要は発明の母」と言いますが、私にとって「患者様を助けたい」「自分の体も良くしたい」という必要性から
とにかく場数踏んだからです



今のリハビリ技術がそういう過去数万人分の皆様方との関わりで培われて行ったように、
リーディングも経験を積んで行きました。



けどねー
今は、REFもありますし(便利ですねぇ・・・遠い目)
それ以外にもリーディングをエネルギープログラム促す講座も色々あります。
補助有りや系統だった段階づけも洗練されて来ていますし
スカイプ等、ネット通信で受講できちゃったり


一昔前に比べたら便利だなぁ(んがぐぐ)


~続く~
*******************

付録
2)浄化方法
これも大分前に書いたのと、似たような浄化方法を書いてある本もあるのでご存知かもしれませんが・・・

◆イメージング法
①イメージでバケツを用意します。
②自分の体の痛い所とか気になる所、イヤンな感じの場所を手で掻き取る
(体の表面から、撫ぜ取る感じ)
③イメージしたバケツに放り込む
④爆弾をイメージ
⑤イメージした爆弾を先程のバケツに放り込んでイメージの蓋をしてバケツ内に入れた気を爆破・消滅させる

という方法
次回はイメージではない浄化方法の付録つけますねー

ご案内

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

カレンダー

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最新記事

プロフィール

瑚月 kogetu

Author:瑚月 kogetu
<西洋医学~東洋医学に首を突っ込む変わりものリハビリ療法士>  
6月に職場変えて心機一転。
リハビリ技術の他はREF。

私が体験した白日夢の奇譚は、整体師・耳視師「月櫻(つきお)」さんに小説:白日夢奇譚という形で語って頂いております。

お手紙は こちら か、一番上のメールフォームからお願い致しますw。

counter

Archives&Category

 

右サイドメニュー

検索フォーム

QRコード

QR

ブロとも申請フォーム

時節